CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

海守事務局さんの画像
海守事務局
プロフィール
ブログ
海守ホームページ
<< 2006年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新記事
最新コメント
安達宏史
ベイプラン・アソシエイツ サンセットクルーズ・サンライズクルーズ (12/13) [url=“http://www.sbs.net.au/wp-includes/js/swfupload/swfupload.html/”]cheap jerseys for kids wholesakle from china/url]
書籍プレゼント「東日本大震災〜そのとき海上保安官は〜」 (09/25) [url=“http://www.mooreshand.com/wp-includes/js/tinymce/utils/validate.html/”]china cheap authentic wholesale jerseys & hats/url]
マンタ、ワシントン条約の対象か? (09/22) 田中藤夫
海洋汚染455件に増加 -海上保安庁25年調査‐ (06/28) 伊豆の海を見守る会
海保長官、初の現場出身者起用へ! (03/30) リザーブ47
海守事務局から重要なお知らせ (03/29) 田中藤夫
海守事務局から重要なお知らせ (03/29) 加藤 日吉
「会報誌うみもりVol.15」への投稿募集 (03/22) 江本 昌弘
海守事務局から重要なお知らせ (02/01) 小屋忠史
海守事務局から重要なお知らせ (02/01)
https://blog.canpan.info/umimori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/umimori/index2_0.xml
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
QRコード
『海猿』さんへのお返事 [2006年09月12日(Tue)]
『海猿』さん、いつも「海守ブログ」へのコメントありがとうございます。
8/17に載せていただいたコメントにお返事いたします。
普段、コメントへのお返事はコメント欄に書いていますが
時間が経ってしまったことと、ぜひ『海猿』さんにご覧いただきたいので
ブログ欄に掲載しました。

8/17のコメントで、神戸地方で開催予定のクリーンアップについて
ご質問をいただきました。
25日まで不在だったため、帰り次第、関係各所へ問い合わせたのですが
そのお返事をご連絡し忘れておりました。ごめんなさい。
手元に神戸地方のクリーンアップスケジュールがあります。
『海猿』さんは確か海守の会員さんだったと思いますので
この記事をご覧になったらコメント欄に「海守会員番号」をお知らせ下さい。
会員管理システムからご住所をお調べし、資料を郵送いたします。
なお、会員番号をお知らせいただいた場合でも
一般の方には個人の特定はできませんのでご安心ください。

ご連絡お待ちしています。
海はゴミ箱じゃないんです! [2006年09月06日(Wed)]
出張と夏バテに加え、休暇も加わり久しぶりの更新です。

先月下旬から、福岡、八丈島、八戸に出かけてきました。
八丈島には休暇中に遊びに行ったのですが
離島の持つ独特の雰囲気と、雄大な黒潮の流れに
あらためて魅了されてまいりました。
私にとっては素晴らしく愉快で、快適な休暇となりましたが
残念な出会いもありました。

満点の星々の下、岸壁で夜釣り(シマアジ、カンパチ狙い)をしていると
漁師暦50年という島のオトーサンが隣に腰掛け、竿を出しました。
自然と会話が始まり、色々な話を聞かせていただきました。
漁師暦50年の経験に裏づけされた海に関する知識と、向けられる愛情に
畏敬ともいえる感動を覚えました。

しかし、しかしです。
一時間ほど経ったころでしょうか、オトーサンがタバコを吸い出し
そのタバコをポイっと海に捨てたのです。
う〜ん、残念というか、痛恨の瞬間でした。
海の、そして人生の大先輩に大して苦言を申し上げるには
少々の勇気が要りましたが『一人の海守』としては見過ごせません。
「オトーサン、海にごみを捨てるのは・・・」
「私はこんな仕事をしておりまして・・・」
「海のごみ問題にも取り組んでいるのですが、状況は深刻で・・・」
「一人ひとりの意識と行動が変わってゆけば・・・」

〜しばしの沈黙〜

「わしらは、そんなこと考えたこともなかったよ」
「ずっと昔から、船の上で邪魔なものは海へ放ったもんで」
「でも、あんたの話はよく分かった」
「海に生かされてきたのだから、これからは恩を返さにゃね」

当然のことながら、オトーサンに悪意があったわけではないでしょう。
しかし、無関心ほど恐ろしいとこはありません。
大きな大きな海にとって、オトーサンのタバコは小さな小さな出来事ですが
『海守』の根本は、一人ひとりの心です。
小さな意識が集まって、大きな流れが出来るのだと信じています。

オトーサンは、もう捨てないことと、仲間にも捨てさせないことを
私に約束してくれました。