CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年01月20日

原石

私が就職した時は・・・会社で人を育ててくれたいい時代でした。
今はどうかな?
自分自信も社会に出てすぐ業務とは別にそもそも論みたいな社員教育をカリキュラムとして受けた。
例えば受付の所作・・・お辞儀からお茶だし言葉使い。すべて体に叩き込まれる。これはできて当たり前のこと。訓練あるのみ。
その中で人を外見で判断してはいけない、固定概念はいらない かわりに自分でかんがえなさい。
そのためには、人に出会った瞬間その人からいろんな情報を瞬時にインプットし自分の中で分析し行動しろなど、いろんなシュミレーションで学んだ。


退職まじかの日、社長とこんな話ができました。

「君を採用したのは実は僕だ。それも総務部長の反対を押し切って・・・ね
君を採用したのは、久しぶりおおきな賭けだったよ。ハッハッハッ」

「・・・・・・・」(こがちゃん汗

5年かけて会社は新人を大事に育てる。

原石(新人)を会社は賭けで買う
2年間はたくさんのお金をかけて原石を磨く
3年目にその石が自分で輝きだすのをチャンスを与えて待つ
4年目はじめて会社にとってどうかなという人材になるが失敗はつき物
5年目やっと、会社に利益を生み出す人材に育ってくれ動き出す

即、実践力になんてならない新人
社会はこんな風に人を育てる仕組みなんだ。


長い人生の中で、短い期間この会社で働いた事
こがちゃんの働くということのベースになって、今でも活かせる「場」があることに感謝しています。

学ばないと、気づきも広がりも発想の転換もない
今までやっていたことを、ひたすら続けるなら機械と同じ
お金があればいいけど、お金はない、人がいないとなると働く量は縮小せざるを得ない
人の2倍働くには、体力だけで短期間はどうにかなる部分もある
でも人の3倍働くには知恵を使わないと限界が来る・・・

今の世の中お金がない。だからこそ・・
若いときの学びは大事
社会に出る前の大学生での学びはその人にとってものすごくおおきな素地ともなる

社会に出て、正しい学びができる「場」をもつところは、
必ず人が育ち、組織が継続し伸びると思うこがちゃんです。
学びは絶対無駄にならないと思う。


ところで・・・こがちゃんという原石の塊は、当時輝いたんでしょうかね?
いつか、元社長にうかがってみようかな?
というのも・・退職して20年近くたちますが、
いまだに元社長ご夫婦に、年賀状やお電話で可愛がってもらっています
(できの悪い子ほど・・・・??)
きっと いまだにまだ磨かれていないと笑い飛ばされるはず・・・

2008年01月19日

人を育てるNPOin宮崎

今日は宮崎県都城市の連続市民講座の第一回目
あれ?おいちゃんと一緒にいる人はだあれ?メガホン



第一回目の市民講座講師はおいちゃんめがね
おいちゃんは皆さんご存知のように、宮崎県NPO活動支援センター長で、今日の講師依頼もこの肩書きでおねがいされている。
おいちゃんの肩書きは・・・まぁたくさんあるびっくり
その中の一つが、NPO法人宮崎文化本舗の副代表

この法人、九州でも超有名な法人です。
スタッフも30数名、いろんなことを手がけ事業高もすごい

すごいのは収益だけではない
ここは・・・人を育てるNPO法人なんです
こがちゃんだけが感じているわけではない。

NPOにとって「人」はキーワードといろんな講座で言われる

分かっていても、人が集まらない、引き継ぐ人がいない、と人が育たないと口をそろえて皆さん言われる。こがちゃんもその経験者だから、よ〜く気持はわかる
市民活動している人にとっては、永遠のテーマになるぐらいこの「人」で悩むものです。

今日は・・宮崎県立西都原考古博物館
の運営支援事業をしている宮崎文化本舗の新人スタッフS君。おいちゃんの講座の受講させています。
写真は講座前の腹ごしらえで、レストランに入ったところでした。

一般企業と違う考え方もあるNPOを、体で感じ・頭で考えられるいいチャンスです
それも NPOの講座を全国でされている おいちゃんから、直に・・・

ただ、NPOでは普通は事業に終われ、その人がいないと回りが困り
勉強は必要とわかっていても、一日出張扱いなんて出来ないところがほとんど!

