CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年07月02日

「協働制度設計懇話会」報告

「日南市協働制度設計懇話会」
 
この懇話会は市民と行政の協働に関する制度の構築を図るために、平成19年度7月から設置され、
2回の市民活動団体との意見交換や、NPO活動推進全国大会への参加などを実施しながら、毎月の定例会で、市民協働のあり方について審議を重ねられている。
本年1月には、第1回提言を市長に行い、現在は第2ステップとして、更に、具体的な審議を行っている。


 先月の懇話会では・・・
・ もっとNPOを指導するNPOがあってよいのではないかと思う。
・ 中間支援組織は必要だと思うが、引き受け先があるかどうかが問題。
・ 当市の場合NPO法人数が少ないので、中間支援の引き受け先の問題はある。
・ 市民に対して中間支援組織の説明が必要だと思う。
・ 市全体を考えると、中心にセンターが必要であるが、地域別に考えることも今後は必要なのでは?
などなど・・・意見が出ました。

 今回は、事務局から他市の具体的な事例の紹介があり「中間支援」についての考え方を学べた。
では・・日南市ではどうなのか?と後半の会が進む。


 中間支援といえば一般の知名度では、日南でも社会福祉協議会(社協)ではないだろうか?
と座長が言われた。
社協が地域で中間支援をする役目!という位置づけに皆さん一様に頷かれている。
しかし実際に動いているんだろうか?
委託事業でいっぱいになっているのが現実だと言う意見も出ている。
ボランティアセンターの受益者はたしかに増えている。その反面住民のケア問題があったとき手が出せない。本来の地域福祉ができなくなっているのでは・・?という不安な声も出ている。
つまり原因はコラボがないということのようです。
今、みなさんが望んでいる中間支援の受け皿ではないということになりますね。

だからといって・・このままではいけない。
目に見える中間支援の「場」があるのは大事と一様に言われる。
自立した民間主導型の中間支援組織が必要だとも・・。
では行政は何をするのか?
座長は中間支援をする、環境支援が必要だとも言われる。
ただ現実問題として民間で相談機能やアドバイスに答えられる人材を
ここ日南市で確保できるのか?養成できるか?というソフト面で不安の声も出ている。

その前に、そもそも市民が協働・中間支援組織という言葉の意味が通じていない。
活動が理解されにくいのが現実


だったらどうしたらいいか?

この後の時間は、座長とラフな意見交換会に話が進みました。
次回は、いよいよ協働に関する第2次提言に盛り込む内容について文言までも
かんがえることになりました。

今日は中間支援について非常に勉強になる内容であっという間の時間でした。
日南市協働推進室の まこっち課長 ニヒルなK様 杉様
参加させていただき本当にありがとうございました。また次回も伺がわせてくださいませまる

無事手術終了

面会時間ぎりぎりまで、病室にいました。
と・・言っても日南から戻ってからだけどね!

今日は親友の手術の日だったから・・・
この日まで長かった(手術できない状態だったから・・)

手術は成功のようです。
夕方いくと、術後ベットに戻り3時間経過してました。
本人なんとなく意識はあり、「よくがんばったね」と手をさすると目をあけてます。
傷口は痛くないけどいろんなところにつながれている管が痛い!と
話していました。

今回、看護師の卵である親友の娘が、朝から夜まで付き添いました。
何をすることもできない。
だけど・・娘として
彼女もよくがんばったとおもいます。
たくさん、たくさんほめました。

今日家に帰ると・・きっとぐったりだと思いますよ。

本人も今は寝るしかないです。

早く治るといいね・・・

日南市協働制度設計懇話会


日南市協働制度設計懇話会にきています。
今日は20年度 3回目

NPO活動を支援する 中間支援組織 の支援について。

これって、協働に関する第二次提言(日南市長へ)に盛り込む内容です。

いろんな意見がでていますよ。
詳しくは後ほど・・・

青島

 
宮崎のリゾートホテルが立ち並ぶ青島
最近はサーフィン客が多いと聞く

今日は・・・
青島パームビーチホテルに来ています。

遊びでないよ。

打ち合わせに・・なぜか同席
宮崎文化本舗の代表・副代表そろってます。
来年ものすごくおもしろいことを、ここ宮崎で仕掛けようとしている。

ここから先はシークレット笑顔

おはようin宮崎

おはよう・・
なんか朝からべとべと・じとじと
朝シャワーでシャキンだね。こんなとき香りのいいコロンは、気分転換にバッチリキラキラ


と・・・子ども部屋からよどんだ空気漂う〓
ボーっとした顔のかっこつけまん男の子
ため息とあくび連続
今日は期末テスト2日目メモ
本人が、がんばるしかないびっくり

さて・・
今日は親友の手術日 午後は日南の協働懇話会の日
午前中、ぎりぎりの時間までまで病室にいようと思っています。

昨晩はいつもより早く仕事終わらせ病室に向かったら・・・泣き声が・・・悲しい
もうびっくりしてカーテンあけたら
親友は手を腰に当てて、しゃかしゃか歯磨き中クジラ

泣いてた方は誰?と思えば・・前のベットの方でした。
この方も親友と同じ日に手術なんだって。


それから1時間ばかし・・おしゃべり〜!
手術後は傷口が傷むから笑えないというので
今晩思いっきり笑わせました。元気そうでほっ!

でもね、だれもいない一人の夜は・・すこしきつかったかも
さて今から・・親友の病室病院へ行ってきます。