• もっと見る
« ウシさんの活動予定 | Main | ウシさん黒の起源探求»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@御幸ヶ原小宮っ子(1年生) リベンジ希望です(泣) [2023年02月04日(Sat)]
2023年2月4日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 あれですねぇ。干支が一周する以上にやり続け、これまでの経験で学校さん側の準備も、ここ最近の活動経験万全であったとしても。

「今日は、失敗だった」

 と、心の底から思うような日に出くわすとはねぇ。思いもよりませんでした。えぇ、気分的にはねぇ。

zenmetu.JPG


 こんな感じです。本当だったら、大神機撃破時のゲームオーバー画面を出したいところでしたけど。探すのがとてつもなく面倒だったもんで。全滅時の音楽が流れるイベントを思い出してねぇ。飾ってみました。

 うん。思えばウシさん大好き「サクラ大戦」も、ほとんど全滅っていうか、主人公の大神機が撃破されるということになるのはまれなゲームだと思いますよ。あまり、上手いわけでもないウシでもね。ゲームオーバーを経験したのは、何回か(サクラ2で、土蜘蛛さんが倒せずミカサ撃沈した)くらいでしたからね。

 そんな何回かしかない経験をねぇ。まさしくしたのでございます。

 えぇ。昨日(2月3日)は、宇都宮市立御幸ヶ原小学校の宮っ子ステーションさんにお呼ばれしておりまして。お邪魔してきたウシです。今回は、1年生40名の皆さんがお相手ということでした。

 最大の敗因はね。これです。

 えぇ、コロナ禍があってからというもの、ウシが風船を買ってくるのではなく、主催者(学校側)で準備してもらっているのが常なのですが。今回は、いつも買ってもらっているシモジマ産のバルーンではなく、100均さんのバルーンだったのですわ。

P2030026.JPG


 うん。忙しい中だし、物価高騰の折もあるから、これでもいけるだろうと思ってね。いつものように膨らませて、ストックを作って、子ども達にねじってもらおうとしましたらねぇ。

 えぇ〜〜〜。割れる割れる。

 もうねぇ。阿鼻叫喚とはこのことだとねぇ。ウシさんも泣きたくなるくらいに割れまくってくれまして。えぇ、1年生たちがいきなり恐怖のどん底に突き落とされてしまいました。

 そうなるとねぇ。もうもう収集がつかなくなってね。さすがのウシも嫌気がさしてしまいましたのよ。そんなところからスタートしたもんですからねぇ。

 もうね。どこの暗殺教室だと言いたくなりました。

 ・・・ウシさんが余計に自部尿のバルーンをもっていたので。何とかストックjを作り直しまして。リスタートしましたけどねぇ。そんな世界崩壊があったもんですから、今回は、最初の「イヌ」を抜かして、「剣」から始めたわけですけども。

P2030017.JPG


 やってみて思いましたねぇ。やっぱ基本は大切ですわ。

(それでも、静止画ではちゃんとやっているように見えるからスゴいですよね)

P2030022.JPG


 そんなこんなな展開だったもんでね。子ども達の統率も最後までとることが叶わず。レクチャー時の騒ぎをコントロールできなかったもんですからねぇ。3回くらいかな。

「もう帰っていいか」

 と言っていたウシですけどもね。うん、何とか体験時間一杯は頑張らせて頂きました。

P2030012.JPG


 うん。へこんだねぇ、今回。先生方からは、それでも楽しく出来ていたとフォローをいただいたもののねぇ。すごい敗北感を受けまして。こんな体験はバルーンでは珍しいですわ。

 頑張りはしたんですけどねぇ。やっぱ材料。大事ですね。

 えぇ、最初は100均のせいにしていたんですけどね。あれなんですよ、アートバルーン用の風船ってメーカーさんによって何か違うってのは分かっていてね。普段使わないバルーンは、どんなに高級なメーカーさんのものであっても割れるんです。

 なんでかなぁと反省しながら帰宅途中に考えていたんですけどね。恐らく、空気の入れ方に問題があると思うわけです。いつものと比べると、少々細いバルーンでしたから。勢いよく入れるのがクセついているウシのやり方ではね。

 出来上がった瞬間に、パンパンになっていたのかもと。

 えぇ、その時はちょっと固めで悪くないと思っていたんですけどねぇ。ありゃ、パンパンというサインだったのかもしれないとねぇ。思い至って帰宅しました。うん、敗因は考察しましたけどねぇ。

 だからといって、やり方は買えませんけど。シモジマさん(っていうか鈴木ラテックス産)サイコーということでね。ござます。

 うん。散々でしたから次があるかは分かりませんけども。今回の1年生たち諸君が2年生になった来年度中にね。リベンジの舞台を頂いた暁には、全力をもってつとめさせていただきたいと願うウシでございまして。

