• もっと見る

UNESCO水中文化遺産保護条約、1月2日に発効 [2008年12月26日(Fri)]
東京新聞
12月21日(月)付け

UNESCOによる水中文化遺産保護条約が1月2日に発効する。ただ、日本を含め、大国の反応はまだ鈍い。

UNESCO本部の松浦晃一郎事務局長は「それでも歴史的な前進。(世界遺産条約や無形文化遺産条約などと合わせて)、UNESCOの文化を守る体制が確立した」と述べる。

UNESCOによると、世界の海底にある文化遺産は300万件を超える。日本では、沖縄の海底遺跡や、長崎県鷹島沖に沈む元寇船が注目されている。ところが、、陸の遺跡と異なり、保護するための国際的なルールはこれまでなかった。

NPO法人「文化財保存支援機構」理事で「水中考古学」の著書がある荒木伸介さんは、「日本の場合、沈没船の大半が陸地に近い領海にあり、あわてなくても大丈夫という考え方がある。ただ、海に囲まれた島国なのに、水中の文化財を守ろうという意識は低い。」と訴える。

詳細は以下のページをご参照下さい。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008122102000103.html
Posted by 荒木伸介 at 11:18 | 報道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント