• もっと見る
«バルーン活動@川田市民ホール「感謝祭」行っていました! | Main | サラマンダーの方「が」ずっと強いです»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@陽光小宮っこ(3年〜6年生)ドラゴン大人気! [2024年04月24日(Wed)]
2024年4月24日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 あれですね。最近運動をし始めたので何とか生きておりますが、やはり発動している偏頭痛。何となく、身体を動かしているか、寝ているかしていれば、まぁ何とか生きていられるようにはなっておりますけども。

 つらいものは辛いですねぇ。えぇ、しかしながら、やっぱ身体を支えるのは体力だとね。運動習慣を取り戻して改めて思う今日この頃です。えぇ、連休中も含め、もうしばらく天候が落ち着かないようですからねぇ。

 何とか生きていまりましょう。

 そんな中でしたけども。曇天の昨日(4月23日)は、宇都宮市陽光小学校・宮っこステーションさんからのお声がけを頂きまして。ウシさんのバルーンアート教室に行ってきました。

P4230002.JPG


 前回の陽光小さんへの来訪が2月でしたから、年度が替わったとはいえかなりの短いスパンでの来訪となっておりまして。その前は1月にもお邪魔していますからねぇ。ほぼ毎月ペースでお邪魔するようになってみるとね。

 コロナ後の世間にやっとなったのだとねぇ。改めて実感するところです。

 さて。今回お相手下さったのは、3年生〜6年生の高学年。「学年」で言えば、今年度初になるわけですが。特に3年生はついこの前まで2年生だったわけで。ですからね。

「ついこの間やったばっかやんけ」

 って感じでございますな。こうしてウシさんの来訪が続くとね。大体、ありがたみが減って参加者も減少するというのがよくある話なわけですが。コロナ前でそれでも控えていた(らしい)子たちの申込みが今回はあったそうで。

 傾向としては、それこそ少なるなるはずの高学年対象の活動なのに、30名の定員いっぱいの児童さんたちが遊びに来てくれましたね。

 うん。これは疲れ・・・いい汗かけそうですわ。

 そんなことで、準備をしながら子ども達が放課後になるのを待っておったウシ。今回はイベントもあったので、異常に「緑」「オレンジ」の風船が大量に余っておったので。以前のイベントで人気かつ、相変わらずウシが「バハムートラグーン」をやっていることもあってね。

「よし、ドラゴンをもう一回作ってみよう」

 と。やってみました。何となく、現状無属性の範囲攻撃で非常に活躍されている、神竜・ヴァリトラを彷彿とさせるドラゴンを作ってね。子ども達を待ち構えておりました。

P4230001.JPG


「おおっ、ドラゴン!!すげえ!!!」

 と。さすが、男の子たちの心をがっちり掴む神竜さん。さすがです。

 そんなことでね。子ども達がそろって工作の時間になりまして。今回は高学年かつ、ついこの間やったばっかりの子たちが半分以上でしたから。ねじるだけのストック風船の提供サービスはせず、

 自分で膨らませて、とりあえず作ろう

P4230006.JPG


 と、早々に工作をスタートさせました。まぁ「何か」といいつつも、最初のお題的には初歩の「イヌ」「剣」を作ってみてもらってね。準備運動です。

「よし!やるぞ!!!」
「俺もドラゴン作る!!!!」

 などとね。勇んで風船工作に挑む子ども達。えぇ、いいもんですねぇ。自分で作る。バルーンはね。やっぱこれですよ。お気に入りは自分で作らないと♪

 まぁ、そうはいっても。始めていると意気込みとは反して、「あれ、やり方忘れた」みたいなことを言ってくる子たちが続出してましたけどね。まぁ、ドラクエなどのゲームでもねぇ。ちょっと間置いたら目的地忘れるってことはあるし。

(あえて、忘れてやってもらおうとしている??)適宜、サポートをしたりもしてねぇ。のっけからわちゃわちゃしてもらいました。

 この時点で約30分くらいやりまして。盛り上がってましたから。

「いいか君たち、これは準備運動だ」

P4230052.JPG


 ということを確認してね。後半の自由工作に入っていきました。ここから約1時間以上。もうもう、好きに作ってもらう時間でね。わちゃわちゃしている間にねぇ、作り方を思い出したり、自己流を編み出したりしながらね。

 いいだけ遊んでもらいまして。おかげ様でウシもねぇ。創作したドラゴンの質の向上を思い立ち「羽根」の部分をもう少し何とかしようとチャレンジを試みまして。

 こんな感じの羽根部分をね。作ってみました。

P4230056.JPG


「おおっっ、それも欲しい!!」

 と、男の子たちを中心に黄色い歓声が上がっておりましたけども。ウシ的には、「小林さんちのメイドドラゴン」的に、メイド服かエプロンあたりをきてもろーた女子に差し上げたいと思ったりしてましたね。

 ※その後のじゃんけんで、結果的には女子さんがゲットしては行きました。
  男の子たちはぶー垂れてましたねぇ(汗)

 まぁまぁ、そんなこんなでね。非常に盛り上がった今回のバルーン教室。教室終わりの頃には、大量の風船が机に山盛られていたことでもね。子ども達の熱気が伝わってきました。

P4230070.JPG


 えぇ、聞いたところによりますと。陽光小さん5月のバルーン教室を予定したいということで。何と次回は、今回と同じ高学年。なんでも、のべで60名以上の応募があり。コロナ後ではあるけどもさすがにまずいだろうということで。

 何と、おかわり第2ラウンドが予定されております。うん。あんたら、風船好きねぇとね。子ども達の熱気に押され気味のウシでございました♪
コメントする
コメント