でも人を育てることは、その団体にとっては
遠回りのようで、ものすごい近回りなのかもしれない
特にこれから力になるかもしれない若手!

4回連続講座をすべてを受講させるといわれる文化本舗の人づくりはすごい。
こがちゃんは、以前団体(小さな)の代表をしていたのよ・・・
ベクトルをそろえるためには学びが必要と感じていた。だって成功しているところは、いつも学んでいるんですよ!
団体の中で一人気がついても時間帯だったり、業務に支障があるなどいろいろと・・・
「学びは必要なんだ」と言える仲間を見つけられなかったことは今でもおおきな悔いです。


だからこそみんなで学べる「場」がある、みんなが学ぶことを理解し認めてくれる、・・・この体制がどれだけ羨ましかったことか。

さぁ4回終了後
学んで感じたことを・・今度はいかに現場で活かすか?気づきがあるか?

後動くのは、S君次第です

頑張れ〜びっくり

センター試験初日

今日はセンター試験初日

ふ〜ん!
じゃないのよ・・・この日を迎えた親の気持は・・・・

昨年娘がセンター試験を受けました。
前期は在校している市であるから・・いいんだけど

宮崎では公共交通の便が悪い。
自転車ではいけない距離。
なので・・・高校から貸し切りバスが出る(個人負担)

センター試験は、ほんとうに体力勝負だと感じます。
2日間朝から夕方まで集中力をいかに持続させられるか?

親としてしてあげられること
願うばかりの2日間

母は脳みそに栄養が行くお弁当をと本を購入したり、カイロを持たせたり・・・
あっ!思い出した
お弁当に受験時、母からの愛メッセージを貼り付けてた
これで、気持の切り替えができたらと・・・言葉を添えた。
(まぁこの言葉を考えるのに1週間考え続けた・・)
帰宅した娘のお弁当は空。メッセージはどこかにいってる。

でも・・・いつだったか、文集かなにかに感謝の言葉を書いていたのを読んだ。

そうそう
帰りの貸し切りバスは
収容所に行くバスの中ってこんな感じかも・・
と言うバスもあれば
妙にテンションが上がっているバスもあったと話していた
バスの中もいろいろ反応が違うと言うわけ

あれから・・・1年たったんですね
短いようで長かったように感じる。

娘の友人は、今日明日と再チャレンジしてる。
行きたかった大学にストレートで入学できた娘は・・
センター試験のニュースを見て、初心に戻ったかな?

市民講座

宮崎県都城で連続市民講座が今日からはじまります。
初回は宮崎県NPO活動支援センター長のおいちゃん
第一回目の講座って、ある意味講師の手腕が試される
いろんな事が学べるチャンス!です。
また報告しますね

2008年01月18日

リハビリ打ち切りとひきこもり

認知症と脳梗塞による右半身麻痺の舅の話
病院を4ヶ月で退院(強制退院ともいう)、かあさんの家に退院と同時に入居して
2ヶ月半
入院中続けていたリハビリも、訪問リハビリに切り替えた。
介護保険内で週2回・毎回30分ほど受けている
入院中のリハビリ病棟のように、毎日理学・作業・言語療法は受けられないけど、
今、生活するうえで、自分で出来ることを訓練している

といっても若い人のような訓練ではない
毎日少しずつ筋力維持を目的としている運動。
毎日立ち上がる練習を10回する程度
でも、ひと月たてば、びっくり!出来るようになるんです。
金も100歳・銀も100歳のおばあちゃま、皆さんの記憶の中にあると思う。
寝たきりだったお婆ちゃまが、TVに出ることで婆車で外を散歩できるまで筋力アップしたのには驚いた。
人間・・・気持があればどこまでも伸びるすごい生き物です。

舅もそうなのよ!
脳梗塞後寝たきりになるかなと思っていたら・・・装具と杖と介助者で立つ事ができるんです。
今はベットからトイレまでの1メートル、介助があれば足を前に出して歩けるんです。

