• もっと見る

アジア水中考古学研究所シンポジウム開催のお知らせ [2010年01月26日(Tue)]
特定非営利活動法人 アジア水中考古学研究所よりシンポジウム開催のお知らせです。

――――――――――――――――――――――――――

2009年度
「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会

第3回『水中文化遺産と考古学』シンポジウムを開催します。

日 時: 2010(平成22)年2月28日(日曜日) 10時30分〜17時 
会 場:日本財団ビル1階バウルーム  
     東京都港区赤坂1丁目2番2号
     http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
参加費: 無料(資料は有料となります)
主 催: 特定非営利活動法人 アジア水中考古学研究所(ARIUA)

内 容:

【第1部】(午前) 
2009年度「海の文化遺産総合調査プロジェクト」調査報告会    
1.アジア水中考古学研究所とプロジェクトの紹介
2.調査報告
  ◯南西諸島    : 片桐千亜紀(ARIUA会員)
  ◯九 州      : 野上建紀(ARIUA副理事長)
  ◯瀬戸内・琵琶湖 : 吉崎 伸(水中考古学研究所理事長)
  ◯日本海域    : 小川光彦(ARIUA会員)
  


【第2部】(午後) 
シンポジウム「水中文化遺産を理解する」   
[特別講演]「水中考古学と私」(仮題):中山千夏(作家)
[基調報告]
1.「水中文化遺産と水中考古学」:岩淵聡文(東京海洋大学教授)
2.「海洋考古学の調査・研究の実例」:
    Randall J.Sasaki(ARIUA会員.テキサスA&M大学海事考古学研究所)
3.「水中文化遺産と国際法-日本国内法制への示唆-」:中田達也(文教大学講師)
4.「身近にある水中文化遺産を巡る」:林原利明(ARIUA理事)
[討 論] コーディネーター 塩屋勝利(ARIUA理事)

 ※休憩時間等を利用して、山本祐司氏(ARIUA会員・プロフォトグラファー)による水中文化遺産(ARIUAの調査にともなう)の写真上映も予定しています。

詳細は以下のサイトでご確認下さい。
http://www.ariua.org/news/tokyo-symposium-2009/
平成20年度「水中文化遺産担当者会議」報告-2- [2009年04月10日(Fri)]
会期中にお招きした講師の方々を紹介させていただきます。

12/15
九州国立博物館にて

報告 「日本における水中文化遺産の現状と課題」 
   荒木 伸介(NPO法人文化財保存支援機構理事)

日本と世界の水中文化遺産に関する概略的な報告で、日本の対応がいかに後進的であるかということを、参加者の意識に強く訴えました。

講演2 「いろは丸と地域活性化」
   吉崎 伸(NPO法人 水中考古学研究所理事長)

水中発掘調査の困難を乗り越えながら、地域とともに「いろは丸」を文化資産として活用している様子は、民間主導の取り組みの良例であり、事業費用の工面など、参加者に刺激を与えたようでした。

特別講演 「韓国における水中文化遺産の発掘調査について」
   文 煥 ル (国立海洋遺物展示館・水中発掘課長)

韓国では国家プロジェクトとして水中文化遺産の調査に取り組まれています。日本とのギャップに参加者は大いに刺激を受け、また保存・活用など、調査の先にある課題も明示されました。実際の水中発掘調査の様子は参考になりました。

講演3 「国連海洋法とユネスコ水中文化遺産保護条約」
   小山 佳枝(中京大学総合政策学部准教授)

海洋法はユネスコ水中文化遺産保護条約の前提とされていますが、独学では理解の困難なものです。複雑さから倦厭されやすいテーマですが、参加者にもわかりやすく受け入れられました。

講演4 「文化財保護法における水中文化遺産への取り組み」
   坂井 秀弥(文化庁記念物課 主任文化財調査官)

参加者にとって身近であるところの日本の文化財保護法について、水中文化財への適応に際する困難さや課題が明示されました。
平成20年度「水中文化遺産担当者会議」報告-1- [2009年04月03日(Fri)]


