CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年07月16日

梅雨明け?宮崎

おはようございます。
いいお天気の宮崎になりました。

こがちゃんは・・・お仕事。

2010年07月15日

手作りパン復活


半年ぶりの手作りパン教室
友人から誘われて
行くかいかないか・・・と悩んでいましたが

いってよかった。頭はボーっとしていますが
意外と体は動くものです。
頭の切り替えが大事!楽しまなくっちゃ〜




今日のメニューは
ピロシキとドーナツ

パンの生地でできます
出来立ては格別!

ほれほれ・・・
よだれがでているのは誰だ?

友だちと一緒にお料理するのは
こがちゃんにとって「心の余裕」をもたせるのに、もってこいなのね〜
キッチンに自分以外の人がはいることは
いい刺激になります
だって食器をはじめシンクやレンジが汚れていたら・・幻滅するでしょう

忙しさにかまけてワンパターン化していたり
強制的に片付けたいときは
御客を招くのが一番と、こがちゃんは経験から思います。


まぁ我が家族の旦那とかっこつけまん
おいしいものが食べられば・・・・それだけで嬉しいばかり

ただ、新作料理がでてくると
口に合うだの合わないだのいろいろ言います!

2010年07月14日

宮崎県協働推進のための職員研修2日目午後

宮崎県庁での職員研修
午後のワークショップ始まりました


NPOとの協働は安くなるから・・なんてこと、この場で言ってはいけません。
NPOはボランティアだから無料・・なんて思っていないよね
ボランティアを活用して活動する法人だから・・・ただでしてくれるよね
なんてことはございません。
法人は企業と同じ
税金ももちろん払います。保険もかけます。スタッフには家族もあり養っていくだけの給与も必要です。

協働の相手として安くなるからでなく
ひおうたい効果があるということで選択してほしい
NPO側は自分らのミッションと合致しているから協働をするわけです。

パートナーシップといっているものの
行政は委託者 どうしても委託受託の関係では委託者が強い
県庁のホームページで開示していますよといわれても
なかなか市民には見つけだせない現実

これらをNPO側の人間は伝えながら
行政職員に気づいてもらいながら応募要項作りをしています。

仕事文化が違うということ
机上ではなかなか気づけないことを
このワークショップを通して学んでいただき
擬似協働を体験し、実際の職場で活用をきたいしています。

宮崎県協働推進のための職員研修2日目

本日も朝から一日
宮崎県庁で職員研修にスタッフで参加しています。


いまの世の中「協働」という言葉を知らない方は少ない
行政のかたは、仕事をする上で手段のひとつとして協働という手法を使って事業を進められています。
でも・・・なかなか協働は・・・

だからこそ
宮崎県では3年間 協働推進員を中心に 職員研修をすすめてきました。

今日でこの研修事業が終わります。
宮崎県がすすめる協働を本当の意味で広げすすめるには、担当者がやらされ感では進まないと担当主幹は言われます。

こがちゃんがもし自治体職員だったら
協働は今までにない仕事のやり方で手続きがめんどくさそう
日々の仕事に追われ・・・上司からの命令だとブツブツいいそうですね

「行政職員は誰のために仕事をしてるのしごとなのか?」

これを忘れちゃいけない
今までの枠にとらわれないかんがえかたを知ることで
仕事を進める手法の一つとしてかんがえる。
協働が効果的で効率があがる体験をすること

ここがしっかり落ちないと協働を進め広げることは難しい

アスリート主幹が言われている
協働は「オプション」でない「標準装置」

キーワードだと思う。


2010年07月13日

宮崎県協働推進のための職員研修中

協働とは
ノウハウは必要だか、ひらめきやアイデアをだせる力が求められる

今日は実践編
どんなワークショップになるんでしょう?







ワークのお題は口蹄疫

宮崎県庁にいます。
午後は協働の研修でグループによるワークショップをしています。

お題は
担当者として口蹄疫復興支援策
「あなたはどう仕掛けますか?」

1グループに1人NPOの人間がファシリデートで入ります。
今回の講座は肝いりです。研修だけど、この問題は職員にとって緊急課題
NPOは九州、宮崎を代表するスペシャルな代表が勢揃い
どんな企画があがるか楽しみです







禁煙4日目


こんなとき吸いたくなる

でも、僕は吸っていません!
と宣言しているのは、師匠

実は師匠
お誕生日に病院にいきました。
そして禁煙のおくすりいただきました。
二週間たった今タバコを吸う事はやめられました。


でもお薬を飲んでも吸いたくなる
たばこ
そこは・・・禁煙補助剤のガムで我慢

周りから
「えらい!」とほめられています。
「やめないと思ってたよ〜」などなど

でもなんでやめようと思ったの?って聞かれています。
2つ原因があるんだって

持病があり体の調子を整えるため
それと・・ジニアスにだまされたと
ものすごく簡単にやめられるようなことを言ったから、それだったらと
軽い気持ちで禁煙に踏み切ったらしい