 帰りがけによったスーパーでね。売れ残りの恵方巻を買って帰ったウシでございました。

P2030027.JPG


 地元のスーパーでなぜか、大量にこれだけ余った「アナゴの恵方巻」。感情移入してしてしまったこともあり、とてもおいしゅうございました。
バルーン活動@岡本北小宮っ子(2年生2回目)今年一番の「決め!」♪ [2023年02月02日(Thu)]
2023年2月2日(木)

 はい、どうも。もう一回ウシです。

 1月15日以降から今週まで、バルーン活動が非常にたけなわでございまして。お邪魔している学校さん(3校)が途中まで経路が同じということもあり。

 かつ、こうも定期的に予定されますと、どんどん記憶が上書きされてしまいますからね。新鮮なうちに更新しておきましょう。えぇ、いそがしいいそがしい言っているくせにねぇ。この週が終わるとほぼほぼ

「予定なし」

 になるというスケジュールでございましてね。えぇ、年度末に向かっているから仕事の邪魔をしないようになっていると思う一方で、特段3校で打ち合わせたわけでもあるまいと思っているのですけども。

 なんとも上手くできているもんだと感心しているウシです。

 さて。2月1日は、ちょっと前に2年生1回目をやらせてもらった、宇都宮市立岡本北小学校の宮っ子ステーション(放課後教室)にお邪魔してきました。今回が、2年生の2回目となりますね。

 自転車移動のウシにとっては、12キロほどということで、それなりの距離がありますからね。不思議なもので、こうした移動を伴う学校さんの場合、「やたらと早く到着する」という習慣がありまして。この日もそうでした。

P2010008.JPG


 担当の皆さんを会場となる教室でお待ちしながら準備をし、時間があったので何となく「ジバニャン」をひっさしぶりに作ってみて。ついでといっては何ですが、中の人(声優さん)つながりで、ウシさん大好き巴里華撃団のコクリコさんを作って遊んでいました。

 お隣の音楽室で授業を受けていた児童さんたちに見つかったりして、慣れた岡北小でありながら心細い思いをしていましたけど。無事に、子ども達と皆さん集まってきてくれて。バルーン教室を行うことができました。

 2回目となる2年生たち、16名が参加下さいましてね。えぇ、思えば年明けブランクを抱えた状態でやった前回とくらべると、明らかに教室運営がスムーズで。だからでしょうかねぇ、子ども達のノリもとても良かったです。

P2010013.JPG


 内容的には毎回一緒の「イヌ」→「剣」→「自由」ですけどもね。

 構造的には「剣」を最初にした方がいいかもと思いつつもねぇ。「慣れ」を重視ウシとしては、やっぱ、破裂確率が高い「イヌ」を先方にするのは譲れないなぁと思いますね。

 20分くらいかけて、初めての子たちも含めてみんなでバルーンと格闘し、剣というか「わっか」が本体ともいえる「剣」を数分でつくる。そして、自由に遊ぶでねぇ。今回も大いに盛り上がりました。

 今年から作品レプリカで作ることが増えた「銃」(剣の応用です)はね。本当に、男の子たちを中心に人気であると確信が持てたのと。わっかを作って装着するのもねぇ。

 子ども達お好みでね。

「かっこいいかは分からんけど」

P2010019.JPG


 で、ウシも装着する「ベルト」「カンムリ」もねぇ。大変な人気でありまして。えぇ、ウシ的には写真をみてもね。格好いいとは思わないですけども。子ども達の心は踊るようですな。

P2010018.JPG


 ホントねぇ。わっかは偉大。武器系だけでなく、連続わっかで「花」にもなるし。男女どちらにも対応できる懐の深さがねぇ。彼にはあります。

 そんなこんなでね。成功の目安である「分けわからん物体」も登場してきましたからねぇ。教室の盛況ぶりはうかがい知れるところでございます。

P2010022.JPG


 うん。楽しんでくれて何よりです♪

 そうこうしている内に楽しい時間は無事に終わりましてね。今回も、大神さんを栃木に広めたい一念ではじめた「勝利のポーズ」こと集合写真とれました。

 うん。子どもらのねぇ。「決め!!」が最高です。



 それだけ楽しかったと声でも伝わってきました。ウシさんは大変満足しております。コクリコちゃんも欲しいとじゃんけんしてくれたしね。もうねぇ、ウハウハの岡北小2回目でございましたとさ♪
バルーン活動@御幸小宮っ子(2年生)〜 ノリは重要です♪ [2023年01月27日(Fri)]
2023年1月27日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。そんなことで(おそらく)ご迷惑をおかけしましたけどもね。ぽぽらさんのサロン企画で、自分が行っていた「ディスチャージ」ができましたのでね。

 スッキリしたので。また「チャージ」のバルーン活動をしに、宇都宮市立御幸小学校の「宮っ子ステーション」(放課後教室)にお邪魔してきたウシでございます。

 ホント、1月は「御幸小月間」ともいうべきか。3周に分かれていますけども。日にちを勘定すると10日間くらいの間に3回ですからね。3日おきに通っている状態でございましてねぇ。えぇ、コロナ禍があって約3年ぶりの御幸小さんでございましたけども。