報告が大変遅くなりましたが、
平成20年12月14日〜16日、九州長崎県松浦市鷹島と九州国立博物館において、水中文化遺産担当者協議会を開催致しました。

本協議会は、松浦市教育委員会との共催で、文化庁と文化財保存支援機構保存修復学会の後援を受け、日本財団の助成により開催されたもので、日本全国の市町村教育委員会、海事関係博物館から、約30名の方々に集まっていただきました。

協議会の趣旨は、海洋国でありながら未だ水中の文化遺産に関心の薄い日本の現状を改善するため、各地の文化財保護行政の先端で活躍されている方々に参集して頂き、互いに情報交換や協議を行うことにより、問題意識の共有を図ることです。

また、会期中5名の講師を招き、それぞれのお立場から講演していただきました。
各地の参加者からもひとりずつ事例報告をお願いし、短時間ではありましたがそれぞれ大変興味深い発表をして頂きました。

本協議会の報告書は関係各位の皆様に配布させていただきます。(間もなくです)


12/14
松浦市鷹島開発総合センターにて

講演1 「地方行政から見た水中文化遺産の保存と活用」
   中田敦之(松浦市教育委員会生涯学習課課長補佐)

鷹島における元寇船の調査・保存・活用の取り組みについてご説明頂きました。
12月に「水中文化遺産担当者協議会」を開催 [2008年11月20日(Thu)]
12月13日〜16日の4日間に渡りまして九州にて「水中文化遺産担当者協議会」を開催致します。

協議会の副題として「地域活性化の資源としての水中文化遺産を考える」を掲げ、より地域に着目した内容構成としております。言わば未開発である水中の文化資源である日本全国の海底遺跡の保存・活用といった活動が、地域から発生してくることを目標としています。参加者の方々からは地域レポートをして頂きたいと思っております。

また先月10月の初めにUNESCO水中文化遺産保護条約の20カ国の批准が整い、来月末には正式に国際法として効力を発揮する見通しであること、またエジプト・アレキサンドリアでは世界初の水中ミュージアムの建設が予定されているなど、水中文化遺産を取り巻く世界の情勢は刻々と変化しています。

水中文化遺産保護法の誕生を契機として、こうした動きは今後さらに活発化すると思われます。私たちはこの新たな文化財の国際法に柔軟に対処していく必要があります。

参加者の皆様方と活発な意見交換の場となることを期待しております。

======================================================

平成20年度「水中文化遺産担当者協議会」
〜地域活性化の資源としての水中文化遺産を考える〜

---------------------------------------------------

協議会概要

■主  催:特定非営利活動法人 文化財保存支援機構
■共  催:長崎県松浦市教育委員会
■後  援:文化庁(申請中)
       文化財保存修復学会
       NPO法人 水中考古学研究所
■特別協賛:財団法人 日本財団
■協  力:九州国立博物館
■定  員:30名
■参加資格:水中遺跡/水中文化遺産を擁する自治体の担当者
■実施期間:平成20年12月13日(土)〜12月16日(火) 
■場  所:松浦市立鷹島埋蔵文化センター
       鷹島開発総合センター
       鷹島水中遺跡現場
       九州国立博物館研修室

---------------------------------------------------

協議会では水中文化遺産の専門家による講演を行ないます。

■「日本における水中文化遺産の現状と課題」 
   荒木 伸介(NPO法人文化財保存支援機構理事)

■「国連海洋法とユネスコ水中文化遺産保護条約」
   小山 佳枝(中京大学総合政策学部准教授)

■「文化財保護法における水中文化遺産への取り組み」
   坂井 秀弥(文化庁記念物課 主任文化財調査官)

■「地方行政から見た水中文化遺産の保存と活用」
   中田敦之(松浦市教育委員会生涯学習課)

■「韓国における水中文化遺産の発掘調査について」
   文 煥 ル (国立海洋遺物展示館・水中発掘課長)

