CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年07月06日

市町村ボランティアコーディネーター研修会

パソコンが壊れた日にあった研修会。
全部パソコンに打ち込んでいたのでアップすることを諦めた。
だけど・・とても大事な研修会だったと後から感じ出してきた。
記憶をたどりながらまとめました。

市町村ボランティアコーディネーター研修会 報告
           日時 平成20年6月19日木曜日
           会場 宮崎県福祉総合センター

  10:00〜11:30(講 義)     
    講師 井上 優氏(宮崎県NPO活動支援センター長)
  11:30〜12:00(演 習)     
              〜昼食〜
  13:00〜15:30(ワークショップ) 
  15:30〜16:30(プレゼンテーション+模擬審査会)

「ボランティアしたことある方?」
まずこの質問から始まった研修会
手を上げた方が全員でないのに驚いたのはこがちゃんびっくり
だって・・・ボランティアコーディネーターの集まりなんだもん落ち込み

今日の講義は
「ボランティアコーディネーターに今求られるもの」

では講義内容を・・・思い出しながらメモ
講座は、現代の社会状況の説明から始まり、社会福祉協議会(社協)の位置づけについて問われている。

「社協は誰のためのもの?」そもそも論です。

受益者にではなく住民に・・好かれているのか?認知されているのか?開かれているのか?
カウンターパートとしてのNPOの立場の人間としてセンター長は
今日は受講者のみなさんに話を進められています。
立ち居地がよく分かります。

「社協は民間ですか?」と講師が質問。
参加者はなんとなく・・・首を縦に振っている。
講師ははっきりと「僕らは第2の行政と思っている」と言われた。
なぜか?
今日の講座は面白いまる

その前に・・
社協が目指すものロケット
「社会福祉協議会活動原則」についてきっちりおさえられた。

その中で、社協はどこに立ち居地があるのか?

皆さんはどう思われますか?
社協の職員にも、どんどんマイクダッシュをまわし質問するセンター長。

講座の中で実は、行政より・市民よりのどっちよりにも立ち居地がたてるのは、社協しかないということに気づかされます。

次に、社協になぜボランティアセンターがあるのでしょうか?と問われます。

そうですよね?

そもそも誰のためのものなのか?
こがちゃんでも受益者とはすぐ分かる。でもここでは市民にという視点で考えないといけない
すると自ずとボランティアセンターの使命や役割が見えてくる。


そこで、社協が介護事業をする意味はなんですか?
そう!大きな意味は収益構造
でもいろんな法人がする中で社会福祉協議会が行う大きな意味は・・
参加者の中でしっかりとこれを答えられる人が何人いただろう?
分かるため、気付くための講座が続きます・・

市町村ボランティアコーディネータに求められているものの話になります。

近所のおじいちゃん、おばあちゃんに分かる言葉で
現場に出てニーズを把握していますか?
相談者に寄り添った答えをだしていますか?

コーディネーターはアドバイザーではない
@解決能力を引き出して欲しい。
*エンパワーメント(引きだす力)は福祉の世界でよく使う言葉です
A必要とされる情報発信をする
Bニーズの集積より地域課題を考える
Cコネクターになっていますか?

自分の地域をよくしたいという気持ちがないとできない
地域の中で根ざせさせないとできない

参加者の皆さんはとても真剣に聞かれています。

「地域力」
全国の2位の宮崎 とても高い評価ですが・・・・こがちゃんどうも実感がないと思っていたら、
センター長が、「それをどう組織化するか?が、今後の課題」とずばり言われた。

やはり、今からの世の中
ボランティアコーディネーターに求められることは大きい。また大事なミッションをがある
全国組織の社協 今こそ本来の仕事をしてほしいと切望するこがちゃんです。

あっという間の1時間半の講座。そもそも論を学べました。
参加者はおさえましたの表現がぴったりかな?それとも学んだのかな?

では具体的な動きかた走るのスキルを身につけないとせっかく学んだことメモが活用できない。ということは仕事にならない。

引き続き、午後のワークショップの説明が始まります。


この講座を受けられる、与えられる環境があるここのボランティアコーディネーターさんたちは、
NPOの人間として、正直とてもうらやましいと思った。
こがちゃんも一応「ボランティアコーディネーター!」の肩書きがあります。
自信がなくこれでいいんだろうかと悩んだ。そして答えを探し学んでいる。
今回西都原の仕事を休んで、特別に参加させてもらったのも、そう!
参加させてくださいと鈴虫課長に頭を下げた。


参加でき本当に感謝しています。
しっかり勉強いたしております。

つづく・・・後半はワークショップ

インターネット故障?

もう・・・
またまた故障?

昨日インターネットの不具合が・・・・
ようは、メールもインターネットもつながらない。

こんなときに限ってメールで「確認してね」など連絡が入る。

旦那は、たまにはインターネットのない生活もいいもんだ
平気のへでいうが・・・
娘と母はたまったものでない。
とうとう娘が・・
「モデムが悪いのでは?インターネットの会社に電話した?」と問う

父は「やすみだ」とナンも確認せずに言い返す

娘は父の性格を把握している。確認すると、休みはないじゃん。
娘から休みの件指摘され しぶしぶ問い合わせの電話をする父

先ほど業者さんに来ていただき調べてもらいました。
とりあえず応急措置。インターネット使えるようになりました。
後日しらべてもらうことにも

なんか最近パソコンのトラブルが多い我が家
暑いからかなぁ〜?

たなばた


帰省した娘と買い物
食料に洋服に靴・・・などなど
1年半一人暮らしをすると、苦労した分買い物上手になりました。

店舗の入り口に大きな七夕飾りがありました。
娘:「ちょっと書いていい?」
母:「どうぞ〜」

娘は願い事を書いています。



飾ったところは一番上
天井につきそう!
きっと天にも届くのは早いでしょうまる

おはようin宮崎

おはよう!
気持ちいい朝です。
一昨日帰省した娘が、今日昼前には大学へ戻ります。

離れて暮らすとわかるけど・・・子どもっていいね。


ただ、ここにいたるまでは大変
大人になるために繰り広げる思春期の親子バトル

これを乗り越えた親子に与えられる子どもとの関係。

高校生のかっこつけまん、思春期真っ只中。
親は本当に日々悩まされています。