• もっと見る
«バルーン活動@駅東公園「プレ放牧」してみました | Main | 「ほうぼく」の思い出(2)〜実は身分照会されてたそうです»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@駅東公園「ほうぼく」(1)〜どっちかといえば生き地獄でした [2021年02月24日(Wed)]
2021年2月24日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。イベントやら学校やらに呼ばれないから活動にならないんなら。

「自分から行けばいいだろう」

 ということで思いついた、職場まちぴあのお隣にある駅東公園での屋外練習活動こと

 ほうぼく作戦。

 昨日の2月23日の祝日が仕事オフ日に決行しました。

 放牧といいますとねぇ。牧歌的なねぇ。のんびりとした雰囲気をイメージしていましたけどね。イベント会場でないところでゲリラ的にやるという所業そのものの緊張感を知り、とてもじゃないけどお気楽な気持ちでできるもんじゃないと悟ったプレほうぼくを経ての、

 実行となりましてね。一応看板を作ってみたりと関係各者の皆様からのご助言を頂いてね。準備を整えて臨みましたね。

 ・・・この時点で従来の放牧のイメージとはかけ離れていると思いつつもね。気を取り直して現場に行きますとね。

P2230003.JPG


 ・・・えらい強風が吹いていましてね。

 えぇ。のっけから心折れそうになりました。初回に大量失点した野球の試合みたいなもんでね。もういいやと思っていましたけどね。

「遊びに来たよー!!!」

P2230001.JPG


 と、お知り合いの家族連れの皆さんが遊びにきてくれまして。じゃあ、やるかと。持ち直してねぇ。存分に屋外練習がスタートしました。

 スーパーエキストラと言いましょうかね。そんな皆さんがウシと遊んでくれたので。本人は作っていたから実感はないですが、

「ウシさん、カメラで撮っておくねー♪」

 と、勝手知ったるお友達の奥様が、自主的にウシの荷物からカメラを探し出してくださいまして。こうしてね。その時の様子をお伝えすることができています。
houboku-210223-02.jpg


 うん。

「これは、やばいじゃないか!?」

 と、思ったのは開始1時間程度たったお昼前。12時までで終わらせて。食事をして帰る気マンマンでいたウシですが、いつの間にかこんなになっておりまして。

 下手なイベントよりも頑張ってしまう(汗)ということになりました。13時前後までねぇ。賑わい続けていましたからね。えぇ、イベントですと、飲食がありウシ以外の楽しい催しがあって分散するもんですが。

 ウシ全集中状態が続きましてね。

houboku-210223-01.jpg


 ウシが呼吸したところでね。その実反芻もできないですから。とにかく頑張るしかなく。ある意味においては、コロナ下でなまった心と身体を一気に取り戻す千本ノックの回となったわけでした。

 えぇ。あえてウシで関連づけますれば。その昔みた水曜どうでしょうのね。「東北生き地獄ツー」でね。ウシの扮装をした洋ちゃんとミスタさんがね。わっしょいわっしょいと殺到したファンの皆さんにされるというねぇ。

 画に近い状態だなーとね。思ったりしたねぇ。とても濃密な第1回「ほうぼく」となりましたとさ♪

 いろいろやって思ったこともあるのでね。お馴染みの水増し作戦でつづっていきたいと思いますけども。取り合えず、ほうぼくにお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。またの機会?をご期待下さいませ。
コメントする
コメント