CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ドラマチックな展開でした | Main | 結果的に「わーーーー」ってなりましたけど»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
絵本の内容が変わってしまいます [2020年07月29日(Wed)]
2020年7月29日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、今度の金曜日(7月31日)は、職場まちぴあの登録団体であり、ウシのお友達でもあります、「子育て応援サークルこっころ」さんのね。

 読み聞かせ会が催されます。

 協力のご依頼を久々にうけましてね。ありがたい、コロナ下初の活動でございましてね。早急に気合を入れ直しております。

 えぇ。今週に入ってね。どーも気合が入らず。梅雨のせいでもコロナのせいでもなく、絶対自分の心持一つだよなぁと思いますけどね。道具を家までもって帰ってもやる気が起きなくてね。えぇ、こーいう時だけ一流作家だよなぁとかと思っていましたが。

 指何本もおらなくても当日ということが自覚できた(おっそ!)本日、リハビリも兼ねてバルーンを試作してみました。

 お話し会で出てくるのがね。

P7290004.JPG


「ぞうくんのさんぽ」

 なる絵本。ウシは存じてませんでしたが、お子さんをお持ちのママさん達にはお馴染みの絵本だそうですね。パッとみてみたらね。確かに、小さい子に好かれそうな作品でございました。

P7290012.JPG


 力持ちのぞうくんに動物たちがのっかっていき、最終的に楽しく崩壊するというねぇ。お話しでございますけどもね。

 まぁ、どんな風にウシのバルーンで盛り上げるかは別にしてね。取り合えず、絵本に出てくる動物さんたちをバルーン化してみようかとやり出しました。

 えぇ。主人公のぞうさん。

P7290005.JPG


 ・・・忘れてませんね。こんな感じです。さっと作れました。続いて載ってくる「カバくん」うん。難題でしたね。

 何となく作っていたらね。豚さんとも熊さんともいえる抽象的な生物が出来てしまいましてねぇ。う〜ん、どうしたもんでしょうか?

P7290006.JPG


 んでね。次は「ワニくん」。

 ポケモンのリザードンを立たせないでつくればいいんじゃないかと作っていきましたらね。類(るい)は同じなのかもしれませんが、ワニってよりも「おおさんしょうお」になりましてね。

P7290007.JPG


 えぇ。本は本でも、この名前の作品を文学か何かの時間に倣ったななどとね。思い出しましてございました。

 んでね。最後の亀。これはね。経験がありますからできまして。なんてことないですがねぇ。

P7290009.JPG


 うん。動物さんもねぇ。中々に奥の深い世界でございます。

 物語では最終的にみんな乗っていくのでね。バルーンたちも載せてみましたが、サイズの関係で、@さんしょうお Aかば Bぞう Cかめ  となりましてねぇ。

P7290010.JPG


 えぇ。反則技の「テープでつける」をして固定したのにね。

 えぇ。崩壊したくてもできない頑強な奴らになりましてね。

「わーーーーー」

P7290011.JPG


 とね。いうことになりました。

 う〜〜ん。難しいですけどね。モノづくりは楽しいです。絵本作品を飛び出させると、「ぞうくんのさんぽ」が「さんしょうおくんのさんぽ」になってしまいますがね。

 これはこれで楽しそうなので。まぁ、当日までにもう少し試しておこうと思ったウシでございましたとさ。
コメントする
コメント