CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 誰でも楽しむ施設(ダレ楽UD) | Main | 災害情報 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
さくらたぬき
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/16) 絆ジャパン 災害ボランティアチーム
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/15) 絆ジャパン 災害ボランティアチーム
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/07) ちょびこ
一時避難はペットも! (03/25) 大事な家族
さいたまスーパーアリーナ一時避難所 (03/23) くになが
さいたまスーパーアリーナ一時避難所 (03/23) ishida
一時避難はペットも! (03/22) 林 悠子
一時避難はペットも! (03/22) YO
一時避難はペットも! (03/22) NH
一時避難はペットも! (03/22)
熊本地震 被災地への支援物資の搬送先[2016年04月18日(Mon)]
到着した後のことも考えて、送ってください。 包みを仕分けし、使いやすいことも考えて!

地震に関する支援物資の搬送について
最終更新日:2016年4月18日
市民局 市民生活部 地域政策課 TEL:096-328-2031 メール chiikiseisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
地震に関する支援物資の搬送についてお知らせします。
【支援物資送り先】
※交通事情等により配達できない場合がございますので、配送業者に配達の有無をご確認のうえ物資の手配をお願いします。
※下記集積場での物資の個別配付はしておりません。
〒861-8012
熊本市東区平山町2776
「うまかなよかなスタジアム(熊本市支援物資係)」
※直接持ち込まれる方は、お近くの避難所や区役所にお持ちください。

【問合せ先(熊本市の担当部署)】
地域政策課(電話:096-328-2031)

【必要物資】
長期の避難生活に必要なもの
※出来る限り、ダンボール1個に1種類で梱包をお願いします。
・アルファー米(断水のため炊飯ができません)
・カップめんなど保存ができる食料品
・ウェットティッシュ
・おしりふき
・生理用品
・紙おむつ(大人用、子ども用)
・トレットペーパー
・粉ミルク
など
※なお、配送に時間がかかる場合がありますので、生ものや傷みやすいものはご遠慮ください。
このページに関する
お問い合わせは 市民局 市民生活部 地域政策課
電話:096-328-2031
メール chiikiseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
熊本地震に関する様々な情報[2016年04月18日(Mon)]
平成28年熊本地震に関する各種情報【日本財団CANPANプロジェクト】 [2016年04月17日(Sun)]の内容をそのままコピーしてのせました。

<福祉・医療全般>

◎熊本市内の災害時における福祉避難所について
 http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=2777
 熊本市ホームページ

◎熊本県内の福祉避難所(PDF)
http://cyber.pref.kumamoto.jp/bousai/content/upload/p6_8_11%E3%80%90%E5%B7%BB%E6%9C%AB%E8%B3%87%E6%96%99%E3%80%91%E2%91%A1%20%E7%A6%8F%E7%A5%89%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%89%80%E4%B8%80%E8%A6%A7.PDF
 熊本県

◎熊本地震で被災された皆様、障害者・要介護者の避難所、透析施設をご確認ください。
 http://shohgaisha.com/news/the_2016_kumamoto_earthquake/
 障害者ドットコム

◎平成28年熊本県熊本地方を震源とする地震に係る厚生労働省の対応について
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431.html

◎豊田市コミュニケーション支援ボード(災害版)
 http://www.city.toyota.aichi.jp/kurashi/fukushi/shougaisha/1013053.html
 このボードは、知的障がい・発達障がいのある人、聴覚や言語に障がいのある人、外国人など言語によるコミュニケーションが難しい人と、イラストの指さしや筆記によって意思疎通を図るものです

◎災害関連死防止ポスター&解説冊子
 https://blog.canpan.info/shintsuna/archive/1395
 震災がつなぐ全国ネットワーク


◎被災された方へ宿泊施設を提供します
 高齢者、障がい者等であって避難所での生活において特別の配慮を要するもの
 その他宿泊施設の利用が必要であると熊本県が認める者
 http://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000262.html
 観光庁


<障害者>

◎災害時における障害のある子どもへの配慮
 http://www.nise.go.jp/cms/7,6507,70,272.html
 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所

◎災害時の発達障害児・者支援について
 国立障害者リハビリテーションセンター・発達障害情報・支援センター
http://www.rehab.go.jp/ddis/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%99%82%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%85%90%E3%83%BB%E8%80%85%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

