CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年08月20日

シークレットだけどメタボ腹に効く

ビリーズブートキャンプ体験レポート(11日目)

驚きました!
三日坊主のこがちゃんが、ビリーズブートキャンプを始めてから11日たちました。
ブログで宣言したのがいいのか・・?ビリーズさんがすばらしいのか?
めったにない〓
ということで、この11日を振り返ってみたいと思います。


- 4つのDVDがあるんだけど、「基本プログラム」だけしかやってない。(やれていない)
- 朝わすれてごはんをたくさん食べたら気分が悪くなり1日できなかった。
- ビリーバンドは使わず。(使ったら死んだ・・)
- 腕立てはひざをついて。(後半はひざをつかないで少しは挑戦するように心がけてはいる)
- 高速腹筋はまったくついていけない

という感じです
あさ8時から9時までの1時間、ブートキャンプ隊長と、 「サーコゥ!!」 (訳:こんにちわ)で汗をかき、ヘロヘロ落ち込み顔でシャワー浴びすっきり。30分で別人笑顔に変身キラキラ
こがちゃんにとっては、この時間が続けられる秘訣かも?
夜、お風呂に入る前にされているという方も多い。
でも一軒家でないので、こがちゃんが飛び跳ねると・・ドスンドスンと階下の人がびっくりするので・・・この時間は遠慮しています。

でもね・・聞いて
お腹の肉が若干だが締まった気がする・・・
こればかりは映像は見せられない。シークレットダメ

おもいっきり汗をかくってほんと気持ちいい。快感よ
ストレッチで硬い体が少しでも柔らかくなり、よっこいしょ!の掛け声がすくなくなった。
2日間、すこし筋肉痛だったけど・・不思議と筋肉痛にならないのよね。ストレッチ効果かも!

体重は減らないけど、メタボ腹には効きそうよ!

ブートキャンプの ビリー隊長は、テコンドーは黒帯7段を取得し、空手においては“World Karate”のチャンピオンに7回もなるほどの腕前だ。“最強の51歳”の呼び名は伊達じゃないっ
 DVD中、ビリーの右側で一緒にエクササイズしているすごい腹筋の彼女はシェリー・ブランクス。そう、ビリー隊長の娘さん。14歳の時に柔術のジュニアオリンピックで金メダルを獲った経歴を持ち、テコンドーにおいては黒帯5段を持つ、筋金入りの格闘家だ。ブートキャンプのトレーナーとして、ビリー隊長をサポートされている。 隊長の奥方、ゲイル婦人の連れ子らしく白人…。

閉めきった家は暑い(>_<)

舅が入院中、暑いけど留守宅の風通しと掃除もしとかないとね。つくつくぼうしがなきはじめました。

2007年08月19日

SOSブログ書けない

なんでかわかんないんだけど
個人ブログにログインしたら、システムエラーになり
一日中書き込みが出来ない。
最新記事は上がっている・・?・?・?

まず・・
こがちゃんのパソコンがおかしい?と疑った

主人を次に疑った。
いつもこがちゃんのブログをみているのはかまわないんだけど
勝手に編集記事欄を開いている。・・だから、なんかへんなことしてない?ときいてた次第!

3番目にに宮崎市のブロガーが、嫌われてる?
我らがおいちゃんも書けない情報を入手パソコン
これで・・・3番目の疑いに絞り込んだ

カンパンの荻上さんSOS注意ですぞ。

2007年08月18日

ヒアリング初体験

あのさぁ・・スーツ着て
先日、協働について・・・ヒアリングをしたのよね。NPOの立場で、こがちゃんが・・・
それも宮崎県庁の行政マンに、

いや〜めちゃ緊張しました。
しょっぱなから行政マンのペースで進め・・・られました(反省)
強力なアドバイザーと一緒だったので、助けてもらい
いいお手本を見せていただきました。
こがちゃん、ものすごくお勉強になりましたメモ
しばらくNPOから遠ざかっていたので頭の回転が悪く(いつもだろうといわれそう!)ついていくのに必死。
やはり「場」の経験は、何よりも大切だとおもいました。