 これだけコンスタントにお邪魔しますとね。勝手といいますか、感覚といいますか。何かを明らかに取り戻した感じがありますねぇ。

 えぇ。本日の宮っ子のお相手は2年生。前回の3年生から一学年下がってですからねぇ。ウシ(っていうか、ウシの調子が前回はイマイチだったと思う)も、サポーターの皆さんも多少の心配をしておりました。

 が。

P1270016.JPG


 何なんですかねぇ? 今回の2年生たち(22人いたそうです)非常にノリがよく。ほとんどの子たちがバルーン工作初体験でしたけども。いつもの「イヌ」づくりから「剣」「ハート」と。とても積極的にねぇ。

P1270005.JPG


 チャレンジしまくってくれました。前回の3年生活動の際に、声を出し過ぎてガビガビになってしまったので。忘れていた「林作戦」(剣バルーンをウシが掲げたら静かにする)をやってみましたけどね。

P1270008.JPG


 黙るどころか、こんな感じでテンション上げてくる始末でございましてね。えぇ、隊長作戦ある意味不発(ある意味では成功か!?)でしたけどもね。

 みんな、破裂音に全くひるむことなく、堪能して下さいました♪

P1270011.JPG


 今回の工作で一番人気だったのは、腰に巻くタイプの「ベルト」(剣を入れるための輪っか付)でしたね。男女関係なく、ベルトが人気でねぇ。えぇ、男の子がっていうはこれまでもテンプレでしたけど、女子多かったですねぇ。

「剣を腰につけて、馬に乗っているの〜〜」

P1270021.JPG


 などと、ノリノリでございましてね。おお、ジェミニかと思ったりしたもんですわ。ちなみに、このジェミニちゃん、終わった後に愛馬の風船をママと迎えにきた弟くんに破裂させられて、今生の別れみたいにギャン泣きしていましたけどね。

 丁度ウシも帰るところだったので、作り直して事なきを得るというイベントがありました。いやぁ、良かったね♪

 うーーーん。その学年学年でね。違うというのは良くある話のバルーン教室ですけども。今日は、かなりの手ごたえりまして。残すのは、30日の1年生を残すのみとなりました。

 うん、何かね。楽しくできそうという自信は出来ましたね。

 そうそう。大神さんを栃木に広めよう活動こと「勝利のポーズ」。みんなとできまして。バチっと活動も締まりました。



 昨日作ったこともあり、恒例じゃんけんのプレゼントにする気はなかったですけど。「さくら」さんもね。ほしいと言われたので、じゃんけん対象にしてもらってもらったのでね。詳しくはパパ・ママに聞いてみようと布教もできました。

 よし。バッチリ!! 30日も、気合を入れてお邪魔してきまーす♪
オマケバルーン@あそび初め2023 〜 「迷」勝負発生 [2023年01月23日(Mon)]
2023年1月23日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、今週は東京でも雪マークがあったりと、寒い週になりそうなのですねぇ。本日の宇都宮も雪がチラチラしておりましてね。積雪にならないことを願うばかりでございます。

 話は変わって、昨日の「まちぴあ あそび初め2023・影絵上映会」でございますけども。感染症の影響もあってここ何年かできていなかった、皆さんと集まってのイベントもできまして。

 小粒ではありますけども。ご参加下さったご家族さんたちも、上映会をやって下さった影絵光さんたちも喜んで下さったのでね。何よりでございます。

 ★ あそび初め2023「影絵上映会」の様子 ★

 さて。せっかく、お子さんたちがいらっしゃるのでね。もちろん、ウシさんやるしかないですねぇ。そんなことで、上映会に来てくれた子ども達にね。「福笑い風 鬼お面工作セット」と、ウシさんお手製のバルーンアートをねぇ。

 差し上げることにしておりました。まぁ、いつものことですね♪

 鬼お面のお話しもあったので。上演開始前のご挨拶における「正装」はこんな感じになってましてねぇ。えぇ。

DSC_7309.JPG


 これが!まちぴあのセンター長なのです!!!

 うん。身体張ってると思ってやって下さいませ。ま、この恰好をしてねぇ、お面にマスクでメガネのコンボはねぇ。

DSC_7315.JPG


 ありえないくらいうぜえ(汗)と。

 思い知ったわけですがね。

 こんな感じで、上映会が終わったあとのお土産担当をしておりました。小学校で盛り上がる「じゃんけん大会」をしてね。個数限定の作品(今回はアーニャとシナモ)を争奪してもらった後に、量産が可能な、ピカチュウ・アンパンマンあたりの風船をお持ち帰りいただくということで、盛り上げ予定だったんですよ。

