CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2009年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

2ヶ月経過 (06/03)
83
2ヶ月経過 (05/31)

あっという間 (05/11)
さかい
あっという間 (05/08)

あっという間 (05/05)
83
あっという間 (05/05)

採用説明会 (02/12)
日本財団 山田
採用説明会 (02/11)
カンボジア師範学校奨学生アテンド [2009年06月06日(Sat)]
おはようございます笑顔
この頃週末がずっと雨で、洗濯物が乾きません困った

今週は、3回外勤がありました。
何をしていたかと言いますと、ツアーガイド(!)です祝日

日本財団は、カンボジアの貧しい地域で学校の先生になることを目指す学生を、奨学金制度によって支援しています。
そして、毎年(2007年〜)奨学生の中でも特に成績の優秀な学生さんを日本に招き、日本の小中学校にて授業参観や交流を行っています。

私はこの事業を担当しませんが、今回学生さん(女性三人)と学校関係者、奨学金事業を司るNGO団体「ESC絆」の関係者の方々を東京観光にお連れしました。
行き先は、一日目は明治神宮と原宿、日枝神社、二日目は東京タワーと浅草、三日目は鎌倉でした。
上京して2ヶ月、かつ筋金入りの方向音痴の私の拙すぎるガイドにもかかわらず、皆さん根気良くついて来てくださって、感謝しています悲しい

日本の給食や授業、通勤ラッシュ、地下鉄乗り換え、言葉の壁など、母国と何もかも違う環境のため、学生さんたちはわくわくすると同時に緊張や疲れもあったと思います。
それでも、今後彼女たちが先生になった時、少しでも何か役に立つ、有意義な経験として思い返せるようであればいいと願っています。

私も、カンボジアで教育に関わる方々とお話できたことは、大変勉強になりました。
ESC絆の方に日本の小学校を見学した感想を伺うと、「一日スケジュールがぎっしりあることに驚いた」「先生に授業のマテリアル(指導要領のことでしょうか・・・)があることがすごい」とおっしゃっていました。
カンボジアの小学校では、大抵授業は半日で、もう半日は英語の学校に通うなど別の勉強をすることもあるそうです(ただし、家庭の経済状況によりますが・・・)。
また、決まった授業のマテリアルもないので、教え方は人それぞれ違い、特に公立学校では先生の質も決して良いとは言えないそうです。

日本の義務教育が一日あることに何の疑問も持ったことはありませんでしたが、世界でそれは当たり前のことではないのだなぁと気づかされました。

とはいえ、日本の教育を、進んでいて優れていると手放しで賞賛できないのは、言うまでもないことですよね汗
指導要領ががっちりあるということは、詰め込み教育と揶揄される一因でしょうし・・・。
日本の学校を見学した彼女たちが何を思って、カンボジアの教育をどう変えていくのかが、気になるところです。

カンボジアについて、恥ずかしながら何も知らず、ちゃんとお迎えできるだろうかと不安に思っていましたが、とても素朴でよい方々で、私も楽しかったですラブ
カンボジアでは伝統的にお嫁さんの家に婿入りが普通で、奥さんの両親がお婿さんを気に入らなかったら放り出す怒りなんてすごい話も聞きました(笑)

将来是非行ってみたいと思います飛行機
2ヶ月経過 [2009年05月29日(Fri)]
こんばんは星

5月の出勤も終わり、財団に入ってから2ヶ月が過ぎました。
規則正しく出社するリズムはなんとかついたかなぁと思います。

財団は6月が異動の月。
私も、4月に配属されたBHNチームから、国際ネットワークチームに異動になりました。
そうは言っても、この2ヶ月は(まだまだこれからもですが・・・)国際グループ全体の見習いのようなポジションだったので、大きな仕事や心境の変化はあまりないように感じます。

気持ち新たに頑張ります。
あっという間 [2009年05月03日(Sun)]
またまたご無沙汰しておりますすいません

4月はあっという間に過ぎました。
4月研修の締めくくりは、21−24日のやまと競艇学校への体験入学。
競艇の安全と公正さを維持するために、厳しい訓練が必要だということを身体で感じてきました。
関連団体の方とお話する機会もあり、競艇業界の中の日本財団というイメージが描けたような気がします。

