CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年01月23日

ヒットケーキ


宮崎市にあるケーキ

日南市のニヒルなK様から教えていただいたスイートアリスのロールケーキ
なんで日南市の行政マンから宮崎市の情報を教えてもらうのか?

まぁ深く考えないでいきましょう!

行動することが一番よ!
早速買いにいきました。
まぁなんておしゃれなお店なんでしょう。
こがチャン好み。

帰宅!
「ただいまぁ〜 ケーキ買ってきたよ」
常日頃は、ノックしないと出てこないかっこつけマン
この言葉に素早く反応
のっそり出てきました。


ダイニングテーブルで大きめにカット
delicious
かっこつけマンと二人でほとんどペロリ食べちゃいました。
もちろん旦那にも一切れ残しましたよ。

こんな情報 いいよね〜。



今度はチーズケーキ買ってみよう・・・まる

協働に関する職員研修午後編


午後からの講演がはじりました。
師匠節 絶好調
昼食後眠いはずなのに
ワークショップ等も入り
脳ミソふる活用の講座が進んでいます。

いきなり・・東国原知事の顔が

知事、県民総力戦ばかり言っていると、県民から「県民、協力せん!」と言われますよ。
と講師が話されると・・笑いが

実はこのネタ・・ジニアスネタ!
うけた!


協働を考えたときどこかと提携しないといけない
まず、npoやnpo法人を考えられるといわれる

でも、行政は実態を知らない
市民も知っているわけではない
パートナーシップを組む相手を知らなくて組めますか?
ガンガン話が心に響く研修会

ここで研修の肝である
協働事業を進めるポイントわかりますか?

@行政と市民の仕事文化が違うことを理解する
だからこそ、協働するとおもわぬところでいい結果が出るんです。

A日本語なんだけど、方言を話していると思ってほしい。
たとえば・・
消耗品と備品
評価
違うんですよ!

行政は入口評価。市民は出口評価じゃないですか?
講師から言われてそうなんだと思っちゃった。
同じ言葉を使っても理解し合えない現実はここにあります。


だからこそ
行政の中間支援=通訳者と
市民の中間支援が必要になる。

なるほど・・・・と思う

協働に関する職員研修


研修会の開会で、副市長の挨拶がありました。

な・なんとあいさつされた副市長
こがちゃんのお勤め先西都原考古博物館を建てたときの職員だったらしい
いろんな思いをもって作られたようです。熱い心がバンバン伝わりました。
いろんなところで、つながるものなんですね!なんか嬉しくて思わずこがちゃんも副市長と話しちゃった!


100分の講演はじりました。
参加型の研修会
仕事文化の違い、官との差による対象の違いなどからどう協働を進めるか!

みなさんうなずきながら聞かれています


短い時間で、参加型の講演
普通、ワークショップだけで2時間は使う
この組み立てに今回は驚きました。

なぜなら・・
今回、師匠から座学とワークで2時間組み立てかんがえてみい!と言われ
「・・・・・・汗
あっ電球こういうのどうですか?といったものの
自分で却下
100人全員が参加できる講座ではない
難しい・・・

で!師匠はどんな研修会に組み立てられたんでしょう?

協働に関する職員研修

おはよう!
今朝は宮崎県日南市にいます。

8時半みやざきnpoハウスを出発
きれいな日南海岸を眺めながら・・1時間20分
無事会場に着きました。





日南市職員の研修会に参加
三回ある研修のフィニッシュです。

1回目はこの写真に写られている協働推進課のスペシャリストが
詳しくわかりやすく寸劇?をいれた研修だったらしい。

2回目は・・島根の原室長を招いての係長以上の研修

そして今回がまとめの3回目

講師は師匠
どんな研修会になるのか楽しみです。