ヒアリングとは限られた時間内でいかに相手から多くの情報を引き出すかが重要なんだけど・・
効率的/効果的なヒアリングを実施できるようになるには・・テクニックも必要みたい。
傾聴の姿勢などなど

またたくさん勉強することが増えた笑顔



すったもんだ!ありすぎ・・

こがちゃんのすったもんだはいつものことで慣れているはずだが・・・
なんで?と思うぐらい「すったもんだ」が多い。
平凡な日々がつまらないという方がうらやましい・・
スリルとサスペンス並みのドキドキ・バクバクを日々体験できる(笑


昨日は県外にいる大学生の娘が、朝6時からSOS黒電話
夜更かしのかっこつけマン男の子のおかげで夜中の3時過ぎ寝たのに・・・6時!ダッシュ
母はあらゆる対応が出来るようにと・・無理やり鍛えられます。

内容はパソコンのWクリックの架空請求でした・・・
ただ・・
インターネットのアイコンをクリックしたらいきなりバッバッ・・と画面が変わり登録完了になったらしい。
寮なのでプロバイダー契約は大学。 請求金額が94000円と聞いたことがないパターン。
一応、消費生活センターと大学に連絡入れ確認するように言った。
娘は・・ドキドキで怖くなったみたいです。大変な経験をしました・・

昼からは舅宅の駐車場の屋根が台風で壊れてかけてる連絡あり・・
工務店に連絡いれ、危ないので撤去してもらった。
作業途中、高校野球で地元宮崎県の日南学園の仕合が延長戦に〓
もう仕事そっちのけで、おじさんたちと一緒に「いけー」と応援
でも、負けちゃったのよね・・

皆さんそれからがっくりして・・・お仕事に戻りました。
何もない平穏な日が来ますようにと・・
その日はぐったり疲れて、ブログもアップできずに寝たんだけど・・・

今日は・・・出かけようと思ったらエンジンがかからない
車が動かな〜い汗
ディラーに慌ててSOS電話携帯をして
早速、整備士さんに調べてもらったら・・
すごい!原因がわかりました電球
盗難防止装置が誤作動して・・この車の鍵を認識してないらしい。お利巧さんすぎ・・落ち込み

いろんな機能がつくと、修理も電子パネルなのですぐに出来ない。あ〜あ レッカー車でお引き取りとなり、一時入院です。困った



今日は、何にもなかったね!といえる日は・・いつ来るんでしょう?


冷や汁 宮崎の郷土料理


冷や汁(ひやしる、ひやじる)は日本の郷土料理。山形県・宮崎県・埼玉県に、同名でそれぞれ別の料理があるらしい


宮崎県の冷や汁
冷たい味噌汁を冷ました麦飯にかけて食べる料理。宮崎県の郷土料理として有名といわれていたのに、いまだ食したことがなかったこがちゃん。なーんとお昼にいただいちゃった。
さっぱりとして喉越しもよい。
なんともいいがたい料理です。
殿方・・二日酔いや夏バテによく効くらしいよ。まさに夏の家庭料理だね。


お昼を一緒に食べた宮崎県人(賢人)の友人から、食べ方を習った。

炊きあがった、あつあつのご麦飯を少し大きめのお茶碗に8分目ほど盛り、出来た冷や汁を 容器の下からすくうようにして、お茶碗に汁をが見えるくらいまでたっぷりかけて、人の目を気にせず、かきこむように豪快に食べるとおいしいらしい。
ただ女性の場合・・がーっとは、いただけないので
お椀の端に食べる分だけお汁をいれ・・お椀に口をつけてかきこむとベチョベチョにならずに最後まで美味しくいただける。

詳しくは・・ここを参照されるといいかも

2007年08月16日

宮崎県庁ライトアップ写真

おまたせしました。闇に浮かぶ姿が幻想的な県庁本館ライトアップの写真を紹介。


夕方7時で・・残念。
県庁も入れない(知事は残業しないよね・・)カフェテラスもしまってました。
う〜でも7時半にはライトアップするぞ!
蚊に刺されないように県庁前で待つこがちゃんファミリー。


7時半になりました。なんかボーっと明るい?周りに観光客が増えてきた。

すごい・・荘厳な雰囲気。観光タクシーが次々きます。

昼間は噴水です。水面に映る県庁も素敵・・・と思いませんか?


