CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年06月04日

楽しいワークショップ

ワークショップ
「職場に戻り、あなたが協働を進めるために何をしますか?」
気づくことを、付箋に書いていきます
行政は、一人10枚
npo担当は一人15枚

こがちゃんは・・・
書くよ〜
協働事業をした経験から、いろんな気付きが山山のようにある汗
30枚ぐらいは、とまることなく書き続ける
これを見た同じグループの行政マン…負けられないと必死で考えられます笑顔
まぁズバズバこれだけかくよね!なんてこと平気で書く

たとえば、
「行政が協働事業をよけいなお仕事と思わない関係づくり!」
「机上だけで片付けず、現場に来て活動を見てほしい」

苦笑いされます・・ウインク

さぁグループごとの発表が始まりました。
その中で、春から協働推進担当の坪姫さまも発表音量
すごいよキラキラ
「コーディネーターを目指す」と宣言
協働をすすめるには、パートナーを知ることが第一歩
力強いですね!


それに対し
npo法人宮崎文化本舗のウッチーも大宣言音量
宮崎文化本舗は中間支援事業をしているので
自分もこの分野を目指すとみんなの前で発表!しちゃんたんですね〜

だーひょーりじ、事務局長こうずまっち!聞きましたか
これをやりたいというやる気がある後継者がどんどん育っていく環境づくり
団体運営に大事なもの
がんばれ〜音量


この発表は、こがちゃんが入ったグループ↑
協働を進める上で何が必要か?
いろんなことが出ましたが・・
キーワードは、橋渡し
みんなでレインボーブリッジを最後に一本ずつ書いて、大きな虹を作り上げる作業もしました。
協働の「肝」は
行政も、npoも中間支援組織
大事な役目なんだと確認しあいました。

ところで・・研修会場でセンター長からこんなこと言われちゃって驚いた
こがちゃんは、アジテーターなんだって!

アジテーターって言葉知ってる?
こがちゃんが入ったグループは、何故かしら全部
どの班よりも早く全員が立ち上がって、あーだこーだと言い合うワークショップするグループになるみたい。
自分ではなんも意識してないんだけど・・


まぁ言われてみれば
今まで師匠の講座で学んだスキルを意識せずに、その場に必要なら使っているかな?
今日は、「魔法のスティク」という手法を使い、
全員が参加しているという場づくりをしたかな。

5回連続
知らない方と毎回ワークショップは、気も頭も使う
だから疲れる
でもね、それ以上にものすごい気づきやアイデアが浮かび自分自身のスキルアップにつながる。
この経験の場があることに感謝します。

センター長、宮崎県庁の岩様、ツンツン、坪姫さまお疲れ様でした。
今度は
協働推進のための実践研修ですね力こぶ





県庁でのお昼

楽しみなお昼〜

きょうげ弁当

ここは、普通の弁当屋ではないらしい

おはようin宮崎県庁

おはようございます

宮崎は小雨
こがちゃんは、県職員向けの協働推進基礎研修に出席五回連続講座の最終日

気合い入れてがんばりましょ♪



協働力アップ!
基礎研修はじまってま〜す。

宮崎県生活・協働・男女参画課
協働推進担当のツンツンが協働とは?についての導入編を話されています。
担当3年目!
文書を読むだけでなく、ご自分の経験や体験談をもとに
ツンツンらしさをだされながらの話しは、言葉が上滑りがない
いいですね〜


いろんな方の話し方を聞くとほんと勉強になります。
人前で、自分が伝えたいことを伝わる話し方
経験とスキルがいりますね!
こがちゃんも勉強しなくっちゃ力こぶ