その後は、国際協力グループで業務にあたっています。
とは言っても、まだまだ半人前どころか1/4人前以下。
多大なご迷惑をかけていることは間違いないのですが、それでも今後の財団を支えていくパーツになることが求められているわけで、お忙しい中先輩方は基本的な仕事のやり方をひとつひとつ教えてくださいます。
今は頭の中をしっかり整理して、効率よく仕事ができる人になりたいなぁ・・・と感じています。

GWも後半に差し掛かりました。
思う存分羽を伸ばして7日からまた頑張ります力こぶ
ご無沙汰しております [2009年04月07日(Tue)]
前回の更新から、大変時間が空いてしまい、申し訳ございませんすいません

前回の時点では、まだまだ大学生の気分でしたが、4月1日から正式に日本財団職員として財団ビルで過ごしています。
私は、国際協力グループのベーシック・ヒューマン・ニーズチームに配属になりました。
まだまだ研修中で、わからないことだらけなのですが、総務のみなさんや先輩職員さん方に教えていただいて、ちょっとずつ勉強している毎日ですメモ

一日でも早く、プロの財団職員になれるように頑張りたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

まずは取り急ぎご挨拶まで・・・後日業務についても書いていきたいと思っています。
採用説明会 [2009年02月10日(Tue)]
こんにちは笑顔

先週は、財団ビルにて、国内新卒採用説明会がありました。
3日間で、600人弱もの学生さんが参加されました。
私も、研修の一環として、資料を用意したり、受付に立ったりと、ほんの少しですがお手伝いをさせていただきました。
学生さんたちは、日本財団の助成事業について詳しく書いてあるパンフレットや、「CANPAN」や「夢の貯金箱」などの自主事業のリーフレットに目を通しながら、話に耳を傾け、熱心にメモをとっていました。
一度にこれだけの方に、日本財団について知ってもらうのは、とても貴重な機会だと思います。

私も、去年この説明会に参加し、財団の幅広い活動を知って、色んなことに挑戦できそう、と憧れて選考に進みました。
公益法人に対して、世間の目も厳しくなっている折、財源が競艇の売上金から来ていて、税金は一切使っていないというのはわかりやすく、納得できました。
今年来て下さった学生さんの中にも、きっと何か心に響いて帰った方がいらっしゃったと思います。

また、説明会中は、座って職員さんのお話を聞くことができました。
去年は、たくさん見て回った会社のうちの一つとして、こんな職場もあるんだ、面白そう、自分だったらこんなことできるかも、程度の感想だったのですが、今年はその想像が、去年よりぐっとリアルになった感じがしました。
とは言っても、まだわからないことだらけなのですが汗

東京の人の多さにも、少しずつ慣れてきましたまる
ラッシュ時の電車に乗ったり、駅を歩いたりすると、皆さん本当に真剣な顔で、さっさと歩いているんですよね走る←本当にこんな感じです
で、ぶつかりそうになるので、「あ!すみません」と避けたら、避けた先にまた人が居て、全然前に進めなかったり・・・困った
むしろ、おどおどしているほうが迷惑をかけそうなので、自分も急いでいるような気になって、ペースに乗っかっていくほうが良いのかもしれません笑顔汗
明日から研修です [2009年02月02日(Mon)]
こんばんは笑顔
明日から、金曜日まで第3回目の研修ですビル
新卒採用説明会のお手伝いをさせていただく予定です。
私も、全てはここから始まりました星
どんな学生さんが来てくださるのか、楽しみです笑い
職員のみなさん、内定者のみなさん、よろしくお願いしますびっくり

研修中は、ネットができるかどうかわからず、ブログも更新できないかもしれませんが、帰ってきたらまた報告を書きたいと思います猫
内定者研修2回目 [2009年01月07日(Wed)]
こんばんは月
今日から新学期です本
とは言っても、実質授業は来週で終了です。
いよいよ、学生も終わるのだなぁと・・・実感はありませんが困った

昨日と一昨日は、内定者研修の二回目でしたビル
二日目には、平和島競艇の見学にも連れて行っていただきましたびっくり
競艇場に行くのは初めてで、何もかもが新鮮でしたキラキラ
間近で見るボートは、とても速く迫力があって、水面から浮いてる!と一緒に行った同期仲間と騒いでいました船
そんな中、同期のA君は競艇初体験ながら、3回連続で勝つというミラクルを起こし、みんなを驚かせていました拍手
是非、今後舟券を買うときは、彼の勘に頼りたいと思いますOK
明けましておめでとうございます [2009年01月01日(Thu)]
2009年になりました笑顔
昨年からブログを始めたわけなのですが、続けて何かを報告していくというのは難しいことなのだと感じました。
今年は、より頻繁に、そして読んでいただいた方に、ちょっとでもにこっとして頂けるような記事を載せていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

