• もっと見る
プロフィール

こくら工房(ウシ)さんの画像
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
https://blog.canpan.info/ushiblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ushiblog/index2_0.xml
つくってみた(25)のこたん 〜 っていうか17歳さん推しなんです [2024年07月17日(Wed)]
2024年7月17日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 先日ね、「しかのこ」作成に失敗したウシでございますよ。えぇ、作っているのがウシなのでねぇ。仕方ありません。そんなことで、テレビ(ウシの場合はMXさん)だと日曜夜の放送を録画しましてねぇ。

 改めて、「しかのこ」を拝見しましてねぇ。勉強したわけです。

 ほうほう、高校生の二人はスカーフが水色なのかとかなんとか改めて確認(?)しましてね。再チャレンジしてみましたよ。

 えぇ、チャレンジするくせになんですが、この、しかのこさんの呼び名は「しかのこ」なのか「のこ」なのかと、一瞬疑問に思ったりもしたもんでんすがね。まぁ、ウシの中では、字数の問題からねぇ。

「のこたん」でいいや という結論ではありますな。

 んなことで。バルーンのこたんの再チャレンジですけども。目下一番の課題は「ツノ」の部分。微妙にギザギザがある時点でね。かなり困難なわけですけども。材料的にケチって、短い白バルーンで作ろうとすると、前回のようなウシっぽい(何か、角度がついちゃう)ツノになるという反省がありましたからね。

P7150001.JPG


 顔と頭を作った段階で一本のバルーンをそのまま突き刺す!

 というやり方でとりあえずやってみて。適宜ねじってこんな感じにしてみました。

P7150003.JPG


 うん。まぁ、少しは進歩したような気がしますねぇ。

 んで、目と身体の部分ですけどもねぇ。配色的に、白の胴体と青の襟をつくってから、水色のバルーンを組み合わせたいとやってみたんですけどもねぇ。

 今回は、これが難点。なーんか制服っぽくなくてねぇ。いーやぁ、のこたん難しい子ですわ。うん。制服の部分については再考(白の胴体と水色のスカーフ部分だけで良さそう)の余地はありそうですねぇ。

P7150006.JPG


 目については、緑基調のお目目と、個人的に好きな「白目バージョン」も作りたかったんで。とりあえず、作りたい方を先に作ってね。

 写真とったら、ちゃとした目をしているバージョン(?)を作ろうかなぁと思ったりもしましたけどもね。えぇ、結構時間かかって、手も痛くなったので。

P7150005.JPG


 こんな感じで写真を押さえさせていただきながら。

「あっそうだ」

 と。ひらめきがありましたものでね。ほぼ同じ構造になっている顔の裏側部分に、シールをはって「裏面にも顔をつくる」という策を講じてみましてね。

 まるで、アスラ神(彼(彼女?)は3面あった気がする)のような感じで、とりあえずの完成とさせて頂きました。

 窓際に飾ったので。もしやと思って、外からとった写真はこちらでございましてね。

P7150007.JPG


 うん。アジとしてはこちらの方がいい味出してる気がしています。

 ・・・ま、こんな感じで多少の執着をもって、一応の完成までこぎつけた「のこたん」ではございますけども。アニメ内においてウシの推しは、シカではなく。担任の先生さんだったりします。

 うん。17歳さんですからねぇ。アニメ第2話はねぇ。大活躍されていましたからねぇ。ウシとしては大満足。なんか、世界観に一番マッチしているのがねぇ。17歳さん先生かと思う、ウシでございましたとさ♪

 
バルーン活動@トライ東「あそぼまつり2024」〜 しかの子のりそこね(泣) [2024年07月15日(Mon)]
2024年7月15日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、昨日(7月14日)は、職場まちぴあからほど近い、宇都宮市青少年活動センター(トライ東)さんからお声がけを頂いて、子ども達対象の交流イベント

「あそびまつり」

P7140001.JPG


 にお邪魔してきたウシです。昨年に引き続き、ウシさんお邪魔となりまして。楽しみにしておったんですけども。あいにくの雨模様でございましてね。

 職場から自転車で10分くらいのご近所さんでありますけども。しっかり濡れての到着となりました。

 このイベントは、センターを管理運営している「とちぎYMCA」さんが行っているイベントで。飲食や駄菓子販売の他に、スポーツ系や国際交流をテーマにした体験コーナーが設けられるなど、団体さんの特色を活かしつつ。また、高校生ボランティアの皆さんなどのアイデアを活かしつつの交流イベントでございます。

