• もっと見る
« ウシさんのバルーン活動 | Main
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
あらくれフランちゃん [2023年02月02日(Thu)]
2023年2月2日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 さて1月下旬からやりはじめた「サガ1」(ゲームボーイ版)でございますけどもね。

 うん。2 → 3 ときて、1をはじめたわけですけどもねぇ。

 たっのしーーーい♪ ですねぇ♪

 うん、ゲーム内の曲もねぇ。やっぱいいですねぇ。癒されます。

 子どもの頃に挫折したのに「チェーンソで一発クリア」だけは記憶にこびりついている、サガ1。素晴らしいですねぇ。

 あれですね。3までやって思うのは、RPGにおいてテキスト文の進行スピードってのも大切な要素なんだなぁと思ったりしています。戦闘もイベントもサクサク進んでくれるのでね。非常にスムーズでございまして。

 ゲームつくりというのもねぇ。奥深いもんだなぁとしみじみ感心させてもらっています。

 えぇ。データ容量の節約という課題と向き合った時代であるレトロゲームの名作といわれる今作でございますけどね。データ削減の「工夫」だったという、作中キャラの

「らんぼうな言葉」

 がねぇ。なんとも味があります。

 さて、ゲームですけども。パーティを編成して、ゲームスタートしましたらね。

 1は、戦闘でやられてしまった子は3回までしか復活できない(ハートを買えば別)仕様だったんですねぇ。あらくれだなぁと思いつつ。死んだらどんどん入れ替えるってのがどうも好きくないなぁと思ったもんで。

 序盤からコツコツ能力上げてじっくり楽しむスタイルが昨今のウシでございますからして。安全第一で進んでいます。

 キャラの名前ですけどね。よっぽど好みだったんですねぇ。女の子のキャラには必ず「フラン」ちゃんと付けまして。手塩にかけて育成しています。

 サガ1における「フランちゃん」はエスパーさん。戦っているとパラメータがランダムで上昇するとともに、特殊能力なる技(魔法?)的なものもコロコロ変化していくみたいです。

 んなことなので。

「いっぱい戦おう」

 と思いましたけども。1は2や3に比べて通常エンカウントが低いように思いまして。こりゃ中々な時間がかかると思っていましたけども。最初の世界の洞窟でね。

saga-1.JPG


 こんな感じに、方向キーを向けるだけで永遠戦える方たちを発見しまして。同じパーティの人間さんたちは、ドーピングのみでの成長ということでね。ようは、金がかかるということを理解しましたから。

 ずっっっつーーーと。戦っておりましたらね。

 えぇ。フランちゃんこんな感じになっていました。うん、3日間くらい電車往復修行の成果でございますな。

P1310006.JPG


 サガ1のフランちゃんは、成長しても黙っているクールさんですからね。改めてみたらねぇ。びっくりしました。まだ、最初の世界なのにカンスト項目がチラホラ。

 スゴイゲームですねぇ。サガ。

 そんなこんなでね。もういいかともうくらい修行して、ボスさん倒してストーリーをすすめたらねぇ。

 フランちゃんが、こんなセリフをいうようになってしまいました。

P1310002.JPG


 うん。フランちゃん、あらくれてしまいました(泣)
サガ2→3 クリアしました♪ そして元祖へ [2023年01月30日(Mon)]
2023年1月30日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 ここ最近は悩まされることがなかったので、油断というか忘れるくらいだったのですがね。今年最強とも言われる寒波の影響でもあるのでしょうか。ここ数日、頭痛がきております。

 案外デリケートというか、弱っちいのでね。隙あれば簡単に風邪をひきそうになるウシでございますからして。バルーン活動も頻繁なもんで。風邪薬も適宜ほどこしている中での頭痛でございましてねぇ。

 なんですか。集中力の継続という意味においてねぇ。頭痛はホントやっかいです。

 そんな中ではありますがね。先日来からやっていた「サガ2」(ゲームボーイ版)を無事にクリアできまして。ラストダンジョンでいいだけ能力上げをしようと試みていましたが、武器の使用回数何かもあってね。

「世界が崩壊する!」的なコメントのあとで、非常階段などから脱出できるのかと思いつつ。やってみたらねぇ。

 できるんですねぇ。脱出。

 女神様の、のうりょくなるもんでね。できちゃうの。

 えぇ。世界崩壊の危機ですよ。あなた。なのにいいのかな〜〜と最初は思いましたけど。世界崩壊を予兆させる大地震を彷彿とさせるのか、画面が揺れっぱなしになっているのにね。

P1290003.JPG


 主人公のパーティも、各世界の街の皆さんもねぇ。微動だにしない!!!

 いたって平然と日常生活を営んでおられるというねぇ。

 この市民力の高さにねぇ。正直一番の感動をもらった名作「サガ2」でございました。ちなみに、ラスボスさんは機械でしたけども。すばやさ依存の「ネコのツメ」が強すぎましてねぇ。みんなでひっかいて世界を救うことができました。にゃー!!!!

