CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«メガザル的存在感にキュンとしまして | Main | 「6月のウシ活動予定」〜練習会もう一回リベンジです»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
よろしかったらお使い下さい!〜ウシ流「黄ぶなのお話」 [2020年06月02日(Tue)]
2020年6月2日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 もう一回更新しておきますね。明日、明後日とお休みの予定なもんでね。その辺も絡んでの連続更新です。ご容赦下さい。

 そんなことでね。もう、この時点でかるーく昔話風になっているんですどね。ウシが15年くらい前に描いた自作紙芝居「黄ぶなのお話」のデータを公開しておきます。

 思い返しますとね。ウシもこの話を描くときに心配になって、市役所の関係課に尋ねたことがありましてね。こうした、民話伝承をモチーフにした作品を勝手に自作していいものかとお伺いした際にね。

 著作権的なものはないので好きにしていいと。ただし、そのお話の雰囲気というか伝えたい部分は大切にして下さいってなことをアドバイスされたことを思い出します。

 作品として絵本などになっているものを無断使用することはね。ダメですけどね。そんなことを聞いたので作れたお話しで。この後都合10作品以上作ったんだからね。

「いやぁ。若かった」
「今?? 絶対ムリです」

 と改めて思うところです。んなことでね。PDFとあらすじをのっけて置きます。

★★★  ★★★  ★★★

kibuna-00.jpg


★紙芝居(PDF)データ★

【黄ぶなのお話 あらすじ】
1)仲良しの親子がいた。
    ↓
2)お母さんが病気になる。
    ↓
3)息子くんが、町まで薬を買いにいく。
    ↓
4)帰り道で、苦しんでいるじーさまに合う。
    ↓
5)死にそうだったので薬をあげる。
    ↓
6)薬をあげてしまったので困る息子くん。
  道に迷って不思議な泉を見つける。
    ↓
7)助けたじーさんに再開。実は、えらい仙人。
    ↓
8)お礼に「黄ぶな」をもらう。
    ↓
9)お母さん回復。
  その様子を隣の性悪家族がみている。
    ↓
10)性悪母ちゃん。 仮病。
   悪ガキにとってくるよう指示。
    ↓
11)悪ガキ、黄ぶな乱獲!
   息子くんが止めに入るも乱行の限り。
    ↓
12)仙人登場。乱行にご立腹!
   天罰をプレゼント♪
    ↓
13)悪ガキ退散。
   家に戻ると、母親がマジ病気。
    ↓
14)仙人のところにカムバック。
   懇願するも許してもらえず。
    ↓
15)息子くん。許してやってとお願い。
   仙人も許してくれる。
    ↓
16)悪家族改心。ハッピーエンド。

★★★  ★★★  ★★★

 ・・・です。もともとが紙芝居なので、白黒データで文章もあったりしますが。文章に関してはうんこちゃんなので。紙芝居的に使い方をされる場合には、お好きなシナリオを添えてあげて下さい。

 その他、本当に自由使って下さいね。使えそうなもんならね。

 ちなみに、アップの都合上荒いデータになっていますので。元データが欲しい方は、ウシの職場「まちぴあ」までいらして下さい。

kibunayouryou.JPG


 なんせ。総データ数値で10メガ(でいいんだよな)もあるもんでね。USBなどのメディアをお持ち頂くことを推奨いたします。

 何かの役にたったらね。幸せです。ぜひ、ご活用?下さい。
コメントする
コメント