 ウシの役割は、決まっていますのバルーンアートプレゼント。あいにくの雨ではありましたが、ご近所の子ども達や、団体の関係の皆さんなどで中々の賑わいがあり。

P7140004.JPG


 ウシのバルーン活動的には、50名分くらいのバルーン作品を提供することができましたからして。ウシ的には大満足のイベントとなりました。

 ・・・えぇ、表活動的には、そんな感じだったのですけどもね。今回は心残りが一つ。7月から始まった「しかのこのこのここしたんたん」を拝見しましてね。

 えぇ、今期の夏アニメを探っていた6月末あたりからねぇ。パソコンもおススメしてきた作品でありますけどもね。つい先だってまでは、あまり気にしてなかったんですけども。

 つい先日、OPの動画を見ちゃってねぇ。

 今回は「このたんのバルーンつくる」と心に決めてこの日を迎えたんですけどもねぇ。

P7140002.JPG


 やってみると中々難しい「のこたん」(「のこ」が名前でいいんだよなぁ?)。おそらく彼女(?)アイデンティであろう、「ツノ」の装着に大変苦戦しましてね。

 それにプラスして、好きだけども作るとなると苦手なショートカット女子ということでね。ブース準備を早々に整えて、開始前に必死になってやってたんですけどもねぇ。

 中々上手く行きませんでした(クそぉ!!!)

P7140003.JPG


 ・・・どっちかっていうと、シカってよりもバッファローみたいな角(の角度)になってしまいましたねぇ(泣)

 そうこうしている内に「のこたん」どこではなくなる盛況ぶりを見せるウシコーナーとなりまして。11時から14時過ぎ(15時終了)まで、ブース位置から全く動けない盛況ぶりでございましたからねぇ。

 うん。充実していましたがねぇ。「試合に勝って勝負に負けた」ような感覚を得てしまったウシでございましたのよ。うん、ちゃんとブログネタに出来るくらいには、作ろうと思います。

 えぇ、話題になってるんすかね。「しかの子」。ネットでは話題騒然みたいなことをサムネとかで書いてありましたけどもね。

 (おそらく)ヲタクでない良識ある一般のご家族さんや、子ども達(小学生)たちに聞いてみたけど、それほど浸透していない様子でしてね。唯一、一人だけ分かってくれた小学生がおりまして。

「しかのこのこのここしたんたん!!」

 って、歌ってウシを応援してくれまして。うん、カモシカとなじ仲間のウシ(の着ぐるみを着たおぢさん)は、大変嬉しゅうございましたとさ♪



ルンちょま(顔だけバージョン)試作 〜 日曜のイベントでお披露目です [2024年07月11日(Thu)]
2024年7月11日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、今度の日曜日(7月14日)は、職場まちぴあからほど近い、宇都宮市青少年活動センター(トライ東)さんの

「あそぼまつり」

 にお邪魔してくることになっているウシでして。昨日は、ちゃっちゃとバルーンアートの準備をしましたです。

 前回活動からまたしても2週間くらい経過しておりますのでね。例によってリハビリも兼ねた作品練習もね。やりましたよ。

 ネタとしては、前回(24回目)の試作になる「ルンちゃま」の再チャレンジでございましてね。ウシのバルーンでスタメンをはり続けている、サンリオ系(シナモ・ぽちゃっこなど)と同じバージョンで作ってみることにしました。

P7100001.JPG


 ルンちゃまの立ち絵をまじまじと見ながら、バルーンキャラの命でもある目を作り直すところからはじめて。前回は、首についている綱(リボンみたいになっているところ)が大きくなりすぎて、リボンが本体みたいになったので。

P7100002.JPG


 バランスを意識して作ってみました。こんな感じですね。

 まぁ、ルンちゃまは、白と薄いムラサキのグラデーションのカラーリングと存じ上げておりますけどもね。耳先の部分のムラサキを何とか表現したいものの、手持ちのバルーンと画材では、中々難しいなぁと悩みつつやってましたよ。

P7100003.JPG


 目の縁(?)も何とか表現したいと思いましてね。なるべく淡いムラサキにならないものかと、水色の油性ペンで描いたあとに、ピンクのペンで描いたりと工夫をしてみたりしましたけどね。

 ・・・うん。結果的には、ピンクペンに多大なダメージが残っただけ(ムラサキ色のペンになっちゃった)でねぇ。なんか、思ったようにいきませんなぁ〜。

P7100007.JPG


 そんなこんなでね。2つ作っちゃったあたりにねぇ、ウシの推し度を感じとって頂ければ幸いですけども。イベントでは、サンリオパイセンたちと一緒に飾ってみて、子どもたちの反応を見てみようと思うウシでございました!
気になる木の剪定と石板迷子 [2024年07月10日(Wed)]
2024年7月10日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、本日は5月連休以降から、お休みの日にはひたすらやっている自宅の庭作業でございますけどもね。クライマックスといいますか、自宅の屋根(平屋ですけど)よりも高くなってしまった、ラスボスこと「気になる木」さんをねぇ。

