CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«とりあえず、居ようとは思っています。 | Main | 結局、「おばけ好き」ってことでいいでしょうか?»
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
バルーン活動@御幸小あすなろ学童 行ってきました♪ [2020年04月07日(Tue)]
2020年4月7日(火)

 はい、どうも。ウシです。

 いやぁ、漏れ聞いたところによりますとね。ウシの中身の人が、まちぴあのセンター長なる役職についたそうでね。えぇ、その影響もあってねぇ。優先順位最下位の今ブログはね。

 明らかに影響を受けているところでございます。

 コロナの影響もあって「不思議な暇感」が漂っているところでございますが、どっちにしたって予定変更ですからね。そもそも変更すること自体にそれなりの苦労があるということでねぇ。暇感というよりも不思議な忙しさを感じているところでございます。

 さて。コロナさんの影響をもっとも受けたのはね。ある意味ウシだったと思っている昨今でございます。やっぱりね。結局は自分の為だったと思いますけどもねぇ。キャンペーンをしたりして何とかしのいできましたがねぇ。

 何かこう、不完全燃焼の続くウシ状況が続いておりましたけども。しかし。

 4月6日のお話になりますか、ご依頼頂いていた宇都宮市内の御幸小学校「あすなろ学童」さんでの活動が予定通りに行われましてね。うん。

P4060011.JPG


 珍しく、楽しみだなぁと思いながらお邪魔してきました。

 コロナ感染の影響で県内それぞれの学校や学童さんもね。それぞれの対応を取られておる中でしょうから一概には言えないかと思いますけどね。

 あすなろさんの場合は、会場内の窓全開放で、子ども達同士の距離や対面での着席をしないといったねぇ。対策が講じられた中でのウシとなりましてね。まぁ、ある種安心してウシってこられました。

P4060001.JPG


 今回の風船教室(遊び)には、30名ほどの子ども達が参加下さいまして。それぞれのご家庭の状況もあり、年長の兄弟さんがおるご家庭では自宅で過ごしたり、逆にコロナの影響で利用し始めた子もあったりと。

 学童さんの基である御幸小学校さんは、年末から年度末のご依頼が多いので。大体このタイミングでのウシ活動では経験済みの子たちが多いのですがね。そういった意味である種のシャッフルがあり、約半分の子たちが初ウシだったみたいでね。

P4060008.JPG


 えぇ。こちらとしては、そんなことでしから。

 自身をもってコロナ前から変わらない「イヌ・剣・ハート」の基本作品からの風船遊びをし始めましたよ。

 いやぁね。コロナの影響でグッジョブの部分はね。ここでしょう。

 子ども達の毎日を見ていますとね。良く言われるのが「寄ると触ると喧嘩してる」とね。まぁ、子ども達同士の物理的距離が近いとねぇ。何かと騒がしくなるんですが。まぁ、接触をなるべくするべからずですからね。

P4060007.JPG


 程よい距離感がねぇ。子ども達の冷静さを保っていたようでね。もうもう、風船のレクチャーの方は非常に円滑に。逆にね、

「あれ?もっとはっちゃけないの!?」

 とね。ウシ側の動揺が当初はあったくらいでございました。

P4060013.JPG


 接触を避けるということでね。まぁ、結果的にはいつもやっていますが、離れた距離で遊べる「弓矢」が今回は特に大人気でしたね。いつも人気ですけどねぇ。いつにも増して人気でございましてねぇ。

 えぇ。存分に皆さんとね。楽しい時間をすごさせてもらえました。

 うん。楽しかったですねぇ。ウシ活動。ホント思いますけども。久しぶりの充足感を味わいました。うん。これが「生きがい」ってヤツなんでしょうねぇ。

  センター長になったらウシはどうなると、幾人の方からご相談を頂きましたけどね。それなりにバランスをとってやっていくでしょう。楽しいから。だからこそね。仕事も頑張りましょう。ウシも磨きをかけていきましょう。

 そんな再認識をさせてもらえた、学童さんでのウシとなりました。まぁ、そんなことで軒並みイベントはダメそうなのでね。学童さんとか、もしご依頼をいただければね。出来る範囲で対応させて頂きますので、ちょっと頭の片隅に置いておいてもらえると幸いです。

コメントする
コメント