• もっと見る

レッド・ベイ海底遺跡ユネスコの指定を求める [2008年05月13日(Tue)]
レッド・ベイ海底遺跡のニュースをご紹介します

レッド・ベイ海底遺跡ユネスコの指定を求める


写真:3年前に行われた考古学者らによるレッド・ベイの海底に沈むガレオン船の記録調査。
2004年に水中考古学者とParks Canadaによって行われた再調査の際に4番目の船体が発見された。


国指定のレッドベイ遺跡、ユネスコ世界遺産登録にむけて照準を合わせる

レッド・ベイ遺跡管理者のシンディ・ギボンズ氏は、運営委員会は世界遺産登録に向けての準備を整えつつある、と述べた。運営委員会は、ラブラドール海峡に関連する文化遺産保護団体などレッド・ベイの町の代表者らで構成されている。

ギボンズ氏は、ユネスコへの登録により真価が認められることは、地域や遺跡だけの評価にとどまらず、世界遺産への登録はParks Canada (カナダの国立公園を管理する政府機関)や、特に地域にとって今のところ大きな目標であり、特に観光事業の継続的な発展の命運がかかっているとコメントしている。


この状況の助けになっているのは、レッド・ベイ遺跡で実施されてきたParks Canadaによる水中考古学調査の報告書である。Parks Canadaは4月初旬にカナダのニューファンドランド州都セント・ジョンズ市の式典において、州政府への報告書を提出した。

ギボンズ氏は、この報告書はParksCanada水中考古学関連部局による30年以上の調査の集大成であり、既に知られている遺跡の情報やバスク史を知る上でも重要であると言う。ヨーロッパから北米地域への西方への拡大を担う上で、沈没船はかつて必要不可欠な役割を与えられていたため、これら沈没船についての報告書は多くの情報を提供するからだ。

彼女は、これらの船がどうやって建造されたのか、また建設された16世紀当時太平洋を横断できるだけの造船技術を詳しく知る上でも報告書が有益であると述べている。また、運営委員会では約3年をかけて、プロポーザルの準備を行っており、2011年の世界遺産委員会での申請を希望しているともコメントしている。

Parks Canadaの水中考古学部局長のロバート・グルニエ氏によれば、報告書は、レッドベイにおける捕鯨技術とバスクとの関連性についての30年近くに及ぶ調査成果であるとしている。さらに、RedBay地域の船そのもの、また造船技術に関する調査成果でもあるとし、その水夫や現在のカナダ地域におけるその活動領域などについての調査成果でもあると述べている。

同時期の4隻の難破船が存在しており、これらは同じ地域からの船らしいということが長年の調査から明らかになった。第一の船、サン・ファン号は、遺物の量や収集された情報量という点から、また船の構造や積荷の遺物からみても、最も重要な船である。グルニエ氏によれば、これは16世紀当時スペインのガレオン船が、世界で最も豊富にあった港であることを示しており、それがよく保存されていることは特筆すべきだ、とコメントしている。



Red Bay looks for UNESCO designation
Nova News Now - New Minas,Nova Scotia,Canada - April 21st 2008, 11:17




Archeologists record information about a galleon on the bottom of Red Bay harbour during underwater excavations three years ago. The vessel was the fourth such galleon
discovered during a review of the site in 2004 by underwater archeologists with Parks Canada. PARKS CANADA PHOTO

The Red Bay National Historical Site is setting its sights on securing a UNESCO world heritage site designation.

Cindy Gibbons, site supervisor, said a steering committee has been put in place to work towards getting the designation. It’s made up of representatives from the Town of Red Bay, the Labrador Straits Historical Development Corporation, the Labrador Straits Development Corporation and Destination Labrador.

‘It’s the recognition of the value of a UNESCO designation to the region and not just to this community and this site. Right now, it’s the next major goal for Parks Canada, in particular, and for the community. We all see it as crucial to the continuous development of the tourism industry,” Gibbons said.

Having a UNESCO world heritage designation would mean that Red Bay is an important part of the world’s heritage. World heritage sites belong to all the people of the world, regardless of the territory on which they are located.

Helping to make the case is a report by Parks Canada on the underwater archeology that has been carried out in Red Bay. Parks Canada presented the report to the provincial government at a ceremony in St. John’s in early April.

Gibbons said the report is the culmination of almost 30 years of research by Parks Canada’s underwater unit. The report is an important document because it complements both the information already known about the site and the way the Basque story is told.