 討伐する日でございまして。えぇ、先だっての猛暑はウシも作業しながらタヒにそうになってましたけども。

「いまだ!!!いけ!」

 と言わんばかりの曇天でございましたからね。天候にも励まされて。亡き親父が残したでっけぇ脚立(植木屋さんも持っているヤツなのね)にプルプルしながら登り、

 終始ビビりながらも何とか全うできました。えぇ、地上から見ていると何となく全長6メートルくらいかなぁと思ってましたらね。多分10メートル以上ありまして。

 高い位置からウシが落ちるのも恐いですが、切った木が屋根を突き刺さないかとか、ご近所さんに迷惑がかからないかと。懸念することも多いのでねぇ。いろんな意味でビビりまくって挑みましたけどもね。

P7100004.JPG


 ・・・まぁまぁ、何とか切り出すことができまして。ここまでたっぷり2時間かかってねぇ。無事討伐完了したのでございました。

 朝9時前からスタートして、切り終わったのがお昼前だったのですけども。えぇ(今現在も、特に下半身が)疲労困憊だったもんでね。今日の作業はここまでとしまして。

P7100005.JPG


 たった一本の木のなのに、えらい量の枝(幹?)葉がでましたのでねぇ。雨も降ってきた(よし!)ので、今日はここでコールドゲームですよ。うん。

 今週は週末も休みがあるので、ゴミ回収に出せるサイズに切り揃える(約60センチまで)のはねぇ。また今度と致しました。

 ・・・うん。頑張ったんでね。ご褒美に、午後の時間は絶賛プレイ中の「FF5」(アドバンス版・DSライトでプレイ)をやって癒されまして。

P7090003.JPG


 えぇ。現在、第3世界に突入し、石板(12武器集め)を楽しんでおりますけどもね。なぜか、滝(リバイアサンがいるところ)の入り方をすっかり忘れ。延々、海中を彷徨ったり、チョコボで行ってみたり(ランプが手に入った、だけだった)と。

P7090001.JPG


「あれ、何かコツがあったっけ??」

 とね。何回もやっているのに、こうした脳内セーブデータが消えるのがねぇ。年を経てやる再プレイの醍醐味だと思いながら、軽くイライラしてね。結局、別のイベントを回ってお茶を濁し。

 結果的には、ただの見落としであった(南側海底から普通に入れた)ことにねぇ。安堵とね。一抹の記憶力不安にさいなまれたウシでございました。

 うん。まぁ、背の高い庭木は大体切り切ったし。ゲームも楽しめたのでね。良しとしておきましょう。
クルルちゃんごめんなさい [2024年07月06日(Sat)]
2024年7月6日(土)

 はい、どうも。ウシです。

 休みの日といえば、自宅の庭に出て除草・剪定作業を相変わらずしているウシです。仕事もしているのでね、「最近もっとも心休まる時」というのは、電車通勤中の時間となっています。

 冷房に弱いウシですが、それでも(それでも)30分程度ならば、熱中症アラートが鳴っていてもお構いなしに冬用ジャンパー(の下にパーカーも)を着こんでいるウシにとっては、丁度よいオアシスとなっております。

 オアシスですからねぇ、存分にゲームできるわけで。7月から遊んでいるのは「FF5」(アドバンス版)でございます。

 きっかけは、先だってホロライブ・こより嬢のゲーム配信で「FF4」(ピクセルリマスター版)のプレイを拝見し。何度もAMSRで裏切る助手さん(リスナーさんのことですよね)を見て、大変面白かったので。

 まぁ、FF欲が盛り返したのでね。見たのは「4」なのに。

「あぁ、FF5やりたい」

 と思い立って始めたもんです。ピクセルリマスター版もいいですけどもねぇ。個人的に、FFは1〜6が好きでして。リメイク(移植?)版はねぇ。

 アドバンス版しか勝たん! と、個人的に思っているウシでございますもので。アドバンスでしかお会いできないエヌオーさんのご尊顔を拝しに行こうを目標に遊んでおります。

 趣味がレベル上げと自覚しているだけあって、FF5は特にこの作業が楽しい作品だなぁと再認識しておりますな。第一世界のメインは「幽霊船」でございまして。お化けのラスク(腐ったお菓子ってどういうことだろう)をいいだけ倒して楽しんでおりました。

 んでね。サクサク進んで、第二世界。ビックブリッジもいいですがねぇ。個人的に一番の目的は、ガラフさんご自宅の地下に勇んで入っていきましてね。

 みんな大好き「せきぞう」さんたちとひたすら修行に明け暮れております。

P7040002.JPG


 えぇ、ウシのプレイ環境は、アドバンスSPでは大好きなBGMがイヤホンで堪能できないので。DS初期(ライトでも可)型のアドバンスソフトが刺さるDSを愛用しております。先ごろまで充電器をなくして、純正じゃないものを使っていましたが、うまく純正の充電器を購入できたのでね。もう、最高ですよ。

 愛し過ぎて長年使っているので、画面(フタ)部分との接合部分が欠けており。手で押さえてないと(重力に負けて)270度くらい曲がってしまう子ではありますが。いい子なんでね。アルミテープで強引に補強して頑張ってもらっています。

