CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«勝手に「まごころ」を感じてます | Main | コロナに辛勝?「バルーン自主練」やってみました»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
導かれた皆さんのおかげです [2020年05月23日(Sat)]
2020年5月23日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなことでね。本日5月23日は、職場まちぴあで担当している「釜川コケ落とし大作戦」がありましてね。いやぁ、除草作業のおかげか、河川内ブラッシングの影響か。

 心地よい疲労感に包まれて過ごしております、週末となっています。

P5230002.JPG


 いやぁ〜。やっぱいいですねぇ。実活動は。

 いやぁ、やっぱりね。人間には形があると思いますよ。愚痴か何か分かりませんが、散々ブログで文章を書いている自分が言うのもなんですけどね。どうも、ネットをやらを介した情報発信というのはねぇ。

 なんともはや手応えを感じないところがありましてね。まぁ、冷静になってみれば、明らかに少ない労力でね。その波及効果たるや現場とはけた違いの効果が見込めるのかもしれないんですけどねぇ。

「オレはやったんだ」

 ということ個人的な実感としては、やはり現場での活動がね。一番だよなぁと改めて思ったところでございます。

 いやぁ。今回は特にそうで。

 正直ね。「何とかやらないと」との熱意に燃えた前回4月の活動に比べますとね。皆さんに比べやっちゃったからか知りませんがねぇ。乗り気でなかった今回。参加予定がないことをいいことに、雨予報もあってね。

「いや、今回は無理じゃないか」

 とね。前回とは手のひらを返したような状況でいたウシでございますけどもねぇ。不思議なもので今回は、

「やるんですか?」

 と、お問い合わせにこちらが尋ねる始末でございましてね。そんなこんなで自由参加という方式でね。「もし、雨が強くなっても一応いますけど。無理しないで」というスタイルでね。迎えたわけでございました。

 自宅から宇都宮に向かう際にも小雨が降り、釜川に向かうまでも降っていた。幾分明るくなってきましたけどね。

 本当にねえ。

 電話連絡をくれたボランティアの皆さんが集まる時間になったらね。晴れてきた今回。いやぁ〜分からないもんでございます。

 何かね。後光を感じた瞬間でしたよ。こうなるとね、やっとウシもやる気が出てきてね。皆さんと一緒に存分に活動させて頂きました。

 いやぁ、導かれた者たちは勇者さんの周りに導かれたかもしれませんけどね。ウシの場合は皆さんに導いてもらって成り立っているなぁとね。思った次第です。

 そんで、この活動スタイル。

P5230018.JPG


 今年はこの「キタキタスタイル」(ドラクエ好きなので、グルグルのすね毛のおっさんみたいにすね毛全開のすっきりスタイル)でね。やっていこうと。

 宇都宮ケーブルさんにも、ばっちり撮ってもらっちゃいましたけどね。本望ですね。

 存分に活動することができますとねぇ。

 改めて思います。雨の影響もあって乗り気でなかった気持ちがね。皆さんが、「来たよー」と言って集まってくれるにしたがって上がって来てね。結局はやってよかったという感想に落ち着く。ホントね、皆さんのおかげでございますよ。

 コロナ後の話を思いますとねぇ。何か最近は、いいこともあるんでないかと思うようにしております。

 いろいろありますし、先がといえば不安もいっぱいですけどね。例えば、自分の近辺では、現場以外にネットの重要性がより増してきた。心強い存在だったんだなぁとね、認識できるようになったし、かといって現場軽視っていうわけでもないと思うんですよ。

 コロナを踏まえたとしてもね。やっぱ現場の存在も大切なわけで。どうしよう、こうしようと試行錯誤する。思えば、この「試行錯誤」自体がね。今まで少なかった上に、心構えしないといけなくなったから、ある種の不安を抱える要素になっているのかもと思えばね。

 やっぱ自分で色々考えること。それって大切だよなとね。振り返れたことがねぇ。いいことの一部でないかと思うわけです。

 そう、考えることなんですよね。何も、何かしないといけないというんじゃなくて。「何か」と考えること自体の重要性をね。思い知っておりまして。考えることがないとね、そもそもどうしようもないじゃないかと。

 今回も、3密を気を付ける、ソーシャルディスタンスをとこちらが言わなくても皆さんで適宜拡散してやっておられましたし。そんな流れに沿って動いていました。

 皆さんの「こうしよう」が形になったのが、今回の釜川と思います。

P5230012.JPG


 だから、大丈夫ってことは絶対にないと思いますけどね。でも、皆さんで取り組んで下さいまして、無事今月の活動を乗り切りました。

 まことに有難いことでございます。

 えぇ。おそらく思うんですけどね。今後は、こうした「こうしよう」がどんどん出てくると思うんですよ。それは、従来通りの形でなく、試行錯誤の最中だから、問題点もあるでしょうけどね。でも、それを修正しながら試していく。

 その作業の原点には、考えるがあって。そして、それぞれの皆さんのできることがそれぞれあって。何かしらの形になっていく。うん、そう思うとね。個人的には、そうした過程の現象を見た時に、

「バカじゃないの」
「何やってんだ」

 と、なるべくならないでねぇ。自分だったらどうしよう。自分だったらこうできるとね。思えるようなウシになっていきたいなぁとも思ったウシでございました。
コメントする
コメント