CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 総合学習 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
さくらたぬき
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/16) 絆ジャパン 災害ボランティアチーム
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/15) 絆ジャパン 災害ボランティアチーム
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/07) ちょびこ
一時避難はペットも! (03/25) 大事な家族
さいたまスーパーアリーナ一時避難所 (03/23) くになが
さいたまスーパーアリーナ一時避難所 (03/23) ishida
一時避難はペットも! (03/22) 林 悠子
一時避難はペットも! (03/22) YO
一時避難はペットも! (03/22) NH
一時避難はペットも! (03/22)
子ども食堂で非常食の炊き出しと災害セミナー[2018年09月11日(Tue)]
2018.09.01(Sat)

さいたま市内にある、子ども食堂さんで防災体験会。

さいたま市内にあるこの食堂では、今までにも何度も子どもたちと一緒に
50人前のご飯がすぐにできる、アルファー米を子どもたちと共に作り、

おかずとしては缶詰や簡単に作れる時短レシピを実際に作り、
一緒に食べました。

今回はアルファー米にお湯を入れるところ以外のほとんどすべてを
未就学児を中心に行ってもらいました。

ご飯の盛り付けで、ご飯を取りこぼしたり、落としたり、
容器をきちんと分けることができていなかったり、色々なハプニングがありましたが、

なんとかできました。

調理中、防災についてのミニ講座を行い、身近な危険を参加者で確かめ笑みました。



地元の子供みこしのお手伝い[2018年09月01日(Sat)]
2018年7月21日(土)
子どもとおまつりは街づくりに欠かせません!

多くの人の力で子供みこしがスタートしました。
子どもがたくさんいることはとても感謝するべきことです。

おとな神輿は難しいけれど、子供みこしは…!
子供みこしと言っても、道を塞いだりして、一時的な交通規制が必要になります。

また、今年は連日にわたり酷暑が続く中で安全に行うにはそれなりの備えや工夫も必要になります。

そんなイベントのお手伝いをさせていただきました。

お祭りに関わる大人は皆さん元気です!

途中で老人介護施設に立ち寄って、お年寄りの何人かに太鼓を打ってもらう…!
太鼓の低い音がホールの入口に響き渡る…!

車いすに座った方も”ドンドンと鳴り響く太鼓に目を輝かせていました。
さあ!後半戦スタートです!(暑さの為、コースを短縮!熱中症の発生を抑止しました)

来年はどうなるのでしょう?

IMG_0487-1.jpg
さいたま夏のボランティア体験(東京2020参画プログラム ユニバーサルデザインでおもてなし)[2018年08月23日(Thu)]
さいたま市社協(社会福祉協議会)主催の夏のボランティア体験を実施(東京2020参画プログラム)

今年初、東京2020参画プログラムを実施しました。
これは2020年に東京を中心として開催される、東京オリンピック・パラリンピックを念頭に
実施されている東京2020関連イベントとして、認証を受けた事業です。

私たちユニバーサルデザイン・ステップが設立以来大切にしている”やさしいおもてなし”
”誰にでも優しい街づくり”を中心としたプログラムです。

東京2020参画プログラムHP
https://participation.tokyo2020.jp/jp/

本来なら午前と午後の2コース(内容は同じ)を実施する予定でしたが、台風13号の影響が予想されたことなどから、主催のさいたま市社協(浦和区事務所)と協議した結果、天気の影響が少ない午前のみのプログラムとなりました(参加予定者には荒天が予想されるが参加をされるかを確認。なお、午後については午前中のプログラムに変更・参加の可否を確認していただきました)。

2020年8月8日(水)09:30〜12:30(第1部)
 同      上 13:30〜16:30(第2部)(荒天が予想された為中止)

内容
障がい者に対する基礎的な知識を学んだうえで、
参加者内でチームを作り様々な障がい者の擬似体験を実施、
どのような事が”おもてなしになるのか?どのようにしたら安心することができるか?”を