 えぇ。もう何回再プレイしたか分からない「FF5」ですけどもね。今回、足しげく修行に勤しんでいる中で心に刺さったのが、

P7040007.JPG


 こちらの絵。

 当時最高峰と言われたドット画ですからねぇ。クルル嬢と飛竜ちゃんの苦しさがひしひしと感じてしまいます。

 うん。ストーリー的には、お城に期間して怪我してしまったクルル嬢所有の飛竜ちゃんのお怪我を治すために山に薬草をとりに行く流れですけども。何度も再プレイしていると、城から一回出るとね。薬草とってくるまで、お城の中に入れなくなりますからして。

 まずは修行ですからね。お孫さんの頼みを受けつつも修行に明け暮れているわけです。おじいちゃん(と友達)。

P7040006.JPG


 大好きな「せきぞう」さんたちと、「レベル5デス」で戯れているとね。定期的にお宿に行く必要がありまして。そのたびに、クルルちゃん(と飛竜)がチラ見するわけで。

 えぇ。今回のプレイはねぇ。なぜか、ここが非常にひっかかりまして。まぁ、ごめんごめんいいながらねぇ。結局、現在所持のジョブ全部に王冠付けちゃったんですけどもね。

 これもまた、年々としをくいつつ再プレイするからこそ生まれる感傷かと思うところです。うん、ほんと、ちゃんと時間経過しないゲームで良かったですよ。

P7040009.JPG


 一泊が休憩でなく、本当に一泊だとしたらね。軽く1週間以上は居座りましたからねぇ。最終的には、宿屋さんから言われる「いいですか?」のいいですかが、お金の話じゃあなくて、「こんなことしてていいんですか?」って問われているようにも感じちゃったりしてね。

「クルル様は、とてもお強い子です」

 と、お城の中のおじいちゃんNPCが言っていた言葉がねぇ。確かに!!と感じ入ってしまったウシでございました。けども、結局カンストまで鍛え上げたので。ここからお孫さんの願いを叶えにひとっ走り山まで行って参ります(汗)
バルーン活動@陽光小宮っこ(1年生)行ってきました! [2024年07月04日(Thu)]
2024年7月4日(木)

 はい、どうも。ウシです。

 はぁい♪ というわけで、7月3日(火)は、コロナ禍から完全復活して、本当に毎月お呼び頂いている、宇都宮市立陽光小学校・宮っこステーション(放課後活動)さんでのバルーン教室がありまして。お邪魔してきました。

 えぇ、前回更新の「ルンちょま」(今のところ仮です。もっかい作るぞ!)を試作したわけでございますけども。今回お相手下さったのは、1年生約40名。

 じゃっかん一名、ウシの勤め先(まちぴあ)も知っているガチ勢がありましたけども。それ以外は初見ということで。新鮮な気持ちで臨んだ回となりました。

 えぇ〜、年度途中での1年生は陽光小さんに限らず、案外珍しい采配でございまして。バルーンにテンションが上がり、ただでさえ「人間になりきれていない世代」の皆さんに、ただただ燃料を投下するだけの展開を、運営の皆さんも分かっているのでね。

「1年生」

 という学年は、年明けもしくは年度末というパターンが多いのですがねぇ。まぁ、今回はそんなレア回でもありました。

「なんだ、あのウシ変なの―――!!!」

 みたいな、初見キッズの声とともに、ガチ勢(っても1人、いっちゃん前に座ってた)の

「こいつ等は何も分かっていない」

 という嬉しいながらも、よく分らん強者キャラ感の一言に励まされ、スタートを切った工作教室でしたねぇ。

 まぁ、やることは学年が変動しても一緒なもんで。「イヌ」「剣」から「自由」の流れをやりつつ。今回は、一番簡単な「剣」を最初に持ってきて、ともかく「ねじる」ことに慣れてもらう感じで工作していきました。

 今回の注力ポイントはね。作るというよりも、ウシさんがお話しするなどして、子ども達をストップする際に「どこまで制御できるか」というのが、最大だった気もしますけども。

 こんな感じで、ウシがしゃべる前の合図として「バルーンを掲げる作戦」を決行したところね。一年生でも、ノリノリで止まってくれましたからねぇ。何とか司会進行をすることができました。

P7020009.JPG


 止まっている時の写真なんですけどもねぇ。写真にすると一番華があるというのもねぇ。予測した通りとなりました。

 やってみて実感したことはね。

「夏休み前の一年生と新年を迎えた一年生はこうも違うか」

 って点でしたね。うん、何かねぇ。えらいワチャワチャし続けた工作となりましてね。静止技はあるものの、いやぁ。元気すぎ。ちょっくら落ち着いて頑張ってくれと、大汗かいて体験していきまして(子ども達は楽しそうでした)。

P7020015.JPG


 何だかんだで「剣」を作り。「イヌ」もねぇ。ダブルツイストの伝授に非常に困難(最終的には、わっかを小さくした奴でも可にした)をしましたが、

P7020036.JPG


 それぞれ、それなりに作れるようになってね。40分くらいの時間を残して自由工作に移ることが出来ました。複数のバルーンを一緒につなげたり、結ぶのを手伝って「ハート」を作ったり、