◎自閉症の人たちのための防災ハンドブック
 http://www.autism.or.jp/bousai/bousai-hb-siensyayou.pdf
 日本自閉症協会

◎避難所で重要な3つのポイント
 〜災害時に支援が必要になる自閉症・発達障害児者の保護者・支援者の皆さんに〜
 http://bouzan-note.com/jiha/3765.html
  自閉症教育・支援フレームワーク/水野敦之オフィシャルサイト

◎【災害支援にあたられる方へ】発達障害のあるお子さまのサポートについて
 https://h-navi.jp/column/article/659
 LITALICO(リタリコ)発達ナビ

◎東日本大震災・支援者/支援事業所向け制度活用ガイド
 http://www.karuizawa.ne.jp/~tanto/saigai/
福祉関係のお仕事をされている又村あおいさんがが東日本大震災のときに国から発出された各種の特例的な取扱いなどについてまとめたサイトです。今回の地震も「激甚災害」に指定されることは間違いありませんので、もし施設が大きなダメージを受けた場合などの際には、ある程度は参考になるかと思います。
※知的障害・発達障害関連の福祉関係のサイトの多くは、又村 あおいさんのFacebookの投稿から引用させていただきました。ありがとうございます。

◎聴覚障害者災害救援中央本部の活動
 http://www.jfd.or.jp/saigai
 全日本ろうあ連盟

◎熊本地震に関する聴覚障害者関連の情報
 http://www.jfd.or.jp/kumamoto-eq2016
 全日本ろうあ連盟

◎聴覚障害者 災害時初動・安否確認マニュアル
 http://www.jfd.or.jp/saigai/shodou-anpi
 全日本ろうあ連盟

◎聴覚障害者の災害時に困ることって?パラパラ漫画(Youtube)
 https://www.youtube.com/watch?v=2NzPcPnHooc
 NPO法人MAMIE

◎避難所等に避難されている盲ろう者の方へのご配慮のお願い
 http://www.jdba.or.jp/news2/index.php/view/36
 社会福祉法人 全国盲ろう者協会

◎てんかんホットラインは
 http://www.shizuokamind.org/contact-address/#c3
 独立行政法人国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター

◎波の会 災害対応ガイド(PDF)
 http://www.jea-net.jp/files/use_saigai.pdf
 日本てんかん協会

<子ども・妊産婦>

◎子どものこころのケア
 http://www.j-hits.org/child/index.html
 兵庫県こころのケアセンター

◎熊本地震で被災された皆さまや、被災地で支援活動をする皆さまへ
 〜子どものための心理的応急処置(PFA: Psychological First Aid)のご紹介〜
 http://www.savechildren.or.jp/lp/kumamotopfa/
 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

◎【特に熊本県で避難所に関係する方々へ】妊産婦を守る情報共有マニュアル等を急ぎ公開します
 妊産婦を守る情報共有マニュアル(一般・避難所運営者向け)
 災害時妊産婦情報共有マニュアル(保健・医療関係者向け)
 http://www.megabank.tohoku.ac.jp/news/14985
 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)


<アレルギー・糖尿病>

◎【熊本地震】被災したアレルギー患者と1型糖尿病患者を支援するための共同ポスター
 http://www.atopicco.org/topic/saigaishien-kumamoto160415.html
 NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

◎[熊本地震]災害時の対処法と問いあわせ先(1型糖尿病)
 http://japan-iddm.net/disaster-action/
 NPO法人日本IDDMネットワーク


<女性>

◎女性のための「災害に備えておきたいものリスト」
 http://bosai-girl.com/2016/04/16/girlbosai/
 防災ガール

◎『こんな支援が欲しかった!〜現場に学ぶ、女性と多様なニーズに配慮した災害支援事例集』
 http://risetogetherjp.org/?p=2189
 東日本大震災女性支援ネットワーク

◎災害支援ツールの公開(2014年8月の西日本における土砂災害にあたって)災害時の被災者ニーズに関する聞き取りシート(2種)& 支援者のためのチェックシート
 http://gdrr.org/2014/08/237/
 減災と男女共同参画 研修推進センター