IMG_7115.JPG

参加者自身で考え、体験していただきました。

プログラム参考HP
https://participation.tokyo2020.jp/jp/event/detail.html?id=a090I000012cqNqQAI

地元の街の支えあい会議[2018年03月04日(Sun)]
2018.03.03 10:00から
地元の包括支援センター主催の支えあい会議が開催され、
地区防災について、アドバイザー協議会の会長と共に参加しました。

地域の安心・安全について多くの皆さんと話し合いました。

東京マラソン2018に参加![2018年02月26日(Mon)]
毎年、開催される”東京マラソン(http://www.marathon.tokyo/)”

おととしの2016年までのゴールは東京ビックサイト(江東区有明)でしたが、
昨年2017年からは東京駅丸の内(行幸通り)になりました。

そのため、ボランティアの活動を控えていました(有明での活動があったため)が、
2018年、初めて参加させていただきました。

今回の活動場所は30q地点(帝国ホテル近く)5班、活動内容は給水。
給水は給水でも、飲みものはスポーツドリンク!

つまり、その飲みもので濡れると、その後乾いたら
カサカサになること、ベタベタになる事!

一人のボランティアリーダーさんと共に、A〜Eまでのグループでここでの活動を行います。

テーブルの組み立てから始まり、たくさんのスポーツドリンクを
ペットボトルからカップに移してゆきます。

どのようにしたら、ランナーが取りやすいか?など
ボランティア仲間で考え、工夫しながら、”笑顔”と”声掛け”をしていきました。

車いすのグループからはじまり
(補給を受けていないようですが、大丈夫だったのでしょうか?)

招待選手や強化選手が通過した後、たくさんの市民ランナーが…
様々なコスプレをした方、多彩な国の方々本当にたくさんの方々がドリンクカップを
受け取りながら、進んでゆきます。

折しも韓国では、冬季オリンピックが開催され、そして間もなく日本でも2020年に
東京オリンピックが開催されます。

今回の東京マラソン2018は、
東京オリンピック・パラリンピック2020 の
セキュリティー(警備)の試金石としての意味合いもあったようです。

今まで日本は、戦争による被ばく、サリン等のによる大規模テロ、
大地震やゲリラ豪雨を代表とする大規模な自然災害など本当に様々な出来事を経験しています。

こうした中で、選手・関係者はもちろん今その場にいるたくさんの人の安心・安全も考えてゆかないといけません。

こうして今、コメント記事を入力中(2018.02.26.01:28)に、福島県沖を震源としてMagnitude5.7の地震が発生しました。震源の深さは40km。
最大震度は、福島県中通り・浜通り、震度4。そしてさいたま市では震度2。

大きなイベントが開催されている時に、大規模なトラブルが発生したら…?
それも時間をおかずに複数で発生したら…?

避難先がイベントで使用中、たくさんの帰宅困難者。それも地理を全く知らない!
たくさんの国の方々…、多彩な障がい者の方々と子供たち。

最悪を考え、”そなえる”!

国・自治体・市民がきちんと理解して、共に向き合わないと!

そんなことを感じながらも、とても素敵なひと時でした。

ボランティア仲間から、「最後に写真撮りましょう」という事で…

最後に写真!