“I think it will give us more information and help us tell the story better and that is the main point for me. The shipwrecks are an integral part of it, given their role in the westward expansion from Europe into North America.”

She said the report gives better insight into how ships were built in the 16th century and the technology that allowed them to make the Atlantic crossings. Gibbons said the committee is hoping to submit the proposal to the World Heritage Committee in January 2011. That gives the committee almost three years to prepare the proposal.

Robert Grenier, chief of underwater archeology for Parks Canada, said the report is a result of nearly 30 years of research on the Basque involvement in Red Bay about their whaling technology. He added the document is about their ships and shipbuilding technology, their seafaring, and their use of this territory, which is now called Canada.

“One shipwreck needed to be there to do this research. After all these years, there are four shipwrecks of the same period, seemingly from the same province. The first one, the San Juan, is by far the most important one in terms of quantity of remains and information to be gathered, including the ship structure as well as the cargo remains,” Grenier said. “It is by far the richest harbour anywhere in the world with 16th century Spanish galleons and I have to say well-preserved.”
Posted by 荒木伸介 at 16:52 | 報道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
水中考古学セミナーのお知らせ [2008年05月13日(Tue)]
第4回海洋文化フォーラムについてお知らせです。
興味のある方はぜひご参加ください。

また、6月13日金曜日には座談会を計画しています。
どなたでも参加可能ですのでこちらにもふるって参加ください。

第4回海洋文化フォーラム「水中考古学の最前線」
日時:平成20年6月14日(土)13:00〜18:00
場所:東京海洋大学越中島キャンパス越中島会館講堂

 
「テキサスA&M大学の海洋考古学研究所」 
   J.P.Delgado(テキサスA&M大学)

「東南アジアの水中考古学:インドネシアを中心として」  
   Gatot Ghautama(インドネシア水中文化財保護局)

「日本の水中考古学の現状と展望」  
   林田憲三(アジア水中考古学研究所)   

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~iwabuchi/02.html

6月13日には座談会を計画しています。
14:00−17:30.場所:東京海洋大学越中島キャンパス越中島3号館405号室
こちらではもっとインフォーマルで最初から質疑応答により世界と日本の
水中考古学の可能性などについて討論していく予定です。

http://www.nauticalarchaeologyjp.com/images2/Zadankai-Final.jpg


後援  国際文化交流事業財団  アジア水中考古学研究所  テキサスA&M大学 
イギリス「メアリ・ローズ号」博物館建設について 2 [2008年01月31日(Thu)]
前回アップいたしました「メアリ・ローズ号」博物館建設の記事の要訳を掲載いたします。

【以下要訳】

メアリーローズ号、Heritage Lottery 基金からの2100万ポンドにより救済される

2008年1月25日、The Heritage Lottery 基金は2100万ポンドの助成金をthe Mary Rose財団に授与することを発表した。助成金はチューダー期の軍艦、メアリーローズ号の船体修復保存事業の完了と、Portsmouth historic Dockyardに予定されている、船体や遺物を収蔵するための常設博物館建設に用いられる。
メアリーローズ号は、ヘンリー8世の命により建造されたイングランド初の軍艦として知られており、1982年にイングランド南岸に位置するソレント海峡より引き揚げられた。現在、その1万9千点余りの遺物のうち、約6%が船体の近くに位置する仮設博物館で展示されている。これらの遺物はチューダー期に詳しい歴史家によれば、16世紀当時の生活を知ることができる世界で最も素晴らしい作品群の一つとして高い評価を受けている。
The Mary Rose財団は、1960年代にAlexander Mckee氏によってメアリーローズ号が再発見され、1982年のMargaret Rule博士率いるプロジェクトによる引き揚げ作業後、25年にわたり船体及びコレクションの修復保存活動を継続してきた。今回の助成金により保存修復事業が完了する見込みとなり、メアリーローズ号の恒久的な保存を約束するものとなった。財団関係者らは貴重な国家的財産であるメアリーローズ号の恒久的な保存が可能になることに対して喜びのコメントを寄せている。総額3500万ポンドのプロジェクト費用のうち、2100万ポンドの助成金が決定したことについて、財団最高責任者のJohn Lipett氏は、残りの1400万ポンドを短期間で資金調達しなければならず、困難な仕事の始まりでもある、とコメントしている。
現在メアリーローズ号の船体は、ポリエチレングリコール(PEG)水溶液の吹付け作業が行われており、2011年の新博物館建設まで継続される予定である。
博物館はWilkinson Eyle氏やPringle Brandon氏らを中心とした共同チームによりデザインされ、修復された船体と多数の遺物は約500年ぶりに再会することになる。博物館はポーツマス市やPortsmouth historic Dockyardに多くの観光客が見込まれる、ロンドンオリンピックの時期に開館する予定である。世界の海事史上、最も魅力的なアトラクションの一つとして多くの見学者を惹きつけるだろう。なお、船体は2016年の船体全体の展示まで慎重な乾燥作業を博物館内で継続し、見学者は修復された船の外部、内部の両方の見学が可能となる予定である。