◎震災後の性暴力
 http://shiawasenamida.org/m03_07
 NPO法人しあわせなみだ


<外国人>
※外国人支援関係の情報は、NPO法人多文化共生リソースセンター東海代表理事の土井佳彦さんのSNS投稿を参考にさせてもらいました。ありがとうございました。

◎日本滞在の外国人向け多言語防災ビデオ
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/hobby_cooking_life/pe09028ec4fac4fcac59561591ffa6b32
大地震は日本滞在中の外国人にとっても脅威。地震の少ない国の人、言葉が分からない人は特に不安なはず。ぜひ身近な外国人に、各国の言語で対処法などを解説したこの防災ビデオを教えてあげてください。※映像は同じ
Yahoo!

◎【ニュース】平成28年熊本地震による、緊急災害電話通訳のご案内[無料]
 http://www.bricks-corp.com/news/?id=1460693084-701794
 株式会社ブリックス

◎熊本市国際交流会館に外国人むけの避難所が開設されました
 http://www.geocities.jp/kumustaka85/intro.html
 コムスタカ 外国人と共に生きる会

◎多言語情報翻訳システム 地震災害
 http://tagengo.asia/bousai/earth/earth.html
 公益財団法人 愛知県国際交流協会

◎緊急地震速報
 https://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/earthquake_warning/index.html
 ※端末の言語設定により受信メッセージと音声ガイダンスが異なります。
 NTTドコモ

◎すずきともこ研究員 レポート<「災害のときの母乳育児」の各国語翻訳版>
「災害のときの母乳育児」英語、ポルトガル語、中国語、台湾語、韓国語での翻訳版。
 http://www.kaiboken.com/bonyu-kenkyu/2016/02/post-335.html
 快適母乳生活研究所

◎2016年4月14日に熊本県を中心に起こった強い地震の影響でお困りの方、自治体・公共施設の関係者様のサポート向けに無料の通訳サービスを提供させていただきます。
 https://www.brainpress.co.jp/information/20160415-01.html
 ブレインプレス株式会社

◎災害時の外国人支援Q&Aマニュアル
 http://www.tokyo-icc.jp/information/howto.html
 東京都国際交流委員会

◎気象庁英文ページ
 http://www.jma.go.jp/en/quake/
 http://www.jma.go.jp/en/week/349.html

◎熊本県震災地域 – 外国人向け医療ホットライン(英・中)を一時的に無料開通
 http://jigh.org/news/jigh/3490
 一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(JIGH)Japan Institute for Global Health

◎Information from KIC Kumamoto City International Ceter Is Open shelter
 http://www.kumamoto-if.or.jp/kcic/news/topics_detail.asp?LC=e&PageID=6&ID=9973&type=1
 熊本市国際交流会館

◎災害時プライマリケア医療情報
 https://sites.google.com/site/linkforprimarycare/
 ネパール語、ベンガル語、シンハラ語などマイナー言語での診療の仕方など。

◎多言語対応医療機関
 http://www.city.kumamoto.med.or.jp/forn/index.php
 熊本市医師会

◎2016年4月14日発生の熊本県熊本地方を震源とした地震に対する「やさしい日本語」クイックレファレンス
 http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/kokugo/EJ-kumamoto_2016_0415.html
 弘前大学人文学部社会言語学研究室

◎「Kyushu, Kumamoto Earthquake」
 http://www.jnto.go.jp/eq/kumamoto.html
 JNTO(日本政府観光局)


<心のケア>

◎サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き第2版
 http://www.j-hits.org/topics/attention.html
 兵庫県こころのケアセンター

◎『災害時のこころのケア――被災者・支援者の方へ』(PDF無料公開)
 http://www.eijipress.co.jp/sp/shinsai/
 英治出版

<医療関係>

◎[熊本地震]保険証や公費負担医療証がなくても受診できます
 http://japan-iddm.net/0416_topics/
 NPO法人日本IDDMネットワーク 

◎避難所における感染対策マニュアル等
 http://www.kansensho.or.jp/disaster/disaster_con.html
 日本感染症学会