P7020034.JPG


 いつものことですがねぇ。わっかを頭や身体にまいてみたりと、わちゃわちゃ楽しみましてねぇ。えぇ、熱戦を無事に乗り切ることができました。

 最後の「じゃんけんゲーム」も、いい感じに盛り上がり。残念レベルだった試作・ルンちょまもプレゼントでき、先輩キャラ(シナモ、ピカチュウ)は安定の人気を誇り、熱戦が繰り広げられましてねぇ。

P7020040.JPG


 大変満足のいく活動ができたと思われます。うん、個人的には、改善バージョンのルンちょまは、シナモ先輩よろしく、顔メインのタイプにしてみようかと思案したところです。

 ・・・えぇ。そんなことでね。4月から3か月連続でお邪魔した、陽光小さん。上級生(3年〜6年)、2年、1年ときて順番としては、一周したわけですけども。。。

 なーんと、9月(ついでに10月も)活用予定を頂きまして。まさかの2週目突入となります。うん、どんだけバルーン好きやねんと思いつつもね。まぁ、ウシとしては嬉しい限り。夏休み明けで元気に、かつ成長した小学生諸君と再会できることを楽しみにしております♪
つくってみた(24)ルンちょま 〜 絶対もっかいつくるぞ!! [2024年07月03日(Wed)]
2024年7月3日(水)

 はい、どうも。ウシです。

 そんなこんなで7月ですねぇ。ウシ的には、5月からいやだいやだと思いながら、ある意味(自宅ですが)自然の驚異に急き立てられながら取り組んでいる、庭木の剪定・伐採・除草作業のおかげもあってか、

 多少なりとも運動になっておるようで、明らかに身体が疲れなくなるというか、慣れたというか。やり初めはどうしても丁重ではあるものの。ざっと30分くらい作業してひと汗かくとね。

「よし、ノッてきたらしい」

 と、その後2時間から長い時は夕方16時くらい(日中ずっと)まで庭先での作業に取り組めておりまして。えぇ、おかげ様をもって休みの日は、自宅の敷地内からは一歩も出ないですけども。非常に行動的に過ごすことができております。

 うん。この場合、屋外には出ていますけども。定義的にはひきこもりに属するのか否かというのがねぇ。個人的に気になっているウシでございます。

 さて。バルーンアート活動ですが、7月は都合3回ありまして。それも上・中・下旬と適度な感覚を開けつつのスケジュールとなっていましてね。えぇ、これはイケそうと思っている次第です。

 えぇ、7月の自主練も兼ねた「キャラバルーンづくり」でございますけども。相変わらず視聴しているVtuberさんでございまして。最近は、学術系のライバーさんというのにご執心なウシでございます。

 どなたから作ろうかなーーと思っていたところにねぇ。現れたのが、にじさんさんの「あやかきの猛獣」(『あやかき』がユニット名と今知りました)こと、

「ルンちょま」(ルンルン)

 で、ございましてね。サンゴ嬢、るり嬢、力一さんとそれなりに視聴しているからか、デビューの一報がウシのパソコンにも、おすすめで出るようになっていましてね。サムネをみた時点では、コマさんみたいくらいに思ってたんですけどもね。

 ホラゲのヤツと、空気読みのゲーム配信(ウシ的には、空気読みの方が好き)をちょろっとみたらねぇ。

 ・・・よし、推そう。

 となりまして。創作意欲も湧いてきたのでねぇ。久しぶりの人外キャラの創作に勤しむこととしました。チャレンジ日は、放課後教室のご依頼を頂いていた、7月2日。活動に併せて、挿絵資料を用意しまして(後ろ姿の絵が見つかってよかった♪ 結果的には意味なかったけど)。

P7020001.JPG


 学校につくなり、準備もそこそこに作ってみました。

 えぇ。構造的にはねぇ。初見時の印象から「コマさん」的な作り方で行けるのでは??との算段があったので。やり初めましたけどねぇ。個人的に、一番の難関は、

「たれ耳」

 の部分でありまして。今回は、とりあえず、お顔のピョンとはねた毛の部分をバブルで表現することとして、それでもって、耳をたれさせることにしてみました。

 顔の形的には、まずまずのまとまりを見せてくれたので、次は身体。初回はねぇ。アンバランスになったとしてもチャレンジすべきボディ作成ということで作ったらね。胸の部分の飾り(綱と鈴かな?)がね。

P7020004.JPG


 あまりにもでかすぎるリボンになっちゃってねぇ。えぇ、最後の作画時に非常に邪魔になり。一度は、失敗(口が変にゆがんだ)していしまいまして。うん、こんな感じで、多少の修正はしたものの。実のところ、裏っかわに書き損じがある状態となってしまいました。