 アニメが終わってもアーニャは人気があるのでね。もう少し粘れると実感しつつ、欲しいと名を挙げた子たちにじゃんけんをしてもらっていたんですけども。

 あれですね。「じゃんけんにも適齢期(?)がある」ということを思い知りました。

 うん。じゃんけんに名乗りを上げた2才くらいのおねえちゃんがね。いたんですけども。どーやらじゃんけんが何たるかをお分かりいただいていなかったみたいでね。

DSC_7345.JPG


 相手と同じ手の形を延々と出し続ける

 という事態が発生しまして。えぇ。迷勝負??発生。もうね、終わりが見えない闘いになってしまいました(汗)

 じゃんけんの仕方を教えるかとも思ったんですけども。改めて考えると

「じゃんけんってどう教えたらいいんだ!!??」

 みたいな迷路にハマってしまいまして(数秒ですけど、長かった)。結局、相手の子(4才くらいでじゃんけん分かってる)に、

「シナモ作ってあげるから、とりあえず負けてくれないか」

DSC_7295.JPG


 とね。耳打ちする(了解を得ました)というイベントがありましてねぇ。うん、いーやーーあぁ焦りましたよぉ。もうね、どうしていいものやら。

 そんなこんなありましたけど。結局はみんなが欲しいバルーンと、お面セットを差し上げられてハッピーエンドを迎えることができまして。無事、今年のあそび初めは終了することができましたとさ♪
バルーン活動@御幸小宮っ子(3年生)曇りガラスにご用心! [2023年01月20日(Fri)]
2023年1月20日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、本日は、今週月曜日の活動に続いて、宇都宮市内の小学校で行われている「宮っ子ステーション」(放課後活動)からみのご依頼でね。

 宇都宮市立御幸小学校にお邪魔してきました。

 あれですね。コロナ中も何度か学童教室(あそなろ)さんにはお邪魔していましたけども。学校内でのバルーン活動は3年ぶりとのことで。

 ウシが出入りしていた3年前は建設前だったと記憶している体育館も新しくなって。馴染みがあるのに新規の学校さんに来た記憶がありながら。宮っ子ステーションの担当さんとは慣れ親しんだもんですからね。

 3年前と同じように、15:00開始ですから1時間弱前には、教室内に入る入口に到着してお待ちしていまして。だれもいないなーと思っていたら。担当の皆さんはすでに会場となる図工室(曇りガラスの向こう)で準備しておったそうで。

P1200001.JPG


 曇りガラス1枚隔てた構内と外でね。お互いに、

「来ないなー」

 と、待っていたとのことでね。結局遅刻ギリギリのタイミングになるというハプニングに見舞われましたけども。えぇ。まぁ、何とかなりました。うん、曇りガラス点滴ですね。

 さて。3年お邪魔していなかったということは、1・2年生時にバルーン教室をやるでお馴染みの御幸小さんにあって初めてのケースだったそうですけどもね。学校さんでの活動は馴染みなのに、

「まったく新規の子ども達」

 と相対することとなりましてね。しかも、バルーン的には大人な年代に入っていくる3年生というか、実質4年生の皆さんにお相手頂くこととなりまして。

 えぇ。えらいこっちゃのバルーン教室となりました。

 明らかに「このおぢさんは何者??」という空気からスタートした今回のバルーン教室ですけども。自己紹介をしつつ、「ピカチュウ」「シナモ」あたりの作品を作って、技術力を見せて安心してもらいながらねぇ。

P1200010.JPG


 いつもの展開(イヌ → 剣 → 自由)に引き込んでいきました。

 あれですね。ある意味、感覚で生きている低学年の皆さんの方が、バルーンに慣れるのは早いんだと思いましたよ。高学年でいきなり工作というのねぇ。案外困難で。別学校ではありましたが、2年生たちとは違い、明らかに慎重であると。

 そんなことを体験しながらねぇ。しみじみ感じるところでございました。

P1200011.JPG


 次から次にバルーンをいじくり回す感じではなかったですが、時折、破裂の恐怖感ともたたかいながら、それなりに「イヌ」「剣」とやっていき。今回は、学校さんが自前で用意くださっているポンプも使って子ども達が膨らませていることもあったからか。

 スローな展開ではありましたけども。約90分の体験の中でも、中頃になると、みんな慣れてきましてね。

P1200022.JPG


 うん。こんな感じの子たちも出現してきまして。えぇ、この辺になるとね。ウシさんも友達感覚になってくていましてねぇ。結局は、楽しく、たくさん作品を作って終了することができました。

P1200023.JPG


 うん。今回は、早く行ったのに遅刻寸前という憂き目にあった(次回は、ガンガン教室に入って下さいと言われた)ので。ウシの技術を示す作品たちもろくに作れませんでしたからね。

 次回は、その辺もやってねぇ。子ども達とさらに楽しく遊ぼうと反省したところでございます。えぇ。思えば、今月は、御幸小さん月間でありまして。あと2回体験予定でございますからねぇ。この反省をしっかり活かしていきたいと思います!
バルーン活動@岡本北小宮っ子(2年生その1) やります2年生! [2023年01月18日(Wed)]
2023年1月18日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 15日に今年初のバルーン活動をさせてもらった翌日、16日のお話しでございますけども。こちらも今年初となる小学校でのバルーン教室のご依頼を頂いておったので。