◎日本透析医会 災害情報時ネットワーク
 https://www.saigai-touseki.net/
 
◎薬速(アプリ)
 http://www.app-yakusoku.com/
 医薬品画像を含む、薬速2016を無償提供いたします。

◎自然災害発生後のがん対処法〜がん患者と介護者のためのQ&A
 http://www.teamoncology.com/disaster/
 チームオンコロジー

◎大規模災害に対する備え
がん治療・在宅医療・緩和ケアを受けている患者さんとご家族へ−普段からできることと災害時の対応−
 http://ganjoho.jp/public/support/brochure/disaster_care_manual.html
 がん情報サービス



<その他全般>

◎災害支援手帖 臨時公開版
 http://books.kirakusha.com/saigaishien/
 株式会社木楽舎

◎認定NPO法人レスキューストックヤード
 物資による支援をする前に(支援物資等を提供する)
 http://rsy-nagoya.com/volunteer/sizai.html

◎災害時に情報収集できるWEBソースまとめ(2016年版)
 http://bosai-girl.com/2016/04/16/saigai_web2016/
 防災ガール

以上
H27年9月の豪雨災害支援で茨城県常総市に行ってきました。[2015年10月25日(Sun)]
さいたま市社会福祉協議会から
”平成27年9月の関東・東北豪雨災害の被災地支援として、「災害ボランティアバス」を運行する” 
との連絡を受けて、平成27年10月24日(土) 茨城県常総市水害被害への支援に参加しました。

http://www.saitamashi-shakyo.jp/society/pdf/kouhousi/pocket_Vol.56_2.pdf

当日は発災直後から支援をしている、さいたま市社会福祉協議会(さいたま市社協)の職員さんと今回、ボランティアバスに同乗した職員などのコーディネートにより、被災者の自宅に伺い、あらかじめ調査し被災者のニーズが記載してある”依頼書”を持参して、希望する作業を依頼者と確認した後、仲間のボランティアスタッフと共に”床下などからの泥出しや、消毒作業を行いました。

遠目では分かりにくい被害の実態が、いざ被災地の建物に接近するとその大きな爪痕がよくわかりました。

「床を張り替えたいけれど、職人さんや資材がなく困っている」「拭いても、拭いてもしばらくすると粉が噴いたような状況になる…」と悲痛な話がありました。

災害は比べることはできませんが、外見的には建物が建ってるので
大丈夫だと思われがちの場所にも容赦のない”水”の爪痕がそこにはありました。

異常気象が当たり前のようになってきた昨今、

今いる自分の土地にもう一度目を落として、
自分の住む町のリスクや職場のリスクを考え備えておく必要があると思います。

IMG_1324-1.jpg

写真は常総市のある、交差点。
何気なく見える交差点も、よく見ると田んぼを守るはずの鉄柵は
水の力に無残にも倒されていて、その鉄柵も解体されずに残っている。
災害支援グループからのボランティアの要請[2014年07月17日(Thu)]
災害支援ボランティアネットワークからの告知要請がありましたので、以下添付します

こんにちは。

NPO法人かながわ311ネットワークの伊藤と申します。

NPO法人かながわ311ネットワークでは、7月9日からの豪雨の影響によって被害を受けた山形県南陽市に向け、現地緊急支援を行うためのボランティアバスを運行します。

南陽市では、台風8号に刺激された梅雨前線の影響で、吉野川が増水し、少なくとも1200戸が浸水したと見られています。NPO法人かながわ311ネットワークでは、南陽市災害ボランティアセンターの活動に参加し、この水害の後片付け、主に被災物・土砂の撤去、家財の運び出しなどの生活復旧支援を行う予定です。

緊急支援の為、出発まで時間が無く、広報に苦慮しています。

どうぞ広報協力をお願いいたします。神奈川県社会福祉協議会の後援を申請中で、本日中には認可が下りる見込みです。

第1便を下記の日程で運行します。現地の状況に従い、後続のバスの準備も並行して進めています。

南陽市豪雨災害支援1号

【参加費】無料 (ただし、参加していただく方には、当団体へ今回の緊急活動支援金をお願いいたします(1人様5000円目安))

【活動場所と内容】山形県南陽市 水害被災家屋内・周辺の被災物・土砂の撤去、家財の運びだし等の作業

※当日の様子によって内容は異なります。

【実施体制】主催:NPO法人かながわ311ネットワーク

後援:神奈川県社会福祉協議会(申請中)