 そんなこんなで、続いて「サガ3」をプレイしましてね。

 1月29日の時点でね。すでにクリアしてしまいました。うん。

 昔は、サガシリーズの破天荒さについていけず。レベル制になった「3」の方が楽しいと思ったくらいなのにねぇ。なんていいますか。

「うん、単調だな」

 というのが正直な感想でございまして。えぇ、それだけ、おぢさんになったんだとでも思ってやって下さいませ。えぇ、おそらくウシのプレイ方法がねぇ。悪いんです。

 えぇ。なんか、物理でちまちまやっていくのが途中から面倒になり。全体魔法の地震や爆破の魔法を覚えたらねぇ。幼馴染のエスパー2人が大体これで殲滅していて。聖剣なるものを集めろと言われましたけど。途中で手に入った2本だけでね。

 ラスボスさんのところに来てしまい。

「結局、回復役なんだから2本でいいんじゃね?」

 と戦闘してみたらねぇ。何か全クリしてしまいまして。うん。何かねぇ。ちゃんと最後まではできたけども、ゲームボーイのサガの「らしさ」というものをねぇ。改めて実感したウシでございました。

 ま、あらくれといいますかね。印象に残っているのは、現在で子どもだった子たちが大人になって協力してくる(エンディング後、もう一回オープニングみて再確認した)とか、小さかった男の子が、イベントで木っ端みじんになっても復活してくるとか。

P1290004.JPG


 あと、こちらのお人形さんの敵さんとか。

 クスリというか。えぇっと思えるところはありましたけどねぇ。

 うん。まずまずだなと。そんな感想を得た「3」でございまして。

 1月30日現在は、「1」をやっております。

 うん。楽しいですねぇ。人間(男)・人間(女)・エスパー(女)・モンスターではじめましたけど。人間さんはドーピングし放題のかわりに、戦っても戦っても成長しないとのことで。ひたすら、お金貯めをしています。

 うん、楽しい。なんなんですかねぇ。同じことやっているのに楽しさが違う。この不思議さをかんがえながら、もうしばらく楽しませて頂こうと思います♪
サガ2…すげぇ、ゲームだなぁと。 [2023年01月13日(Fri)]
2023年1月13日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 さてさて。何十年ぶりに楽しんでおります「サガ2」(ゲームボーイ版)でございますけどもね。8つ以上ある世界を巡るゲームにおいて、現在第3世界まで進みました。

 うん。巨人シリーズなる防具が売っている世界ねぇ。覚えておりますよ。

 往時は、あまりの高額に「はぁ??」となって突き進み、その後のヴィーナス(第6世界だったと思う)が突破できずに積んでいたなぁなどと。若かりし頃の記憶を思い出してました。

 急がば回れですからねぇ。40歳になったウシさんにとってみれば、多少のお金稼ぎなどという作業は作業ではなく。楽しい部類のことなので。

 ウキウキでお金貯めしておりました。

 えぇ〜。お金貯めのためと。パーティメンバーの中で、どうもパッとしない、ウルシくん(転剣の影響です)こと、モンスターさんがね。いくら肉をくらっても、食あたりを起こしてばかりなのか。ヨワヨワのままなので。

 どうにかしたいと、良い食い合わせを求めてさまよっておりました。

 したらね。なんですか。まだまだ序盤ですよね。序盤のハズなんですけども。先頭をいく人間さん早くもHPカンストしちゃいましてね。えぇ、絶倫です。

P1130004.JPG


 ほぼ2日間ほど修行していましたけどねぇ。あまりの上昇に、えぇっ!?と思ってたらいつの間にかカンストですからねぇ。驚きました。

 何だかんだで、調べもしたところ。ウルシくんなんだからネコ型になりたいと思っていましたがねぇ。この世界の獣さんはネコちゃんみたいな子ばっかなので。紆余曲折あって、なんとか目的の妖精さんになることができました。

P1130005.JPG


 そんなことで整ったのでね。一時、仲間にもなってくれたカイちゃんが、別世界のボス(この時点では倒している)が放ったとされる輩が小さくなって体内に入ったことでね。

 バタンキューしているということなので。助けにきたわけですけども。

P1130002.JPG


「あっ、これが医療崩壊ってヤツだ」

 と。第一世界の女神的であるヒーラーのカイちゃんが倒れたことによって、大慌ての皆さん。現実世界でもねぇ。同じようなことやっているしね。今になって思えば、こうしてただあたふたするだけっていうのがねぇ。一番リアリティを感じると思ったりしたもんです。