 宇都宮市立岡本北小学校の「宮っ子ステーション」(放課後教室)に行ってきたウシでございます。JR駅東にある、職場まちぴあから15キロ弱だそうですが。この日も自転車でお邪魔しましてねぇ。

 担当の皆さんが寒い寒いいう中、ウシ一人だけポッカポカ。やっぱ寒い時にこそ運動ですねぇ。しばらく続くことと思いますです。

 さて。岡本北小さんでのバルーン教室ですねぇ。

 今回は、2年生20人ほどが参加下さいましたよ。ウシ的には慣れ親しんだ岡本北小さんではありますが、今回の子たちは、ほぼウシ初遭遇&バルーン体験初だったようです。

 工作的には、いつもの通り「イヌ」→「剣」「ハート」からの自由工作でございますけども。えぇ、ほぼ初だらけの今回でしたけどもね。

「かなり、やりおる」

P1160007.JPG


 という2年生たちでございましたね。

 工作教室は、盛り上がるものの「遊び」の要素も高いものですからね。ウシですから。何だかんだでウシが一番やっちゃってるという展開も珍しくないわけでして。今回もそんな感じかなーとも思ってね。

「そういえば、幼稚園児で作りまくっている子がいた」
 (※この ブログ のことです)

P1160010.JPG


 と、口走ったことで、彼らのコスモに着火したかは知りませんけどもねぇ。本当に、自分たちでチャレンジしてくれましたねぇ。

 特に、自由工作の時間になって間にあったウシお手製の「師匠」(=でかい剣)が登場してからは、我も我もと大剣作成者が増えまして。

P1160018.JPG


 色違いのオリジナル剣が続々とできていました。材料の供給と「柄」の部分(師匠よりも簡易にできる)を手伝いはしましたけども。いつの間にか、自分でこさえていましたから。

P1160017.JPG


 伝説の剣 VS 伝説の剣

 みたいになってましてね。えぇ、ドラクエのロトの剣とFFのエクスカリバー的な感じかしらんと彼らの工作風景、遊び風景を楽しませて頂きました。

P1160015.JPG


 しまいには、伝説の剣だそうですが、どう見ても銃(っていうかバズーカ??)的な作品も生み出してましたからね。やります。こ奴ら。

 うん、新年明けてからは、新しく始まった新アニメ(ほぼ異世界ものばっか)を視聴してはいるものの。なーんかバルーン化してみようという気にならない展開が続いており、

「しばらくは、アーニャと師匠に頑張ってもらおう」

 と思い定めているもののね。こうしてみてみると、ほぼ師匠でいいんじゃないかともなまけ虫がふつふつと湧いてきたりしておりますけども。まぁ、子ども達の創作意欲とチャレンジに貢献できたことは確かかもしれませんね。

 さすが、師匠です♪

 そんなこんなでね。無事に楽しくできた今回の宮っ子ステーション。岡本北小さんには2月1日にも、第2回目となる2年生たちの工作遊びが予定されていますので。

 楽しんでこようと思います。

 最後に、作るヒマは無かったですが、教室系活動が再開されたし、新年にもなったので。ウシさん大好き「サクラ大戦」の大神さんを倣う、

「勝利のポーズ!決め!!」



 やりました。未だにヲタク特融の早口になるので、説明はなしに集合写真(音声だけあり)を撮りましたけども。えぇ、説明はできませんでしたけど。やっぱ締まりますので、今後も続けて行こうと思っております♪
バルーン活動@「雷都よさこいフェスティバル」行ってきました! [2023年01月15日(Sun)]
2023年1月15日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、本日は以前より今ブログでも取り上げておりました、

「雷都よさこいフェスティバル」

 にお邪魔してきたウシです。

 えぇ、最初にいっておきますが。今イベントの主役は、発起人である「絆翔」(ばんと)さんたちはじめ、県内外のよさこいチームの皆さまということですからね。

 えぇ、ウシはおまけみたいなもんですので。フェスティバルの報告記事については、職場の「まちぴあブログ」に更新済でございますのでねぇ。そちらをご参照下さい。

 ・・・さて。そんなことで、ウシのバルーンアートでございますけども。思えば、よさこいメインのイベントは初協力の上、お邪魔した会場(ライトひろば)さんにも初出没だったもんですからね。

「どこに陣取ればいいか彷徨っていた」

 というのが正直なところでございまして。まぁ、最初というのはこんなもんでしょうね。会場には、開始1時間前くらいに到着して。階段状になっている広場正面のスペースをどうぞと促されてね。

