CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«UDポテトの作り方 | Main | 今年もよろしくお願いいたします»
カテゴリ
最新記事
リンク
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タググラウド
プロフィール

ねりまUD推進ひろばさんの画像
ねりまUD推進ひろば
プロフィール
ブログ
QRコード
https://blog.canpan.info/udsquare/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/udsquare/index2_0.xml
お出かけの安心〜これからの交通 [2012年12月26日(Wed)]

大江戸線を利用されている方はもうご存知かと思いますが、大江戸線練馬駅にもやっとホームドアがつきました!
ただし、まだ柵がついただけで、ドアはありませんが。

ホームドアとは、電車のホームに設置される仕切りのことで、ホームからの転落防止や、電車との接触防止のための対策として、現在設置が進められています。

大江戸線練馬駅では平成25年1月下旬、大江戸線豊島園駅では1月中旬、新江古田では2月上旬に運用を開始する予定とのことです。
東京都交通局ホームページ
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/kanren/door.html

光が丘から、練馬春日町まではもう運用が開始されていますね。

国土交通省の発表では、平成24年9月末現在、全国で、539駅ホームドアが設置されています。
国土交通省ホームページ
http://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_tk6_000022.html

ホームドアは、転落防止にとても有効ですが、列車のドアと、ホームのドアの位置が一致しなければならず、ドアの数が異なる列車が走っている路線では設置が難しいことと、一駅あたり数億円から十数億円も費用がかかるため、なかなか設置が進んでいないのが現状です。

しかし、ホームドアは、視覚障害の方はもちろんのこと、みんなの安全を守る重要な設備です。
車両のドアに合わせてホームドア自体が移動する設備も開発されているようです。
設置がどんどん進むといいですね。

新年新たに、大江戸線練馬駅がより安全な駅になるということを楽しみに、今年を締めくくりたいと思います。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします!
コメントする
コメント