CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「MYどんぶり作戦」はいかがでしょうか? | Main | 5がつのよていはぜんめつしました〜復活の呪文を準備です»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
リハビリも立派な治療ですから [2020年05月06日(Wed)]
2020年5月6日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、職場まちぴあのブログでも公開しました通り、コロナウイルス感染防止のために4月中旬からお部屋の貸し出しが中止になっていた、まちぴあですがね。

 緊急事態宣言延長の影響で、本来5月6日までの自粛・利用中止期間が今週いっぱいに伸びはしたものの。現時点での予定では5月11日から少しずつ利用が再開されるという流れもあるようでね。

 やっときましたね。リハビリ期間。えぇ、この期間中ねぇ。思いますよ。実際に病気になられた方はこんなところで扱うレベルでないご苦労をされ、またそれを支える皆さんも大変なご苦労をされた。

 その一方でね。全市民というか全国民の皆さんがね。程度の多い少ないはあるのかもしれませんけども。感染するしないに関わらずねぇ。ひろーーーい意味ではみんな病気だったわけでね。

 その差があるからねぇ。比べられるところはあるのかもしれませんが、次の段階であるリハビリ期間にね。入っていくんだろうなぁと思ったウシでございます。

 えぇ。リハビリといえばね。確か療養の一種でございますからね。まだ、病気中なんですよね。ここのところをねぇ、考え違いしてはいけないと。思いますねぇ。

 ちゃんとリハビリしないとね。曲がったはずの膝が曲がらなくなったり。ムチウチ症状が定期的に出て定期的に死にたくなったりね。しちゃうことになりますからねぇ。ここが大切。

 いろんな意味でのリハビリ。

 えぇ。とても重要な期間に入ってくるんだろうなぁと思うウシでございます。

 さて。コロナがっていうわけではありませんが、丁度季節も変わるこの季節、ある種のコロナがきっかけになってね。ウシが「こうした方がいいかも」と思ったところをあげるとね。

 ほぼ、毎日好きで飲んでいた缶コーヒー。これを野菜ジュースに変えました。

 えぇ。理由としてはね。自宅や職場で呑むコーヒーもいいんですがね。特にホットのコーヒーは缶コーヒーが好きでございまして。100円自販機を見繕っては飲んでいました。

 しかしながらね。さすがに5月。どんどんブルーに様変わりしていく自販機を見ていたのと、この時期特有の寒暖の差。そして、コロナのこともあって「簡単に風邪ひいちゃダメ」という自覚が芽生えてきましてね。

 んで、この5月に入ってから。たまたま行ったお店屋さんでね。野菜ジュースが缶コーヒーよりも安く売っていましたのでね。試しに切り替えてみました。

 うん。モノの本によるとねぇ。野菜ジュースもあまり意味がないとも聞きますが、缶コーヒーよりも安いし。まずくない。甘すぎると胸やけするようになっているウシにとってはその心配もなくね。

P5060001.JPG


 いいじゃないとなりましてね。野菜ジュースを飲むようになりました。

 うん。数少ないコロナのおかげなのかもしれませんねぇ。

 えぇ。「〇〇のおかげ」と言って思い出すのはね。最近とみに思いますし、今現在の記事作成もそうです(ワードで打ってからコピペ投稿している)が、自分の身の回りの身近な存在でね。

 一番頑張ってくれているのはねぇ。

「ネット回線」

 なのではないかとね。思われるところです。特にこの自粛キャンペーンがスタートしてからねぇ。なんだか妙にネットのつながり(有線)が悪くないかとね。ほぼ、毎日言っている気がしていますがね。

 えぇ。その辺の専門的なことに関しては無知なので。想像の範囲ですけどねぇ。きっとみんなご自宅で使っているからかな?とね。思いました。

「あーーーっ、もう。使えねぇなぁ〜〜」

 と、簡単にぼやいている毎日をねぇ。振り返りますとね。

 いやいやと。

 ネット回線さんもねぇ。パンパンになるくらいの情報伝達をねぇ。懸命にされている毎日でございましてね。不都合が出るくらいにねぇ、頑張ってらっしゃる。

 回線を血管に例えるとね。ドロドロだかなんだか分かりませんが、ともかくいろんな要素の情報なるものを大量に長時間伝達し続けてくれるからこそね。現在の巣ごもりも、リモートワークも成り立つと思いますとね。

 罵詈雑言をあげるよりもねぇ。

「いつも、お疲れ様です!ありがとう!!」

 とね。それこそ、拍手を送るべき存在なのではないかと思い至ったウシです。えぇ。だからといってね。回線さんをいたわるような何かができるのかといいますとね。

 なるべく、オフラインで仕事をして送信回数を極力減らすとかね。その程度かもしれませんけども。これもね、

「あぁ、これはネットがなくてもできる。これもできる」

 そんなね。ある種、当たり前のネット環境が整う前にやれていて、できていたスタイルを取り戻すこともねぇ。拍手の代わりにできることかと思いますしね。

 あれですよ。こうして自粛をするとね。他の誰かがスムーズにネットを利用することができましてね。その方の用事がさっと済んでしまえば、自分が使う時にスムーズになるじゃないですか。えぇ、そう考えるとね。

「自粛も立派な貢献の形だな」

 とね。思ったウシでございます。

 まぁ、リハビリ期間もね、もしかすると再度悪化も考えられますからね。だからいいと思うんですよ。「悪くなるのは嫌だ」ということをみんな思ってね。自粛期間中にみんなが掴んだマナーというかエチケットというか。良い意味での危機感みたいなものをねぇ。発揮しあっていければね。よろしいんじゃないかと考えたゴールデンウィーク最終日のウシでございましたとさ。

コメントする
コメント