 うん。

 子どもの頃はねぇ。助けないとが先になって気になってませんでしたけど。カイちゃんを救う方法が、「小さく(ミクロ化)なって体内の悪者を倒す」ってもんでね。

 王道というか、よくある展開と思ってましたけどねぇ。

 こちらは、サーベルやらマシンガンやら炎や雷で戦って。敵さんもどうように仕掛けてきますからねぇ。

「カイちゃん、めっちゃ頑丈な子なんだな」

 とね。違うところで心配になったりしてました。うん。関係ないところに関心がいくあたりねぇ。ウシも大人になったと思わせてもらっています。

 えぇ。そんなことでね。破天荒なゲームバランスも相まって、まだまだサガ2の世界を堪能していこうと思います。
聖剣伝説1クリア → サガ2の世界へGO♪ [2023年01月10日(Tue)]
2023年1月10日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。ある意味こんなはずではなかったと思ってもいますけども。年始からスタートした「聖剣伝説1」(ゲームボーイ版)をね。クリアしてしまいました。

 よくわからなくてかなり序盤(魔術師さんも仲間になってなかった)で放り投げた小学生当時の記憶を、含めなければ、最初から最後までやりきったプレイは、人生初だったわけですけどもね。

 まぁ、ネタバレは大歓迎なウシさんですから。これまたしばらく前ですが、他人様のプレイ動画を見て感化されて購入→プレイに至ったウシとしましては。

seiken.JPG


 正式には初見ではないのでしょうけども。まぁまぁ、クリアできました。

 電車の車内往復1時間のプレイ中に、イヤホンつけられないから無音プレイを強いられる中でね。壊れる壁が見つけられないじゃないかと、レベル上げに専念した期間もありましたが。

 そんな、作業的(楽しかったので個人的には作業と思っていない)なことも功を奏してかもしれませんけども。まぁ、無事やり切ったわけです。

 壁に当たらなくても素振りするだけで使用回数が減るマトック(つるはし)ではなく、無限に調べられる「モーニングスター」があったことがねぇ。早々クリアの要因かと思います。無音でも、ダンジョン攻略できましたからね。おかげで。

「こりゃ、モーニングスター伝説だな」

 とかね。後半は思ってましたから。

 しかしながら、あれですねぇ。思うんですよ。やっぱ、実際に自分でやってみるとみているだけだとねぇ。感じ方が違うですよ。

 最初はねぇ、引かれあっているということなのかもしれないヒーローさんとヒロインさんがねぇ。それほどの仲でもないんでないかと思ったりもしましたけど。

 そこは、離れ離れになっている間もねぇ。つながりはあり続けたと思うようになり。そして最後のねぇ。シーンにいきますとね。

「いやぁ、ヒロインさんもヒーローさんもえらいなぁ」

 とね。号泣まではいかなかったけども。ホロリとさせられる感情の高ぶりがあり。そしてね。生きていても会えなくなるというか、得るものもあるけど失うものもあるということを踏まえてのねぇ。

 未来に向かっていこうとするねぇ。若者たちの決断を鑑みることができまして。えぇ、なんでしょうかね。不思議な寂しさとやり切った達成感を味わったウシでございました。

 うん。すごいですよねぇ。ほぼ白黒で。しゃべりもしないのに感動させてくれるわけですからねぇ。ほんと、スゴイなぁと思い知ったところです。

 ・・・ま、それがお休みだった昨日(9日)の話でね。でもでも、悲しみの方が大きかったからかな。

 急激に大神さんに会いたくなりまして。昨年10月依頼触ってなかったPS2に電源を入れて「サクラ大戦3」を最初っから少しやりまして。何か元気になりましたから。

「よし、じゃあ次のゲームボーイだ」

 と勇むことができるようになったのでね。昨日の夜半から「サガ2」をプレイし始めました。ゲームボーイ3作買ってきてんのに、「2」から始めるウシさんではありますが。

 楽しいレベル上げっていうか、育成をして過ごしています。育成方法がいまいちに忘れてしまったので、本日現在で未だに最初の街(主人公たちの村には先生いて帰れないので)を拠点に、たたかいまくってますけども。

 いや、楽しい。そしてね。同じ曲の繰り返しですけど。やっぱねぇ。曲がいいですよ。

 そんなことで、それなりに時間をかけてゆっくりと「サガ2」の世界を楽しんでいこうと思いまする。
すすめられないので…ヒロインそっちのけです [2023年01月06日(Fri)]
2023年1月6日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 本日の下野新聞さんの朝刊1面でこんな記事がありまして。

 えぇ、県誕生150年ですか。何とか大神さんをPRできないもんかとね。寝起きでしみじみ思ったもんですけども。記事のタイトルをみましてね。

P1060001.JPG


「よし、未来(ボヤージュ)をちゃんと歌えるようにしよう」

 と思い立った次第です。いい曲ですよね〜、40のおじさんが歌うのもどうかと思うけどいい曲です。

 しかしながら、覚え始めの般若心経のように、後半にくる「さあ、夢をみよう〜」「歌を踊ろう〜」の繰り返しの部分がそらんじているとあやふやになって。いつまで経っても終わんないもんでね。

 うん。練習しようと思いました。

 ・・・さて。そんなこんなでゲームですけども。お仕事再開とともに、ゲームボーイ版の「聖剣伝説」ですな。

seiken.JPG


 これもねぇ。曲がいい。最近は、「こたば」さんという方のゲーム実況をよく拝見(聞いてるだけも多い)しておりまして。やたらと長いのもウシ的にはありがたいです。ウシはゲームは好きだけど、RPGばっかりで。お世辞にもうまくないですので。