 うん、そんなんで。見つかった時大変嬉しかった、後ろ姿の立ち絵にある、紫色の炎みたいな部分はね。書き損じの口と鼻を隠すためのものとなってしまいまして。

 えぇ。大変、無念を感じた次第でございました。

 そうこうしている内に、子ども達が集まってきて創作どころではなくなったので。手早く、スタメンキャラ(2体で5分かからない。ちゃまは30分以上やってた)を作ってね。今回はお開きとなりました。

P7020005.JPG


「しらなーい」
「ポケモンかなぁ」

 と、デビュー約半月のちゃまを、小学一年生はご存じなかったわけですが。いつもの、じゃんけんをやると、先輩方に引けを取らない人数(丁度3等分くらい)の争奪戦となり。負けた子たちは非常に悔しがっておりまして。

P7020044.JPG


 えぇ。さすが、ルンちゃまと思いつつ。全く知らないキャラをここまで熱く争奪できる子ども達の熱気に、改めて感心するウシでございました。

 ・・・そんなことでね。試作も試作なので。今回に関しては、本当にもう一回やってみたいと思っております。うん、もうちょっとかわいくできるはずなので。頑張ります。

 ちなみに、分からんだろうと思いつつ、小1の子たちに対して、ライバー、Vtuberと連呼していたらねぇ。お手伝いのママさんから、ご自身の息子さんが推しているキャラがその類だと言われまして。

 ウシさん、この子知っている?と聞かれてみたら「みこち」嬢でしたね。ちゃんと、コラボたいやきも買いに行った真正35Pということで。大変立派です!よい息子さんですねぇ♪と、ちょっとテンション上がる一幕がありましたとさ。
文明の利器に感謝 [2024年06月30日(Sun)]
2024年6月30日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、前回更新から丁度一週間。感覚が少し空いてしまいましたがね。月の最後に更新できて何よりですよぉ。期間的には一週間ですが、仕事の合間のお休みの日(調子がいい時は勤務前の早朝)には、ほぼほぼ一日、実家の庭にて庭木の剪定(伐採?)作業と、

 それらの片付け作業をして過ごしていたウシにとってはね。

「一日ってなげぇんだなぁ」

 と、しみじみ思う期間となりまして。えぇ、作業自体は5月上旬からやっており。何だかんだ言いながら身体も慣れてきたんかもしれませんけども。

 一回の作業時間も長くとれるようになってきましてね。疲れるけどもある意味、運動習慣もついたからか、非常に充実した日々を送っている(送らされている)6月となりました。

 んなことでね。ブログ更新が一番滞ったわけですが。バルーン活動が1回しかなかった月であっても、結果10回の更新。まぁ、頑張った方であると自負しております。

 さて。そんなことでね。ゲームですけども。先日来から「聖剣伝説3」(リメイク版)をやり、そして3周クリアしきった今月は、

「聖剣2をやろう」

 と、思い立ちまして。1〜3のコンプリート版(switch)をもってましたからねぇ。大変楽しく、また数少ない、日々の楽しみとして良き相棒でいてくれました。

 なぜに、聖剣続きかと思ったんですけども。自宅の樹木、草々たちと戯れて早2か月となりましたからねぇ。やっぱ「木」(もしくは樹)なのかもしれませんね。

 えぇ、そんなことで「聖剣2」も楽しんだわけですがね。あれですね。個人的に一番好きな聖剣シリーズは「2」なのかもしれません。何かね、楽しいですよ。もう、実機も含め何回周回したか分からんくらいやってるのにねぇ。

 変わらぬ楽しさ。いいですねぇ。特にスイッチ版は、例のバグもないですからねえ。より安心して遊べましたね。

 今回のプレイではね。なるべく長く遊ぼうと、武器・魔法・キャラレベルとあげられるだけあげようと目標をたてあそび始めましたけども。あれなんですね。武器の技レベルは最大の「8:99」にもっていくには、多少(ウシにとってはかなり)な工夫がいるそうで。

2024062110550500.jpg


 その前に、鍛冶に必要な武器パワーを集めるためにねぇ。ラストダンジョンで戦っておりましたらねぇ。レベルが上がりまくって仕方なく。しかし、出ないもんですからね。技レベルは諦めましてねぇ。

2024062110551400.jpg


 まぁ、技が出る最大値の「8」にはして。溜飲をさげたりしていました。うん、この工程の中ね。初めてスイッチ内の「クイックセーブ」を使ったウシ。

 非常に感動しましてねぇ。宝箱ドロップができることを途中で知ってね。いたく感動しまして。えぇ、せっかく搭載されている機能はね。使うべきなんだと改めて思いました。

 おかげでカンスト前(でも80後半までいっちゃった)で、全うできました。

 魔法は以前もエフェクトが変わる「8」まで上げたことはあったんですけども。今回は「8:99」までやり切ってみましてね。やってみると、8以降の数値上げは、ただのボタンを押す作業になっていきますからねぇ。

