• もっと見る
«バルーン活動@陽光小宮っこ(1年生)行ってきました! | Main | 気になる木の剪定と石板迷子»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
クルルちゃんごめんなさい [2024年07月06日(Sat)]
2024年7月6日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 休みの日といえば、自宅の庭に出て除草・剪定作業を相変わらずしているウシです。仕事もしているのでね、「最近もっとも心休まる時」というのは、電車通勤中の時間となっています。

 冷房に弱いウシですが、それでも(それでも)30分程度ならば、熱中症アラートが鳴っていてもお構いなしに冬用ジャンパー(の下にパーカーも)を着こんでいるウシにとっては、丁度よいオアシスとなっております。

 オアシスですからねぇ、存分にゲームできるわけで。7月から遊んでいるのは「FF5」(アドバンス版)でございます。

 きっかけは、先だってホロライブ・こより嬢のゲーム配信で「FF4」(ピクセルリマスター版)のプレイを拝見し。何度もAMSRで裏切る助手さん(リスナーさんのことですよね)を見て、大変面白かったので。

 まぁ、FF欲が盛り返したのでね。見たのは「4」なのに。

「あぁ、FF5やりたい」

 と思い立って始めたもんです。ピクセルリマスター版もいいですけどもねぇ。個人的に、FFは1〜6が好きでして。リメイク(移植?)版はねぇ。

 アドバンス版しか勝たん! と、個人的に思っているウシでございますもので。アドバンスでしかお会いできないエヌオーさんのご尊顔を拝しに行こうを目標に遊んでおります。

 趣味がレベル上げと自覚しているだけあって、FF5は特にこの作業が楽しい作品だなぁと再認識しておりますな。第一世界のメインは「幽霊船」でございまして。お化けのラスク(腐ったお菓子ってどういうことだろう)をいいだけ倒して楽しんでおりました。

 んでね。サクサク進んで、第二世界。ビックブリッジもいいですがねぇ。個人的に一番の目的は、ガラフさんご自宅の地下に勇んで入っていきましてね。

 みんな大好き「せきぞう」さんたちとひたすら修行に明け暮れております。

P7040002.JPG


 えぇ、ウシのプレイ環境は、アドバンスSPでは大好きなBGMがイヤホンで堪能できないので。DS初期(ライトでも可)型のアドバンスソフトが刺さるDSを愛用しております。先ごろまで充電器をなくして、純正じゃないものを使っていましたが、うまく純正の充電器を購入できたのでね。もう、最高ですよ。

 愛し過ぎて長年使っているので、画面(フタ)部分との接合部分が欠けており。手で押さえてないと(重力に負けて)270度くらい曲がってしまう子ではありますが。いい子なんでね。アルミテープで強引に補強して頑張ってもらっています。

 えぇ。もう何回再プレイしたか分からない「FF5」ですけどもね。今回、足しげく修行に勤しんでいる中で心に刺さったのが、

P7040007.JPG


 こちらの絵。

 当時最高峰と言われたドット画ですからねぇ。クルル嬢と飛竜ちゃんの苦しさがひしひしと感じてしまいます。

 うん。ストーリー的には、お城に期間して怪我してしまったクルル嬢所有の飛竜ちゃんのお怪我を治すために山に薬草をとりに行く流れですけども。何度も再プレイしていると、城から一回出るとね。薬草とってくるまで、お城の中に入れなくなりますからして。

 まずは修行ですからね。お孫さんの頼みを受けつつも修行に明け暮れているわけです。おじいちゃん(と友達)。

P7040006.JPG


 大好きな「せきぞう」さんたちと、「レベル5デス」で戯れているとね。定期的にお宿に行く必要がありまして。そのたびに、クルルちゃん(と飛竜)がチラ見するわけで。

 えぇ。今回のプレイはねぇ。なぜか、ここが非常にひっかかりまして。まぁ、ごめんごめんいいながらねぇ。結局、現在所持のジョブ全部に王冠付けちゃったんですけどもね。

 これもまた、年々としをくいつつ再プレイするからこそ生まれる感傷かと思うところです。うん、ほんと、ちゃんと時間経過しないゲームで良かったですよ。

P7040009.JPG


 一泊が休憩でなく、本当に一泊だとしたらね。軽く1週間以上は居座りましたからねぇ。最終的には、宿屋さんから言われる「いいですか?」のいいですかが、お金の話じゃあなくて、「こんなことしてていいんですか?」って問われているようにも感じちゃったりしてね。

「クルル様は、とてもお強い子です」

 と、お城の中のおじいちゃんNPCが言っていた言葉がねぇ。確かに!!と感じ入ってしまったウシでございました。けども、結局カンストまで鍛え上げたので。ここからお孫さんの願いを叶えにひとっ走り山まで行って参ります(汗)
Posted by 小倉 at 12:38 | ウシさんの作務日記 | この記事のURL | コメント(0) |  いいね 
コメントする
コメント