 うまい上に長時間やり続けられる集中力が素晴らしく。いろんなジャンルを楽しんでおられるのでねぇ。これも感心させれます。ホント。聖剣伝説もやられておりましてね。影響を受けまくって買ってきたわけです。

 ウシ的に聖剣伝説は、最初に欲しいと買ったのは「2」の方で。DSだかのリメイク版はプレイしましたが、ゲームボーイの今作は、小学生だったかの当時、

「どうしていいのか分からない」

 ということで、ほぼ未プレイだったわけですが。令和の御世になって楽しんでおります。ゲームボーイは、ソフトがむき出しでお馴染みの「アドバンスSP」。ちょっと充電時間が短くなったかと思いますけど、往復1時間の電車通勤には十分耐えてくれています。

P1060010.JPG


 曲がねぇ。いいんですけどね。こちらのSPさんは残念ながらイヤホンが直接させないので。主のプレイ機会である通勤電車の車内では、無音でやるしかないわけです。

「曲が聞けないのが残念だがしかたない」

 と、進めていたんですけどね。洞窟だとかで隠し通路を探す時には、手持ちの武器で壁を叩いて、音の違いで発見するわけですけども。

「あっ、ダンジョン探索は通勤中は無理だ」

 ということを悟りましてね。仕方ないのでレベル上げに励んでおります。

 うん。今現在は、ヒロインさんが敵方の飛空艇とやらでさらわれてしまったのを追跡している最中なのですけどもね。

 うかつにダンジョンに入れませんから。彼女は、敵の攻撃を受けないで。見様によっては主人公さんがやられている戦場をお構いなしに動きまわれる方なので。

 まぁ、いいかと。

P1060014.JPG


 っていうか守るべき騎士として修行することにしようとね。気持ちを切り替えて。海岸線をおじいさんと歩いていたら、森のくまさんならぬネコちゃん(ウルフさんか?)たちが密集しているところ見つけたのでね。

P1060018.JPG


 ここ2日間は修行の日々となっております。

「レベルアップですぜ」

 のテロップが素敵♪

 おかげ様で、レベル40を超えちゃって(所持金はカンスト)ますけども。

P1060020.JPG


 おそらく上げ過ぎな気もするけども、ストーリーのどの程度にいるのか分からないからねぇ。程度のほどが分かりませんけども。楽しんでます。

 ヒロインさんをさらった飛空艇は燃料補給だかでどこぞに止まっているそうですからね。

 原油高だし。時間もかかるさということでね。

 ちなみに聖剣伝説なのに。ウシ的に一番のお気に入りは「くさりがま」。鎖鎌伝説になりつつありますけど。引き続き楽しんでいこうと思います。
2022年末年始の過ごし方(2) [2023年01月04日(Wed)]
2023年1月4日(水)

 はい、どうも。もう一回ウシです。

 そんなことでねぇ。無事にお仕事をやり遂げた年末から、新規一転の3が日はねぇ。まぁ、あとはゲーム三昧でしたよ。

 えぇ。ネタ的には、これからが新年初物になりますねぇ。あらためて、明けましておめでとうございます。

 えぇ、初物のくせにねぇ。中身はすでに腐ってます的な感じですけども。まぁ、記事の役割的にはリハビリ的な部分もありますからね。ご容赦下さいませ♪

 えぇ、仕事してない時以外はゲーム。こんなもんですよウシさん。

 良い子の皆さんはマネしないようにしましょうね♪

 ゲームですけども、11月頭から始めた「幻想水滸伝1&2」(PSP版)を楽しませていただいておりまして。年も明けるしということを区切りに、「2」を全クリすることとしました。

 うん。名作と言われる水滸伝をまともにプレイさせてもらいましたけども。さすがに面白かったですねぇ。よい経験をさせて頂きました。こうかくと、お好きな方に申し訳ないとも思いますけども。

 操作を含めた攻略については、

「これは、師匠ゲーだな」

 と確信しましたねぇ。えぇ。「1」のカイ師匠と「2」のロンワンチャン師匠。この二人がいなかったら世界は救えなかったなぁと思うくらいの、おじさん達の活躍を見ることができましたのが爽快でございましてねぇ。

 えぇ。ストーリー的にはね。これは好みの問題なのでしょう。もともとかサクラの影響もあってか、最後はみんな幸せになってほしいと思うウシとしましてはね。

「ジョウイくん、それはよくないよーーー」

 てなことをずっと言ってましたからね。えぇ、大切な友達のところに帰れて良かったねぇとも思いつつもね。ウシ的には、なんだかんだで待ち続けて、慕い続けてくれた奥さんとピリカちゃんのところに帰らないとだめだろーーとなっちゃいましてねぇ。

