• もっと見る
«やっぱり「ドラクエ」は心の実家です | Main | バルーン活動@岡本北小宮っ子(3年生:2回目)〜 同士発見♪»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@陽光小宮っこ(1年生)〜 4年ぶりにウシ再開!! [2023年11月22日(Wed)]
2023年11月22日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 時系列でいくと、前回更新の記事(ドラクエ6:SFC版はじめた話)ですがね。ブログというものは、更新した順に記事が上にきますからね。

 恰好いい方をということで。11月20日(月)のウシ活動についてご報告させて頂きます。えぇ、この日は、宇都宮市立陽光小学校の「宮っこステーション」(放課後教室)にお招きいただきましてねぇ。行ってきたわけです。

 えぇ〜。陽光小学校さんといえば、「ウシ活動発祥の地」でございまして。陽光小の子ども達と先生方のおかげでねぇ、ウシの今日があるといっても過言ではないかもしれませんね。

「ウシさん来ると、密になっちゃうから」

 という理由がありまして。コロナ禍の影響を一番受けた学校さんではなかろうかと思うくらいねぇ。毎回40名オーバーの児童さんたちとギュウギュウ(ウシだけに?)で、盛り上がっていた陽光小さんだったわけですが。

 盛り上がりすぎたからこそねぇ。戻るまでに一番注意がいったのではないかと推察するところでございます。えぇ、子ども達、ホントはっちゃけますからねぇ・・・。

PB200013.JPG


 まぁ、そんなこんなでね。この11月20日に、約4年間のお休みを経て出没を再開したウシさんのバルーンアート教室ですが、この日は1年生約20名がお相手下さいました。

「あっ、ウシさんだ!懐かしい!!」

 などと。4年間が空いてますからねぇ。いくらホームだといってもねぇ。ウシを知っている世代は、5年生以上の上級学年の皆さんで。準備中に、教室(ランチルーム)からチラ見する坊主頭のウシを見とがめた児童さんたちの中からは、嬉しい反応を頂戴する場面もありましたけども。

 一年生はねぇ。当然「初見」。「ミリしら」ですよ。

 うん。ホームなのに不思議な緊張感を持ちつつねぇ。臨みました。陽光小宮っこさんは、バルーン用のポンプなんかもふんだんに準備下さっているのでね。1年生ですが、膨らますのもやってみようとなりまして。始まりました。

PB200014.JPG


 最初は、ウシどころかバルーンづくり初の皆さんですからね。いつもの「ダブルツイスト」をやりまして、「重なりを作ってねじると戻らない」を子ども達が体験していきました。

 その工程で当然のごとく割れることもあるわけですが、正味30分もやると、1年生たちもすっかり慣れていきまして。「イヌ」「剣」をつくれるようになってくれました。

PB200018.JPG


 その後は、自由に遊んでもらいましたけどもねぇ。慣れはやっぱり素晴らしい。膨らませた風船を結ぶことは難しいみたいですけども。ガンガン自分でバルーンを作ってくれてねぇ。大いに遊んでくれました。

 ・・・何だかんだで2時間近く遊んでくれていた皆さん。ほっとけば、まだまだこれから♪って空気感を感じつつ。ある意味ウシ側の体力の問題もあって(?)、恒例のじゃんけん大会をしてねぇ。

 ひともりあがりをして。終了することができました♪

PB200037.JPG


 うん。じゃんけん用のお手製バルーン(今回は、クロミちゃん、大剣、ピカチュウ)でしたけど。1年生のハートはつかめたみたいなのでねぇ。一安心といったところでしょうか。うん、たくさん遊んでくれてありがたい限りです。

 そんなことでね。ありがたいことに、陽光小さんからは12月の予定も頂きました。次回は、12月5日。児童の皆さんに周知する活動カレンダーにもね。本来ならば、講師実名を掲載するそうですが、

PB200001.JPG


 このようにお願いしたら、快く応じて下さいまして。えぇ、ありがたい限り。また、今年から陽光小の児童さんたちと遊べると思うとねぇ。楽しみです!!
コメントする
コメント