CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«体育の日はボッチャを楽しもう | Main | UDポテトの作り方»
カテゴリ
最新記事
リンク
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タググラウド
プロフィール

ねりまUD推進ひろばさんの画像
ねりまUD推進ひろば
プロフィール
ブログ
QRコード
https://blog.canpan.info/udsquare/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/udsquare/index2_0.xml
練馬まつりでバリア体験 [2012年10月23日(Tue)]

10月21日(日)、暑いくらいのよい天気の中、第35回の練馬まつりが、練馬駅北の平成つつじ公園から練馬総合運動場にかけての会場で行われました。
練馬まつりバリア体験コーナー連絡会は3障害者団体などが練馬まつりで結集し、いろいろな体験をする中で、広く区民に障害当事者について知ってもらおうとしています。

今年は福祉などを学ぶ大学の学生さんにも手伝っていただき、にぎやかに行われました。

受付の学生さん.jpg


練馬区聴覚障害者協会のブースでは、当事者の方などが手話のお手本を示していました。参加した子どもたちは日常使うやさしい手話をすぐに覚えていました。

手話体験コーナー.jpg


練馬区視覚障害者福祉協会のブースでは自分の名前の名刺を点字で作り、持ち帰ることができます。
一文字、一文字当事者の方に教えていただきながら、作っていました。

点字体験コーナー.jpg


練馬身体障害者福祉協会のブースでは、2cmの段差と5cmの段差を車いすを押して、乗り越えます。
チームかけだし石神井のみなさんや学生さんが、くわしく乗り越え方を教えてくれました。

車いす体験コーナー.jpg


全部のコーナーをまわって、すべてのクイズに答えたら、かわいくて役に立つ景品が!

いろいろなひとがいること、いろいろなバリアがあること、わかっていただけたでしょうか?
もう少し知りたくなったらまちづくりセンターへ!
コメントする
コメント