CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«UDミニギャラリー「暮らしの道具のユニバーサルデザイン」 | Main | CANPANブログがリニューアルされました»
カテゴリ
最新記事
リンク
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タググラウド
プロフィール

ねりまUD推進ひろばさんの画像
ねりまUD推進ひろば
プロフィール
ブログ
QRコード
https://blog.canpan.info/udsquare/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/udsquare/index2_0.xml
スポーツがもっと好きになる 「2012年ロンドンパラリンピックの楽しみ方」(2012/02/25) [2012年02月07日(Tue)]

はじめて障害のあるひとの競技スポーツを観戦したのは長野パラリンピックのアイススレッジホッケー。
選手同士が激しくぶつかり合う迫力、試合展開のスピードに本当に驚きました。
障害者スポーツだという意識もふっとんで、会場全体の興奮に巻き込まれました。

スポーツの面白さってなんでしょう?
テクニック、フィジカル、メンタル、戦術、チームワーク、ゲームの興奮・・・
障害者スポーツにはそのすべてがあります。


スポーツジャーナリストの二宮清純さんは、
スポーツサイト「挑戦者たち」http://www.challengers.tv/ でつぎのように書いています。


「スポーツは人類が生み出したかけがえのない文化である。
パラリンピックとその周辺の競技を知れば、スポーツはもっとおもしろくなる。」



障害者スポーツを知ると、スポーツがもっと好きになります。
障害や年齢に関係なく、みんなで一緒に楽しめることを探したくなります。

今回、障害者スポーツを知るきっかけとして、パラリンピックに詳しい中森さんと、脳性麻痺7人制サッカー選手の芳野さん、ボッチャ選手の秋元さんをお迎えして、障害者スポーツの楽しみ方をお話いただきます。


・パラリンピックに興味があるけれど、どんな競技があるかよく知らないなあという方
・障害のある方や高齢者と一緒に体を動かしたいと思っている方
・カーリングって面白そうだよね、ちょっとやってみたいなあと思っている方
・スポーツ観戦が好きな方

是非、ご参加ください。

*****

いっしょにワクワクするためのつながるデザイン講座

2012年ロンドンパラリンピックの楽しみ方!
もっとワクワクするスポーツを



 ◆日時: 2012年 2月25日(土曜)10:00〜12:20 
       *受付9:30から
 
 ◆場所: 練馬区立春日町青少年館
       (東京都練馬区春日町4−16−9 大江戸線練馬春日町駅A2出口から徒歩3分)

 スポーツがもっと好きになる もっといっしょに楽しめる

  プログラム
  第一部 解説「パラリンピックの楽しみ方」
  映像で競技のルール、見どころをご紹介します
  第二部 対談&ちょっと実演「障害者スポーツを楽しもう」
  選手のおふたりにお話を伺いします


  【ゲスト】
  中森 邦男さん (日本パラリンピック委員会事務局長)
  
  逆境のなかでサッカーと出会った
  芳野 竜太さん (日本脳性麻痺サッカー日本代表)

  同じ土俵で戦えることが喜び
  秋本 妙美さん (ボッチャ パラリンピック代表候補選手)

 ◆対象・定員: 障害者スポーツに関心のある方 60名 (事前申込み・定員になり次第締め切り)

 ◆無料  当日会場でユニバーサルスポーツ”ボッチャ”がわかるガイドブックをお配りします

 ◆申込方法:
  2月23日までに、@講座名A氏名(ふりがな)Bご所属Cご住所D連絡先(電話、FAX、メールアドレス)を、電話、FAX、Eメールで、下記担当まで

 【会場の環境等】
 最寄り駅にはエレベーターがあります。
 会場の春日町青少年館にはだれでもトイレがあります。
 
 【情報保障】
 手話通訳、要約筆記あり 点字資料、拡大文字資料をご希望の方は事前にお知らせください 
 
 お問い合せ・お申込み
 (財)練馬区都市整備公社 練馬まちづくりセンター内 ユニバーサルデザイン推進ひろば
  電話03-3993-5451 FAX03-3993-8070 電子メール ud-hiroba@nerimachi.jp
コメントする
コメント