笑顔日本語訳は、T大学大学院生の神田さんにご協力いただきました。拍手
Posted by 荒木伸介 at 16:27 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イギリス「メアリーローズ号」博物館建設について [2008年01月28日(Mon)]
ヘンリー8世の命で建造された旗艦「メアリ・ローズ号」の博物館建設のために、『The Heritage Lottery Fund 』が 『the Mary Rose Trust』に2100万ポンドの補助金を支出することを発表しました。


Mary Rose saved for the nation by £21 million
from Heritage Lottery Fund



The Heritage Lottery Fund has announced today, January 25th 2008, that it has earmarked a £21 million grant to be awarded to.
This major grant is to complete the conservation of the Tudor
warship, the Mary Rose, and build a permanent museum in
Portsmouth Historic Dockyard to house the hull and her artefacts.

Michael Aiken, Chairman of the Mary Rose Trust, expressed his
delight with the news. He said "The HLF have yet again displayed
their commitment to ensuring the nation's core heritage is saved
for posterity".

The Mary Rose is effectively the first true warship to be built for
England and was famously raised from the Solent before a
worldwide audience of some 60 million people in 1982.

Over 19,000 artefacts were raised from within her but only 6% of
these are currently on display in a temporary museum a short
walk away from the hull. The well-known Tudor historian
Dr David Starkey describes the collection as: "This country's
Pompeii, painting the finest picture of the world of sixteenth
-century life".

Whilst the Heritage Lottery Fund has been generous in its support
of the conservation of the collection over the last 15 years,
awarding almost £7 million, the Trust has received no
government funding and has relied on visitor income and
fundraising to continue the project.The decision to award
the £21 million grant, as part of a larger £35 million
project, finally secures a future for the Mary Rose.

John Lippiett, Chief Executive of The Mary Rose Trust said:
"This grant now enables us to complete the long and painstaking
conservation that has lasted 25 years. The project started with
a dream in the 1960s by Alexander McKee to rediscover
the Mary Rose, Henry VIII's favourite warship. The world watched
as the team, led by Dr Margaret Rule, raised the ship and her
stunning collection of artefacts in 1982. I am absolutely thrilled
that today we can announce that the Mary Rose and her unique
collection will be saved for the nation, in perpetuity."

He continued: "The museum, designed by Wilkinson Eyre with
Pringle Brandon as the interior architects, will be remarkable.
It will contain almost 70% of the ship's recovered artefacts instead
of the 6% in the current exhibition. There will be something for
everyone once we have finished. The hugely important aspects of
improved access and increased learning space for the many
thousands of students who visit each year will finally be achieved.."

"The hard work starts now," said John Lippiett. "The Trust has to
raise the match funding of £14m within a very tight timescale.
We are encouraged already to have raised £3.5 million in cash
and pledges including a very generous £1m donation from
the Garfield Weston Foundation. Our call now is for everyone to get
behind the fundraising to help us preserve this priceless national
treasure forever."

The museum, designed by a team comprising Wilkinson Eyre
Architects(architect), Pringle Brandon (interior architect) and
Land Design Studio(exhibition design and interpretation), in
collaboration with Gifford(structural and M&E engineer), will reunite
the ship's preserved hull with many thousands of unseen artefacts
for the first time in 500 years and enhance Portsmouth Historic
Dockyard as a major visitor destination.

The hull of the Mary Rose will continue to be sprayed with
polyethylene glycol, a water-based wax solution, until 2011 whilst
the museum, located alongside Nelson's flagship HMS Victory,
is built around her. The museum is due to open in time for
the Olympics and promises to boost visitor numbers to the City
of Portsmouth and its Historic Dockyard, one of the finest
maritime attractions in the world. The hull will be carefully dried
within the new museum until she can be displayed fully in 2016
when galleries will allow visitors to see both the outside and inside
of the conserved hull.


