CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2周目にしての理解とツッコミ | Main | すみれさんを救ってあげて下さい»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
風呂場に突入しようとする奥様を制止する旦那様が見たいです [2022年03月16日(Wed)]
2022年3月16日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて。先日、ウシに最近のアニメ情報等を伝えてくれている、アドバイザー妹より、

「なんか、なつめさんで大神華撃団がどうとか言っていた」

 との情報を頂きまして。早速拝見させてもらいました。えぇ、妹さnからのおすすめもあって、ウシの一時枯渇していたお絵かきの楽しさを思い出させてくれた、プロ絵師兼ユーチューバー「なつめさんち」。

 あれですね。「ポケモンレジェンズ・アルセウス」の動画実況の中でねぇ。物語の最終盤に、ラスボスに挑むにあたり、主人公さんが何か訓示めいたものを受けた際に、

「必ず帰還せよ!!」

 って、セリフを言われてお返しに喋っておられた、さやさんのセリフでしたね。

 うん。現在進行形でサクラ大戦しているウシとしてはねぇ。とてもテンションが上がりましてねぇ。勝手にありがたいと思わせてもらいました。

 すっかり楽しく拝見させていただいておりまして。兄妹間の貴重な会話ネタの一つにもなっておるわけです。まことに勝手ではありますが、妹が購入していたご夫婦の書籍がありましてね。

 折よく?ウシ自身が気力を失っていた、お絵かきについてねぇ。復古させてくれた書籍になったもんですから。すっかり感化されちゃいまして。職場まちぴあの情報誌で担当させてもらっているコラムのコーナーにもねぇ。紹介させてもらいました。

P3160001.JPG


 まちづくり、ボランティアがテーマなんですけどね。「やっぱ、ボランティアも自分の好きなことでやればいいじゃない」ってことを語りたかったもんですからね。まぁ、直接的には全く関係のないことかもしれませんがねぇ。自分としては言いたい事が言えた記事が書けました。

 先日の駄菓子屋さんにお邪魔した際に、情報誌の活動団体取材記事を掲載させてもらった「ハイタッチ」さんでありましたもんでね。出来上がった情報誌をお持ちした際にはねぇ。

「あっ、この人たち知ってる!!」

 と、駄菓子屋に遊びに来ていた小学生(5年生くらい)がね、騒いでいましてねぇ。

 えぇ。さすがは、なつめさんちですねぇ。お子さんにも人気があるんだと思いつつ。お子さんがあれこれと熱量をもって説明していましたけどね。

「あ、この子もヲタク予備軍だな」

 と思いつつ。興味があったら動画みましょうとね。援護射撃をしたという一幕がありました。じみーに広がるいいなぁとねぇ。思っております。

 あれですね。大神華撃団発言の動画のコメントにもありましたけど。さやさん、ちゃんとサクラ大戦も履修されているんですな。

 最近、唐突にハマりだしたウシからするとね。帝国華撃団はゲームやってなくても知っている人もありそうですが。1〜4ある旧サクラの最後のねぇ。ドリームキャストの終焉を飾ったとされる、ファンディスク的ともいわれる「4」の最後に出てくる大神華撃団をね。

 ご存じってのはねぇ。ある程度知らないとないと思うんですよ。えぇ、ウシはね。1・2はやったことありましたけど。つい先日まで知りませんでしたもん。

 その辺も踏まえるとねぇ。何か嬉しくなりまして。えぇ、これはぜひねぇ。

 なつめさんちにもサクラ大戦のゲーム実況をやってくれないかなぁと。思ってしまいますねぇ。えぇ、ぜひともね。

「体が勝手に動く奥様を制止しようとするげんさん」

 をねぇ。見たいなぁとねぇ。切に願ってしまうウシでございますよ。

 ・・・うん。昔すぎるとか、動画作成についてもねぇ。いろいろあるんでしょうから難しいのかもしれませんけども。切望してしまいますな。

 うん。

 そんなことでね。ウシの方は、この3月14日・15日が久しぶりの連休でございましたから。勇んで引きこもりまして。特に、折り入って用事のなかった15日はね。

 サクラ大戦3プレイを思う存分させていただきました。差し当たったのがねぇ、前回2月26日以来となります、第7話でございまして。

 ドリームキャストからPS2に乗り換えて。わざわざソフトを買い直してでも進めたかったパートにねぇ。到達しました。えぇ、例の「エッフェル塔事件」ですね。

「切るピョン、切るピョン」

 とハードを変えても元気に演じられる高木渉さんをね。ある意味かたずをのんで見守りまして。えぇ、非常にドキドキしました。

 えぇ。これもねぇ。はじめての体験ではないですか。震えましたからねぇ。テキスト送りのためにボタンを押すの。

 んでね。

sakura3-touzyo.JPG


「巴里華撃団、参上!!!」

 ってね。無事に進行していく場面。

 ・・・・もうねぇ。待ちましたよ。約半月かかりましたから。この場面を拝むまで。えぇ。感涙ものでございましたぁ。良かった、よかった。

(変なテンションで戦闘に入ったので、初回はエリカさんが撃沈しちゃいましたけど。謹んでリプレイさせて頂きました)

 うん。良かったですねぇ。こうして無事にねぇ。現在9話まで進めることができました。まことにね、ありがたい限り。そんなことでねぇ、なつめさんちも拝見させてもらいながら、ウシもゲームプレイを楽しもうと思います♪


 
コメントする
コメント