しかし・・・
行政は老人のひきこもり防止などという?な理由で
3ヶ月で集中訪問リハビリをいきなり打ち切ろうとしている。

リハビリなどは、それぞれの病状や突然回復しだすなど、ケースバイケース
病院でもこれからリハビリの効果が楽しみですねって職員とはなしていた時に、
これ以上入院は出きませんと言い渡され、退院した。

そして今度は・・・在宅訪問リハビリが出来るかあさんの家に入居して、人間らしく生活できるようにとケアプランを立ててもらったのに・・・
3ヶ月でこれまた打ち切られそうな雰囲気。ただでさえなじむのに時間がかかったのに・・
舅は段階的でないと混乱するんじゃないかな?

そこでこがちゃん、もう同じことさせません。
じゃーどうする。
舅のために何が一番最適なのか考えました!
まず、医者と理学療法士からの医学的見解をだしてもらい、
正しい判断をもらい、家族が納得するまで話し合う
それから、それを舅担当のケアマネに相談。
家族は素人で分からない。だから言われるがまま・・なんてことをしない
家族が納得するまで聞いたり・調べたりして主導権を持つことが大事だと感じる

こがちゃんの出番です。 舅のために今回、動きましたよ走る
言語障害と認知症の舅。笑顔や意欲がでている表情が一番の答えだと感じます。

まるうまくいきそうな予感です
勝手にハイこれでおしまいなんて、絶対おかしいんだから・・・・
でも・・動かすのはなかなかだよ

いいお天気in宮崎

宮崎の朝
いい天気でしょう。 この空を眺めると・・元気が出てくる

南国のこがちゃんから元気のパワー炎
皆さんに送ります


元気になったかな笑顔 そのうちなるから・・・大丈夫!
今日も一日頑張りましょう笑顔

2008年01月17日

CBって何?山口純哉氏講演

宮崎県立図書館
昨年から・・なんか違う

本を読む・絵本の読み聞かせ・受験生の勉強室等が図書館だと思っていた。
でもこのほかに大きなミッションがあることを、先日の片山氏の講演で初めて知った。

これが分かると・・なんで県立図書館がこんな講座をしているのかがわかるんだなぁ〜!

県立図書館の総務企画課の髭のM氏 初めにこの話をされた。

そしていよいよ・・山口先生の講演が始まります拍手

えっ汗レジュメの紙1枚  パワーポイントの紙は印刷していません!といきなりニコニコ顔でいわれた
こんなの初めて!
実は環境を考えていらっしゃって・・無駄な紙は使わない。必要と思う部分をメモしてあとでほしい方のみメールで送りますといわれる・・・・妙に納得のこがちゃん。

そしてCO2排出を考え・・いつもは車なんですが、今日は飛行機で着ました!とおち付きの面白い話から始まった。

でもこの先生面白いだけじゃない。阪神大震災復興の街づくりに入り込んでいらっしゃった。
ここで見たものの一つに・・
無償のボランティアで毎週土日大阪から人のために頑張っていた人たちが・・・
頑張れば頑張るほど、仕事そっちのけで・・・仕事をなくす
家族のケアをそっちのけで・・・家族をなくす

なんかこれってすんごく大きな問題であり NPOの大きな課題だと感じたこがちゃん。

長崎のNPO法人子育てネットワークの実例を元にCBのわかりやすい話しを紹介
そのなかでいろんな気づきがある。そうか・・と分かったこともたくさんあった。

でもね・・・コミュニティが簡単に成立するなら
とっくの昔、行政がまとめていただろう
ビジネスが成り立つのなら・
とっくの昔に企業が入り込んでいただろうと言われた

そしてなにより、社会が良くなると環境もよくなる
すると・・このCBビジネスの事業規模は縮小し経営悪化になる

えっ!じゃどうしたらいいの・・・疑問だらけ
今日の講演
聴けば聞くほど分かるんだけど
分かると尚更わかんなくなる部分が増えてくる

CBは一つの手法で選択肢の一つだということはわかっても・・・・・???
なんか難しいなぁ〜 じゃーどうするのがわかんない。おおきな壁が見えた。
こんなときってツールと経験がないとすすめないことはなんとなく感じる。