25 January 2008
海の正倉院、宗像・沖ノ島遺産群 [2008年01月16日(Wed)]
2008年1月12日付
毎日新聞より

「福岡・沖ノ島と津屋崎古墳群を世界遺産に!」をスローガンにしたシンポジウム(福岡県教育委員会、宗像市、福津市主催)が先月24日、早稲田大学国際会議場で開かれた。サイバー大学学長の吉村作治氏ら4人の専門家が「海の正倉院」と言われる沖ノ島をめぐる古代の壮大な国際交流の実態を講演で披露し、パネルディスカッションでは「人類共通の貴重な資料」と訴え、世界遺産の暫定リストに登録するようアピールした。

-宗像・沖ノ島と関連遺産群-
大和王権や律令国家が4〜10世紀に東アジアと交流する中で、国家的祭祀を行った沖ノ島と、それを支えた地元胸形氏に関連する遺産群。宗像市の沖ノ島は玄界灘に浮かぶ周囲4キロ足らずの小島だが、祭祀遺構23カ所が確認され、これまでに8万点の遺物が出土、すべて国宝に指定されており、「海の正倉院」と呼ばれている。福津市の津屋崎古墳群は南北7キロ、東西2キロの範囲に5〜7世紀に築かれた56の古墳が集中しており、往時の姿を残す点でも希少とされている。

詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.mainichi.jp/enta/art/news/20080112ddm010040066000c.html
Posted by 荒木伸介 at 10:26 | 報道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山形「北前船のブランド化」 [2007年11月21日(Wed)]
2007年11月17日付
荘内日報(山形)より

以前お知らせした「北前船寄港地フォーラム」の様子の記事です。

北前船を先人が残した貴重な遺産として受け継ぎ、地域活性化にどう役立てていくかをテーマに行われたフォーラムは、主に観光開発・文化振興の面での議論が行われたようです。「北前船のブランド化」という言葉によく表れていると思います。

このブランド化という表現と、今後の水中文化遺産の発展と合わせて、皆様にも感じるものがあれば、是非コメントを頂きたいと思います。「保存と活用」というテーマで、我々がどのように社会貢献を行っていけるのか、考えていきたいと思います。

詳細については以下のページをご参照ください。
「北前船文化で活性化 繁栄復活へアイディア出し合う」
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/0/ad_vw.cgi?p=dy:2007:11:17

Posted by 荒木伸介 at 10:06 | 報道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2007 AIMA-ARIUA学術交流プログラム“海事考古学に関する共同セミナー” [2007年11月14日(Wed)]
フリンダース大学木村様より題目に関するご案内を頂きましたので、以下に紹介致します。

2007 AIMA-ARIUA学術交流プログラム“海事考古学に関する共同セミナー”

オーストラリアの海事考古学会 Australia Institute for Maritime Archaeoloy (AIMA) はアジア水中考古学研究所との学術交流を目的としたセミナーを開催します。本セミナーは国際シンポジウム「水中遺産と考古学」に合わせて行われ、アジア水中考古学研究所の協力の下、豪日交流基金の助成を受けて開催が実現しました。

セミナーでは1980年代に発足したAIMAのこれまでの活動を紹介すると共に、2001年ユネスコ水中文化遺産保護条約の内容、AIMAとイギリスの船舶考古学協会NASによって提供されている水中考古学調査の一般向けトレーニングコース“AIMA/NASプログラム”の概要、世界で最も法整備が進んでいると言われている沈没船と水中文化財に関するオーストラリア州法と連邦法などのテーマを扱います。オーストラリアからはAIMA会長であり、西オーストラリア海事博物館で学芸員を務めるロス・アンダーソン氏、ニューサウスウェールズ州政府にて水中文化財の文大を取り扱い、イコモス水中文化遺産国際委員会のオーストラリア代表を務めるデヴィット・ナトリーしが発表者として参加します。

本セミナーは日本とオーストラリアの海事考古学研究の最初の交流の場となると共に、両国の研究者の学術ネットワークを気づくことを視野に入れています。日本とオーストラリア、その歴史的背景は大きく異なりますが、セミナーを通じて両国の家事考古学研究に多角的な視野を取り入れることを一つの目標としています。

ご案内

   ■開催日:2007年12月15日(土曜日)
   ■開催場所:福岡市文学会議室(福岡市赤レンガ文化館)
   ■主催:オーストラリア海事考古学会(AIMA)
        アジア水中考古学研究所(ARIUA)
   ■発表者:Ross Anderson(Western Australia Maritime Museum)
          David Nutley (NSW Heritage Office)
   ■助成:豪日交流基金 (Australia-Japan Foundation)