 以前のウシは、脱落したんでしょうけども。もくもくとする作業の喜びを知った今のウシとしましては、

2024062522180600.jpg


「あぁ、なぜ、こんなにレベル上げって楽しいのか」

2024062522363100.jpg


 とね。ウキウキしながら操作してたら、いつの間にかカンストしており。あれですね。ポポイくんの魔法のエフェクトが変化するのは知ってましたが、プリム嬢のも変化するのを始めて知ってねぇ。何か感動しました。

 そんなこんなで、溜めまくったパワーをラスボスさんにぶつけてね。当然のごとく、全クリした、聖剣2。いやぁ、楽しかったですし。「3」の大団円もいいですけどね。聖剣らしさというか、最後しんみりするエンディングをねぇ。

2024062602265800.jpg


 改めてみてね。カンストしまくって、あっさりクリアになったとしても、しっかりと残るもの悲しさを味わってねぇ。物語を堪能することができました。

 うん。個人的にはね。ポポイくんとの別れの印象が強いですけども。今回やり直してみると、プリム嬢もねぇ。直前で恋人さんとの別れがある中での展開で、よく、走り切ったもんだとね。また、別の感慨を得たところでございまして。

 えぇ、今回のようにひっぱりまくって激ヨワ(コントみたかった)になった元魔導士さんを見たからこそねぇ。

「何とかならねぇのか」
「プリムちゃんえらいなぁ」

 というねぇ。慙愧と健気さに気が付いたのかもしれませんねぇ。うん。やっぱ、名作はいいもんでございます。

P6260002.JPG


 そんなこんなでね。ゲームでひと時の休暇を満喫したら、即作業か仕事を繰り返しておりましたウシ。現実ウシのラスボスはねぇ。自宅西側に、屋根よりも高くのびちゃった木ですね。

 無き親父が残した、ノコギリと、屋根まで上れる高さの梯子がね。さしずめ、聖剣とフラミーちゃんってところかもしれんと。内心、毎回もれなく折れたりなくなったりする、マナの木のごとく、だれかやってくんねぇかなぁと思ったりもしますけどもね。

P6260003.JPG


 高いの怖いですけども。「聖剣にもちかえて!!」ってなれるように、今現在は周りの木を伐り、除草作業に精を出しているウシでございました。うん、7月中の征伐を目標に頑張ろうと思います!!
つくってみた(23)チェリー 〜 髪飾りで奇跡のバランス [2024年06月23日(Sun)]
2024年6月23日(日)

 はい、どうも。ウシです。

 さて、始まったばかりと思っていた誕生月の6月も20日を過ぎ。早くも晦日を迎えようとしておりますねぇ。思った通り、この月はウシさん(バルーン活動)が月初めにあったきりで、ネタ困る月だと決意していた通りの展開となり、

 さらには、5月くらいから格闘していた自宅の庭木との闘いがやっと一区切りつきそうなところまで来ておりまして。えぇ、つまりは暇さえあれば(休みの日はほぼ全て)、庭木とのデートに費やしたこともあり。

 ブログが2の次3の次になっておりましてね。

 まぁ、ご容赦下さい。

 そんなことですけども、6月も下旬となり。ふとカレンダーを見ると次回のバルーン活動が、7月2日に予定されていることに気が付きまして。月末に入ると仕事も忙しくなって、それこそ練習どころではなくなると気が付きましてね。

 一年発起、本日は、バルーン自主練に取り組みました。前回作成からしばらく経過しておりますけども。庭木を切って、地域のゴミ回収車さんが持って行ってくれるように、切りそろえて、紐で結んでという作業を延々やっていたからか、

 指先の感覚は鈍った感じがないのがね。意外過ぎてびっくりしております。

 さて。だからバルーン練習しなくていいやともなりそうなのですがね。作りましたよ、懐古系バルーン。前回(22回目)の作成で作った「セイバーマリオネット」のライム嬢に続き、今回は「チェリー」嬢を作成してみました。

 まずは、目ですが、立ち絵を確認していたら、目のハイライトがかなり大きめだったことに気が付いたので。いつものハイライト用のシールよりも一回り大きいヤツ(ばいきんまんの目用です)を使って作り、

P6230001.JPG


 バルーン本体に取り掛かりました。
 
 ウシの場合「J」の小説版が好きだったわけですが、一番の推しは、このチェリー嬢だったりしたもんでね。乗り気は乗り気でしたのよ。

 んなことで、昔の情報もふんだんに取り揃えているインターネッツの力を借りて、チェリー嬢の立ち絵を見ながら作成スタートしましてね。

「最近、この髪型みないなぁ」

P6230003.JPG


 と。なんていうか、おでこが出てて、両脇に髪が流れるという感じのヘアスタイルっていうか、デザインね。これ最近見ないなぁと、懐古スイッチオンですねぇ。えぇ、ウシが若かりし25〜30年前くらいはねぇ。よく見かけた、女性キャラの髪型だったような気がしておりまして。

