CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年07月17日

ワンピースか?パジャマ?

こがちゃんの博物館での服装
スタンダードなスーツ姿やスラックス姿が多いかな!

だけど・・こがちゃんもおんなの子
気分転換したいときに、たまにスカートを着る

今日は・・・ニットのワンピースを着てのお仕事

こがちゃんのボスは・・
「おっ!どうしたんだ?」と聞いてくれたり
夕方雨の中体験館に集計に行くとき
「ドレスが濡れるぞ!」と気をつかってくれる
嬉しいですね・・・

とここまで気をよくしていたこがちゃん。

しかし・・
西都原考古博物館の学芸だったウエスト氏
突然
「パジャマ着てどうしたの?」と・・・

「はぁい?」

周りにいた学芸みんなが遠慮なく大笑いしている・・・
学芸のボスまでもが肩を震わせて笑っている
ひどいと思いません!

ここ博物館に来てこんなに笑われたの初めて・・・
でもね
笑う関係までになれたと・・・思いました。

しの笛講座NPO参入

昨日の心

昼間晴天、夕方から雲行悪く、夜雷雨

そんな中昨日は収穫あり
まぁこちらの報告を・・・
こがちゃん考古博物館にある古代体験館の運営支援担当しているでしょう。
ここ体験館で「夏休み体験プログラム」を企画されました。


今日、たまたま体験館にこられたお客様が・・・
な〜んと
「しの笛」を演奏されるプロの一座

今回の博物館体験講座に「しの笛を作ろう」プログラムが組み込まれていた

以前からどんな音が出るんだろう
と知りたくってしょうがなかったこがちゃん
ためしにとこの笛でちょい演奏を始められた一座の方・・・・思わず

「なんて素敵な音色なんでしょう!鳥肌が立ち心が震えました」
「ここにくる人たちに、自分の作った楽器が音楽になるんだという感動を体験してもらえるために、是非お力を貸していただけないでしょうか?」
突然の思いつきではじめた交渉
こがちゃんの思いをぶつけた
笛つくり体験を通して本物の笛の音をほかの方にも聞かせたい。この感動を体感してほしい
などなど・・

しかし・・・ここ博物館は宮崎県立です。いきなりの思いつきには予算がつかない。

失礼承知で
一座の座長に、上演料を無料でとおねがいするしかなかった。
交通費ぐらいは、NPOが負担しなければ・・即、宮崎文化本舗の副代表に電話をして許可を得た。
「いいぞ!」と即返事あり

やった〜まる

なんと一座の座長からもオフの日なら、大丈夫・・ということで2回もここ博物館に来てくださることで話がまとまりました。
博物館側がつくられたチラシも滑り込みで間に合い。演奏会の案内が掲載された
「音と色の企画展」中
すてきなイベントになりそうです。

皆さんも夏休みいらっしゃいませんか?

「しの笛をつくろう」体験講座


日 時: 7月30日(水)・8月20日(水)午前10〜12時
会 場: 県立西都原考古博物館 体験館
参加費: 無料
材料費: 実費(竹1本150円)



これってちょっと〜お得な話
竹1本 150円 材料費さえはらえば、後は全部無料
すてきな指導員から笛の作り方を教えてもらえるし、プロのミニコンサートもあるよ!

こがちゃんも会場にいま〜す!
お待ちしております。


NPOが関わると講座がこんなに変化する・・・いいと思わな〜い笑顔