セミナースケジュール

13:30 pm:開場・セミナー開催趣旨説明
14:00 pm:“AIMAの活動紹介 (introduction the AIMA and its activities) ”
ロス・アンダーソン
14:40 pm:“UNESCO Convention 2001 ユネスコ水中文化遺産条約について”
デヴィット・ナトリー

(休憩)

15:30 pm:“AIMA/NASトレーニングプログラム (What's the AIMA/NAX program?)”
ロス・アンダーソン
16:10 pm:“水中文化財管理と法整備:オーストラリア各州と連邦政府の場合 (Legislative system and Custodians for UCH at a State and a Commonwealth Level)”
デヴィット・ナトリー


※セミナー参加希望のご連絡を下記にお願い致します。

セミナーコーディネーター:
木村純 Jun Kimura (オーストラリア・フリンダース大学)
E-mail: junfrom1003@hotmail.com


国際シンポジウム「水中文化遺産と考古学」 [2007年11月13日(Tue)]
国際シンポジウム
「水中文化遺産と考古学−海底遺跡ミュージアム構想の実現に向けて-」

□日 時   2007年12月16日(日) 11:00〜17:00

□会 場   福岡市博物館講堂
         福岡市早良区百道浜3−1−1
         TEL 092-845-5011

□参加料   無料(資料代 500円)

□対 象   この分野に関心をお持ちの方


-開催目的-
NPO法人アジア水中考古学研究所は1986年設立以来、北九州や五島列島で市中調査を行ってきました。また、国内外のシンポジウムなどに参画して、日本の水中考古学の普及にも努めてきま。今回のシンポジウムは海底遺跡を野外ミュージアム化し、広く公開する「海底遺跡ミュージアム構想」の実現に向けて、水中文化遺産と水中考古学の存在と意義をより深く理解してもらうことを目的としています。

-第1部 基調報告-
「日本の水中考古学」   石原 渉(ARIUA副理事長)
「オーストラリアの海事考古学」   デビィット・ナトリー(ニューサウスウェールズ州文化局)

-第2部 「海底遺跡ミュージアム構想」
「海底遺跡ミュージアム構想」   野上建記(ARIUA副理事長)
「小値賀島と海底遺跡」   塚原 博(ARIUA理事)
「小値賀島前方湾海底遺跡の調査」   宮武正登(ARIUA理事)
「前方湾海底遺跡見学会」   林原利明(ARIUA理事)
「鷹島海底遺跡」   小川光彦(ARIUA理事)
「推定「いろは丸」」   吉崎 伸(ARIUA会員)
「水中遺跡の現位置保存とパブリックアクセス:オーストラリアの事例」
   ロス・アンダーソン(西オーストラリア海事博物館)

−討論会−  コーディネート:林田憲三(ARIUA理事長) パネラー:発表者


主 催 : NPO法人 アジア水中考古学研究所(ARIUA)
共 済 : オーストラリア海事考古学会(AIMA)
後 援 : 福岡市・福岡市教育委員会・松浦市教育委員会・小値賀町教育委員会・有田町教育委員会
協 賛 : 豪日交流基金

お問い合わせ/NPO法人アジア水中考古学研究所
810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-5-10 チサンマンション第二天神1110号
TEL&FAX 092−725−0171  メール kosuwa@h6.dion.ne.jp
山形「「北前船寄港地フォーラム」 [2007年11月07日(Wed)]
2007年11月4日付け
山形:荘内日報

「江戸期から明治期にかけ北前船の寄港地として栄えた日本海沿岸地域の都市の関係者らによる「北前船寄港地フォーラム」が15日、山形県酒田市の東北公益文科大公益ホールで開かれる。北前船の研究者や鉄道、航空会社の関係者を交え、講演とパネルディスカッションで、北前船が残した歴史・文化的な遺産を地域活性化に生かす方策を探る。

 県内企業や商工・観光関連団体などでつくる「やまがた出羽の国『庄内』地域活性化コンソーシアム」(代表・新田嘉一北前船庄内社長)が、経済産業省の本年度新規事業「広域・総合観光集客サービス支援事業」の一環として、実行委員会(実行委員長・新田代表)を組織して開く。全日空とJR東日本が共催する。」そうです。

水中文化遺産からのアプローチもいろいろ考えることができそうですね。逆にこれから、こういった分野の方たちとの交流も必要だと感じます。

詳細は以下のページをご参照ください
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/0/ad_vw.cgi?p=dy:2007:11:4

