CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
ただのウサギになりました [2020年01月05日(Sun)]
2020年1月5日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 このブログもそうですが、もともとスマホでないし、タブレットもないし。Wi-Fiはウイヒイと読みたくなるし。だいたいもともと無かったものなんだからいいじゃんなくてもとね。

 思い直しましてね。思い切って、情報社会の流れから遮断されてみようとね。思い立ってねぇ。一切、SNSはじめ色々な端末機械に触れなかったこの年末年始休暇中。

 えぇ。日常生活的にはね。全く問題ないですね。えぇ、もともとがクレバーといっては聞こえがいいですが、年始の挨拶も含め、ご縁を持ちたい人とは直接言葉を交わせばいいだろうというねぇ。スタイルのウシですからね。

 えぇ、年始早々の更新ブログでも挙げた通り、それも身近なところで「普通のお正月」が展開された恩恵と思っておるところですがね。そうでもない限りねぇ、ゲームでもないのに機械をいじることもないというのはね。いいことだと思いますよ。

 でもね。だからこそ分かっていたことではありますが。ネットというかね。このブログのようなある種の管理を必要とするものはねぇ。ある種の生き物と同じですよ。

 仕事が始まってね。はじまると機械を触らざるを得ないですから、間隙を縫ってブログの閲覧データを探ってみますとね。

samari.JPG


 えぇ。このような見事なサブマリンぶりを表現していましてね。えぇ、そう考えるとね。何ともまぁ手間のかかるものを作ってくれたもんだと思いますけどね。ま、改めてお手入れをしていきましょう。

 さて。そうなるとね。ネタが必要です。ダラダラとしていられないですからね。ブログを継続するにもねぇ。何気にネタを探しているウシでございましてね。これはこれで妄想の産物的な部分がありますので楽しいですが。今回は、分割型の掲載方法で凌いでいきます。

 えぇ。1月3日の市貝町「道の駅サシバの里」さんでのバルーンプレゼント。ウシ自身が1月4日から仕事始めということもあり、自信の感覚からするとね。休み中の疲れを癒し、頭の切り替えをするタイミングだろうと思っていましたからね。

 のんびりとしたウシ活動を想像しておりましたがね。意に反して(活動的には◎)、午前中からかなりのバルーンを作製しましたからね。

 ある種の予想外だったのですが、午後からはねぇ。のんびり展開になったのでね。新年を迎えるにあたり新作の試作を試みました。

 試作品はね。ポケモン剣・盾の「ヒバニー」。情報端末を持たないのでね。以前、たまたま買った缶コーヒーについてきたイラストを思い浮かべながらね。

 作りはじめました。えぇ、もうお分かりかと思いますけどね。この時点でかなりな劣化をしております。新作なのに。

P1030014.JPG


 えぇ。まぁ、クリスマス前後の記憶を辿りながらね。作っていきました。クリスマス時に好評を得た、「ピカチュウサンタ」。丸い風船と組み合わせた作り方でね。少し大きい作品ができるので、ここ最近のお気に入り創作法でございましてね。

 まぁ、土台はウサギだろうからとね。耳に特徴を持たせて作ってみましたよ。

 ・・・・・・

P1030015.JPG


 なんか違うね。うん。

 ただのウサギになりましたね。

 劣化したヒバニー(正確には名前もおぼつかなかった)であっても、さすがに違うと思うあたりはね。それなりのイメージがあったのだと、年々弱くなっているであろうウシの頭脳を多少は褒めましてね。

 今度は、少し大きめにね。ペンシルバルーンでもつくってみましたけどね。

 ・・・・・・

P1030018.JPG


 やっぱりね。ただのウサギになりました。

 えぇ〜。つい先ごろ、ネット解禁になった状態で確認したらね。こーですから。正解は。初めて気が付いたんですよね。

hibani.jpg


「あっ、耳の部分赤いんだ」

 えぇ。そりゃね。いくら作ってもウサギになるし。口の形もちと違う。うん。

 ま、ヒバニーとしては20点でね。ウサギとしても何かくどい顔っぽくなったので、40点ってところだなとね。思っておりまりました。

 そうそう。いつものピカチュウがあった横で作っていたからね。ただのウサギでも子どもたちの中には、「ヒバニーだ」と言ってくれる天使のような子もありましたけどね。

 さすがに、これ一件だったのでね。戦力としてカウントするのはさすがに力業過ぎるとね。冷静な対応を取りました。

 えぇ。皆さんにはねぇ。「もったいない」などと言われますがね。こうした試作品は基本的に画像に収めたら、即処分が原則のウシ。えぇ、片付けないと片付かないですからね。忘却防止の算段がついたらね。

 きれいにしてあげるのが礼儀と踏んでいるウシでございますからね。この時もねぇ。何の迷いもなく作業をしようと思いましたらね。

P1030019.JPG


「このウサギさんもらっていいですか」

 とね。言って下さった方がありましてね。えぇ。どうぞどうぞと。差し上げました。正しく捨てる神ありゃ拾う神ありでね。多少のしつらえを施してね。

 ヒバニーではなく、ウサギさんとして差し上げることができました。えぇ、良かったね。

 まぁね。試作も試作。ファーストヒバニーですからね。もう少し粘ってねぇ。ヒバニーの質を向上させてみようと思いましてね。

 えぇ。おかげ様でね。ドラクエ以外のネタが多少は作れたウシでございました。

 えぇ。どこまでで納得するヒバニーができるか否か。皆様も多少の楽しみとしてお付き合い頂けると幸いでございますよ。
| 次へ