CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年11月15日

宮崎県西都市の神楽

西都原ボランティア協議会の神楽事業
講座の後は本物の神楽をみて、感じています



おはようin宮崎

おはよう!

お天気でよかった!
今日はイベント実施日

イベントを通して
いろんな人とのかかわりや学びを
今回 楽しんでいます。

西都原ボランティア協議会の皆さん
ご自分たちのいろんなパワーを全開キラキラ
本当に考え、動いている様子が見えます

イベントは今日ですが
ここまでのつくりがとてもとても大事だと思いました



このみなさんのいろんな動きや努力
きっときっと
いろんな意味でいい形になっていくと思います。

これをこのブログではっしんできたらいいなぁ〜

こがちゃんも今日は裏方で精一杯頑張ります力こぶ
この事業・・宮崎県との協働事業

本庁の担当課からも今日は3人参加されるとのこと。

「協働」見える関係作り
肝です



博物館での準備作業

神楽の下見が終れば・・・
博物館へ戻ります

今回のイベント
日向神楽のお話もあるんですよ!
きよたけ歴史博物館の館長さんが話してくださいます。


夕方の6時
博物館閉館



今日は業務を一手にボスが引き受けてくださり
片付けてくださっています。

早速事務局みんなで会場準備

しかし・・・誰ひとりしたことがない会場設営
ここは博物館
学芸の方の協力を元に
準備が始まりました

みんな笑顔
業務後でみんな疲れているはず

みんなで力を合わせて
明日の参加者の笑顔を想像しながら
できることをひとつひとつ頑張る気持ち
スタッフの中でひとつになった実感。

なんかいいなぁ〜
イベントの魅力です

神楽下見打ち合わせ

昨日の風景

今回NPOの萱さんは、イベントの事務局サイドの責任者
主催の西都原ボランティア協議会副会長
ボランティアガイドのブリッジ徹さまと一緒に
15日のイベントの最終確認

実際、地元の神楽を参加者に見せるためにこの日に決めた今回のイベント
宮司さんから直接 説明もしてもらえるんですよ。

神楽見学の下見と
宮司さんと伶人会の代表の方に
ご挨拶


今回の事業の準備を通し
子ども達の為に、文化伝承のために
地域の方々が本当に「心」で応えてくださっていることが伝わります。

神楽の準備で忙しい中、わざわざ出てこられて説明してくださり
もうテンション上がりっぱなしのこがちゃん

ほんと知らないことばかり

こがちゃんが・・一番ワクワクしているのかもと
思っちゃった!

さぁ今日本番です。