 間違ってるかもしれませんがね。テイルズのミントちゃんとか、ベルダンディさん(どっちも作者さん一緒やね)とか、これ系の髪型のイメージがありますけどもねぇ。最近、あんま見なくなった気がしますなぁ。

 おでこのあるキャラさんをバルーンで作ろうとすると、何気に難しく。どうしても髪と頭の部分に空洞ができてしまうのが難点だったりしますけどもね。一計を案じて、こんな感じで、髪色と同じバルーンを差し込むことでねぇ。解決する方法を試してみました。

P6230004.JPG


 前回のライム嬢は、首部分が不安定だったこともあり、このやり方は、頭と胴体をがっちり結合するのも役立ちまして。我ながら良い計略であったと思いましたよ。

 ・・・しかしながら、ウシの古の最推しであるチェリー嬢の困難は、胴体(まぁ、ライム嬢もそうですけど)でして。何十年かぶりにまじまじと立ち絵を見えて。イメージでは、ピンクの着物を着てるだけと思っていたんですけどもねぇ。

P6230012.JPG


 中々に複雑(作画する場合には、優しい気もする)でしてねぇ。まぁ、まとまらないの。エライことになりまして。悪戦苦闘の末、いくつかの失敗を経てね。

 まぁ、このようにカタチにすることが出来ました。

P6230006.JPG


 できたんですけどね。なーんか、ちょっと違うなぁと思ってもいたんですけども。チェリー嬢の頭についている、でっけえ髪飾り(ラウンドバルーン2個使用、頭と同じくらいのサイズ感)を付けたらね。

 それなりに見えるようになりまして。えぇ、頭部だけがダブルゼータ並みのボリュー感になりましたけどね。髪飾りとあわせてついているブーケみたいなパーツでもって、チェリー嬢、奇跡のバランスを保ってくれまして。

P6230011.JPG


 無事に写真もおさえることが叶い、こうしてネタにすることができました。

 うん。作れて楽しかったですねぇ♪

 ・・・梅雨時期に入ってバルーンを創作しているとねぇ。とんでもなく汗をかくということも知りまして。えぇ、今回もゾロ作成でギブアップとなりました。個人的には満足しちゃっているところもあるし、月も新しくなりますからね。

(本当は3人つく・・・しらん!!)

 また、令和に戻って、現押し中のライバーさんたち作成に戻ってもいいかなぁと思っているウシでございまして。えぇ、決意の弱いウシをお許し下さいませ♪
「マーボーカレー」うまいです [2024年06月17日(Mon)]
2024年6月17日(月)

 はい、どうも。ウシです。

 ウシさん大好きVtuber さんの配信の中で、何気に好きなのが「料理配信」ですねぇ。先日も、何か良き女子(が多い)はおらんもんかと、彷徨ってましたらね。にじさんじさん、ホロライブさんなどの料理お上手なライバーさんの座談配信がありましてね。

 楽しく拝見しておりました。

 ウシ的に、雑談(晩酌)、ゲーム実況(主にレトロ)、学術系(歴史・文学系)とともにね。料理配信好きでございまして。

 えぇ。お上手ならお上手なりの、不得手ならなりの面白さがあるってのが料理配信の良いところだなぁとね。思いながら拝見しております。案外、どっちも参考になるんですよねぇ〜。

 そのくせして、ブログ更新前(昨日の話ですが)まで拝見していたのは、yomogi cocoさんの「初代テイルズ配信」だったりしましてね。ゲーム実況は長いから作業のお供にもってこいですわね。

 テイルズと言えば、出てくるのが「マーボーカレー」。

 拝見していた配信(初回のアーカイブ)でも、滅ぼされる前のクレス君の村で食べておりましてね。えぇ、ウシもファンタジアは何回もやってますけども。食えるのを令和の現代になって知ったのでありました。

 うん。どーでもいいですけどもね。

 そんなことで、ウシも「マーボーカレー」食べたくなりまして。作って食べました。

P6170002.JPG


 料理配信楽しいって言っておきながら、ウシの料理は料理なんてもんじゃなくてね。今回もマーボー豆腐とカレーのレトルトを買ってきて。一緒の鍋で煮ただけですけどもねぇ。

 これが案外美味しかったもんで。具は、レトルトカレーの中身のヤツと、豆腐を入れて、今回は、チーズも入れてみて。少しばかりだし汁で伸ばしたところで煮ただけなんですけどねぇ。

 う、うまい!

P6170003.JPG


 とは思えるものができました。えぇ、メーカーさんにこだわりはないですが、中辛同士を一緒にすることをお勧めしますねぇ。なんかこう、深みのある辛さを手軽に味わえるような気がしています。

 ※ついでに、マーボーにチーズもおいしいと思います!

 えぇ。一人分だけ、食べきりで作るので。そんなウシさんは、レトルトやら冷凍食品を使って作ることが多く。また、失敗も明らかに少ないと感じています。えぇ、「料理」とすると邪道かもしれませんけどもねぇ。

 ウシ的に満足して、本日も仕事頑張れておりまする♪
| 次へ