第1回北前船寄港地フォーラム 「北前船文化遺産の活かし方」
http://kankolog.jp/shonai/event/p0348.html



Posted by 荒木伸介 at 23:17 | 報道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イギリスとスペインの水中文化遺産情勢 [2007年11月05日(Mon)]
2007年11月3日付け
アイルランド・Irish IndependentよりEd Power氏の記事

技術の進歩が、財宝を発掘するために世界の海をダイヴするサルベージ・チームの熱を急騰させている。5月、ナスダック上場企業所有の最新鋭のサルベージ船、オデッセイ・エクスプローラーは、ポルトガル沿岸で難破船を発見した。船には推定4億ユーロに相当する500,000枚の銀貨が積まれていた。

サルベージ産業が海底の宝探しに盛り上がっている一方で、各国政府と考古学者は愕然としている。歴史学者にとって海底は、単なる戦利品ではなく、国宝が存在する宝庫なのである。自分の家の庭でケルトの杯を掘り出しだしたとしても、それを自分のものとして所有することは許されない。海底を探し回るサルベージ・チームに対しては扱いが異なるのはなぜであろう?


アイルランドにおいて、トレジャー・ハンターと遺産保護提唱者との対決は、ルシタニア Lusitania号の命運を賭けた長期に及ぶ法廷対決として山場を迎えた。Lusitania 号は1915年5月にオールド・ヘッド・キンセール Old Head of Kinsale号のUボート(ドイツの潜水艦)によって1,198人の命と共に撃沈させられた船である。

12年前、政府は次のように宣言した。沈没船は国家記念物法(National Monuments Act)の管理下の史跡とし、個人ダイバーによる干渉から遺産を守るとした。(こうした動きを惹起した理由の一つに、ヒュー・レーン(ダブリン市立美術館)が所有している美術品に船から引き揚げたものがあったという背景がある。)

しかしながら、ニューメキシコのダイバー、F Gregg Bemis Jr氏によって異議がなされた。彼は1968年にビジネス・パートナーからLusitania号を買ったと主張し、そのビジネス・パートナーはイギリス保険協会から船を1000ポンドで買ったということだった。

長期の法律論争が続き、高等裁はBemis氏に賛成した(最高裁もこの判決を支持した)。Bemis氏は現在沈没船探査が自由に行える状態にあり、しかし最高裁による規則のもと、発見されたあらゆる美術品の所有権はアイルランドにあるとされる。


スペインは欲に飢えた海賊に対してより断固とした姿勢をとっている。アルヘシラス Algericas沿岸近くでオデッセイの船長はスペイン国の財産に不正干渉した罪で一時的に投獄されることとなった。

オデッセイ側が「最近発掘された難破船だと確かな認識はできなかった」と主張する一方、スペイン側は「ポルトガルでイギリスに沈められたスペイン戦艦である Nuestra Senora de las Mercedes 号の遺物である」と主張する。回収された戦利品がフロリダに輸送されたことで、その所有権をめぐって、現在法廷で争われている。

イギリス政府とは対照的なスペインの強硬な対応だが、これは例えば1693年に3億5000万ユーロの財宝と共に消えた沈没船 HMS Sussex 号を、もしも企業団体が発見した場合、その利益は両者が分け合うと考えているようなオデッセイの考え方に楔を打った。

イギリスでは、保存専門家が政府の対応に戦々恐々としている。


これに関して、スペインとイギリスの違いの一つは、スペインはユネスコ水中文化遺産保護条約の批准国であるということだ。条約では私的な沈没船探査を禁止している。

条約に反対している2大勢力はアメリカとイギリスである。両国政府は、世界の推定300万の沈没船の包括的な保護への理解が薄い。こうしたアメリカとイギリスの態度は私利私欲のダイヴ行為を助長する。

アメリカのやり方の問題は、「船体に大きな損傷を与えずに船の財宝を引き揚げることは不可能である。」と遺産擁護団体に言っていることである。沈没船を原位置に維持することに注意が払われることはほとんど無い。

「有機物を破壊することなく、7tものコインを回収することは非常に困難である。」とロンドンの海洋考古学に関する共同方針委員会(Joint Nautical Archaeology Policy Committee)の議長 Robert Yorke 氏は言う。「考古学とは、一日の走行に何十万もの経費がかかる船とは相容れないもの同士である」


詳細については以下のサイトをご参照ください。
「THE NEW PIRATES OF THE CARIBBEAN (新たなカリブの海賊)」
http://www.independent.ie/world-news/the-new-pirates-of-the-caribbean-1210473.html
Posted by 荒木伸介 at 22:43 | 報道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)