(ところで、今日の記事は、写真の下の文章の文字のフォントが、大きくなってしまっているかもしれません汗
何がまずいのか、どうしてもわからないのですが、また色々試してみます。今回はどうかご容赦ください)

今日は、先日嵐山のライトアップに行きましたので、その写真を載せておきます星
先日と言っても、もう2週間近く前のことなのですが・・・。

嵐山は、車で行けば近いし、いつか行けるだろうと思っていたのですが、結局、覚えている限りでは一度も行ったことがありませんでした汗
しかし、今回、嵐山在住の方が、ライトアップに誘って下さったので、いざ四人で乗り込みました車











↑これは、一本の竹を割って作ってあるそうです。こんなのが何百とありましたびっくり

嵐山のライトアップ「嵐山花灯路」は、12月中旬に9日間行われます。
ちょうど、紅葉シーズンに引き続いて催されるのですね。
嵐山一体で、色々なライトアップやイベントを楽しむことができます。
上二枚は「竹林の小径」のライトアップです。
このような大々的なライトアップ(渡月橋や山全体に光を当てるなど)に加え、下の写真のように、一つ一つ丁寧に手作りされ、道に並べられたライトが、訪れた人たちを魅了します。
もちろん、お寺や神社もそれぞれライトアップして、大変幻想的でした。
しかも、今回から「グリーン電力証書(http://www.greenenergy.jp)」というシステムを使うことにより、使用する全ての電力を太陽光発電で賄っているそうです。

三月には、東山でも開催されますキラキラ
また行ってみたいなと思いました笑い
切り紙 [2008年12月15日(Mon)]
こんばんは星
12月にはいってから、時間が経つのがとっても早いですダッシュ
もう今年も終わるなんてとても信じられません汗


最近、エコブームも手伝って、手作りできるものは手作りしてしまおうという趣旨の記事や番組をよく見ます。
先日も、情報番組で、「簡単手作りラッピング」というような特集をやっていました。
例えば、お弁当に使う銀紙カップ。
間に挟まっている白い紙を3枚使って、根元をねじってとめたら、お花のような形になるそうです。
プレゼントに貼ったり、学校では教室の飾りつけなどにも活躍しそうです。
身近にあるもので作るという発想が良いですよね笑顔

私は、手先が全く器用でありませんので、手芸などとはほとんど縁のない生活を送っておりますダメ
ところが先日、こんなのあるよ、と切り絵を紹介した記事を見せてもらいました。
これなら、私にもできそうです笑いOK

正方形の紙を4回折って、鉛筆で形をとってから、はさみを入れていきますはさみ


これが、


こんなクリスマス仕様になり木


このよくわからない形は、


こんな感じになりましたウサギ

馴染みのある方にとっては、特に珍しくもないのかもしれませんが、私は「おぉーっ」と結構感動しました(笑)
もう少し上等の紙で折って、台紙に貼って簡単な額に入れれば、ちょっとしたインテリアにもなるのかもしれません。
よく考えたら、折り紙ってすごいですよね。元々はただの紙なのに、あらゆる形に変化します。
そういえば、数m四方の折り紙で、立派な鱗を持ってしかも立体的なドラゴンとか作られる折り紙作家の方がいらっしゃいますよね・・・。
奥が深いです花

切り絵を紹介した記事のウェブページ版は、リンクフリーということなので、載せておきます笑顔
http://www.yomifa.com/family/download/kirikami.html
上賀茂神社 [2008年11月18日(Tue)]
こんばんは笑い
今日は昨日に比べて大分冷えました困った
今週後半は各地で冷え込むそうですね雪

土曜日に、上賀茂神社まで少し遠めのお散歩に出かけました音符






紅葉は、木によっては色づいているものもありますが、一番の見ごろはもう少し先のようです。


いつ見てもすごいなぁと思うのが↑立砂(盛砂)と呼ばれる、きれいに円錐形に盛り上げられた砂です。
ご神体の山をかたどっていて、神様が乗り移られると言われているそうです。
毎日この状態を保つために、きれいに手入れをされているのだと思います。

11月になるかならないかという時期から、もう雑貨屋さんなんかはクリスマスモードに入りますが、本格的な冬に入る前のこの可愛い季節も、大事に楽しみたいなぁと思います笑い
| 次へ