PC310008.JPG


 うん。まぁ、そんなこんなで無事全クリはできた水滸伝。まぁ、いろいろあるにせよ、ナナミちゃんが生還できたのでね。いいんじゃないですかねぇ。あと、1&2のヒロインはウシ的には、忍者のカスミちゃんですね。これは譲れんということで、終幕でございましたとさ。

 ・・・そんなこんなで、年末のゲーム的な締めくくりをしたわけですけどもねぇ。どうも気分的には締めくくれなかったので。勢いを借りて。

 年末にご褒美でかったゲームボーイソフトに手を出すことにしたウシ。えぇ、新規一転というなの時代逆行をねぇ。新年早々に始めました。

 まずは、「町の外に出たら瞬殺」で名高い、『SDガンダム外伝 ラクロアンヒーローズ』を起動しましてねぇ。サクラもいいけどねぇ。ゲームボーイの曲というか、音がいいですよねぇ、ゲームボーイ。

PC310009.JPG


 最近になってとみにそう思うようになりましてね。大晦日夜からはじめまして、紅白とか特番とか無視してやっちゃいました。うん、面白いですねぇ。これ。

 1990年ですから昭和と平成の架け橋的な年代にあった作品なんですねぇ。いやぁ、エンカの嵐もさることながらねぇ。改めてやってみると、ザコ敵が強い強い。

 おじさんになって、牛歩戦術(じっくりレベル上げしてゆっくり進む)スタイル(これしかできないけど)がねぇ。これほど愛称バッチリのゲームがあるのかと衝撃を受けましたけどねぇ。

 どんなにこちらが強くなっても、次の面に進むとあっさり超えてくる敵の皆さん。やーこの展開が最後まで続くとはねぇ、恐れ入りましたよ。(ラストも含めボスの方がやさしかったですけど)

 えぇ。特に3が日はたっぷり堪能させていただいて。無事クリア。新年から3が日はマジゲーム三昧でしたからねぇ。クリアしちゃいましたけども。まぁ、いいでしょう。

 個人的には、この場面。厳密にいうとガンダムそものもではないですから気にすることないのでしょうけども。

P1030011.JPG


「あれっ、アムロってお母さん生きてたっけ??」

 というのが、最大の謎となりまして。それも、宇都宮にきてから確認できましたから、これにてラクロアンヒーローズ終了というとでございましてね。次は、曲的に一番期待していた「聖剣伝説」を楽しんで行こうと思いまする。

 そんな感じで、2023年も大好きなレトロゲーム達に支えられて生きて行こうと思っておりますので、よろしくお願いいたします♪
サンタさんはいると思います 〜 来年はGBの世界へGO♪ [2022年12月25日(Sun)]
2022年12月25日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 えぇ〜。本日はクリスマスでございますけどもね。良い子の皆さんのところにはサンタさんいらっしゃったんでしょうかね。

 えぇ、サンタさん。

「いる」と思いますねぇ。ウシさん。40歳にしてねぇ。そう悟りました。

 いやいや。まぁまぁ。。。12月はウシが多かったですからねぇ。いよいよかとお思いの方もあるかと思いますけども。(まぁ、思ってもらってもOKですけどね)

 そんなことを思わせてもらえるクリスマスイブをねぇ。過ごしましたもので。えぇ、いいじゃないですか。サンタさん、何も赤い恰好をしたおじいさんでないといけいない理由もないわけですからねぇ。それぞれの信心でよろしいかと思うわけです。

 えぇ。昨日(12月24日)にお招きいただいた「栃木フォスタリングセンター」さんのクリスマス会を全うした後は、日中お休みを頂いていたのでね。

「じゃあ、ウシも頑張ったし、欲しいものを買いに行こう」

 と思い立っていましたので。とちぎ健康の森をスタート地点に、環状線を自転車で爆走(南下)しましてね。一路、環状線沿いにあるブックオフさんに行ってきました。

 えぇ。「ONI」というゲームボーイのRPGをご存じの方ありますかね。名作かどうかはわかりませんけども。和テイストのRPGで。ウシさん大好きです。先日までやっていた「鎌倉殿」の影響があったかなかったかですが、鎌倉時代をモチーフにした「鬼神降臨伝」なる作品と、お話しの続きで幕末が舞台になる「幕末降臨伝」という作品がスーパーファミコンにありましてねぇ。

 中学生〜高校生くらいの若かりし頃に大層楽しく遊ばせてもらいました。

 そういえば、刀剣好きになった妹とある程度話を通じ合わせられるのも、この作品に出てくる「天下五剣」のおかげだったりします。(ウシの認識だと五剣は擬人化でなく、師匠のごとく喋るタイプの日本刀です)

 スーファミから入ったので、それ以前のゲームボーイにおいての作品群があるというを知ったのは、後々のことですが。ゲームボーイで、1〜5までの続きものの作品であることを知ってね。往時、次世代機と言っている最中に白黒画面を楽しんでいましたねぇ。

