CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«感覚を大切に | Main | 人の話をよく聞こう»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
戦争について [2020年07月18日(Sat)]
2020年7月18日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ〜。なんですかねぇ。まぁ修正しませんけどね。前回更新の記事の日付も間違っていますしねぇ。どーもここ最近(ここ3か月くらい?)、日付・曜日というものの感覚が分からなくなっておりましてね。

 本日も、なぜか金曜日だと思い込んでおり。少々慌てるというイベントが朝から発生しておりますけどねぇ。困ったもんです。

 えぇ。いつもの年のように暑い暑いという7月でもないのにね。なんでかなぁとかと。単純に老いかとかと思ったりもしていますけどね。まぁまぁ、気を付けていくしかないですよね。

 さて。新聞等を散見しますに、7月のこの季節は宇都宮大空襲があった時だそうで。8月15日前後くらいまでのこの期間はね。戦争について考える時期なのかもしれません。職場まちぴあの関係でも、ウシの関係でもお世話になっている、

「子育てサークルこっころ」さんがね。

 コロナが心配でもありますが、いろいろと工夫をされてね。8月1日に「いのちのおはなし会」という企画をされるということでね。

inochino.jpg


 その前日の7月31日にウシで協力することもありますのでね。ちょっとお知らせさせて下さいませませ。

 えぇ。結局ね。その後の話はマンガからもってきたネタですからね。それっぽい情報も更新させて頂いたということでございますよ。

 えぇ。戦争ね。

 うん。やらない方がいいですよねぇ。

 ウシももうすぐ40歳となりますけどもね。実際に徴兵されたこともない「戦争を知らない世代」なわけですよ。ウシにとっての戦争とはね。マンガ、ドラマ、小説などの中で語られるものものでございましてね。

 作り物しか知らないわけでござます。鉄砲やら、なんちゃら兵器で残虐なことがあるからとはいいましてもね。実際を知らないんですよ。

 ですからね。最近気が付きましたけどもね。特にウシは時代劇好きでございますからね。はたと思ったのですが。戦争というかね。合戦シーン。

 戦争はいけないとか言っているわりにはねぇ。やっぱ興味深く見たり読んだりしてしまうわけです。

 はたと思ったのはこの点でね。いけないというのに、テンションがあがるというのはねぇ。何なのかというのをね。この季節に合わせてっていうわけでもないですが考えています。

 思い至ったのはね。作品の場合だとさ。サクセスストーリーの中に合戦があってね。その方が勝つというか、活躍(死んじゃうかもしれませんけど)するという場面がある中で展開していくもんですからね。

 何か残虐性を感じたりしないわけです。何というかねぇ、特に考えも見ていた自分がありますよ。しかしながらね。最近ハマった「ヒロアカ」で思いましたけどね。

 ヒーローも悪もんとされる方々も、それぞれに成長していくというものを見てね。

「あぁ、戦争ってのは正義のぶつかり合いなんだな」

 とね。ふと思ったのです。

 えぇ。思えば昔から好きで読んでいた幕末モノもそうですが、幕府方と新政府方それぞれに信じる正義があってね。ぶつかりあってて来たのが次の時代であると。昔はね、坂本竜馬好きから入ったので、

 幕府方が悪で新政府方がヒーローみたいな図式で読んでいましたけどね。「剣心」でも学ばせてもらいましたけどね。それぞれの方に、それぞれの人にね。信念というか正義というかね。あってね。どっちが悪ということもないんだなぁと。

 えぇ。そうなんですよね。正義ってもんはね。悪玉でも善玉でもないもんです。

「勝てば官軍」

 という言葉があるようにねぇ。勝った方の正義が負けた方の正義を上塗りするみたいなことがね。まぁ、長い歴史の中で延々と続いているんだろうなぁとね。思ったわけです。

 個人的には、勧善懲悪ものが好きな単細胞のウシでございますけどね。何か思うんです。勧善懲悪でなく、「こっちにはこっちの理由がある」的な話の展開というのはね。

 ある意味において、敵側も味方側もみるというもんですからね。

「あっ、こーいう作り方自体が反戦なのかもしれないなぁ」

 とね。思ったりしたんですよね。

 えぇ。まぁ、こう思ってしまうとね。いい年こいたおぢさんがね。少年誌のマンガをねぇ。ある種いたたまれない気持ちでよんでいるという状態が出現しましてね。

 手がちょんぎられたり、足がちぎれたり、でもワーワーやりあっている姿をね。

「みんな仲良くすればいいじゃないか」

 と、ハラハラしながら見ているというねぇ。変な状況が生じるわけでございましてねぇ。そんなことをね。妹に話したらね。

「お兄ちゃん、それじゃマンガになりません」

 そうなんですよね。えぇ、だからね。難しいもんですけどね。

 何気なく読んでいる、戦争とは直接関係のないマンガやドラマであったとしてもね。「戦争はいけない」ということをねぇ。学べるというか。考えられるんだよなぁというお話しでございましたとさ♪

コメントする
コメント