CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«バルーン活動@岡本北小宮っ子(2年生)〜活動復活!! | Main | 「ほうぼく」しまーす♪〜少しでもおまつり気分を»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
「何のために生まれてきか」知っておられた方だと思う [2021年10月08日(Fri)]
2021年10月8日(金)

 はい、どうも。ウシです。

 昨日は夜中の11時前に大きな地震がありましたね。驚きました。

 ウシは丁度帰宅途中の電車の中にあって。宇都宮の都心から栃木市へ戻る最中でしたから。数えるくらいしか人が乗っていませんでしたけど。

 けたたましく皆さんのスマホやら携帯やらのアラームが鳴ってね。

 東武電車も急停車。10分くらいでしたでしょうけど。停車しましてね。

「この電車は安全なところに停車しています」

 とか、なんとか言ってましたけど。よく考えると駅のホーム以外は単線だし。逃げ場ないじゃんと思いつつもね。橋だとかじゃないところで避けておられるのかなとね。

 案外冷静でおりました。

 驚いたといえばねぇ。個人的にはドラクエでお馴染みの、すぎやまこういち さんがね。お亡くなりになられたとのニュースにも接しまして。

 まぁ、ただのドラクエ好きの40のウシですからねぇ。先生の何たるやを知るわけでもない、ただのドラクエ好きなだけのものでございますけどね。

 えぇ。秋が深まろうというこの季節に合わせてか。ちょっとしんみりしちゃいました。

 えぇ。攻撃的な言葉も多いので、あまり好みでないウェブ記事のコメント欄などを珍しく散見していますとねぇ。ファンの皆様の追悼やら思い出やらのコメントが多数掲載されていましたからね。

 ほんと、珍しいことですが。そんなコメントを眺めさせてもらってのもらい泣きがあったりしたもんです。

 えぇ、個人的にはね。追悼ってほどでもないし。現在進行形でドラクエ3(GBC)に勤しんでいるウシとしましてはねぇ。

「ありがとうございます」

 の一言ですね。何かね。「た」という感じでもないんですよね。おそらくこれからもねぇ。先生が作曲されたドラクエ1〜11のソフトはね。思い出したようにプレイするでしょうし。

 お疲れ様という気持ちとともにねぇ。

「ありがとうございます」
「これからも、楽しませていただきます」

 というねぇ。気持ちになりました。

 もちろん、座りっぱなしで帰れる帰宅途中の電車内30分は、貴重なドラクエタイムでございますからね。地震があったこの日も、せっせとモンスターメダル集めに勤しんでおりまして。

 神龍さんのいらっしゃる裏ダンジョンでの回収作業に入ったものの、「狩る」というには強いモンスターの皆さんを相手させてもらいながらね。ここ最近は過ごしておりましてね。

 えぇ。夏の疲れか知りませんが、どーも、ドラクエ3にも集中力を欠いていた気もしますけどもね。先生の報に触れて、気持ちを新たにし。

 やっている最中の地震でございましたから。びっくりはしましたが、おかげで冷静でいられましてね。逆に、ゲーム時間が増えたと。不謹慎にも喜びの感情が沸くというねぇ。不思議な時間となりましたけども。

 おかげで「てんのもんばん」「ほうおう」のメダルをゲットできましたからね。えぇ、なんか、いつもにも増して嬉しかったですねぇ。

PA080002.JPG


 えぇ。そんなことで。現在は、神龍さんにお相手してもらっていて。望みをかなえるたびにハードルが上がっていくのでね。四苦八苦しながらねぇ。楽しんでおります。

 さて。そういえば、ウシも最初に買ったCDは、ドラクエのサントラだったなぁとね。思ったりしておりますけども。それ以外はね。ただのファンですから。特に語ることはありませんね。

 ただね。最近、大人に多少はなったのか。やたらと生死を考えることがあります。

 その中でね。ふと気が付いたのがねぇ。すぎやま先生ではありませんけども。「アンパンマン」の歌でございましてね。

「何のために生まれて、何をして喜ぶ。分からないまま終わる。そんなのは嫌だ」

 というフレーズをね。何か折にふれて考えます。

 えぇ。すごいことだと思うんですよ。何だかんだで人間(にんかん)をいう時間を過ごしておりますとね。

 何のために生まれて、何をして喜ぶってことが分かる人は。確かにその時その時の感情でね。よかった、楽しかったというのはあるでしょうが。

「これが、喜びだ」

 というものに出会えてね。その喜びを自覚しながら過ごしておられる方はねぇ。それだけで偉人だとねぇ。最近思うのです。

 えぇ。ウシもねぇ。探し途中だなと思いますからね。そういう意味では、どのくらいの人が「喜び」に到達して人間を終えられるかと思うとねぇ。とても尊いことと思われます。

 すぎやま先生の何某が分かっているモノではありませんけどね。テレビや動画で先生の様を見させて頂きますとね。

 この人は、分かってらっしゃる方なんだなぁと思うわけです。

 あくまで学のない一般ウシさんの感想ですけどね。その喜びとは、

「自分が楽しいことで、相手も楽しんでもらえること」

 だと思うわけです。自分が嬉しい相手もうれしい。自分が喜ぶ相手も喜ぶでもね。いいでしょう。それがね、離れていても感じられる方だったなぁとね。

 思います。

 えぇ。すごいことですよ。ウシもねぇ、そんな「何か」を見つけたいとね。思いつつ。それはとても時間がかかり、中々見つからないもんですからね。それが、曲りなりに人間をやってきて、改めて思うからねぇ。

 最近、思うんです。

「自分がやりたいと思って始めたゲームですら完結できないんじゃ、何もできないじゃん」

 と。ですからね。今日もドラクエに楽しませてもらってます。

 そしてね。これからも楽しませてもらうのでしょう。本当にねぇ。亡くなられたとしてもいいたくなりますね。

「これからも、よろしくお願いします」

 と。たかがゲームですけどね。何か真摯な気持ちも思い返させてくれた昨日の出来事でございましてね。えぇ、本日も神龍さんの課題(15ターン撃破)を目指してね。まずは、お仕事に励みたいと思うウシでございました。


 
コメントする
コメント