• もっと見る
«アイリスさんエンディング&サクラバルーン試作(続) | Main | 3連休の振り返り 充実しすぎてちゅかれました»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@陽東小宮っ子 〜「林作戦」は効果抜群でした [2022年07月06日(Wed)]
2022年7月6日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。そんなことで、午前中にサクラ大戦のバルーン試作をし、約1か月あいたバルーンアート技術のリハビリ作業をして。万全での状態でね。

 ご依頼頂いていた、宇都宮市内小学校でのバルーン教室のご依頼に行ってきました。お邪魔したのは、まちぴあのほど近くにある、陽東小学校の宮っ子ステーション(放課後教室)です。

 陽東小学校さんには、今をさかのぼること10年くらい前に、地区の子ども会さんからのご依頼を受けバルーンアート教室をやったことがあるわけですが。

 ほぼほぼご新規さん状態。

 何でもその経験をされた方が放課後教室のコーディネーターとしてご活躍することとなったのをきっかけに思い出して下さったそうなのでね。やっぱ、何でも続けておくもんだなぁと思った次第です。

 さて。バルーン教室。年度で計上すると、今期(4月から)2回目のご依頼対応となったわけですが。コロナもあって久しぶりのウシ。そして、子ども達も久しぶりのバルーンということで。

 子ども達のはっちゃけぶりが半端なかったのございますよ。おかげ様をもちまして、初回の活動となった前回は、「イヌ→剣・ハート→自由」という鉄板リレーが剣で終わり。

 子ども達は大いに喜んでいましたが、ウシ的には消化不良かつ「静かにして」と大音声を上げてもねぇ。届かないという状況が生じまして。非常な敗北感を味わう(楽しくはあった)ということを体験したのでございます。

 何か上手い方法はないかなぁ〜〜。

 と、それ以来考えている内にご依頼があったわけです。

 ま、ほとんどサクラ大戦やってただけなんですけどね。ある時、戦闘画面をいつものように操作している時にねぇ。思いついたんですよ。

「あ、これ使えるんじゃないか!?」と。

taityousakusen.JPG


 えぇ。こちらのね。隊長作戦。サクラ大戦2から大神さんができるようになる「風林火山」ですね。大体、初回攻略時は防御型の「山」ばかりで。慣れてくると行動の「風」、攻撃の「火」を使うわけですよ。

 現在、サクラ大戦4の10週目くらいになってきますとね。ほぼ「火」しか使わないわけで。基本で最初に設定されている「林」作戦はね。意味あるのか?と、蔑むくらいになるわけです。

 しかしながら、バルーン教室で求められるのはね。平常心そのものですから。

 これしかありません。

 ということでね。今回の活動からは「隊長作戦作戦」と題してね。子ども達に教室開始前のお話しで、

「ウシさんが、剣を掲げたら静かにするように!」
「それでも、うるさい子は周りの子たちが声かけてあげて!!」

 と、通達して始まりました。

 今回のバルーン教室には、3年生20名弱が参加下さいまして。ウシの自己紹介もそこそこに、早速「イヌ」から工作がスタート。まぁ、イヌを作るという以前に、バルーンをもった時点で勝手に、隊員ことちびっ子の皆さんは、火作戦発動状態になるんだなぁと。

 あぁ、確かに攻撃力は上がるかもしれんが防御力は下がっているっぽいななどと、不思議と冷静なウシがいましてね。まぁ、開始早々に、林作戦発動!!

P7060013.JPG


 ・・・うん。ゲームみたいに「了解」の返事はないですけど。ある種のゲームみたいにもなるからか(上げると、子どもたちから「上がった上がった」の声が聞こえる)知りませんけども。

 とにもかくにも、不思議なくらいに静まる教室内。

 さすが大神さん!!林作戦最高っす!!!!

 とね。内心、あまりの効果にびっくりしたウシでございました。

P7060007.JPG


 隊長作戦作戦のおかげもあってか、異常なくらいスムーズに運んでいくバルーン教室。90分弱の時間でしたけども。イヌをみんなが作り、剣・ハートを作れて。20分以上を残して自由工作に入ることができました。

 うん!!!! 大成功!!!!!

 しこたま風船作った子たちもいたし、ウシも放課後教室の先生たちも楽しく活躍下さいましてねぇ。ほんと、素晴らしい教室運営ができました。

 ・・・ま、あまりにバルーンに集中できたので。写真撮影がおろそかになったのは失敗でしたけどもねぇ。陽東小さんには、7月22日にも再訪の予定ですからね。次のお楽しみということにしておきましょう。

 そんなこんなでね。効果絶大の林作戦のおかげもあって。恒例のバルーンプレゼントじゃんけんもやり。ピカチュウ・イーブイのお馴染みにプレゼントに加えて、作っておいた、「さくら」さんと「エリカ」さんも候補に差し上げました。

 ポケモンは全体で。子どもそっちのけで作っている趣味全開の方は、欲しい子だけといういつもの形でしたけど。

P7060008.JPG


「ウチのお父さんが好きなヤツだ」(さくらさん)
「ウチのママが好きなヤツだ」(エリカさん)
「知らないけど、かわいいから欲しい」

 などなど、もらって頂けた(上手い具合に親が知っている子がゲットしていってくれた)のでね。その点でも大満足。今回もウシと同世代であると思われるファンの皆さんがね。今も変わらずいらっしゃるんだなぁと。感心しつつ、

 特に、不安定さがいまいち残るエリカさんについては、

「名前は知らないけど、マラカスの子なんでしょ」

 といってきたので。間違いないファンさんの子どもだを確信し。かつ、身体まで作ったからだ
と思いますけども。判別をちゃんと付けられるクオリティまでは来たと。サクラバルーン的にも向上していると実感できたウシでございました♪

 陽東小の皆さん。まことにありがとうございました!

 次回、7月22日もよろしくお願い致します♪
コメントする
コメント