じゃーん!これがライトアップされた県庁です。
ライトアップされた県庁の色がグリーンから白に変わる。
きれいとはしゃいでいたら・・周りの観光客が県庁バックに写真撮っている。新聞はうそでなかった・・

しかし、知事が代わればこうも変わるものかと・・・・・
太陽光発電と風力発電を使っているらしい・・・けどライト自体は県民の税金だよなぁ

こがちゃんファミリーは地元の人間なんだけど、観光客に間違えられ(博多弁で話せば間違えられるでしょう・・)
警備員のおじちゃんがいろいろパンフなど持ち帰りなさいよと親切にしてくれた。
地元の人間も知らない情報が満載のパンフレット

そうなのよね・・
地元なのにしらないことが多い。このパンフを片手にあちこち食べ歩きしてみたい。
実は県外の方に宮崎のよさを紹介できないことが、ずっと悩みの種でした

なんとなく観光に興味あるこがちゃん・・
これからもいろんな宮崎のよさを発信できたらいいな〜



すでに遅しで閉まっていた宮崎県庁ツアーは
こちらをクリックしてね・・・

宮崎県庁お盆観光

お盆休み楽しかったですか?あっという間に終わりましたね・・

宮崎はずーっとお天気悪かった。なのに休み明けたとたんお天気じゃん・・いじわる落ち込み


どうも今日はのりが悪い
休みボケしているのかなぁ?
しないといけないと・・・わかっちゃいるけどどうも動きが鈍い。

お盆休み中
朝、ブートキャンプで汗流し、昼寝をたっぷりして
夜は目がランラン!遅くまで韓国ドラマ(紫禁城)を一人楽しんでいた
たった3日で夜型に体がなじんでるダメ

かっこつけマンもそろそろ夏休みの宿題てがけないとヤバイ・・と、本人わかっちゃいるけど、他のことばかりしている。まだ大丈夫!が一番危ない。
親まで手伝い要請が来る可能性大。

そろそろ心身ともに切り替えをしなくては・・・ ね!


話しは変わりますが
昨晩、有名になった宮崎県庁のライトアップキラキラ見に行ったんですよ。
宮崎県民なのに知らないのは、いけません!と乗り気でない息子を連れて
キャーキャー楽しんできました。
今日の新聞に「県庁お盆観光連日5千人超す」と出ていた。

なんかすごい・・
写真を撮ってきたので・・また後でアップします。お楽しみにOK

2007年08月15日

博多の方言「歯くそ菓子」

子どもの頃 お盆祖母宅行き、送り火の準備をするのは、祖母でした
孫たちは、お手伝いをします。
そして仏様のお土産を作るとき一緒に、お盆のお下がりをいただけるのがとても楽しみだった
珍しいお菓子や果物などきれいな箱を開けるたびにわくわくした。
この中に落雁もあった。母が好きでいつもこがちゃんは落雁をいただいた。
今の安い落雁は、食べられず捨てちゃう。
でも盆菓子は、なんで落雁なのでしょうね?


こんな話しを聞いた。
良寛さんが病に倒れ衰弱した時に
「白雪羔(こう)少々御恵たまはりたく候 以上 十一月四日 菓子屋三十郎殿 良寛」という短いもの(新潟県柏崎・木村家蔵)で、死を翌年に控えた文政十三年(1830年)十一月に出雲崎の菓子屋にあてた手紙が残されているそうです。

また江戸時代の川柳に              
「七人目白雪こうで育て上げ」(柳多留)

江戸時代の製法書によると、白雪こうは米粉、もち米の粉、砂糖に蓮の実の粉末などを混ぜ、押し固めて蒸すもので、口に入れれば雪のように溶けることから、その名がついたとされ、江戸時代には砕いて湯にとかしたものが母乳の代用にされたと。

落雁との違いは落雁は熱処理した米粉を使うのに対して、白雪こうは熱を通していない米粉を使い最後に蒸すという方法であるということ。
別の説には算木餅といって、長方形の長餅に包丁の目を入れて二つに折ったもので薬菓子であった、ということです。
大阪や京都では落雁イコール 「はくせんこ」 としてよばれているようです。
どちらでもいいことかと思いつつも、謎解きをしよとすると謎が深まっていきます。
でもお盆に飾るお菓子が良寛さん、お坊様の好きだったものと分かったのはなんだか嬉しいかな。どなたか教えてください。