■「いろは丸と地域活性化」
   吉崎 伸(NPO法人 水中考古学研究所理事長)

                            …など
水中考古学セミナーのお知らせ [2008年05月13日(Tue)]
第4回海洋文化フォーラムについてお知らせです。
興味のある方はぜひご参加ください。

また、6月13日金曜日には座談会を計画しています。
どなたでも参加可能ですのでこちらにもふるって参加ください。

第4回海洋文化フォーラム「水中考古学の最前線」
日時:平成20年6月14日(土)13:00〜18:00
場所:東京海洋大学越中島キャンパス越中島会館講堂

 
「テキサスA&M大学の海洋考古学研究所」 
   J.P.Delgado(テキサスA&M大学)

「東南アジアの水中考古学:インドネシアを中心として」  
   Gatot Ghautama(インドネシア水中文化財保護局)

「日本の水中考古学の現状と展望」  
   林田憲三(アジア水中考古学研究所)   

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~iwabuchi/02.html

6月13日には座談会を計画しています。
14:00−17:30.場所:東京海洋大学越中島キャンパス越中島3号館405号室
こちらではもっとインフォーマルで最初から質疑応答により世界と日本の
水中考古学の可能性などについて討論していく予定です。

http://www.nauticalarchaeologyjp.com/images2/Zadankai-Final.jpg


後援  国際文化交流事業財団  アジア水中考古学研究所  テキサスA&M大学 
2007 AIMA-ARIUA学術交流プログラム“海事考古学に関する共同セミナー” [2007年11月14日(Wed)]
フリンダース大学木村様より題目に関するご案内を頂きましたので、以下に紹介致します。

2007 AIMA-ARIUA学術交流プログラム“海事考古学に関する共同セミナー”

オーストラリアの海事考古学会 Australia Institute for Maritime Archaeoloy (AIMA) はアジア水中考古学研究所との学術交流を目的としたセミナーを開催します。本セミナーは国際シンポジウム「水中遺産と考古学」に合わせて行われ、アジア水中考古学研究所の協力の下、豪日交流基金の助成を受けて開催が実現しました。

セミナーでは1980年代に発足したAIMAのこれまでの活動を紹介すると共に、2001年ユネスコ水中文化遺産保護条約の内容、AIMAとイギリスの船舶考古学協会NASによって提供されている水中考古学調査の一般向けトレーニングコース“AIMA/NASプログラム”の概要、世界で最も法整備が進んでいると言われている沈没船と水中文化財に関するオーストラリア州法と連邦法などのテーマを扱います。オーストラリアからはAIMA会長であり、西オーストラリア海事博物館で学芸員を務めるロス・アンダーソン氏、ニューサウスウェールズ州政府にて水中文化財の文大を取り扱い、イコモス水中文化遺産国際委員会のオーストラリア代表を務めるデヴィット・ナトリーしが発表者として参加します。

本セミナーは日本とオーストラリアの海事考古学研究の最初の交流の場となると共に、両国の研究者の学術ネットワークを気づくことを視野に入れています。日本とオーストラリア、その歴史的背景は大きく異なりますが、セミナーを通じて両国の家事考古学研究に多角的な視野を取り入れることを一つの目標としています。

ご案内

   ■開催日:2007年12月15日(土曜日)
   ■開催場所:福岡市文学会議室(福岡市赤レンガ文化館)
   ■主催:オーストラリア海事考古学会(AIMA)
        アジア水中考古学研究所(ARIUA)
   ■発表者:Ross Anderson(Western Australia Maritime Museum)
          David Nutley (NSW Heritage Office)
   ■助成:豪日交流基金 (Australia-Japan Foundation)

セミナースケジュール

13:30 pm:開場・セミナー開催趣旨説明
14:00 pm:“AIMAの活動紹介 (introduction the AIMA and its activities) ”
ロス・アンダーソン
14:40 pm:“UNESCO Convention 2001 ユネスコ水中文化遺産条約について”
デヴィット・ナトリー

(休憩)

