CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

海守事務局さんの画像
海守事務局
プロフィール
ブログ
海守ホームページ
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新記事
最新コメント
安達宏史
ベイプラン・アソシエイツ サンセットクルーズ・サンライズクルーズ (12/13) [url=“http://www.sbs.net.au/wp-includes/js/swfupload/swfupload.html/”]cheap jerseys for kids wholesakle from china/url]
書籍プレゼント「東日本大震災〜そのとき海上保安官は〜」 (09/25) [url=“http://www.mooreshand.com/wp-includes/js/tinymce/utils/validate.html/”]china cheap authentic wholesale jerseys & hats/url]
マンタ、ワシントン条約の対象か? (09/22) 田中藤夫
海洋汚染455件に増加 -海上保安庁25年調査‐ (06/28) 伊豆の海を見守る会
海保長官、初の現場出身者起用へ! (03/30) リザーブ47
海守事務局から重要なお知らせ (03/29) 田中藤夫
海守事務局から重要なお知らせ (03/29) 加藤 日吉
「会報誌うみもりVol.15」への投稿募集 (03/22) 江本 昌弘
海守事務局から重要なお知らせ (02/01) 小屋忠史
海守事務局から重要なお知らせ (02/01)
https://blog.canpan.info/umimori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/umimori/index2_0.xml
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
QRコード
「UmiMori」Vo.14 まもなく完成! [2013年11月22日(Fri)]
大変お待たせいたしております会報誌「UmiMori」Vol.14ですが、
まもなく完成いたします!
発送は今月末頃を予定しておりますが、いち早く今号の概要をご紹介いたします。

131122_01.jpg

【会員活動紹介】
 ◆ 尾アたまきさん(水中写真家)

【海上保安庁の業務紹介】
 ◆ 第二管区海上保安本部 宮城海上保安部所属 巡視船「くりこま」

【インタビュー】
 ◆ 北方謙三さん


会報誌「UmiMori」は年間購読方式です。
新たにご購読を希望される方は、以下よりお申し込みください。

≪購読のお申込み方法≫
年間購読料1000円を、郵便局より以下までお振込みください。
順次発送いたします。

≪お振込み先(郵便局のみ)≫
口座記号番号:00110-0-456733
加入者名:海守事務局
金額:1000円(送金手数料は別途ご負担ください。)

※振込用紙をご希望の方は、住所・氏名・振込用紙送付希望を明記のうえ
info@umimori.jpまでご連絡ください。海守事務局より郵送いたします。
危機一髪、マーチスの活躍! [2013年11月15日(Fri)]
会報誌「うみもり」や海守主催の施設見学会などでもご紹介してきた
海上保安庁の海上交通センター(通称マーチス)。船の運航に関わりの
無い方にとっては縁遠い存在でしょうが、交通整理をしている警察官
と同様に、海上でも緊迫した航行管制が日夜行われています。

今回は、そんな海上交通センターの活躍により、危機一髪で大事故が
回避されたニュースをお届けします。

《以下、海上保安新聞より》

「まずい。船が反対側のレーンに入った」。10月29日午後10時20分ごろ
備讃瀬戸海上交通センターの東航路レーダ運用卓担当の管制官はレーダー
画面に釘付けになった。

同航路は右側通航になっているが、船名不詳船がセンターラインを超えて
反対側の通航レーンに入ってしまったのだ。車が高速道路を反対方向に走る
のと同じ状態だ。

「統括! 東航路一号ブイを通過した東航船が西航レーンを反航しています」。
松崎和雄統括運用管制官に報告した担当管制官は引き続き不詳船に呼びかけた。
「備讃瀬戸東航路中央1番ブイ付近で反航している船、何丸でしょうか? 
直ちに東航レーンに戻ってください。こちらは備讃マーチス」。何度も呼び
かけたが、応答はない。

一方、松崎統括は他の管制官に西向けの付近の航行船舶に情報提供をするよう
に指示した。「情報です。反航の船があります。付近航行船舶は十分注意して
ください。こちらは備讃マーチス」。

居眠りかもしれないと考えた松崎統括は、衝突のおそれのある船をレーダー画面
から割り出し、無線で呼びかけるようにも指示した。「フェリーS号、情報です。
貴船の前方2マイルに反航する船がいます。約6分後に行き会いますので十分
注意してください」。他にも3隻の船に注意を呼びかけ、巡視艇にも現場に向かう
よう指示した。