協力:NPO法人神奈川災害ボランティアネットワーク(http://newksvn.arts-k.com/)、任意団体かながわ災害ボランティアバスチーム(http://kanagawavolunteerbus.jimdo.com/)、かながわ「福島応援」プロジェクト(http://kfop.jimdo.com/

【実施スケジュール】 南陽市豪雨災害支援1号

7月20日(日)22:00横浜西口天理ビル前出発

〜7月21日(月)22:30〜23:00横浜駅西口帰着予定(0泊2日(車中1泊))

【募集定員および参加条件、申し込み方法】募集定員;40名(最少催行人数:20名)

・お申し込み方法 NPO法人かながわ311ネットワークのホームページ http://kanagawa311.net/ からお申し込みください。

・ 参加条件;18才以上の健康な男女 ボランティア活動保険(天災タイプ)に加入している方

【本ボランティアバスの詳細】告知ページ(http://kanagawa311.net/7684/)を参照ください。



【問合せ先】NPO法人かながわ311ネットワーク

E-Mail: borabus@kanagawa311.net

TEL: 045-312-1121(内線4140) ※交換に必ず内線番号をお伝えください。

お問い合わせ受付:毎週 火・水・金 13:00~19:00

FAX: 045-330-8709(24時間対応)


NPO法人かながわ311ネットワーク 事務局
info@kanagawa311.net
http://kanagawa311.net/
足りない!被災地ボランティア!![2012年12月23日(Sun)]
東京/池袋から石巻市へ!

毎月のように被災地(石巻市)で、ボランティア活動をしている

友人からのSOSです。

この回もそうですが全体的にボランティアがとても減っています。

3.11から日数が経ち、多くのボランティア団体が手を引くばかりでなく、
一般のボランティアもその多くが手を引き始めています。

また、継続して活動をしている団体もその運営方針の変化や被災地でのニーズ変化等、
団体内外でも多くの問題を抱え始めていますが…

被災地でカウンダウンしませんか?

石巻☆仙台サルサ♪カウントダウンバスツアー(12/30〜1/11まで)マイメロまきこ2012年12月11日 9時50分
12/30・31・1/1
マイメロまきこ&テツの石巻☆仙台サルサ♪カウントダウンバスツアー


1年の反省か?!!来年の抱負探しか?!!
大晦日の大掃除、今年は宮城県石巻のお掃除をちょっと手伝いませんか?
新聞やテレビではわからない体験ができちゃいます。
お掃除の後は、楽しく宮城県仙台でサルサを踊りカウントダウン!!!
終わりよければ全て良し!!
そしてハッピーニューイヤー!!元旦は、めっちゃ明るく踊って1年スタート!!
震災支援のかたちは様々。。。これだって、立派な復興支援!!
これを機会に、被災地に足を運んでみませんか?

【スケジュール】
@12/30朝9時池袋出発→夕方、宮城県石巻着→女川漁港及び女川町立病院など見学→お風呂→松巌寺泊(※寝袋持参)
*寝袋がない方は近くのホテルで宿泊(別途宿泊費かかります)
A12/31午前中、ボランティア体験(クリーン活動など※天候によって内容が変更になります※事前にボランティア保険にご加入下さい)→石巻まちなか復興マルシェでお昼&お土産タイム→15時石巻出発→17時仙台着、
→仙台のピザバーNICO(サルサバー)でカウントダウンサルサパーティ。*別途3500円(食べ放題・飲み放題)。
B1/1ハッピーニューイヤー乾杯&ダンス後、仙台出発→朝8時池袋着
【バス代】¥10,000(バスの参加人数によりもうちょっとお安くなるかも)
      ※仙台のピザバーNICO(サルサバー)でカウントダウンサルサパーティ別途3500円(食べ放題・飲み放題)。
※悪天候によるツアー中止。ツアー行程やパーティ料金は多少変更になる場合もございます。予めご了承下さい。

【主催】マイメロまきこ&テツ

お問い合わせ・お申し込みは
マイメロまきこ 080-3390-4589
melodymaki@softbank.ne.jp
excellente.salsa@gmail.com
http://www5.hp-ez.com/hp/excellente-salsa/

テツ 090-4943-1962
hc14tetsu@docomo.ne.jp
http://ameblo.jp/tamasal/

詳しくは http://www5.hp-ez.com/hp/excellente-salsa/page4/1

にて確認を!!