P1150001.JPG


 まぁ、ここをキャンプ地としたわけでございます。

 一番前ね。中段とかで並ばれて、テンション上がったお子様たちが落下などとなったら問題だと思ったので。一番地上に近いところにしたわけです。

 開会式から、発起人の絆翔さんたちの演舞あたりまでは、悪くないかもと思っていたんですけどねぇ。

 あれですね。よさこいチームってのは大所帯ば場合が多く。26チーム総勢100名を超える踊り子さんたちがいらっしゃいましたから。

P1150029.JPG


 ウシが陣取ったところは、いわば舞台袖の一番近くとなりましてねぇ。えぇ、あっさり皆さんの波にのまれまして。まったくバルーンどころでないということを午前中の時点で理解しましてね。

P1150019.JPG


 出演を待つチームの子ども達と仲良くなって遊んでもらってたりしたんですけども。こりゃあ、いかんとなりまして。会場内を右往左往する時間がありました。

 階段を上がり切った場所(テラスでいいのかな?)の広場のね。なるべく、演舞会場に近いところで展開することを決断しましてね。結果的にはこれが正解。

 よさこいチームの子ども達だけでなく、道行く皆さんにも認めてもらい、いつもの「ピカチュウ」「シナモ」あたりを作って通常運転することができるようになりまして。結果的には50ミ人分くらいの皆さんに、ウシさんお手製のバルーンアートを進呈できたので。

 今年初の活動にしては上場だったのではないかと。振り返っているところです。

 まぁ、そんなねぇ。住所不定期間があったりしたので。ウシのバルーン活動的な写真はろくすっぽ撮れなかったんですけども。

 例によって、キャラバルーンを作ろうと。2023年初イベントですから、まずは自分のテンションUP用に「エリカさん」を作ったんですけども。

 お声がけ頂いた、絆翔さんの演舞された題目が「いのり」だそうで。エリカさんのキャラソンじゃんと思ったもんですからね。

P1150014.JPG


「呼びましたーーー???♪」

 的な写真を撮れたのでね。ウシ的には十分満足しております。

 うん。寒さなのか感想なのか。今日は非常にバルーンが割れまくった1日でもありまして。ちゃんと「アーニャ」も「師匠」も練習がてら作ったけど、生き残ったのはエリカさんのみ(アーニャは割れてもアーニャと言われた)という、苦戦な状況ではありましたけども。

 それでも、風船を所望された皆さんには喜んでもらえたようですのでね。

 今日は、発泡酒ロング缶で乾杯したいと思います♪
予測通りのバルーンはじめ 〜 「耳」はイケそうです [2023年01月07日(Sat)]
2023年1月7日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、本日は準備を入れれば年末年始をまたいで相手をしていた、職場まちぴあの「研修室調整会議」がありまして。2023年4月〜6月の利用予約を整理して、確定させる会議(というか、コロナの関係もあって結果確認になってます)がありました。

 9:00〜15:00で申込頂いた皆さんをお待ちして、大体終わった頃にね。今度は、受付直後のある意味一番落ち着いたタイミングでね。子ども達の来館がありました。

 えぇ。思えば、昨年の「バルーン納め」となった(このブログを書いてて気が付いた)、子育て系のヨガサークルをやっているママさんと、そのお子さんたちがあったわけですが。

 昨年の別れしなで会議室予約のことを聞かれ、

「じゃあ、そのくらいの時間に来ます」

 といっていたのを、年末、フランちゃんを見ながら思い出していたわけです。

「全然知りもしない師匠大人気、かつ増産タイプで盛り上がり」

 の回でしたからねぇ。学校のない土曜日だし。来るだろうと予見してましたらね。えぇ、予定通り遊びに来てくれました。

 ウシさん大好き「師匠」のバルーンは、どうやらアニメ履修はなかったようですが、ボロボロになるまで遊んだそうで。その他のもらった作品もなくなったタイミングでの、ママまちぴあ行きだったそうですからね。

 えらいテンションでついてきたそうですわ。ありがたいことです。

 ママさんと研修室の空き状況を確認し、申請書書きを対応しながらね。

 片方で、バルーンを出して。まぁ、好きに遊んでいてくださいとねぇ。当然のようにバルーン遊びが始まりまして。察するところ、相変わらず知らないままであるそうですが、今回も「師匠」をご所望のご様子だったのですけどもね。

 師匠づくりはさすがに片手間(本職の対応を片手間とはこれ如何に!!)で作れないので。剣とかハートとか、簡素な系を作って遊ぶことになりました。

「ぼく、剣の作り方覚えてるから!!!」

P1070001.JPG


 と。がっいてバルーン作り始めた弟くん。幼稚園年長とは思えない思い切りの良さで、剣をつくりはじめて。

「やっぱり、ウシさーーーん」

 と、5秒で挫折していましてね。思わず、ママさんと大爆笑。弟くんいいキャラしてます。

 まぁ、作り方は確かに覚えていてね。重なった部分をねじるわけですが、そこが手が小さくてねじれないだけだったので、ウシが抑えて、弟くんがねじるという作業をしましたらねぇ。早くも一本立ちしていました。

P1070004.JPG


 膨らますのはウシが手伝いましたけど。お姉ちゃんの方は、小1ながら膨らんだ風船の口を「しばる」ことのできるもんですからね。えぇ、このFF4の「ふたりがけ」的な連携作成が展開したことでねぇ。

