• もっと見る
«バルーン活動@しのいうどんまつり2024 行ってきました! | Main | カラーリングは大切です»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
東京(江戸)湾から出れません [2024年03月14日(Thu)]
2024年3月14日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、先日の「しのいうどんまつり」もそうですが、この3月は長距離(10キロ以上)の移動を必要とするイベントがあったおかげでね。サイクリングですが、身体を動かすことの楽しさといいますか。効能をねぇ。改めて実感できているウシでございます。

 南岸低気圧が次から次にくる昨今。偏頭痛(ムチウチ由来)もちのウシとしては、どーにも後ろ向きな精神状態になっておりまして。そうなるとねぇ。身体も動かなくなるのは通り。案の定「面倒くさい」が全面に出てね。

 やっぱり運動不足に陥ってたんですねぇ。皆さんのおかげでもってその呪縛から解き放たれますと。まぁ、基本は陰であることはまごうことなきではありますが。身体を動かすことによって多少前向きの気持ちも出てきたところです。

 そんなタイミングだったからかね。ふと、日々の憩いであるゲームも違うものをやってみようと思い立つようになり。何気なくですけどもね。

 こちらをやり始めております。

P3140007.JPG


 えぇ。「幕末降臨伝 ONI」ね。スーファミのソフトでございますよ。えぇ、やっぱドット絵最高です。沁みますねぇ。

 あまりメジャーではないのかもしれませんけども。ウシさんこのシリーズ大好きで。ゲームボーイの名作シリーズだそうでね。ウシは、「幕末」から入った者ですが、一応GBシリーズは「V」を除いて持っております。

 ※Vも売っているお店を見つけてはいますが、めっちゃ高いんですけど(泣)

 さて。そんなことでね。最近は夜な夜な「幕末」を楽しんでおりますウシ。思えば、司馬遼太郎さんやら歴史小説にハマったものこのゲームの影響が多大だったなぁとか。

 作中のメインである新選組の皆さんや、主人公たちをいじめてくる将軍さんや島津家のお殿様のイメージもねぇ。この作品がもとになってしまったなぁとか。

 人生で最初にプレイしたのは、中学か高校の頃ですからね。30年近く前。当時は「歴史ものに変身ものが合わさってカッコいい!!」みたいな感じでやってたり。キーキャラの新選組副長・土方さんをね。

「どかた」

 って読んでいたなぁなどなど。若き日のウシさんを思い返しつつ。

 はたまた今現在は、ドラマですけど「篤姫」とか「翔ぶが如く」とか「龍馬伝」とかを経由したからか。このゲームで一方的に悪いヤツ、無能な方とレッテルを貼ってしまっていたキャラたちを、当時とは違った感覚で見ていたりねぇ。

 自分の中の変化と当時の感覚というか、思い出をねぇ。楽しみながらプレイしております。えぇ、夏芽ちゃんカワイイですね♪

 ・・・さて。なんだかんだあってね。アメリカに行くことになったところまでお話しが進んでおりますウシ。

 このゲーム、鎖国中にも関わらず自発的というか必然というか。自分達で国外に行く展開があるんですよね。その点は覚えておりましたけども。

「外国に行くのがとにかく大変」

 というのは、はっきりと覚えている一方で。最初はイカダだったかな?と記憶が曖昧なウシでしたけどもね。イベントで船大工の「ゆえもん」なるおじいさんがねぇ。イカダを船に仕立ててくれるとのことで。

2024-03-14 175338.jpg


 あーそうだったとね。思い出したりしてました。一晩で預けたイカダを船に仕立てる「ゆえじい」さん。さすが凄腕船大工ですわ。

 じいさんも行け!というし。主人公一行も「出発だ!」みたいなこと言うもんですからね。どこぞの船長よろしく、ウシもしゅっこーってしたらねぇ。

2024-03-14 180051.jpg


 静止画だから分からないですけど。とにかく移動が遅いわけ。んで、敵さんとエンカウントしたらねぇ。

「これは、船っていうかボートじゃないか」
「手動ではこの遅さも仕方ない」

 となりまして。敵さんはねぇ。木造船かもしれませんが、立派なお舟。こちらはねぇ、マップ画の帆船はなんだったんだという始末でございましてね。

2024-03-14 175740.jpg


 うん。勝てる気しない。。。

 あれですねぇ。負けイベントでもないのに、ここまで「これは無理だろう」と分からせてくれるのも珍しいですよ。ちなみに、このボートに大砲付いてるそうですけどね。打ったら打ったであっさり転覆するじゃないかと。

 砲撃戦よりも、ラム(船端に付ける突起)でもつけてツッコんで白兵戦に持ち込むべきっていうか、鎖国・開国言ってるこのくらいの時代は、そっちの方が主流なのではないかとねぇ。

 ツッコんでいたらねぇ。

2024-03-14 175832.jpg


 あっさり撃沈。

 そりゃそうだ。

 えぇ〜〜、久しぶりにねぇ。思いっきり笑ってしまいましたねぇ。うん。世間ではあまり好評でなかった海戦だそうですが、ウシ的にはかなり盛り上がりまして。

 よし!こっから得意のレベル上げ、お金貯めだ!!

 と意気込んでいるウシでございましてね。うん。前向きになれるというのはいいことだと。ゲームと違ってね。やっぱ生きている人間は、ある程度手入れをしないとねぇ。ダメなんだということを改めて学びながら。当時の名作を満喫していこうと思います。

 よし、今日も西川田駅まで自転車で行って(片道10キロ)、帰宅します!!
コメントする
コメント