CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
第5回おえかき〜思春期ウシさんの「紅蘭ちゃん」 [2022年01月05日(Wed)]
2022年1月5日(水)

 はい、どうも。もう一回ウシです。

 さて。そんなことでね。昼間っから飲んだくれたお正月のウシですが、腹ごなしに暖かい車の中で延々と「大神華撃団を栃木に作ろう活動」(ゲームしているだけ)を実行しますとね。

 お酒も入っていますから。英知のあるウシは思いましたよ。

「あぁ、絶対寝落ちするな」

 と。そんなこともあり、怠惰な環境を維持しつつ、意識も保っていられる事柄をしようと思い立ちまして。

「そうだ、かきぞめをしようではないか!」

 と。妹に提案しました。えぇ。描き初めね。お絵かきです。

 丁度妹もねぇ。意味ないと季節の慣例に抗うウシをよそに年賀状のお返事を描こうとなった妹とともにね。お絵かきを楽しむことにしました。

 しばらくは、サクラ大戦で行きたいと思っているウシでしてね。新年一発目の題材は大晦日滑り込みで全クリできた「サクラ大戦1」の

 紅蘭ちゃんを描きたいとなりまして。妹は文明の利器であるパッドをもっていますから。ウェブの大河から見本のイラストを懇願して出してもらいつつ。チャレンジ開始しました。

P1010014.JPG


 ・・・えぇ。ウシがあまりにもサクラ大戦サクラ大戦いうもんで、妹さんも多少は理解を示してくれている昨今。

「中国人で、関西弁で、メガネかけてて、機械女子で、チャイナ服ってすごい設定の子だと関心する」

 と言われましたけどね。考えてみれば確かにそうだとうなずきながら作画開始。個人的には「メガネ」もねぇ。描くのはほぼ初めて。ですので、難関はここだなと思っていましたけどもねぇ。

P1010016.JPG


 下書き的には、こんな感じ。

 ・・・まぁ、頑張った方じゃないですかね。

 作業中のBGMには、せっかくの描き初めなので「なつめさんち」の総集編を聴きながら作業しようとなりましてね。そこで丁度流れてきたのが、

 中国文化系に造詣の深い、さやさんの「さやメモ」。

 チャイナドレスは1980年代に流行した、漢民族の皆さんの服で〜みたいな。中国と言えばチャイナ服ってイメージがあるけど違う的なね。談がありましたので。

「おっ、じゃあ、大正時代のこの子はどうなるんだ」

 とか。

「ストUのチュンリーはありってことだね」

 とか。まぁ、奇跡的なタイムリーさで盛り上がりながらねぇ。作業を楽しんでおりました。

 ・・・楽しんでいましたけどねぇ。描きながら思いましたけど。ウシさんはねぇ。初老だ四十(しじゅう)だと言っていますけどねぇ。

 いまだに思春期真っ盛りなんだなと実感するに至りましてね。えぇ〜。紅蘭ちゃんの作画で一番てこずったのがね。

「ふともも」

P1010017.JPG


 の部分でございましてね。上手く兼ねないだけでなく。

 描こうとするとねぇ。異様に恥ずかしくなってしまいましてね。

 大苦戦となりました。(実際にキャーキャー言ってた)えぇ、ホントねぇ。思うんですけど。性欲をかきたてられるようなねぇ、妖艶な作風のものもねぇ。一応大人だから見たり使ったりもしますけどね。

 そういった作品を生み出しておられる諸先生方はねぇ。こうした感情のコントロールもしながら作画しておられるのだろうと思いますとねぇ。それこそ、スゴイ技術だよなぁと。感心しながらね。

P1010018.JPG


 ・・・まぁまぁ。何とかかんとか形にすることができました。

 うん。結局は「ふとももに立ち向かう」ことは断念し、着色をしてね。こんな感じに仕上がった、紅蘭ちゃん。

P1010021.JPG


 ま、頑張ったとは思いますし。今回も楽しいお絵かきタイムをでございました♪
年始休暇の思い出〜のんだくれからのお絵かき [2022年01月05日(Wed)]
2022年1月5日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。そんなことでね。無事にブログの内容も新年を迎えることができるようになりまして。

 改めてですけども。明けましておめでとうございまぁあす♪

 ・・・まぁ、1月5日現在の時点でね。やっぱり元気になってきたコロナさんでございますけどもねぇ。ウシ及びその家族的には、コロナがあってもなくってもねぇ。

 積極的に外出をする方の家ではないのでね。ウシが休みで。妹も休みで。おせちとお雑煮が出る日常的なねぇ。まったりとした時間を過ごしておりました。

 唯一、特別感があったとすればね。昨年、妹から勧められて気に入った、ご夫婦プロ絵師YouTuber「なつめさんち」のね。お二人がラベルをデザインされたお酒をね。妹が昨年中に入手していたもんですから。

「せっかくだから、年始の休みの時に呑もう」

 となっていましてね。楽しませて頂いたことくらいですかね。

P1010007.JPG


 えぇ。おせちを食べながらいい感じのところで、呑もうとなりまして。早速開封しようと思いましたらね。えぇ。プロ絵師の方の陰謀ではないんでしょうけども。

 このねぇ。見たことない封の解除にいたく手間取るというイベントが発生しましてね。えぇ、思わずやきもき。(蘇屠の時点で軽く酔ってました)

P1010011.JPG


 意外に気が短いウシ的には、

「あれか、手刀で開けるしかないか」

 と提案しましたけどもね。日頃ウシのアニメ知識を支えてくれるアドバイザー、つまりは参謀役の妹さんがね。冷静に、栓抜きという文明の利器を持ち出してくれたのでね。

(個人的には、このフタの役割と正確な空け方を知りたいところでしたが。まぁ、どうでもいいや♪)

 無事に平和的開封が図られまして。柚子酒をね。堪能させて頂きました。

 まぁねぇ。初老40歳まで半年を切ったウシとしては、最近とみに果実酒的といいますか。カルーアミルク的なね。あまーいお酒はねぇ。酔うっていうか、もたれるんでねぇ。ガンガンに水で薄めて呑ませて頂きましたけどもね。

 えぇ。流儀もなにもあったもんじゃないですけどねぇ。とてもおいしく頂きました。ふと、妹を見ますとね。こちらもあっさりとまっかっか。

P1010012.JPG


 おせちのエビなみに赤くなっていましたけどもねぇ。えぇ、お正月らしく昼間っから再起不能になりましてね。いい感じに怠惰な時間を過ごせましてね。

 えぇ。もちろん車で外出ともいかないですからねぇ。

「よし!お絵かきしよう♪」

 となったお正月でございましたとさ♪
| 次へ