 ・・・こう振り返ると、今と変わっていないじゃないかとね。愕然とはします。

 まぁ、昨今のウシは再度のレトロゲームブームが来ていますからねぇ。動画なんぞで、ゲームボーイの作品のプレイ動画を見て。また、ゲームボーイのねぇ。曲の良さに魅せられましてねぇ。

 ならばと、ゲームボーイでやりたい作品ねぇ。ちょこちょこ買っていました。

 ONIシリーズもねぇ。自宅に保管してあった「1」「2」「5」に加え「4」を入手済み(記憶では4は持っていたような気もしてるんですが、買い直せた)だったので、「3」が欲しかったんですけどねぇ。

 まぁ、なくて。何気なく入った環状線沿いで見つけたんでね。買いに走ったわけです。うん、ウシさん頑張ったしね。

 ・・・しかしながら、見つけたのは夏ごろで。どうせ誰も買わないだろうと思っていたら無くなってましてねぇ。えぇ、現品購入の場合には、こうしたことは良くありますけども。ちょっと悲しい気分になりました。

 お店の中を探していたらジャンクコーナーで結構なお値段でありましたけどもね。

「これは、買わないでおこう」

 と自重するというねぇ。対応をとったウシでございました。うん、大人になりましたねぇ。

 そうはいってもね。悔しかったもんですから。ここから、市内の認識がある中古屋さんを自転車で巡る旅をスタートさせることになりまして。まずは、さらに南下して、栃木街道と環状線が交差する西川田店に行って。

 まぁ、なく。そののちは、4号線沿いにもあったと思ったので。4号線を北上してねぇ。行きま空いたらねぇ。今度はお店がなくなってました。うん、残念(亡)!!

zitensya.JPG


 旅が終わってから、改めて距離計算をしたらねぇ。こんな感じで宇都宮市内を放浪しておりました昨日のウシ。約3時間くらい自転車で走っていたようで。距離にすると25キロほどになりましたけどもね。

 まぁ、栃木市の自宅まで自転車で行き来していたウシにとってみれば片道程度の距離ではありますけどもねぇ。彷徨ってましたねぇ〜。

 ・・・こうして旅は不調に終わったわけでございましてね。宇都宮市街に向かっていきながらねぇ。

「まぁ、久しぶりにしこたま運動できたことだけでも善しとしよう」

 などと、思いながらねぇ。ウシにとってのレトロゲーの基地である、駿河屋さんにねぇ。行ってみましたよ。

 ・・・うん。ONI3は無かった(1が2個あった)ですけどね。

「あ!これは!!」

 なーんと、「サガ2」をねぇ。発見しましたのよ。いーやー、これもねぇ。やりたかった作品です。曲がねぇ、いいの。ホント。

 サガシリーズは1と3はお店にあると見当はついていたんですけどね。これまで何度か別ゲームを買うついでに探していた中で「2」だけなく。「2」が一番やりたかったので、1と3も買わずにいたんですけども。

PC240004.JPG


 クリスマスイブのこの日にねぇ。お会いすることができまして。

 えぇ。買いました♪♪♪

 ついでといってはなんですけども。「ラクロアンヒーローズ」も見つけたので勢いで買ってしまいまして。しめて5千円ほどでございました。うん、いい買い物だったと思います。

PC240006.JPG


 これはねぇ。もうウキウキで。サンタさんがね。哀れなウシを見かねてそっと入荷しておいてくれたとねぇ。思わずにはいられません。

 よし。これで来年も頑張れる!!

 令和も5年になりそうですがね。ウシは平成(しかも初期)の名作たちが付いている。来年もイケますよぉ。加えて、以前購入してあった「聖剣伝説」も控えていますからねぇ。令和5年は、

「ゲームボーイ年だ!!!」

 ということで。意気揚々な年末を迎えられているウシでございました♪♪

 とりあえず、携帯機プレイは現在「幻想水滸伝2」(PSP)をやってますので。こちらを存分にしたらねぇ。めくるめくGBの世界を堪能したいと思います。

 う〜〜〜ん。今から来年がたのしみだーい!!
通じる喜び [2022年12月14日(Wed)]
2022年12月14日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 今日はフランちゃんの日ですね。アニメ視聴を楽しみに頑張っております。

 そういえば、先日「ビステマ」をみていたら、ボス的な魔族さんが登場してきましたね。どっかで聞いた声だなーと思ってたら、フランちゃんの腕ちょんぱしたデーモンさんだったのでね。

「また、あなたですか」

 と。ピンチ発生の展開を前にして画面の中の皆さんはシリアスモードなんですけどね。ウシさんは一人笑ってしまいまして。

 悪魔と言えば、鳥海さん。 が濃密に印象付けられたウシでございました。

 さてさて。話は変わって、先日の「オープンデー」(12月11日)での話ですが、ウシさんの人となりを知っている子ども達とわちゃわちゃバルーンを作って遊んでおりますとね。知らない子たちも、だんだん分かってきて。