そう!!すご〜い言葉を思い出した。
歯くそ菓子
わ〜懐かしい言葉。こがちゃん大好きだったんですよ。

主人に「知ってる?」と聞いたら下品な言葉だといわれた。
お下品でごめんあそばせ・・・でも博多弁なのよ。
歯にはさかるお菓子。カールやマリーなどビスケット類のこと。
「はさかる」って分かるかな?  歯の間につまったり、歯にくっつくこと。

『海援隊』のコンサートで武田鉄矢が「お母さんが初めてビスケットを食べての感想が
『これはビスケットやのうて、歯くそ菓子や』って言ってた」って言うのを思い出した。

方言っていいと思いませんか?はくそ菓子という言葉・・・好きなんだけど、宮崎では使えない・・・

終戦記念日

テラスから外を眺めていた
突然お昼の12時にサイレンがなった。

今日は、終戦記念日です。

平和な空を見た・・
幸せなんだと実感した。
と同時にもし・・と思った瞬間鳥肌が立った。


こがちゃんの伯母たちは、福岡大空襲を体験している。
ソフトバンクホークスのドームがある近くに住んでいた。

お盆には・・いつもこの話を聞いていた。
空襲後、家の近くを流れるひい川に・・ぷかぷかたくさんの遺体が流れていたこと
焼い弾が真昼のように明るかったこと

兄弟が多くて助け合いながら、防空壕に逃げ込んでいたこと
家が火事でなくなり
バラックで家族10人住んでいたことなど

そして祖父母のお墓の横に、餓鬼様を祭っていること・・・
お墓ではよそのを哀れんではいけないといわれた。霊がとり付くから

でも・・戦争でなくなった子供たちには誰が供養するの・・
と祖母はお菓子を置いて拝んできた。
今は伯母がしている。伯母がなくなれば・・誰もお参りしないぐらい小さな墓
こがちゃんは・・伯母達がなくなった後お参り続けるようにいわれている。
菩提樹の下のちいちゃなお墓
何十年も行ってないけど忘れられない



平和な世の中に生まれたことに感謝しないといけないのかもしれない。
数年前、家族で知覧にいった
特攻隊の少年兵(当時娘と同じ年)が書きつづった手紙をみて・・
胸が締め付けられる思いで
戦闘機が憎く感じた。

当時、小学生だったかっこつけマンは、記念館に入る前には戦闘機を見て目をきらきらさせていたが
帰りには・・・無言だった。

こがちゃんは、戦争を知らない
平和な世の中で、母になりこどもを持った。
大切な愛する子どもを戦争にかかわるために、必死で育てちゃいない。



旅順口包囲軍の中に在る弟を歎きて

与謝野晶子作詩


ああおとうとよ 君を泣く
君死にたもうことなかれ
末に生まれし君なれば
親のなさけはまさりしも
親は刃(やいば)をにぎらせて
人を殺せとおしえしや
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや

堺(さかい)の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて
親の名を継ぐ君なれば
君死にたもうことなかれ
旅順(りょじゅん)の城はほろぶとも
ほろびずとても 何事ぞ
君は知らじな あきびとの
家のおきてに無かりけり

君死にたもうことなかれ
すめらみことは 戦いに
おおみずからは出でまさね
かたみに人の血を流し
獣(けもの)の道に死ねよとは
死ぬるを人のほまれとは
大みこころの深ければ
もとよりいかで思(おぼ)されん

ああおとうとよ 戦いに
君死にたもうことなかれ
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまえる母ぎみは
なげきの中に いたましく
わが子を召され 家を守(も)り
安しと聞ける大御代(おおみよ)も
母のしら髪(が)はまさりぬる

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻(にいづま)を
君わするるや 思えるや
十月(とつき)も添(そ)わでわかれたる
少女(おとめ)ごころを思いみよ
この世ひとりの君ならで
ああまた誰をたのむべき
君死にたもうことなかれ



この詩
子供を産み、育てる前には、わからなかった。