埼玉県川口市から石巻市へ被災地支援![2012年07月24日(Tue)]
埼玉県川口市から発災以来、宮城県に被災地支援に行かれている【 NGO 笑顔届け隊 】
です。

とても息の長い支援を被災地の皆さんと共に行っているとても素敵な団体です。

しかし時がたつにつれ、ボランティアの人数が減ってきている…!

《今後の予定》
第31陣 7月28日(土)〜29日(日) (27日23:30発) 2日間
第32陣 8月11日(土)〜12日(日) (10日23:30発) 2日間
第33陣 8月25日(土)〜26日(日) (24日23:30発) 2日間
第34陣 9月8日(土)〜9日(日) (7日23:30発) 2日間
第35陣 9月22日(土)〜23(日) (21日23:30発) 2日間
第36陣 10月13日(土)〜14日(日) (12日23:30発) 2日間
第37陣 10月27日(土)〜28日(日) (26日23:30発) 2日間

詳しくは 笑顔届け隊 HP http://egaotodoketai.web.fc2.com/

から…ここでこの団体の凄い所は、条件を納得すれば親子で参加できる事です!
この夏の被災地支援(1)(新宿・さいたま新都心から)[2012年07月23日(Mon)]
友人から来たメールを転載しました。

まだまだ、震災被災地では立ち上がるための応援を待っています。

被災地に行って笑顔と優しさで交流しませんか?

ーーーーーーーーー以下転載ーーーーーーーーーーーーー

こんばんわ。
お元気でしょうか?

震災以降、石巻や気仙沼、南三陸、大船渡、東松島、亘理町など様々なところでボランティア活動させていただいておりましたが、現在は東松島市の宮戸島というところで活動させていただいております。

↓宮戸島はこんなところ
http://map.yahoo.co.jp/maps?type=scroll&lat=38.337974486362&lon=141.15799445897&mode=map&pointer=on&home=on&hlat=38.426184653392&hlon=141.21031762968&z=14


来月8/19に宮戸夏まつりが行われ、祭りの準備、当日のお手伝いや撤収・清掃作業などのお手伝いの依頼があり、人数が足りていない状況です。
是非ともお力をお貸しいただけますでしょうか?

詳細は下記の通りです。


8/19の宮戸夏祭りのボランティアバスの詳細

・ 日程 8/18〜20日 (二泊三日 ※安全性などを考慮し、夜行バスにしておりません。)
8/18 09:00新宿駅西口 (10:00さいたま新都心予定)出発
8/20 21:00新宿駅西口 (20:00さいたま新都心予定)解散予定

・ 活動内容
夏祭りの準備と撤収、清掃作業など(詳細は当日ご案内いたします)

・ 参加代金
13,000円  なお、別途ボランティア保険(天災コース)にご加入ください
ボランティア保険の保障内容については、下記アドレスよりご確認ください http://www.tokyo-fk.com/document/V1-hokennaiyou.pdf
(ご希望の方はこちらで申し込みの代行をいたします。)

・ 参加代金に含まれるもの
往復のバス交通費・民宿での一泊二食代金(二泊目は公民館での素泊まりとなります)
帰りのホテル大観荘での日帰り入浴料(8/20の活動終了後に立ち寄ります)

・ 参加定員
20名(定員になり次第、締め切りといたします。)

・ ご用意いただくもの
作業用の軍手(滑り止めのついた手袋やゴム手袋など)
虫よけスプレー(蚊がたくさんいますので、必ずご用意ください)
二泊目は公民館での素泊まりとなりますので、寝袋があると便利です。
防寒具(朝晩は寒いこともありますし、蚊対策として長袖の準備も必要です)
タオルや着替え、帽子など各自必要と思われるもの
(大量に汗をかくと思われますので、着替えは多めにご準備ください)

なお、バス運行はおおよそ二時間おきにPAに休憩し、行き帰りなどにはコンビニなどに寄りますので、食事や飲み物は途中や現地での調達は可能です。

・申込方法
下記フォームよりお願い致します。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?fromEmail=true&formkey=dHJTRWhCNHlwTFhPMDhHWXBHTm55UUE6MQ


よろしくおねがいいたします。


埼玉に避難をされている住民の情報[2012年04月18日(Wed)]
被災地に住む住民の情報は、数は少なくなりつつも、出されているかと思いますが
それでは原子力発電所の事故などから居住地以外に避難されて来ている方々の情報は?

