CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
上限はロング缶発泡酒2つまで [2020年02月18日(Tue)]
2020年2月18日(火)

 はい、どうも。ウシです。

「すいませんでした。どうかお名前だけでも」
「いやいや。名乗るほどのもんじゃありませんから。じゃ!」

 ・・・えぇ。あるもんですねぇ。いや、昨日17日の夜になりますか。夜9:30までの仕事を終えてね。雨の中でしたけど。早いので。多少濡れても自転車で駅に向かっていた時の事です。

 東武駅ユーザーのウシとしては、JR駅東の職場まちぴあを出発してほどない地点のね。交差点でねぇ。信号待ちをしなければと赤信号で止まったときにね。

「しゃすけてくだしゃーーーい」(助けて下さい?)

 とか何とかいうねぇ。ビニール傘が交差点の歩道のところにいらっしゃることに気が付きました。

 えぇ。50後半から60歳くらいのおぢさまでございましてね。えぇ。飲みすぎて足腰が立たなくなったと。向かいにある駐車場の自分の車のところでね。代行さんがくるのを待とうとしたらしいのですがね。

 ぺしゃんとなったままその場から動けなくなったそうで。結果こちらも必死だったので顔形は覚えていませんがね。

P2180004.JPG


 こちらのね、方に体型がにておられました。

 そのブオーンさんがね。「助けてほしくて、こちらをみている」というテキストがね。瞬間的にひらめきまして。ゲームだったら即座に「いいえ」を選択するところですがね。

 現実とは奇也ですよ。10時15分前の電車に乗らないと終電がくるのを一時間近く待たなければならない。助けるか?どうするか?とかね。いやぁ、出ましたね。テキストの選択が走馬灯的にばーーーっと。

 まぁ、結論的には「はい」を選択したウシでございました。まぁ、曲がりなりにも「ツウキン」で鍛えているし。もし、間に合わなくてもドラクエがいるし。明日は昼からだしとねぇ。打算的な計算があっての選択でしたけどね。

「大丈夫ですから!引きずって下さい!!」

 と懇願されるブオーンさんをね。なるべく気を使いながら運んであげました。個人的には負ぶって差し上げたかったのですがねぇ。

 凄いですねぇ。完璧に弛緩しきった筋肉の塊というねぇ。物体の重さたるや、えらい重いもんで。お召し物が良さげなスーツだったのでね。気にかけていましたが。

「大丈夫ですから。大丈夫ですから」

 とおっしゃるのでね。ブオーンさん。すいませんねぇとね。気を使いながら明らかにズリズリいわせてね。まぁ、何とか数十メートル離れた駐車場(少なくとも車に邪魔にならないところ)まで運んで差し上げました。

 その際には、ウシと同じく通りかかったOLさんとおぼしき方が、傘で雨をしのぐ手伝いをして下さったりとかね。まぁ、人様の力もお借りして。ブオーンさんを無事救出しましてね。

 んで。最初の言葉になるわけです。

 うん。男の子としてこの世に生まれたからにはね。一度は言ってもらいたい言葉であり。時代劇好きのウシとしては、あこがれのやり取りですけどね。

 えぇ。個人的にはそこがね。美しいおひい様であれば尚の事よしだったのですがね。現実はブオーンさんでね。

 えぇ。「じゃ!」といって足早に去ったのもねぇ。ギリギリ電車間に合うんじゃね??と思ったからなんですよねぇ。

 ・・・えぇ。そんなことでね。間に合いまして。雨の中の救出劇でしたけどもねぇ。何とか風邪も召さずに済んだしね。良かった良かったと。

 ホントね。すがすがしい気持ちよりもね。明らかに「重いものをもった」という記憶とともに鮮明に残る両腕の筋肉痛がねぇ。ブオーンさん助けの証拠でございます。

P2180001.JPG


 うん。それもこれもね。自転車のおかげでないですかね。歩きだったらねぇ。さすがに無理。

「さみしそうに、さられていった」的なテキストを脳内再生するハメになっていたでしょうしね。自転車でなければねぇ。この救出選択はなかった。

P2180002.JPG


 ですからね。本日は久しぶりに自転車のギア部分とチェーンにクレ5-5-6をしてあげました。おかげでキイキイ言わなくなったしね。自転車も喜んでいます。

 うん。しかしねぇ。いい年こいたブオーンさんも驚いたことでしょうねぇ。ウシも飲みすぎてひどいことになったことは色々ありますが、

「足も腰もたたなくなった」

 という現象は体験がありません。うん。やはりお酒はたしなむもの。適度というものはそれ自体が個人差があり。ウシとしてはね。最近はビールも濃くていけませんな。発泡酒がいい感じです。上限としては「ロング缶2本」!

 これでいいと思いますねぇ。えぇ、楽しく明日に残らない。これが大人の付き合い方だよなぁと思い直しつつ。最終的にはかなり強くなるそうですが、レベル50を超えてもねぇ。

P2180003.JPG


 こいつ何とかならんのかと思っているブオーンさんにもね。ちゃんと愛情を注いであげようと思ったウシでございました♪
| 次へ