CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年03月 | Main | 2020年05月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
結局、「おばけ好き」ってことでいいでしょうか? [2020年04月08日(Wed)]
2020年4月8日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ、4月6日にお邪魔した学童保育。本当に久々の実際活動となり、記事にあったまんまのねぇ。「生きがい」を感じさせてもらえた時間でありました。

 元々、4月からのウシ活動は、なるべくその後に仕事の予定を入れないようにしてね。子ども達のお相手と体力回復(リフレッシュ)の時間を取ろうと心掛けるようにしておりましたので。

 この日は、ウシのあと完全オフになりましたからね。3月末のキャンペーンの時に目論んでいた、

「キャッチボールをしたい」

 欲求もね。キャッチャーミットとボールも持って行ったので、子ども達の外遊びの際にパワプロよろしく「野球しようよ♪」と誘ったらね。

 男の子も幾人かいましたけど。未来のあおいちゃん的に女の子たちも参加下さいまして。まぁ、みーんな初心者でしたからね。交互に投げ合う本来のキャッチは毛頭するつもりもなく。

「ウシにボールを取らせろ」という形式のキャッチボールも展開できまして。中には、実力の程が全く伴っていない(このタイプはなぜか必ず鼻血ブーの結末が待っている)のに、

「わたしもキャッチャーやる!」

 と、素手で挑もうとする未来の六道聖ちゃん(ウシ的にはここまでがパワプロネタ限界です)が登場したりしましたけどね。丁重にお断りさせてもらってね。ともかく、順番に投げてこいと。ウシはキャッチしたいだけだからと。

 そんな、ウシ流キャッチボールを堪能させてももらいました。

 ま、結果的には、ボールをほおるということもねぇ。あまりしないのかもしれませんけども。

「その体勢からどー投げるんだ!?」

 というねぇ。非常に変則な投法が続いてね。その7割は暴投で。ウシが梅ちゃんばりのフットワークで飛びつく(意外に機敏に反応できたことが嬉しかった)ということをね。やって楽しませて頂きました。

 さて、そんな学童での一コマの中でね。なんでも聞いたところによると、バルーンをやって食事をしたら、一定時間外遊びがあるくらいで特段に予定はないとのことだったので、同じく、ウシ後はドラクエしかやることのないウシでしたからね。

 延長戦といいますか、バルーンの自主練習もしてみました。

 この際に、子ども達の会話に耳をそばだてておりましたらね。ウシの近くにいた男の子たちがねぇ。妖怪ウオッチの話をしていました。

 なんだか分かりませんけども、変身ものになった妖怪はガン無視のウシですが、未だに作れと言われればそれなりにできる、ジバニャン他ようかいバルーン。

 どうやら、話の話題はウシも知っている妖怪ウオッチだったみたいなので。話を聞きながら久しぶりのジバニャンを作ってみましたよ。

P4060018.JPG


「おおっ、じゃあ〇〇ニャンは?××にゃんは?」

 とね。軽くクラスター発生的なテンションの上がりぐわいとなってね。驚いたのはウシの方。

 えっ、ようかいまだいけるの??

P4060022.JPG


 とね。なりまして。オーダーのあった「フユニャン」やら、ウシが好きな「コマさん」「コマじろう」もやってみてね。えぇ、在庫と化して未だに消費しきれてない目シールをここぞとばかりに使ってね。

 いやぁ。スタメン起用のポケモンさん以上の熱気を頂きましたのさ。

 うん。御幸小学童だけの現象なのでしょうかね。どうなんでしょう。真相の程を知りたいところです。

 そうそう。やってみて思いましたけどね。

「結局、おばけ系ののブームが続いているのかしらん???」

P4060017.JPG


 ってところですけどね。しばらくやっていなかった、ねずこもね。やってみたら、鬼滅の人気は相変わらずってことも認識しましたしね。うん、そんなことでね。色々と本当に益のあった活動機会だったというところでございます。