CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年07月 | Main | 2020年09月 »

<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
コマツ@やまぐち県民活動支援センター
やっと更新できました。 (08/30)
『ボランティア・市民活動の魅力再発見フォーラム』を開催しました[2020年08月06日(Thu)]
こんにちは。
今更ではありますが、タイトルの通り開催したフォーラムについてご報告を。。。。

8月1日(土)の10時より、『ボランティア・市民活動の魅力再発見フォーラム』を開催しました。
今回は宇部市社会福祉協議会と宇部ボランティア連絡協議会、そして宇部市民活動センター「青空」の3団体の協働にて開催。
こうして中間支援組織がまとまってフォーラムを主催するのは初めてでしたので、色々と勉強になりました。
とはいえ、コロナ禍の中での開催でしたので正直最初は心配でした。
ソーシャルディスタンスの確保や消毒、来場者の検温等、可能な限り予防に意識を裂いていましたが、感染しないとも限らないですしね。
しかし、当日を迎えてそれぞれのお話を聞いた後は、開催出来て良かったと思いました。
何より参加された皆様が、来て良かったと言って下さったことも大きいと思います。
コロナ禍の中でも不安もあり、誰かと会いたい、話したいと思う方も多かったのかもしれませんね。

お話の中では宇部フロンティア大学の教授であり、NPO法人うべネットワークの理事長でもある伊藤一統氏が、『新しいけれど新しくないボランティア』等につてお話をされ、『これまで行って来たことを冷静に見直して評価し、魅力を再発見する機会になれば。』と前向きにお話し下さいました。
また、ICTの活用についても、まずは『やってみる』、あるいは『全部ではなく使いたいところだけを覚える』など、無理のない活用方法についてもアドバイスを下さり、大変勉強になりました。

新型コロナウイルスによって活動がストップしてしまい、モチベーションやスキルの低下を懸念されていたり、また、人と会えないことで人と人との絆や共に過ごす空気感の大切さ、介護や福祉の最先端の現場で働いている方達の現状などを伺う機会にもなりました。
なかなか現場の生の声を聴く機会もありませんでしたので、本当に困っている最前線だからこその苦労や不安、葛藤…身につまされましたね。
活動によっては3密を避けられない、人と触れ合うことでしか介助出来ないといった活動もあると思います。
そんな中で、何処まで予防をして、どこまで緩和して妥協して行くのか。
考えさせられることばかりです。

本当に、あっという間の2時間でした。
最後になりましたが、本日ご来館下さいました皆様、暑い中足を運んで頂きましてありがとうございました。
まだまだ先の見通しは不明なままですが、今後の活動について少しでも前向きになれたら良いなと思います。
また、お会いしましょう!!

以下はフォーラムの写真です。

IMG_2425.JPG
CIMG0026.JPG
CIMG0037.JPG
CIMG0028.JPG
IMG_2431.JPG
116130043_3168304023256729_7023819718919943274_o.jpg
116656814_3168305029923295_166042106718214870_o.jpg

Posted by 宇部市民活動センター at 12:41 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

宇部市民活動センターさんの画像
宇部市民活動センター
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ubenet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ubenet/index2_0.xml