都内にはもちろん、当団体の地元埼玉にもまだまだ避難されている方々はいます。

旧騎西高校に避難されている方々は、いまだ仮設住宅ではなく、
校舎内にとどまっている方もいます。

自分たちの住まいの近くにも、そうした方がいらしゃるかもしれません。
そうした方たちの現状も私たちのこれから…を考えるときちんと検証をしておく必要があると思います、

そして、そうした住民の少しでも力になり、風化させる事の無い様に十分に注意する必要があると思います。

ーー以下ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

所属するMLからの情報を転載します。
こんにちは。震災支援ネットワーク埼玉 事務局です。

本メールは、2011/7/24開催「「支援」のいまとこれから 〜アリーナから地域へ〜」に
ご来場頂いたみなさまへお送りしています。

発災から2年目を迎えた現在、埼玉県内には、4,700名を超える方が
避難生活を続けていらっしゃいます。(復興庁3/8現在)

その中で、被災者・避難者の方々らが自ら動きだし、埼玉の住民と一緒に
交流会を開催するなど、地域での活動が埼玉県内で生まれています。
従来の「支援」から、地域での「協働」へ、長期化・多様化する避難生活で、
あらためて「支援」の中身が問われています。

そこで、昨年開催したシンポジウム第二回目として、
『震災「支援」のいまとこれから〜支援から協働へ〜』を開催させて頂く運びとなりました。
ぜひ、みなさまお誘いあわせのうえ、ご来場頂ければ幸いに存じます。


当日のスケジュールは下記の通りとなります。
併せまして、当団体ホームページ(http://431279.com)もよろしくご高覧くださいませ。
※シンポジウムのチラシは、ホームページに掲載されています。

◆日時
2012年4月21日(土)
18:15開場 18:30〜21:00

◆会場
浦和コミュニティセンター9F 第15集会室
〒330-0055 さいたま市浦和区東高砂町11番1号

◆内容

T部 報告
埼玉県内に避難中の被災者向けに実施したアンケートから

U部 ゲストトーク
被災者の孤立を防ぐ〜地域支援ネットワークづくりの現場から〜
お話:大塚耕太郎さん
岩手医科大学医学部災害・地域精神医学講座特命教授、
岩手県こころのケアセンター副センター長

V部 リレートーク
支援から協働へ 〜長期化する避難生活にどう向きあうか?
埼玉県内で避難生活を送っている方、県内で被災者支援活動を行なっている団体


以上、よろしくお願い申し上げます。

埼玉県から被災地へボランティア![2012年03月20日(Tue)]
所属している団体よりの情報を転載します。

埼玉県から被災地へ

埼玉県(http://www.pref.saitama.lg.jp/
県社会福祉協議会()
埼玉県ボランティアセンター/県民活動センター(http://www.fukushisaitama.or.jp/site/volunteer/

■県外からもボランティアを募集している市町村災害VC■

岩手県(http://www.pref.iwate.jp/
県災害ボランティアセンター(http://www.iwate-svc.jp/
 陸前高田市・大船渡市・釜石市・大槌町・宮古市・盛岡市・遠野市

宮城県(http://www.pref.miyagi.jp/
県災害ボランティアセンター(http://msv3151.c-bosai.jp/
 七ヶ浜町・南三陸町・石巻市・気仙沼市・名取市・多賀城市・岩沼市・東松島市・山元町

福島県(http://wwwcms.pref.fukushima.jp/
県災害ボランティアセンター(http://www.pref-f-svc.org/
 新地町・南相馬市・福島市・富岡町

※詳細は各災害VCホームページをご確認ください。

■ボランティアバス募集情報■

団体によるボランティア
【笑顔届け隊(NGO魅来)】(http://egaotodoketai.web.fc2.com/
 宮城県石巻市で活動するボランティアを募集しています。
  (実施日:毎月第2、第4週末 出発地:川口駅)

【東松山震災ボランティアの会 チーム東松山】(http://thm.hiki.tv/
 宮城県への被災地支援ボランティアバスツアーの参加者を募集しています。
 (実施日:3/23〜25 出発地:東松山駅)

【まちづくりを考える会ハスダ】(https://blog.canpan.info/machidukurihas/
 宮城県南三陸町で行われる春休みもちつき大会のボランティアを募集しています。
 (実施日:4/13〜14 出発地:大宮駅、蓮田駅)
 ※当初3/21〜23の実施予定でしたが、日程が変更になりました。

【絆ジャパン復興支援チーム】(http://profile.ameba.jp/hakuyukai/
 福島県で活動するボランティアを募集しています。
 (実施日:4/1,14,21,28 出発地:武蔵浦和駅、南浦和駅)

【埼玉便教会】(http://geocities.yahoo.co.jp/gl/saitama_benkyokai
 宮城県石巻市で活動するボランティアを募集しています。
 (実施日:3/25 出発地:八潮高校)

☆旅行会社等による☆

【エイチ・アイ・エス】(http://www.his-j.com/tyo/volunteer/?lcid=tmc09
 宮城県石巻市でのボランティア活動参加者を募集しています。
 (実施日:4/13、4/29、5/25、6/22、7/14発3日間 出着地:新宿)

【株式会社岩手県北観光】(http://www.kenpokukanko.co.jp/
 岩手県での復興支援ボランティアツアー参加者を募集しています。

【JTB関東 法人営業埼玉支店】(http://www.jtb.co.jp/shop/danryosaitama/
 宮城県内で活動するボランティアを募集しています。 
 (実施日:3/23,24,30,31発の2日間 出発地:東京・上野・大宮)

※ 詳細は各会社ホームページにてご確認ください。

これからボランティア活動する時には”慣れ”に気を付けて下さいね!
ボランティア保険の更新[2012年03月02日(Fri)]
来年度に向け、新年度のボランティア保険への加入は済んでいますか?
間もなく訪れようとしている、東日本大震災から間もなく1年!

被災地の東北の各地を含め、多くの地域でイベントや記念事業が予定されていると思います。

そんな中、多くの災害ボランティアの皆さんが加入しているボランティア保険が満期を迎え、
4月からボランティア活動を行うためには、再度、ボランティア保険に加入する必要があります。

被災地に向かうボランティアの中には、
ボランティア保険?
面倒だし、お金ももったいないと考え、
それらに未加入の状況で活動に参加される、ボランティアがいるのでは?と

不安になったのでお知らせします。

現に昨年、いくつかの被災地でのボランティア活動を行う団体のツアーに参加しましたが、
その中でこんな会話だありました。

「ボランティア保険入った?」「あーっ、忘れた〜、まっいいか〜!」「めんどくさいしね!」
「一日だけだし…」などなど

こんなことを言っていた?いる?ボランティアさんは考えていただきたい。

万が一、ボランティア活動中に自分が事故などに遭い、そのお相手が同じボランティア仲間だったら?

そして何より、自分のボランティア活動によって被災者の皆さんに怪我や大切な物を破損した時、あなたはそのすべてを補償できますか?

自分を送り出してくれた家族の事を考えたら…

基本的にボランティア保険は毎年、4月から3月までが補償期間になります。と、
言う訳でその期間中(2月)に保険加入をしても3月末日でその効力が失われることになります。

そんなわけで、折角、元気で笑顔を届けるボランティアの皆さんですから
しっかり自分やその周りの皆さんも守る最低限の保険に加入して、

その笑顔をぜひ届けて下さいね!

ボランティア保険の内容や加入方法などは全国各地にある、

社会福祉協議会などでボランティア保険の内容や種類を訊いた上、手続きを取ってください。
保険の発効開始等の関係上、活動する前に加入しておいてください。
| 次へ
プロフィール

さくらたぬきさんの画像
さくらたぬき
プロフィール
ブログ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/uds/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/uds/index2_0.xml
リンク集