P1070008.JPG


 10本くらい使うから拒否した「師匠」を軽々と超える本数のバルーンを遊んでくれました。うん。今回は、サーベル型の剣の変形でできる「銃」を異様に気に入る弟くん。エライ量つくってくださりやがりました。

 この辺になってくるとね。ママさんの対応はすでに終わり。すっかり遊びモード。1時間近く満喫していましたねぇ。

 しばれるお姉ちゃんの方は、サンリオ系のキャラもの作ったり、花系つくったりしていましたけど。リクエストされたのは、

「ねこみみ」

 でございましてね。うん、今回初めてネコっていうか、動物の「耳」っぽく見えるバルーンを試作することとなりました。

 見栄えはね、お姉ちゃん的に「白ネコ」イメージだったそうですが。結果的には、

P1070011.JPG


「うさぎじゃね?」

 ってなりましたけどもね。まぁ、満足頂きまして。耳部分は三角形の形を作ればいいというのは理解していましたけども。頭に装着する時に不安がありましたからね。

 ママさんにおぐしをもってもらってねぇ。あれこれ試行錯誤しまして。カチューシャのように髪を通せばイケそうだとなったそうでね。無事、装備できました。

 うん。うさぎ年だしいいんじゃねって感じですね。クライアントさんの評判も上々なのでねぇ。これはイケそうだと。ちょっと自信になりました。

 そんなこんなで結局大量にバルーンで遊んで行ったわけですが、いよいよ満足してくれ的な空気になったので。お二人の記念写真をとって終わろうとしたんですけどね。

P1070010.JPG


「ちょっといま、新幹線作ってるんで」

 と、弟くん。

 ・・・・・ほんとねぇ、いいキャラしとりますです(笑)。

 聞くところによると、冬休みの宿題で出た絵日記には、バルーン納めとなった12月26日の件をかいたといってくれました。うん、彼女らにとっては、クリスマスもお正月も超越したウシさんだったようでねぇ。

 こうした稀有な皆さんによって、今年もウシさんは頑張っていくことと思います♪
バルーン活動@Ohanaヨガ バルーンプレゼント 〜 今年は「師匠締め!」 [2022年12月26日(Mon)]
2022年12月26日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、クリスマスも終わりましてねぇ。毎年のことですが、ここからは一気に年末ムードでございますよねぇ。

 ウシさんも本日をもって仕事納めならぬ「バルーン締め」ならならぬ「ウシ締め」でございましたねぇ。

 先日、まちぴあに新しく登録して下さった「Ohana(おはな)ヨガ」さんという団体さんがありまして。研修室の予約を対応させてもらった時にねぇ、ウシがバルーンできるという話(だいたいします)をしましてね。

 したら、コロナ前(っていうか、ウシはじまりの学校である)は、ホーム的な存在でいてくれた陽光小学校にお子さんが通ってらっしゃるとのことで。えらく、盛り上がりまして。

 現在はお呼びがかからない(先日担当の先生と会う機会があり、子ども達からのラブコールは熱烈あるものの(からこそ?)収拾がつかなくなるので、呼べないんですと言ってもらえました)のですがね、

 また遊びに行きたいものだと話しておりました。お子さんたちがいたので、手元にあったバルーンをいくつか作ったわけですが、

「シナモ」「キティ」「ぷりん」「マイメロ」と、ウシさん徳のサンリオ系をリクエストしてきましてね。こんなことあるんかいというくらいの符号感で作っていきましたらね。

 もうもう、お子さんの目からビームが出る勢いのキラキラっぷりになりまして。ぜひ、サークル活動時にやってほしいとなりました。

 んなことがあっての本日(12月26日)。おはなヨガさんでのバルーンプレゼントをさせていただきました。

「昨日興奮してあまり寝てない」

 という御子さんたち。そんな期待するもんかと思いますけどもねぇ。えっらい元気&みつっぷりでねぇ。準備中のウシがあっさり囲んでくれましてね。えぇ、作らせて頂きました。

PC260004.JPG


 10時あたりで、ヨガをしにママさんたちやお友達の皆さんも集まってきましたので。それに合わせて子ども達はバルーン遊び。

 いーやぁ、、、テンション高かったですねぇ。喜んでもらったのは何より。

 前回あったのが秋ごろでしたからね。ウシ的にそっから変わった点といえば「師匠」を覚えたことですので。2期制作決定もありますからねぇ、今回も子ども達の心をつかめるのか試してみようという気になりましたもんで。

 キャラものや、お花、剣などを作ったのちに「師匠」を作ってみました。

PC260006.JPG


「わーーーーーー!!!!!!!」

 と。やっぱり「でかい剣」というだけでスゴイ人気の師匠。これはねぇ。もう間違いないと確信を頂きましてた。

 もうね。とりあいですよ。うん、こりゃねぇ。やっぱ師匠すげえです。

 今回は締めの日ですからねぇ。バルーンの在庫ローテーションも兼ねて、「色違い師匠」を人数分(5本分)作らせてもらいました。

 えぇ。人気はすさまじいですが。やっぱり小学生&その保護者の皆さんには一切知られていない師匠。分かってますよ、「でっかい剣」という存在に感動しているんでしょうということでね。