 ほぼ皆さんにプレゼント差し上げることができました。

 そんな中でね。高学年の女の子さんが、オーダーを下さいました。キャラものバルーンなんぞも作っていたので、いけるか!?的な算段があったのか、

「シマエナガ」という名前の鳥さんを作ってくれと。

simaenaga.JPG


 オーダーを頂きました。北海道に住んでいる小さな鳥だそうで。人気があるそうですな。確かに、画像を見た可愛い。お顔がサンリオ敵な気もしたのでね。

 チャレンジしてみましたけども。やってみると(うすうす感じていた)けどもねぇ。何とも困難な子でございましたね。やってみて、これは無理系のすみっこ的な部類だなぁと。挫折を味わいました。

 ラウンドも使ってやってみましたけど。即座に無理で。オーダーをくれた子も、ダメそうだと途中でストップをかけてもらうというねぇ。惨状でしたよ。

 しかしながら、悔しかったので。だからと言って好きでもないキャラを押し付けるのもなんですからね。彼女に聞いてみましたよ。

「なんで北海道好きなの??」

 って。したら、水曜どうでしょうが好きだと帰ってきましてね。あぁ、ウシさんの土俵になってきましたね。

 小学生がどうでしょうっても(うれしいけど)どうなのかと思ったので、親御さんが好きなだけでないかと思いましたもんで。何の企画が好きか聴いてみましたらね。

「アラスカ」

 ってかえってきましたのでね。あぁ、これはマジ見てるなと。藩士だとねぇ。思いました。そんなこんなでどうでしょうの話題で盛り上がったので、バルーン作品として自信をもって差し上げられる

PC110028.JPG


「ONちゃん」

 を作ることになりまして。差し上げました。

 ONちゃんつくりながら、中の人(安田さん)も最近活躍してらっちゃるよね〜〜と話したりして盛り上がりましてね。知らない人がみたら、黄色いマスコットの名前が安田さんととられるだろうなぁという感じでね。

 ほんわか盛り上がったわけです。

 話題が通じ合うというのはね。楽しいものです。知らない人からするとね。アラスカやベトナムという国名だけでテンション上がるってのも不思議な話であり。ある意味、これも洗面用語なのかもしれませんな。

 どうでしょうに限った話ではないですが、考えると言語が違うみたいのと同じようなもんでね。知らない人にとってみれば、なぜ盛り上がるのかも分からないわけですからねぇ。

 分かり合える人と出会えて会話できるというのはねぇ。尊いことと思いますよ。

 ONちゃん、久しぶりに作ったけど、結構ちゃんとできました。最近は、あまり見れてないですけどねぇ。どうでしょうさんも未だに大好きなウシでございます。
量産型・師匠も大人気でした [2022年12月12日(Mon)]
2022年12月12日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 あれですね。コロナ禍が再盛り上がりをしている中でもね。12月に入ってウシのバルーン活動が中々なスケジュールでありまして。

 ・12月10日 済 宇都宮市河内地区青少年育成協議会クリスマス会
 ・12月11日 済 第4回まちぴあオープンデー
 ・12月15日   栃木市立第3小学校 学童でのバルーン教室
 ・12月17日   宇都宮市総合コミセンでのバルーン教室

 ・・・というのが中旬の予定です。この週末は連投だったので、こんなに疲れるのかと思ったところであり。年かなというのもあり。コロナのせいか、と思ったりもしたりでね。

 あれですね。ダメですねぇ。コロナさんで予定していた活動がなくなってブー垂れたくせしてねぇ。詰まってくれば詰まってくるで、「中止になってもいいかな」などと思う自分もあったりしてねぇ。

 ダメですねぇ。人間とは(ウシだけだろうけど)いかな勝手な生き物だと反省するところでございますよ。うん。元気出していきましょう!!!

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 さて。そんな中での、まちぴあ担当事業「オープンデー」(年度第4回:通算7回)での一幕ですけどもね。

 事業的にメインは団体の皆さんでしたので。ウシとしてはおまけのバルーンプレゼントをしておりました。

PC110015.JPG


 宇都宮市の広報や配架したチラシを見て遊びに来て下さった皆さんが多かったですが、小学校でのバルーン教室や、イベントで会ったご家族が遊びに来て下さったりもしてね。ウシ活動的にもこうしてじみーに広がって行くのが嬉しいもんですよ。

 そんな中で、先月の簗瀬小さんの「霜月まつり」でウシと会い、ウシがハマっているからと作った「師匠」をみてね。「転剣」を勉強してきたご家族がありましてねぇ。

 人知れず押しアニメの良さを伝えたいウシとしては、とても嬉しい反応を頂く機会がありまして。感無量でしたねぇ。

 さて、そんな嬉しいご報告も頂いたのでね。今回のプレゼントでも「剣」を作ろうと。やっておりました。「師匠」を作ろうとすると、必然的に2本の白バルーンが必要になるのでね。