ア〜こがちゃん もっと続きが聞きたい・知りたい・・・
でも今日の講座は「CB 概論」
たった1時間半で、これだけわかればまる いろんな気づきと同時に課題もいただいたことはおおきなまるでした。

皆さん一生懸命聞かれているのが分かるでしょう。おっと宮大の根岸先生も今日は聴講生の一人でした。

この後の懇親会でもし先生とお話しできることなら、すごく分かったけど、分からなくなったこがちゃんのもやもやを質問してみたいです・・

バイキング


今日のお昼は久しぶりに友人とバイキング。
つまり食べ放題

はい!もととるよ〜

宮崎山形屋という百貨店があるんだけど
新館にこのお店「ワールド・グルメバイキング アレッタ」がオープンして
連日大人気ですごいとは、聞いてた。

でも。。。こがちゃんと友人は、そこまでして行かなくてもいいよね!という性格
落ち着いた頃を見計らって、のんきに行くタイプ
今頃いってます・・・。
ほらね大正解。すんなり入れた。

いくら食べても 1500円

友人とふたり・・・お皿4枚完食
歩けないほど食べました。
帰り際鏡を見てびっくり
なんと、お腹より胃がでてます(>_<)

ここで面白いもの発見
チョコレートフォンデュー
これは百聞は一見にしかず・・面白い。
今度はあなたと一緒にいくからね!ラブ

宮崎の地鶏に舌鼓

今、宮崎といえば東国原知事効果で 「宮崎地鶏」 は全国的に有名になった。
地元宮崎で県外の方を接待でを連れて行くお店の一つに・・・ここ軍鶏(ぐんけい)がある。

実は、こがちゃんこのお店初めて行ったのよ
だって主婦は・・・夜、出ることなんて子どもが小さいときは出来ないものなんです!
上の子が大学生になり、息子は中学3年、そして何より旦那の理解もあり
結婚して始めて夜、でられるようになった こがちゃん。


感想は・・・うまい!

鶏の刺身も絶品
おっ!宮崎大学の根岸先生・・・「やっぱおいしいですわ〜」と一つ一つ味わってたべていらっしゃた。
その横で・・・どなたの手? 伸びてます・・・!

2008年01月16日

懇親会中

ただ今懇親会中 
 



今晩は凄いメンバーと一緒に飲んで語らい・・・熱く盛り上がっています。
メンバーは・・・
今日のコミュニティービジネスの講師:長崎大の山口先生キラキラ
宮崎大の根岸先生ラブ
そして
宮崎文化本舗代表 石田氏
同じく副代表 井上氏
宮崎県立図書館 の巻氏をはじめ美人職員勢ぞろい

それと日南市で子育て関係の団体で頑張っているYママ


講師の山口先生と名刺交換できるチャンスなんて・・めったにない!二度とない!
ミーハーなこがちゃん・・・ドキドキドキドキ大ブタ

と、突然先生から 「あなたが・・こがちゃん?」と言われた。
へっ?
なんか一瞬状況が分からなくなった・・・
だって山口先生は、長崎大のすんごい先生
こがちゃんは、ただのなんもしていないおばちゃん。
なんで、こがちゃんのこと知ってるの?

そのあと、お話しさせていただき分かりました電球
なんとこのカンパンのブログを見ていらっしゃったんですよ。
先生はおいちゃんめがねとお知り合い。
なので・・・おいちゃんのブログにリンクさせていただいている「MAMAのすったもんだ」のこがちゃんを見て下さってて・・・
まぁいろいろ書いていることウインク・・・ご存知だったというわけです。
なんかすごいと思うキラキラ

今年度は、こがちゃんに足りない お勉強を頑張る年にしてました。
かっこよく言えば充電期間
なので、いろんな講座を受講させていただき、ブログで(好き勝手)感想を書いている・・・
それについて
「毎回、自分なりの目的を持って、講座に参加しているこがちゃんなんですね!」と
先生に言ってもらえ なんか、嬉しい限りで舞い上がってしまった〜

それにしても ブログのすごさを感じた夜月でした。
日本財団さんのカンパンとの出会いがなければ、こんなことは絶対ないことです。
大感謝ですラブ