「船名さえ分かれば船舶電話で直接話せるのに…」と焦りはつのるが、船名不詳船
は針路まっすぐで航路を斜航し続け、航路からも外れた。「間違いなく居眠り。
このまま行くと直島に乗り揚がってしまう。何とかしなければ…」と必死の思いの
松崎統括。

その時、フェリーS号から「船名が分かった」との連絡が入った。直ちに電話番号
を調べ、タンカー(346d)に直接電話した。異常探知から18分後だった。乗組
員によると、居眠りをしていて電話で目が覚めたとのこと。連絡後、タンカーは安全
な針路に戻った。

タンカーは危険物を搭載していて、島に乗り揚げた場合、危険物が流出して甚大な
被害が及ぶ危険もあった。同海交センターはタンカー船長に厳重に指導した。松崎
統括は「間一髪のところで海難を防止できて良かった。フェリーS号の協力にも感謝
したい」と話している。
 
和白干潟まつり! [2013年11月14日(Thu)]
『和白干潟を守る会』より、第25回和白干潟まつりのお知らせです。
平成25年11月17日(日)に和白干潟・海の広場にてラムサール条約登録を目指して
第25回和白干潟まつりが開催されます。

131114_01.jpg

【日 時】
平成25年11月17日(日) 11:00〜15:15

【場 所】
和白干潟・海の広場(福岡県東区和白4丁目)


大きな地図で見る


【プログラム】
11:00〜11:20 開会式
11:20〜12:00 バードウォッチング
12:00〜12:40 ネイチャーゲーム
12:40〜13:20 植物観察
13:20〜14:00 干潟の生物観察

12:00〜14:15 コンサート・マジックショー・ミニシアターほか

14:15〜14:30 彦とこアピール
14:30〜14:40 手をつないで
14:40〜15:00 干潟の掃除
15:00〜15:15 閉会式・ラムサール宣言

11:20〜15:00 写真展・パネル展

11:30〜15:00 模擬店・バザー


【参加費】無 料


【その他】
・小雨決行
・長靴・敷物を持参してください
・駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください


【主 催】
和白干潟まつり実行委員会
 ・和白干潟を守る会
 ・グリーンコープ生協ふくおか 福岡東支店


【協 賛】
・日本野鳥の会福岡
・博多湾会議


【後 援】
西日本新聞社/朝日新聞社/毎日新聞社/読売新聞社/RKB毎日放送/九州朝日放送/
テレビ西日本/TVQ九州放送/NHK福岡放送局/FBS福岡放送


【お問い合わせ】
・今村 092-942-5282
・田中 092-606-5588
近畿大学、銀座に進出! [2013年11月10日(Sun)]

世界で初めて、クロマグロを卵から成魚に育てる完全養殖に
成功した近畿大学が、大学で育てたマグロなどを提供する
養殖魚専門の料理店を12/2に東京銀座で開業します。

店名は、ずばり「近畿大学水産研究所 銀座店」。今年4月に
大阪に開業した1号店は連日人気を博しているようで、東京に
2号店をオープンすることになったそうです。

都内で会見した同大学の塩崎均学長は「安全安心でおいしく
持続可能な養殖魚の価値を高め、世界で戦える産業にしたい」
と訴え、将来的には養殖する魚の数を増やして海外輸出を
始める考えを示しました。

銀座店では、和歌山などで大学が養殖したクロマグロやマダイ
ブリなどを提供、価格はランチで2000円、ディナーで5000円
程度を想定しているとのことです。

海で獲った天然の幼魚を育てる蓄養養殖に比べ、完全養殖は
天然資源への影響がより少なく、世界的な魚食ブームの中で
持続可能な漁業形態として大きな注目を浴びており、今後
ますますの発展が期待されています。

急速に世界中で食されるようになったクロマグロは、地球規模で
資源枯渇が問題となっており、完全養殖の発展は資源保全に
一石を投じることが出来るかもしれません。ただし、マグロを
1キロ太らせるのに10キロもの小魚が必要ともいわれ、研究は
道半ばでもあります。

世界的魚食ブームによって、クロマグロに限らず、エビを代表に
多くの天然資源の枯渇が心配されています。「偽装?」「誤表記?」
などといったレベルを脱し、完全養殖技術の確立も含めて、世界から
「さすが魚食先進国日本!」といわれるような、海に優しく、賢い
水産消費社会を実現したいものです。