CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年08月21日

舅の熱下がる

「舅の熱が下がりましたよ!」
母さんの家を運営している理事から夜、電話があった。
心配している家族にとって、ほんとにありがたい電話です。

実は・・・舅が生活している「母さんの家」あおきでは・・
先日、末期癌で入居してされていた方がなくなった。


舅は、認知症です。脳梗塞の後遺症で話せません。
入居者と一緒に生活していた舅にとって亡くなられた方は家族同様。
家族以上の存在だったに違いないです。

様態がわるくなり
突然、居間に出ててこれなくなり食事も一緒にできなくなったのを
認知症の舅は、どこまで理解していたんだろう。

理事との話では、「全部分かっておられましたよ」と・・・
そうですか・・と答えたこがちゃんでした。

もしかして・・原因不明の熱は
これが原因だったのかもしれないと話した夜でした。

今、いつものように時間が過ぎていく母さんの家
でもいつもいるべき人がいないさみしさ
時間が解決してくれるのを待つしかない

ただ救いで
舅は認知症
短期記憶はすぐ消える
嫌な記憶もすぐ消える

いつものわがまま爺さんに戻る日は近いかもしれません。

この曲「手紙 〜親愛なる子供たちへ〜」聞いて

朝から涙が止まらない
この曲を聞いたから・・・


介護をするとだれしも思う
プロであろうとも
現場はすごい
認知症
叩かれたり、罵声をあびせされたりどれだけ尽くしても伝わらない心
日に日に弱るからだ、できるものができなくなるのを、ただただ見ている辛さ
逃げ出したく思う気持
報われない思い
親でさえ
なんで、こんな親がいるんだろうと疎ましく思うこともたびたびある

愛している、100%いろんなことをしてあげたい
でも
自分の生活をしないと生きていけない

必死です

いっそのこと
この親を無視できればどれだけ楽になるだろう

介護ってね、経験した方はわかると思う
毎日毎日ものすごい葛藤と闘い続けないといけない

そんな方々に
ぜひ聞いてほしい曲があります

樋口了一(ひぐちりょういち)[手紙 〜親愛なる子供たちへ〜
*赤字をクリックすると音楽が聴けますよ!

こがちゃんは、この曲を聞いて感じたこと
これから大事にしたいです。