CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年01月20日

NPO マネジメントアドバイザー

今日は宮崎県庁に来ています。

宮崎県NPOマネジメントアドバイザー
こがちゃん県主催のこの養成講座に参加し、アドバイザーになりました。
1年目は1泊缶詰で講習をうけました。2年目は東京・横浜でNPOの中間支援団体やNPOの方々との意見交換などいたしました。
そして・・・この2年間、宮崎県内 アドバイザー派遣事業で情報発信などこがちゃんができる分野でのアドバイス等・・いたしました。
3年目 県内にいるアドバイザーのうち11名が県庁に集まり意見交換をする場が開かれました。

宮崎県は、税理士・労務士もアドバイザーで
この派遣事業に、NPO(法人に限られない)が応募すると年間2回まで無料なんです。



本日は、アドバイザー派遣について活発な意見交換がありました。

盆地君は・・アドバイザーがすべてを知っているわけではないので、アドバイザーを支援する制度もほしい
元気姫は・・認知度が足りない。かといって個々で県民に広げるのは難しい。アドバイザーのスキルアップは必要
肉まき君は・・小規模作業所のNPO法人化と第2第3世代の運営での疲弊に対応するためにアドバイスしてきたが、今本当に必要なところから派遣の申し出がない。
でも、掘り起こす必要性はいるか?自己責任では!

そうなんです。NPO法人になったものの初年度何を提出しないといけないのか知らない団体って結構多く、税務署から連絡が入りびっくり!てなことも多い


こがちゃんは・・・
アドバイザー派遣で、何がこの団体にとって問題なのか気がついてないケースが多く感じた。
アドバイザーは、ここに気がつくのも大きな役目で、アドバイザー同士のネットワークでいい解決法をアドバイスしていきたい。
この派遣事業、自己責任もあるが、いつものごとくお役所でまってても活発化しない気がする。NPOさん動いてくださいではいつまでたっても変わらない
動かなくっちゃ!
アドバイザーが1枠ずつでも持たせてもらえれば、枠を作らずこの事業が活性化するのでは
元気姫がいってたけど、私たちアドバイザーがNPOの窓口になれるといいなぁと思った。


今年度、2月の6.7日東京であるファンドレイジング2010に4名のアドバイザーが研修で参加することになりました。
こがちゃんは・・昨年行ったので、お留守番です。

スタッフ研修(イベント)

こがちゃん事務局を担当しているNPO法人iさいとでは
新人スタッフにイベントを担当させています。
これは新人研修の実践編でして・・代表命令です

スタッフは誰しもはじめは初心者
なので企画書はもちろん代表がつくり
講師も、予算オッケー状態にしてあります。

で、スタッフは担当を命じられるが・・・さて何をするのか?

もんもん・・・悩みます・苦しみます・もがきます。
こがちゃんもそうだけど
この企画書を何度も何度も読みこまないと
できないことに気がついてくる

この気づきはやってみないとわかんない


もちろんチラシ作りにはじまり、
当日のイベントの進行は大事
集客も大事
ネットワークの活用を学びます

でも
わすれちゃいけないのが
イベントは目的ではないこと

NPO法人が、なんのためにこのイベントをしているのか
スタッフ内できちんと共有し
発信する必要がいる。

NPOが、運動体なんだと少し理解するのに
NPO主催のイベント運営はいい題材です

代表の意図はここにあり!です