• もっと見る

アジア水中考古学研究所シンポジウム開催のお知らせ [2010年01月26日(Tue)]
特定非営利活動法人 アジア水中考古学研究所よりシンポジウム開催のお知らせです。

――――――――――――――――――――――――――

2009年度
「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会

第3回『水中文化遺産と考古学』シンポジウムを開催します。

日 時: 2010(平成22)年2月28日(日曜日) 10時30分〜17時 
会 場:日本財団ビル1階バウルーム  
     東京都港区赤坂1丁目2番2号
     http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
参加費: 無料(資料は有料となります)
主 催: 特定非営利活動法人 アジア水中考古学研究所(ARIUA)

内 容:

【第1部】(午前) 
2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会    
1.アジア水中考古学研究所とプロジェクトの紹介
2.調査報告
  ◯南西諸島    : 片桐千亜紀(ARIUA会員)
  ◯九 州      : 野上建紀(ARIUA副理事長)
  ◯瀬戸内・琵琶湖 : 吉崎 伸(水中考古学研究所理事長)
  ◯日本海域    : 小川光彦(ARIUA会員)
  


【第2部】(午後) 
シンポジウム「水中文化遺産を理解する」   
[特別講演]「水中考古学と私」(仮題):中山千夏(作家)
[基調報告]
1.「水中文化遺産と水中考古学」:岩淵聡文(東京海洋大学教授)
2.「海洋考古学の調査・研究の実例」:
    Randall J.Sasaki(ARIUA会員.テキサスA&M大学海事考古学研究所)
3.「水中文化遺産と国際法-日本国内法制への示唆-」:中田達也(文教大学講師)
4.「身近にある水中文化遺産を巡る」:林原利明(ARIUA理事)
[討 論] コーディネーター 塩屋勝利(ARIUA理事)

 ※休憩時間等を利用して、山本祐司氏(ARIUA会員・プロフォトグラファー)による水中文化遺産(ARIUAの調査にともなう)の写真上映も予定しています。

詳細は以下のサイトでご確認下さい。
http://www.ariua.org/news/tokyo-symposium-2009/