CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年05月18日

YELL

“Impossible is nothing.
 You can do anything
 whatever you want”


別府で頂いた言葉です。

こがちゃん、中学生、高校生のとき
この言葉を担任の先生からプレゼントされた
当時は当たり前じゃんと思ってた。

でも大人になって、この歳であらためて頂いた
この言葉

なんでかなぁ〜
心に響いた・・

面接会場で思ったこと

先週西都原考古博物館ボランティアガイドさんの総会があったり・・
事務局のお仕事があって先週は休みなし。

でも今週は土日を使い、一人別府へ片道5時間かけて車で往復してきました。
ちょい疲れたけど
娘にも短時間でしたが会えたし
何よりも、いい刺激をもらい帰ってきましたよ力こぶ
また月曜からがんばります笑顔

西都原で仕事初めてひと月たちましたが、
まぁ〜ここ考古博物館運営支援業務は、毎日すったもんだがよくあります。
(でも、楽しいのよね〜)

ボスが言うには
ここは即座の判断と機転がきかないと、乗り切れない仕事が多いと言う。
そうかも・・・
(でも、苦痛にならないのよね〜)
すったもんだのこがちゃん、なんでか妙に生き生きしてます

今、宮崎県立西都原考古博物館運営支援をしているNPO法人宮崎文化本舗では
正職員とパートさんを募集しています。

先日も正社員の方の面談がお二方ありました。
こがちゃんも立会わせていただきました。
これって いい経験です電球
立場がちがう椅子にすわると、いろいろなものが見えるものですね。

この仕事をやらせてください
自分はこんなものができます。
こんなことを成功させてきました

ハート・ガッツ・スキル
これが揃っている方と、健康で、真面目で、人に好かれるタイプのかた
採用したいなぁ〜!一緒にお仕事したいなぁ〜とおもいます。


ところで・・・偉そうに言っているこがちゃん
今 この年齢で面接を受けたら、師匠とボスに採用してもらえるだろうか?
と面接会場の場で思いました。


1年半前 NPOを勉強する前のこがちゃんは
正直採用される基準にも満たないおばちゃんだった。
ハートとガッツも怪しい。
真面目?で、人付き合いはそこそこできると思っていた
しかし・・今振りかえると
根拠のない自信だけで
勉強&経験不足どころでない
本人何にも気づいてもいない

この職場では、まったく役に立たない人材だろうなぁと正直思った。

師匠に出会えたことで、いろんな気づきといろんな学びや出会いがあった1年半

師匠に、「西都原でボランティアコーディネーターの仕事やってみるか?」
ボスに「あなたが思うこと、好きなようにやってごらん!」
と言ってもらえ
今、お仕事できること。とても感謝しています。
今はスタートライン
これからが・・こがちゃんにとって本当の学びの場になりそうです。

こんなこと思ったのも面接に立ち合わせていただいたたおかげ。

はなみずき

宇目町の道の駅で休憩中。
冷たいのみものが疲れた体を元気にしてくれます。

ここで、はなみずきの花みつけました。

おはようin別府

大分県別府も気持ちのよい朝です。
あなたのところは?
さて、片付け終ったので宮崎に帰りましょうかね!
留守番中のかっこつけまん中間テスト中なので、こちらもきがかり。
今回はゆっくりできませぇーん(-_-;