15:30 pm:“AIMA/NASトレーニングプログラム (What's the AIMA/NAX program?)”
ロス・アンダーソン
16:10 pm:“水中文化財管理と法整備:オーストラリア各州と連邦政府の場合 (Legislative system and Custodians for UCH at a State and a Commonwealth Level)”
デヴィット・ナトリー


※セミナー参加希望のご連絡を下記にお願い致します。

セミナーコーディネーター:
木村純 Jun Kimura (オーストラリア・フリンダース大学)
E-mail: junfrom1003@hotmail.com


国際シンポジウム「水中文化遺産と考古学」 [2007年11月13日(Tue)]
国際シンポジウム
「水中文化遺産と考古学−海底遺跡ミュージアム構想の実現に向けて-」

□日 時   2007年12月16日(日) 11:00〜17:00

□会 場   福岡市博物館講堂
         福岡市早良区百道浜3−1−1
         TEL 092-845-5011

□参加料   無料(資料代 500円)

□対 象   この分野に関心をお持ちの方


-開催目的-
NPO法人アジア水中考古学研究所は1986年設立以来、北九州や五島列島で市中調査を行ってきました。また、国内外のシンポジウムなどに参画して、日本の水中考古学の普及にも努めてきま。今回のシンポジウムは海底遺跡を野外ミュージアム化し、広く公開する「海底遺跡ミュージアム構想」の実現に向けて、水中文化遺産と水中考古学の存在と意義をより深く理解してもらうことを目的としています。

-第1部 基調報告-
「日本の水中考古学」   石原 渉(ARIUA副理事長)
「オーストラリアの海事考古学」   デビィット・ナトリー(ニューサウスウェールズ州文化局)

-第2部 「海底遺跡ミュージアム構想」
「海底遺跡ミュージアム構想」   野上建記(ARIUA副理事長)
「小値賀島と海底遺跡」   塚原 博(ARIUA理事)
「小値賀島前方湾海底遺跡の調査」   宮武正登(ARIUA理事)
「前方湾海底遺跡見学会」   林原利明(ARIUA理事)
「鷹島海底遺跡」   小川光彦(ARIUA理事)
「推定「いろは丸」」   吉崎 伸(ARIUA会員)
「水中遺跡の現位置保存とパブリックアクセス:オーストラリアの事例」
   ロス・アンダーソン(西オーストラリア海事博物館)

−討論会−  コーディネート:林田憲三(ARIUA理事長) パネラー:発表者


主 催 : NPO法人 アジア水中考古学研究所(ARIUA)
共 済 : オーストラリア海事考古学会(AIMA)
後 援 : 福岡市・福岡市教育委員会・松浦市教育委員会・小値賀町教育委員会・有田町教育委員会
協 賛 : 豪日交流基金

お問い合わせ/NPO法人アジア水中考古学研究所
810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-5-10 チサンマンション第二天神1110号
TEL&FAX 092−725−0171  メール kosuwa@h6.dion.ne.jp
「埋蔵文化財/考古遺物保存技術者講習会」のご案内 [2007年10月24日(Wed)]
このたび松浦市教育委員会とNPO法人文化財保存支援機構は、日本財団の助成により、埋蔵文化財保存技術者、現場担当者を対象として、下記の講習会を実施いたします。
概要は、次の通りです。

1.目 的:
陸上/水中に関わらず、埋蔵文化財を保存していくことは重要な課題です。しかし日本全土から発掘される、質も時代も損傷状況も違う夥しい埋蔵文化財に対し、それぞれの立場から日夜保存処理がなされていますが、ものによっては滞りがちな状況に置かれているものもあるかと思います。そんな中、各地で水中、湖底や海底から引き揚げられる遺物もその対象の中にあり、保存処理がなされています。
長崎県松浦市鷹島は、島を巡る海域に蒙古襲来時の遺物が眠る水中考古学のメッカです。ここでは海中から引き揚げられた遺物の保存のために長年さまざまな努力を続けており、豊富な経験を有しています。
今回の講義では、この鷹島の事例を活かし、現場の問題に直面している担当者や修復技術者に対し、基本的な埋蔵文化財保存の方法に加え、発掘調査と保存科学の境界領域の橋渡し的分野、並びに労働環境面から安全管理:有機溶剤の取り扱い方、X線防御の知識などをレクチャーします。また、考古学と保存科学の両面から、保存修理のあるべき姿を探っていきます。
公的機関・民間に関わらず、埋蔵文化財の保存に直面している担当者にご参集いただき、ひとつでも多くの文化財をより良い形で後世に残すため、またそれを扱う担当者の安全を図ることを目的とします。