IMG_5341.JPG

次回は色々なキャラクターのコスプレ選手に声をかけられるように、

キャラクターの勉強も必要かも?
世界盆栽大会で、ボランティア![2017年05月02日(Tue)]
2017.04.27(WED)〜2017.04.30

第8回 世界盆栽大会inさいたま が 開催され、多くの方々が来訪されました。
(大会HP http://world-bonsai-saitama.jp/

IMG_4295-1.jpg

大宮ソニックシティー他での、開会式や記念デモンストレーションなどの案内から

世界盆栽展の会場である、さいたまスーパーアリーナでの会場誘導など、
日本人ばかりでなく、たくさんの外国人ともコミュニケーションをとりつつ、

IMG_4299.JPG

IMG_4304-1.jpg

IMG_4324-1.jpg

IMG_4313-1.jpg

ボランティアとして、参加させていただきました。

さいたま市内の方々に酒酔い体験講習[2017年04月25日(Tue)]
2018.04.20
さいたま市内の事業所で交通安全講習を行いました。

埼玉県庁内にある、防犯・交通安全課内にある”交通安全まなび隊として、

交通安全講習を実施しました。

県の職員による、擬似体験システムを利用した安全運転シミュレーションシステムを使用して、
自分が運転している時の目線と注意力を確認。

そのご、酒気帯び体験ゴーグルなどを利用して様々なゲームを通し、正常運転を維持することなどが難しい事になるなどの体験や、クイズを体験しながら、交通安全の大切さを感じていただきました。IMG_4159-1.jpg
さいたま市盆栽美術館で、観光ボランティアの養成講座に参加[2017年03月14日(Tue)]
2017年3月11日(土)

3.11の今日、本来なら東日本大震災から6年…つまりあの震災で犠牲になられた方にとっては
七回忌の節目なので、東北に行きたかったのですが…

昨年の夏から始まったこの”さいたま国際交流センター ボランティア養成講座”も
第3回!そして今年度の最終回。

IMG_3663-1.jpg

最終回は実際にさいたま市盆栽美術館にお邪魔して、
実際のガイドを体験し参加された皆さんとのディスカッションを行う場になりました。

2017年4月28日〜4月30日まで開催される
第8回世界盆栽大会inさいたま(http://world-bonsai-saitama.jp/)で、
実際に通訳ボランティアとして参加される方、

一般ボランティアとして参加される方など様々いらっしゃると思いますが…

どこかでまた会えたら嬉しいです。


さいたま盆栽美術館で盆栽ワークショップ![2016年10月25日(Tue)]
2016.10.16(Sun)

さいたま盆栽美術館で盆栽ワークショップ!

2017年4月に開催される世界盆栽大会(http://world-bonsai-saitama.jp/
これらのイベントで外国から来日される方々を案内するかもしれない…と、

さいたま国際交流センターのボランティア養成講座の今年のテーマは”観光”そんなこともあり、
少しは盆栽について知っておこうと、さいたま盆栽美術館で開催されている盆栽ワークショップに
参加してみました。

担当者から簡単なレクチャーを受け、自分で鋏を…!

こんな体験なら、外国の方も障害を持った方も良いかも知れない!

私の盆栽この先どうなるやら…!

IMG_3411-1.jpg
剪定?いやカット?前

IMG_3417-1.jpg

お盆にのせて目線を変えると何となくそれらしく…!
さいたま夏のボランティア体験(防災)を実施しました[2016年08月29日(Mon)]
2015 さいたま夏のボランティア体験メニュー(救命講習)

日時 2016年8月28日(日)

場所 さいたま市社会福祉協議会 浦和ふれあい館 2階 第1会議室他

2016 さいたま夏のボランティア体験第2弾!防災講座を実施!

今回も以前プログラムに参加していただいた学生3名の協力を受けながら実施しました。

また、今回からは普通救命講座も2015年対応の新しいプログラムを実施、
そして応急手当普及員も新たに1人(聴覚障がい者)が加わり、より充実したものとなりました。
訓練用AEDも最新型の機器を借用することができ(映像での指示表示の追加)、訓練時と違う機器を使用してもまごつかないこともいい体験になりました。

IMG_2922.JPG

今回も学生会員の協力により、災害食を実際に作って試食するプログラムを実施、実際にビニ飯(ビニール袋で炊くご飯)や焼きみそ玉を調理しながら、最近の缶詰も試食して、災害食について参加者と共に考えました。

IMG_2927.JPG
| 次へ
プロフィール

さくらたぬきさんの画像
さくらたぬき
プロフィール
ブログ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/uds/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/uds/index2_0.xml
リンク集