 余ったバルーンでも男の子たちの心をつかめるのかと。事前サーチもしたのでね。今回は、一番余る確率の多い「青」のバルーンを使ってねぇ。「剣」を作ってみました。

「ウオーダーソードだ」

 とか何とかいってねぇ。子ども達に渡したらね。

PC110021.JPG


 やっぱ、ご満悦。剣すげぇなぁ〜〜。これは使えますな。

 今回のイベントは次々にお客さんをお相手する系のイベントではなかったのでね。そして、クリスマス会でもありましたから。調子に乗って、好きな色の剣を作りました。

「青は水属性だから、赤で火属性の剣がほしい」

 と。小学生にして中二心を培っておられるお兄ちゃんとね。やいやい言いながら、赤、オレンジのバルーンをメインに作っていきまして。

PC110027.JPG


 出来たのがこちら。うん、水の剣と炎の剣だね♪

「ウルトラマンの剣だ!!!」

 と、出来上がっていく様をみていたお兄ちゃん、途中でかなりテンションが上がっていましたけどね。ウシ的には「師匠」をつくっているつもりですからピンときてませんでしたけど。

 いやぁ、喜んでもらいましたよ。良かった良かった。

PC110026.JPG


 弟くんも呼んで(彼には水を渡すあたりが立場の差か)ポーズ。何か、FF7みたいとおもったけどねぇ。きっと彼が思い描いているヒーローは違うことでしょう。

 しかしながらね。

「でもあれですね。これだと師匠のPRになりませんよ」

 と、作り終えてから、ご兄弟のお母さまに冷静にアドバイスをいただきまして。

 うん。確かにそうだ。

 そんなこんなで、片付けをして仕事を終えて帰宅途中にね。駅のホームでパっと目にはいった「ウルトラマンデッカー」のポスターを見てねぇ。

PC110001.JPG


「あっ、この剣のこと言ってたんだな」

 と、腑に落ちるウシ。うん。形が似ていると言えば似ているなぁと。これはまずい。

 やっぱ、師匠はちゃんと作ってからの色違いをやるべきだと。一つ大きな学びを得たウシでございましたとさ♪
臥薪嘗胆を学ぶゲーム [2022年12月07日(Wed)]
2022年12月7日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、週末(おそらく金曜日)まで更新するネタがないのでね。ゲームネタを挟んで更新だけはしておこうと思います。

 やってますよ。「幻想水滸伝2」(PSP版)。いいですねぇ。楽しいですけども、やたらと人々がえらいことになるゲームだなとねぇ。25年くらい前の作品にあらためて心を痛めています。

 水滸伝といいつつも、作品のモチーフに「項羽と劉邦」があるとかないとかで。

 ザ・悪役

gensou2.JPG


 の。ルカさんを見るに、そうなんだろうなーと思いつつ。年明けにはリマスター版が発売されるそうですが、ウシ的にはこのくらいの絵の粗さ(っても、十分だと思ってます)だからこそ続けられていると思ったりしてしまいますねぇ。

 昨日(12月6日)はお休みだったので。宇都宮は雪も降ったとかいう日でしたからねぇ。家の用事を済ませたあとは、お布団に湯たんぽ入れてやってましたけど。

 プレイ直前に録画していた「ビステマ」の最新話を見てたんで。記憶が混在しちゃいましてねぇ。

「金髪・長髪のいいとこの男はろくでもない」

 と、ルカ氏もパツキン長髪野郎と思い込んで過ごしていましたけどもね。違いましたけどね。ルカさんにあった後に領主の息子さんに出会いましたから。

 悪役といっても随分とスケールが違うもんだとねぇ。変なところで感心したウシでございますよ。

 うん。「幻想水滸伝」は、108人の仲間を本格的に集めるようになるまでにねぇ。えらく劣勢の時間を過ごすゲームなんですね。その意味では、「1」に比べて、色々と進化した「2」の方が、そのやられっぷりというか。

 どんなにキャラクターを強化しても、ストーリーの名のもとに抗うことのできない力に屈せざるを得ないというのもねぇ。何か、学ぶところのある作品だなぁと感じていたりします。

gensou2-2.JPG


 途中である逃亡イベントで、逃げようの提案にマジでそうしようとねぇ。思った(選択したけど彼らは思い直した)ところですけども。

 ほんとにゲームのキャラたちはたくましいなぁと。40歳のおぢさん感心ばかりですわ。

 中国中原の争いである、楚漢戦争に南方の呉越のエピソードも混じっているのかなぁと思いつつね。古代中国すきですけどね。ゲームだからなんすかね。文字だけの小説を読むよりもねぇ、その大変さに感じ入ってしまうわけです。

 うん、アニメやドラマ的な映像作品があるのかは知りませんけどね。ゲームでしか感じ取れなかったり、ディホルメされているからこそ、ギリギリで映像を見つつ「考えることができる」そんな気もしていますなぁ。

 そんなこんなでね。現在ウシの星たちは、風の洞窟なるところにこもって、最強装備と聞いた帽子を求めてひたすら徘徊しております。

 RPGでウシが一番好きな作業のパートになりましたので。ゲーム内の癒しを存分にしてシナリオに立ち向かって行こうと思っています♪
| 次へ