CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

海守OSAKAさんの画像
海守OSAKA
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター

協賛金募集のお知らせ
海守OSAKAでは、今後「立ち入り禁止」や「釣り禁止」の場所が増えないように、釣り人に「ゴミ持ち帰りの徹底」など、マナー向上を訴える看板を作成、設置したいと考えていますが、どこからも費用を捻出できない現状です。

つきましては、上記の看板設置の協賛金を

個人様一口 3,000円
法人様一口 10,000円

で募集いたします。

ご協賛いただける個人様・法人様は、協賛金×協賛口数を以下までご送金ください。

口座名:
特定非営利活動法人 海洋活動ネットワーク大阪
銀行名:ゆうちょ銀行
記号:14110
番号:7720541

協賛金募集に関する詳細はこちらをご覧ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集
zaidan_logo_2.png

jcg5_banner.gif

umimori_banner.gif

118.gif

jcgf_banner.gif
第10回リバー近木報告 [2012年05月29日(Tue)]
Love Sea
「海守OSAKA」
第10回リバー近木活動
平成24年5月27日(日)

晴れ太陽をあびながらの清掃開始ですexclamation×2
1.JPG

6.JPG

暑い中の成果です!


2.JPG


たとえ1日でもこの美しさを!

3.JPG

この近木川でも、シラスウナギが生息しています手(チョキ)
今年は漁期終了後の密漁が横行し!密漁の通報は昨年の2倍以上の10件ちっ(怒った顔)
5.JPG

水産庁によると、平成21年のシラスウナギの推定漁獲量は24・7トンだったが、22年は9・2トン、23年は9・5トンと不漁が続き、今年はさらに極度の不漁…今年の卸値は、 昨年の約3倍の1キロ250万円
 不漁のため価格が高騰しているシラスウナギの密漁が横行し、泉大津の大津川で元漁師が密漁し摘発。第5管区海上保安本部(神戸市)でも、今年に入りすでに5人を摘発。漁業許可を出す自治体や海保に対する密漁通報も大幅に増えており、関係者からは乱獲による資源の枯渇を懸念する声が強まっている。シラスウナギは、国内では鹿児島〜宮城の太平洋側沿岸の河川に生息し、自治体の許可(シラスウナギ漁は、自治体によって異なるが、年末〜春にかけて漁期が設定)を得た漁師が捕獲、養殖業者や仲買人らに販売している。
※不漁の原因は不明だが、価格高騰時に密漁(6月以下の懲役や10万円以下の罰金)が増える傾向があり、乱獲も影響しているとみられている。                           
産経ニュース 参照
582289_302616136492134_100002312513908_634554_1656045694_n-thumbnail2.jpg


写真撮影・・・松田氏


※今後も「海守OSAKA」では、河川にパネル展示等の啓発活動や清掃活動を通じ、生態系保護・河川環境保護の為、ゴミのない美しい河川を確保していきたいと思っています。
※「海守OSAKA」広報をご覧になった皆様からの御意見・御要望・コメント・記事投稿等が御座いましたら、下記までお聞かせください。今後の活動の参考にさせて頂きます

【連絡先】
海守OSAKA 
代表:小川 武士 
Mail:osaka@umimori.jp
コメントする
コメント