ところがちがうじゃん
ジニアスもガムでごまかしたり
少しは努力をしたと、あとで聞いたそうです。



一日に20〜30本吸っていた師匠
ここは頑張り時

2010年07月12日

宮崎アートセンター

宮崎アートセンターにお仕事で寄りました。
するとNPO法人宮崎文化本舗の
だーひょーりじと、ふくだーひょーりじが仮面ライダーの大きなポスターの前にいらっしゃいました。
何やら話し合い中・・・・・

こがちゃんどう思う?とだ−ひょーりじから突然質問あり


実は口蹄疫の防疫対策でエレベーターの前に機械を設置場所の話でした。
限られたスペース
強制もできないが、大事なこと。

え・えーっ

ポスターと思っていたら
これってエレベーターの扉にはられたシールだったんだぁ〜
バスの広告で貼られているのがこれだって
初めてマジカで見ました。

デザインはだーひょーりじがされたという
ここでまた質問あり
こがちゃん、いくらでできると思う?
相当高いんじゃないかなぁ?

見事 はずれました。(賭けなくてよかった・・賭け事はいけませんよ)

しかし、このセンス、デザイン
すごいよ。

17日から仮面ライダーアート展を開催します
会場:みやざきアートセンター

こがちゃんでも左上の仮面ライダーをテレビで見てたぞ
弟がベルトつけ変身してた。



宮崎県社協訪問中

明日から2日連続
宮崎県庁職員向けの協働推進のための実践研修講座があります。

今回の講座で使用する機材を
ここ宮崎県社会福祉協議会にお借りにきています。

皆さんご存知?
お借りできること!

コガチャンは、ここ最近ネットで知ったんです。
身近にありながらまったく知らなかったんです。

情報は大事

リベンジの講座

こがちゃん「講師」したんですよっ!!!!
1年ぶりのリベンジ講師

実は昨年、講座を受け持たせていただいたら・・・師匠から見事赤点
撃沈・・・・悔し泣き汗をしたこがちゃん。

しかし・・・立ち直りは超早い

翌日、講師を再度させてくださいと
ぬーの会長に頭を下げ、頼みました。
あれから・・1年。

ぬーの様が会長の宮崎マンション管理組合の委託事業
22年度「マンション管理員講習」カリキュラム42時間のうちの2時間枠もたせていただきました。



当日の朝、朝早く出勤・・何をしているのかって?
仕事前に講座用のパワポを入れ替えたり削ったり・・・・。
完成したのを師匠が出勤してから見ていただきました
「頭で作りすぎるな!」と一言助言頂きました。
そうなんです!こがちゃんの悪いところ
伝えたいことがどんどん増えてピンボケするのよね
逆に全然伝わらないのよね。

そうそう、こうずまっちからも・・リハーサルはしなくっちゃ!といわれていたものの
全然していない。時間がなかった。
というよりも、どうもリハは苦手みたい。
当たって砕けろ本番にかけるタイプは高校生時代の当日朝づけ勉強(一夜漬けもしないのよね・・・)から進化なし。
我が息子に似ている困った


お客はどんな人なのか?
何をどう伝えたら伝わるのか?
ポイントを絞り、相手に伝わるように話の進め方
体験談ではない講座の難しさ
まぁ〜聞くと自分で講座をやるのでは大違いよ!
難しい落ち込み
師匠の講演を聞いているこがちゃんは、簡単にみえて自分でもできそうな気になってたのよね。
こう思わせられる講師の凄さを知らなかったこがちゃんが未熟者でした。
昨年の講座で思い知らされ、心改め師匠の講座を初心にもどりしっかりその視点で学びました。


本日はそのリベンジの日
待ち時間・・・さすがに少し緊張(前の講座の講師が盛り上げているのか笑い声がドア越しに聞こえるとドキドキ。それも女性じゃん・・・だいじょうぶかなぁ〜)

でもこがちゃんは、こがちゃん!なのよね。
この「場」があることに感謝して
「はじめまして・・・」のあいさつから
ふしぎと緊張もせず進められました。


演題は「マンションのコミュニティー活動」と「マンションの高齢化対策」
マンション管理員を目指す方に2時間講習しました。
こがちゃんはマンションに住んでいるし、高齢者の介護も少し経験している
この体験をうまく講座に盛り込んで笑いあり涙ポロリもありの講座に組み立てました。

今回は100点満点中75点かな
1時間目の時間を10分勘違いして多くとっちゃたので、後半が少しカットになったこと。
グラフの説明がカンぺを見ないとできなかったこと。
講座中、教室内の移動が前だけで終わったこと
などなど・・が減点かな

今回、本当にいい経験をさせていただきました。
こがちゃんにとってこの2時間を迎えるまでの1年間は
長かったような短かったような

ぬーの会長から1年間で成長したねと褒められVまる

こがちゃんにとって一つ大きな壁を乗り越えられたような気がします。しかし乗り越えると
今まで見えなかった壁がまた見えるのよね〜。
師匠の講座のお手伝いすることで知らず知らずいろんなスキルを学んでいるこがちゃん。
いろんな場があることで、いろんな気づきや経験もさせていただいている
ものすごい環境の良さにこがちゃんはいることに改めて感謝しています。

今はとにかく自分の引き出しを多くすること。また師匠の講演スキルを真似をしながら学ぶことが近道。
こがちゃん、今年もがんばります力こぶ