2.主 催:松浦市教育委員会・NPO法人文化財保存支援機構

3.日 時:平成19年12月21日(金)〜22日(土)

4.場 所:松浦市立鷹島埋蔵文化財センター(長崎県松浦市鷹島町神崎免)

5.募集要項:
1)募集定員 10人(定員になりしだい締め切らせていただきます。)

2)宿泊施設 鷹島センター(1泊朝食付 5,000円)

4)受講料 2日間;15,000円(情報交換会費込み)
※両日参加を原則とし、一日のみ参加ご希望の場合は、ご相談下さい。
(1日のみ受講の場合;1日目:10,000円 2日目;8,000円)

5)食 事 各自負担とします。(昼食はお弁当の注文を受け付けます)

6)旅費等 往復旅費、滞在費、期間中の交通費は各自負担とします。

7)その他
@.講習会参加希望者は、FAXあるいはE-Mailに、@所属先/部署名 A勤務先住所 B勤務先TEL C勤務先FAX D氏名 E自宅住所 F自宅TEL GE-mail H唐津駅集合の有無 を記入の上、11月30日(火)までにお申し込み下さい。
FAX:03-6770-1683 E-Mail: jimukyoku@jcpnpo.org

A.講習会期間中の講義の欠席は、原則として認めません。

B.基本的に現地集合ですが、交通手段はご案内いたします。

6.プログラム

・12月20日(木)16:00唐津駅集合(希望者のみ)→17:00 フェリーにて鷹島着

・12月21日(金)
<午前>開会・施設見学
9:00〜11:00 自己紹介/松浦市立鷹島埋蔵文化財センター・歴史民俗資料館見学

11:00〜12:00 鷹島海底遺跡現場見学

<午後>講習会
13:30〜15:00
(1)「埋蔵文化財の保存処理−鷹島海底遺跡出土遺物を例として−」
講師:今津節生先生(九州国立博物館 博物館科学課 環境保全室長)

内容:@出土木製品並びに植物性遺物
    A出土金属製品   

15:30〜17:00
(2)「考古遺物を保存処理する際の安全管理1」 
講師;植田直見先生((財)元興寺文化財研究 研究部 副部長)
内容:@労働安全衛生法に基づく安全管理
    A有機溶剤等を用いる際の安全管理
  
〜夜;情報交換会〜

・12月22日(土) 
<午前>講習会9:00〜10:30
(3)「発掘と同時に保存修復は始まる!」
講師;比佐陽一郎先生(福岡市埋蔵文化財センター 文化財主事)
内容:保存処理の際、気をつける点とそれから得られる成果
 
10:40〜12:10
(4)「考古遺物を保存処理する際の安全管理2」
講師;村田忠繁先生((財)元興寺文化財研究所 特任技師)

内容;@危険物としての有機溶剤の安全管理
    AX線透過試験における放射線管理 
    
<午後>講習会/閉会
13:40〜14:20
(5)「出土木器・鉄器の長期安定性」(歴史を含む)
講師;増澤 文武先生(NPO法人 文化財保存支援機構 理事)
内容;保存処理中、保存処理後出土遺物の変化

14:30〜    ★総括(質疑応答)16:50〜

17:00 閉会

・12月23日(日)フェリーにて帰途につく → 唐津にて解散

※ 上記プログラムは、変更されることがあります。