CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月21日

経尿道的尿管ステント留置術

本日 『経尿道的尿管ステント留置術』という手術?をいたしました。
手術といっても 尿道から通していくもの
こがちゃんの腎臓は腫瘍のため おしっこが腎臓から膀胱までの通過障害をおこし
水腎症になっているらしい

これからの手術や腎臓を守るために、やっておかなければならないんだって

先生の話は、麻酔もいらず婦人科の検査よりいたくないらしい。
ただ腫瘍が尿管を押したり、炎症起こしている場合は入らない場合があるといわれた
「まぁ大丈夫だろう」と言って下の階に移動し
まな板の上の鯉(こがちゃん)
 
ぐいぐいっと尿道が開かれ・・・・・・・ 痛いじゃん怒り
結構痛いぞ!

「尿道が狭いって言われたことある?」

「ありません・・・」

と答える中で、ぐいぐい尿道を広げられてる?・・・・汗う〜まぁそれからステントを入れているんだろうけど
最高におしっこがしたい感じと痛みの連続で、まったく余裕なし〓

トータルで約60分強 我慢・我慢・がまん

男性は麻酔をするらしいが 女性の場合は麻酔なしが一般的
どうにか終わった。達成感なし 
「痛かったぞ〜先生!!!!!」

まぁ炎症がひどいほうの左だけでよかったから ほっ!

術後はじめておしっこしたとき
なんか変?空気が一緒にでてくる感じ
膀胱炎がひどくなった時のようで、違和感あり
ちくちくする
痛み止めですこし痛みが止まり、夕方5時家にどうにか帰りつきそのまま寝てました。

寝てても頻尿と左わき腹下の嫌な感じが続く
それと残尿感

どのくらいつづくのかな

ただ・・・先生から 
術後またこのステントを抜いて腎臓の腫れをみて
悪ければ、そのステントを交換しなければならないんだって

腎臓守るために仕方ないが・・・痛みを学習するといやだなぁ〜


幸せのコーヒー

今日は朝から西都でお仕事
ひとつお仕事が終え
パンやさんでモーニングタイム笑顔

家では朝、
貧血のため病院で鉄剤を処方
のみ始めたのはいいが、むかむか
今までみたいに朝、大好きなコーヒーが飲めなくなった。

なんか久しぶりにアメリカンコーヒーがおいしく感じ
しあわせなドキドキ大朝でした。

雨の宮崎



おはよー
雷さんがピカピカ雷ドンドンすごい雨です。