• もっと見る
« 国際福祉機器展 H.C.R.2010 Part2 | Main | (財)さいたま市国際交流協会 財団法人化5周年記念 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
さくらたぬき
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/16) 絆ジャパン 災害ボランティアチーム
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/15) 絆ジャパン 災害ボランティアチーム
埼玉県(南部)発福島県(被災地)ボランティアバスの運行 (06/07) ちょびこ
一時避難はペットも! (03/25) 大事な家族
さいたまスーパーアリーナ一時避難所 (03/23) くになが
さいたまスーパーアリーナ一時避難所 (03/23) ishida
一時避難はペットも! (03/22) 林 悠子
一時避難はペットも! (03/22) YO
一時避難はペットも! (03/22) NH
一時避難はペットも! (03/22)
国際福祉機器展 H.C.R.2010 Part3[2010年10月02日(Sat)]
国際福祉機器展 H.C.R.2010 Part3
今回で最後のレポートとなります。(短い時間での閲覧のため)

まず、初めに紹介するのは松下電器から社名を変更したパナソニック(http://panasonic.jp/)の”どこでもドアホン”です。
ドアホンのHPは(http://panasonic.jp/door/index.html)

今回の国際福祉機器展で段々と目立つようになった物の一つであり、来場者が増えつつあるのは”高齢者”の日常生活用具に関わるもの。

以前からも高齢者の自助具(使用者が楽に、便利に使えるもの)はありましたが、それらはあくまでも高齢者関係施設や関係会社向けの物が多く、また訪れる方も”仕事”でいらしている方が多くいましたが、今回はそればかりでなく一般の高齢者が家族・夫婦でいらして、商品を前に説明を受けたり質問をしているのを多く見かけ、この展示会そのものの在り方も考える必要になりつつあるのかな?と、余計な事を考えてしまいました。

話がそれたので、ここから本題に…

前述の”どこでもドアホン”ですが、これは文字通り、ドアホンがどこにでもあると言う事です。
普段観ているテレビの画面に来訪者が来ると、音と共にテレビの画面や電話の子機に”映像”と”音声(インターホンからの言葉)”で知らせてくれると言うものです。


テレビ画面に映るドアホンの映像(画面いっぱいにする事もできる)


電話の子機も…


携帯電話にも…(と言う事は外出先でも確認・録画が可能になる。防犯にも…)

これらは高齢者家庭などで、すぐに玄関に出にくい人や一人暮らしの家にも、ちょうど良いシステムだなと感じました。

続いては、コミュニケーション手段のカード・ツールです。

これらはいずれも”デザイン&プラニング 株式会社tree”(HPhttp://www.omn.ne.jp/~tree/)

から出ている、”tree絵本プロジェクト”の中の物です。

一つは外国人向け救急医療用意思伝達カード
(救急災害や医療現場で、安心してコミュニケーションを行うための意思伝達用カードです。
簡単な質問文とイラストで、体の具合や既往歴などを聞きとることができます)会社HPより


もう一つは会話障害者用ツール コミュニケーション絵本
(会話障害で悩んでおられる方、そのご家族や、医療、介護、教育の現場に携わる関係者の方々のために考案された意志伝達用の絵本です。イラストとキーワードを指さしで伝えたり、自由な書込みが可能です)会社HPより


どちらも言葉を交わすことが苦手な人にとって必要なものだと感じ、その内容の工夫に感嘆しました。

医療用の伝達カードは以前にも日本聴覚障害者建築協会(HP http://www.aajd.org/)
が作成した(多言語の)”SOSカード”を紹介しましたが、多くの人がそうしたコミュニケーションのツールを考えて開発しているのは、すごい事だと感じました。

その他に軽い白杖や同伴者と共に自動で随伴する車いすなど、多くの発見がありましたが
開発に携わっている方に一言!

開発していただいてありがとうございます。
これからもより”利用者と共に”開発して、時を経る中で必ず振り返りを行って欲しいと言う事です。

今回もブース内の人といろいろ話しました。

軽い白杖の開発者とは”自分お持ち易い形にグリップ形状を作れる物”やどこでもドアホンのテレビの上部には火災報知機などの各警報機、などの警報をランプでもわかるシステム(これには赤ちゃんの泣き声や火にかけたやかんの音などを登録できる)。

また、開発された受信ランプのついた電話機はいまだLEDを使用せず…

と言うのもあるので、是非宜しくお願いします。

今年のレポートは以上です。




この記事のURL
https://blog.canpan.info/uds/archive/170
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

さくらたぬきさんの画像
さくらたぬき
プロフィール
ブログ
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/uds/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/uds/index2_0.xml
リンク集