CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«エリカさん考察(1) たぶん絶対に力持ちです | Main | 「みやどん」試作と動画デビューぅ??»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
エリカさん考察(2)髪型変わっ・・・てか別人のようです [2022年05月07日(Sat)]
2022年5月7日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 ゴールデンウィークも後半戦でね。ニュースでは高速道路の渋滞なぞのがいっぱいですねぇ。遠出ってわけではありませんけども。ひっさしぶりにバルーンアートのご依頼がありましてね。

 明日の5月8日日曜日は益子町にお邪魔(イベントではないです)するもんで。目的地はイベント会場ではないものの車の混雑具合がねぇ。コロナがあってもなくても混雑に慣れてないウシでございますからね。十分すぎるくらいの注意を心掛けておきたいです。

 さて。お休み的なゴールデンウィークでいえばね。連休を頂いた4日、5日の2日間でございますわけで。この2日間は自宅お庭の剪定っていう伐採作業とねぇ。

 サクラ大戦3(PS2版)のプレイなわけですがね。ラスト5人目に入りましてねぇ。なるべく長く遊んでいたいもんですからね。あれこれと間延びさせる工夫をねぇしています。

 であるからしてのねぇ。ほんと、他のゲームを含めてもねぇ。珍しいんじゃないかと思えてしまっている、巴里のメインヒロインである「エリカ」さんをね。ちょっと考察しておりまする。

 えぇ。「3」時点でも20年以上前の話ですからねぇ。今更、名作と言われている作品に出合ってウキウキし続けている40歳おぢさんウシのねぇ。今更にねぇ。お付き合い頂けると幸いです。

 んなことでね。エリカさん。

 うん。3のメインヒロインでいいんでしょうけどもね。個人的なサクラ大戦全体を通してみてもねぇ。なんともはや、つかみどころのない人だなぁと思っておりまして。当初はね、ゲームでの言動などをまともに受けてねぇ。

「悪い子ではないけども、とても大変そうです」

 というのがねぇ。正直なところでございまして。大神さんえらいなぁとばかり思ってました。えぇ、しかしながらねぇ。ある程度やり込み癖をつけているので、全ヒロインコンプはまぁ、当たり前にするとしていましたけども。

 いらねぇよなどというねぇ。現実に自分が言われたり思ったら傷つくよなぁという感情をね。抱いたまま作業的に進めてしまうのはねぇ。悔しいというか何というか。

 何か良くないと。

 おぢさん思いましてね。出来る限りエリカ嬢への理解を深める作業をしてみようと試みているわけでございます。

P5050005.JPG


 そんなわけで頂いた連休の2日目(5月5日)は、以前買っておいたサクラ大戦3のOVA「エコール・ド・巴里」を視聴することにしました。「3」の前日談とゲーム中のお話しだそうで。えぇ、全3巻が2,000円以下で購入できたので。ラッキーでしたね。

 折よくチェーンソ体験の結果である筋肉痛がありましたもので。お休みと考察をかねて楽しんでみましたのよ。

 ・・・うん。見た感想はね。

 今のキレイな画面のアニメもいいですけどねぇ。いいですねぇ。昔のアニメは。見ている方が一方的に劣化しているだけだと思いますがねぇ。なんか目に優しいです。

 んでね。問題のエリカ嬢でございますけども。

「エリカくん、ちゃんと活躍しているではないか!!」

 ということが第一印象。光武あるなし関係なしにねぇ。結構ちゃんと戦ってらっしゃる様をねぇ。堪能させて頂きまして。

 超ビックリ。んでね、何だかんだいってグラン・マさんがねぇ。失敗ばかりしているエリカくんのことも大切にしている理由もね。なんか分かったし。

 いろいろ収穫がありました。しかしながらねぇ。一番あれ?と思ったのがね。エリカさんの髪型ですよ。

kaminoe.JPG


 うん。ゲームだとね。「ひげ」ともいわれるカールした髪の毛が妙にアクセントのある髪型をなさっているのでございますけど。

 アニメだと、前髪(?)の左右がカールしてる髪型になってましてね。

P5050006.JPG


「これは、もしかしたら別人なのかもしれない」

 と思った次第でございます。

 個人的には、ひげエリカさん好きです。

 ま。そんなことで、存分に楽しませて頂きました。3本立て続けで約90分でしたので。飽きることもなく完走できましたよ。

 えぇ。そういえばね。「存在が必殺技そのもの」と思えるようになった、我らが栃木県の星・大神隊長さんもねぇ。2巻目はちょい役、3巻目はナレーション的な朗読と。ある意味、

「サクラ大戦の主人公らしい役回り」

 を全うされておりまして。そして最後の戦闘での敵撃破。うん、やっぱ大神さんはキャラっていうよりも存在が必殺技なんだなとの思いを新たにできたウシでございましたとさ。

 うん。何かこのゴールデンウイークはエリカさんをネタにしまくったので。ちょっとバルーンアートも作ってみる気になっています。もちろん、直接顔面に書き込むゲーム型の「ひげ」パターンでね。試作をしてみようと思っておりまする♪
コメントする
コメント