PC260009.JPG


 子ども達が差し出してくる好きな色のバルーンで「色違い師匠」をつくりましてねぇ。えぇ、皆さん非常に喜んでくれました♪

 うん、いいウシ締めができた一日でございましたねぇ♪ 来年も師匠とか好きな作品を見つけ次第バルーンに活かしていきたいと思いまする!!
バルーン活動@栃木フォスタリングセンター「クリスマス会」行ってきました [2022年12月24日(Sat)]
2022年12月24日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。本日はクリスマスイブですねぇ。

PC240003.JPG


 ほんとね。ウシのいうところの「普通に生活」している場合においては、お盆もハロウィンもクリスマスもバレンタインデーもねぇ。大差ないものでございまして。

 普通にしておりましたらねぇ。「ただの一日」として通過していくだけと自負しておりますけどもねぇ。ウシというかバルーンアートのおかげですよねぇ。ホント。

「いつまでクリスマスなんだ」などと、愚痴を言えるくらいに年中行事に絡ませていただけることを考えますとねぇ。本当に幸せなおぢさんなのだなと改めて思うわけです。

 そんなことでね。本日は、「栃木フォスタリングセンター」さんのクリスマス会にお邪魔してきました。

 センターさんとは、秋ごろに、たまたまお知り合いになって、センターとして初めて企画されたというクリスマス会の盛り上げに、ご用命頂きました。フォスタリングセンターさんの事業内容につきましては、ぜひ、リンクを貼ったホームページをご参照下さい。

 えぇ。そんなことでね。ご家族さんたちが集まるクリスマス会(交流会)がねぇ。とちぎ健康の森を会場に行われました。

 交流会は、親御さんたちの自由なご歓談に併せて、おもちゃなどで子ども達も自由に遊ぶという感じのフリーなものでございまして。このうちの遊び候補としてウシのバルーンプレゼントをさせて頂きました。

 スタートは10:00からでしたけども。準備もあるし、何せ今回ももちろん自転車なのでね。車では何度もいったことのある、健康の森でしたけど。なーんか遠い記憶があったので。8時過ぎには東武宇都宮駅から自転車で向かい。

 結果的には、約30分で到着というねぇ。

「あれ??こんなに近かったっけ??」

 というねぇ。あまりにも早すぎる到着をしてしまったウシでございましたから。折よく、風花も舞う宇都宮市でしたので。会場となる2F多目的ホールの場所を確認したあとはねぇ。

 準備というか、バルーンしかやることないんでね。バルーンを作っていました。

 えぇ。作ったのは、今年の主力「アーニャちゃん」。アーニャちゃんを作るとなると、事前練習で作らざるを得ない「エリカさん」を作って遊んでいました。

PC240001.JPG


 うん。作りながら思えばこの二人のキャラもねぇ。なかなかな背景をももつキャラクターなんですよねぇ。創作物の中の人であるけれども、天真爛漫、一生懸命に人生を謳歌していると考えるとねぇ。

 何か、今回のクリスマス会に向けて作りなれてきた作品だったのかもしれないなぁなどとねぇ。多少の感傷に浸りながら、作っていました。

 いや、生まれ云々ではないですよねぇ。「どう生きていくか」はねぇ、現実の場合もねぇ。とても大切なことであって。特に今年は、どうしようもないじゃないかという中でも過ごしておられる方たちを見てきた一年でもありましたからねぇ。

 どうしようと思えるだけでも幸せなのだとねぇ。何か考えてしまいましたよ。

 そんなこんなやっている内に、センターの皆さんもお集りになったので。会場内でバルーンプレゼントをしてねぇ。子ども達と交流させていただきました。子ども達は初のウシでしたから。明らかに最初は戸惑いな空気を感じましたけど。

 ピカチュウ、アンパンマンなどのキャラクターや、花、飛行機などのオーダーを作ってプレゼントしていきますとね。だんたんと慣れてくれまして。いつもの学校でのバルーン遊びと変わらぬ感じになりました。

 最後の方は、ウシも慣れてきたので。いよいよいつもの感じになって。

 そういや師匠もそうだなぁと。すげえなぁこの人(剣ですけど)も。2期制作決定を祝って「師匠」をやっぱりつくりまして。

 やはり男の子たちに大人気(でも知らない)な師匠で大いにたたかいごっこをして楽しんで頂きました。

PC240002.JPG


 うん。短い時間だったけど、素敵なクリスマス会だったと思います。サンタさんに比べるとねぇ。ホント、ただのウシですが。多少は子ども達に楽しい時間を提供できたかなと思うウシでございました♪
| 次へ